Tag Archives: 体重

酵素効果?2か月で5キロ痩せた。

 ここ1~2か月で急激に体重が減って驚いている。
 測りだしの時期の体重はいつに何キロだったかは正確には覚えていないのだが、まあ長らく自分の体重の平均値だったはずの重量から現時点で確実に5キロは落ちている。

 昨年末に体重が増えた頃に比較すると、7~8キロは減ったのではないだろうか?
 おかげで長年超えられなかったダイエット目標値をあっさり割ってしまった。
 
 どうしてそんなに減ったのかと言えば、恐らく野草酵素を飲み始めたことに理由がある。

 そもそも「ダイエットしてやる!」って言うほど、気合が入ってなかったのだが、ネットで野菜酵素が腸など体にいいことを知り、2月上旬に買って飲み始めたのである。
 すると飲み始めは、水をやたら飲めたり、腸にガスが溜まったり度々トイレに行かなければならないほど頻尿になったりした。

 ただ、これは酵素が効き始めている証拠だとやはりネットに書いてあったので、やはり継続的に飲み続けた。

 そうして1~2週間続けていった頃、ふと体重計に乗ったところ、結構体重が落ちていることに気が付いたのである。

 従来の平均値から3キロくらい減っていた。

野草酵素

 特別食事を変えたわけでもなく、まあ普段通りというか、どちらかというと寒さと天候不順で運動不足気味の生活を送っていたので、体重が減る理由は無かったのにも関わらずである。
 確信は持てないが恐らく酵素が効いているのであろうと判断した。

 で、3月に入っても、摂取を続けたところ、やはり体重が徐々に減っていった。

 3月は送別会などが多く、宴会食などが多かったのだが、さすが宴会の翌日はややリバウンド気味だったものの、それ以外の日はほぼ前日値より下がっていた。
 そしてとうとう4月を迎える前に、目標体重を切ることが出来たのである。

 もちろん体重は季節的な変動もあるわけで、酵素サプリが効いたとも言い切れないではあるが、これまでなかなか超えられなかった壁を意図も簡単に突破したことを考えれば季節的変動だけでは説明できない。

 またちょっと警戒しているのは、実はガンなどの病気の影響で体重が落ちたのを酵素のおかげで勘違いした可能性もあるだろうということ。

 がんや糖尿病、ネフローゼ症候群など、ネット上に書かれている症状に重なるところも気にならないわけではない。
 こればっかりは、実際に検査してみなければ分からないが、そこまで深刻そうな自覚症状が出ているわけではないので大丈夫なのかなとは思っている。
 
 万が一そういう病気だった場合はそん時はそん時だなと考えるようにするしかなく、とりあえずは気にしないようにしている。

  ただ、大きな自覚症状はないが、やや体重減の身体に慣れていないのか、少々ふわふわしている感覚はある。

 体重が減ってくれることは嬉しく、少なくともあと5キロくらいは痩せる余地がありそうだが、体力的な影響もあるだろうから摂取は続けながらも体重減少が急激になり過ぎないよう食べるべきはきちんと食べるべきなんだろうなとは思っている。

 また野草酵素の摂取を続けていると、相変わらず頻尿気味でガスも出るので、コンサートとか迂闊にトイレに行けない予定がある時の前日などは控えた方が良いようである。
 このように気を付けながらではあるが、夏までにスリムな自分になることをぜひ期待している。

2か月で10キロ減った?

 8月から涼しくなり、屋外で活動しやすくなった影響か、急激に体重が落ち始めている。
 一般的に秋は「食欲の秋」とも言われ体重が増加する時期とされるが、実は私の場合は夏でもあまり食欲が落ちないので、暑さで行動が鈍った分だけ夏の方が太りやすい時期となっている。
 で、体重が増加してしまった夏から秋になり、気温が低くなった分だけ外を歩くことが苦にならなくなり、カロリー消費が進んだようだ。

 加えて黒ゴマペーストの粉末飲料を定期的に飲んでいることが、効果を得ているような気がしている。
 元々この黒ゴマペーストと言うのは、体重減らしというより肝臓の活性化によって疲労回復を促すために飲み始めた面が大きいのだが、どうやら疲労回復→動きやすい→痩せるの好循環が回っていて、体重減にも効果があるようなのである。
 もちろん、肝臓が活性化すると体内の脂肪を消費を促してくれるため、直接的にダイエットに働いている面もあると思うが、とにかくこれを飲んでいる期間はずっと体重が落ち続けている。

黒ゴマペースト

上海で買った黒ゴマペースト

 結果、夏に比べ現在10キロ近くも体重が減った状況になっている。
 (敢えて何キロから何キロになったとは書かないが)
 これは非常に大きな差で、お腹もかなりへっこんだし、動きもだいぶ軽くなった。

 とはいえ、ピーク時に太り過ぎていた状況から脱出しただけのことであり、「痩せた」と言い切れるほど今の時点ではまだ喜べる状況にはなっていない。

 せめてあと5キロ減らせば、ようやく痩せたと人言えるかもしれないが、まだその目標にはちょっと距離がある。
 加えて、体重が減って身体のバランスに自分がまだ慣れていないせいなのか、良く眠くなるし、少々ぼーっとしているというか、ふわふわとした体調になっている面もある。
 まあ敢えてダイエットに取り組んでいるつもりもなかったが、こういう風に結果が出ているのなら、このままもう少し体重が減ってくれればいいなと願うここ最近の私生活である。

実は意外と筋肉質らしい

先日、健康診断を受けてきた。
まあ毎日のようにハードワークが続いているので、さぞ体のどこかに異常を期待しているのではないかと心配して受けてみたのだが、血液検査の結果は出ていないものの取りあえずほとんど異常は無いようだ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 一つ体重の増加を指摘されたが、まあそれは百も承知で現在絞り込みの最中なので、耳を塞いだ。

 ただ体重の割には意外と体脂肪率は高くなく、実は贅肉はそれほどおおくなっていないというのが驚きだった。

 去年は確か2週間続いた下痢の脱水症状のあとに検査を受けただけに体脂肪率は極端に減少していたのだが、それに比較すると流石に増加したが、思ったよりはリバウンドしていなかった。

 故に理想体重には程遠いもののそれほど贅肉がついているわけではなさそうだだった。

 まあ、宴会が多いようで意外と気を使って生活している日頃の気遣いが出たというところであろうか。。。

脂肪肝が改善してる!

 今日の午前中に人間ドックを受けてきたのだが、その中で喜ばしい一言が

「去年より脂肪肝が小さくなっているね」

 なんとエコースキャンの検査の中で、去年より脂肪肝が改善していることが判明した。

そういえば体重も昨年の値より減少しており、メタボ解消というほど完全なものではないが、改善の方向に向かっているのは確かなようである。

画像はイメージ

画像はイメージ

 まあこの1年、これといって大したことをしてきたつもりもないが、昨年春に引っ越したお陰で、周辺の店舗環境などが変わり食生活の中身が確かに切り替わった。
また自炊の回数も増えた。そういったことが功を奏してかメタボ改善に繋がっているようである。

「おお、このままいけばスマートになれる!」
とちょっとにやついてしまった。

ところが!

喜んだのも束の間、その後の問診の時に担当医の方から
「あなたの身長から言うと理想の体重はですね、、、、」
と計算式を示され、まだまだ理想体重には程遠いと突きつけられてしまった。><
ちょっと喜ぶのが早すぎたようである。

結局、理想の体型への道のりはまだまだ遠そうだが、今日のところはベクトルがメタボ改善に繋がっていることがわかっただけでも収穫ということで、ヨシとしようと思う。

痩せてベルトを短くした。

夏になり、暑くなって汗を良くかいたせいか、少しお腹周りがすっきりたらしくベルトが緩くなった。ベルトの穴の位置の一番短いところに合わせてもズボンが緩くずり落ち気味になった。

 これではベルトの役割をなさないので、短くすることにした。その長さトータル4.5cmほど。

 おお!

 単純にウェストが5cmほど細くなっているということである。

 体重計がないので正確なところがわからないが体重から見ても結構なダイエットが出来ている気がする。
 痩せることは望んではいたが、それに対する特別な努力をしていたわけではないのであるが、結果として痩せられているとはうれしい。

 とはいえ、この数週間、調子が悪くて寝込んだりしていた影響もかなり大きい気がする。

 故にまた健康体に戻って普段通りに食べたら元の木阿弥で体重が増えるかもしれない。
 とりあえず、切ってしまったベルトはもう元に戻らないのでこのベルトを買い換えないで住む範囲を維持することを心がけようと考えた。

 もちろんもう一度切ることになればもっとうれしい。

 こうやって少々結果が出ると、現金にも体重計を買って量ってみたくなる。
 人間の心理とは不思議なもので、本来は太りかけているときこそ体重を気にしなくてはならないのに、痩せだした時に体重を量りたくなっている。

 堕落は放漫から生まれ、成果は管理から生まれるということであろうか?
これは仕事に通じそうな教訓である。