Tag Archives: 電話

平成はインターネットの時代だった。

天皇陛下の交代を一か月後に控え、新元号が「令和」に決まったと発表された。

この新元号に関してはあまり好印象を持って受け止めていないのだが、海外生活を続ける限りにおいてはほとんど目にすることもないので、取りえず気にせず受け流すことにした。

さて、新元号登場の代わりに終わり行く平成の元号だが、自分の中で時代を総括すると平成というのはインターネットの時代だったなと受け止めている。

上海の電子マネーの広告

我々一般人の間にインターネットが大きく浸透したのは1995年(平成7年)にOSウィンドウズ95が登場した時だが、実はアメリカで商用インターネットが始まったのが1988年(昭和63年)で、平成が始まる前年のことである。

つまり単に日本という一国家の元号であるにもかかわらず、平成という時代はインターネットの黎明期からその発展とともにシンクロして存在していたことになる。

現代は既に、インターネット無しでは我々の生活は成り立たないほどインターネットは社会生活の一部として浸透し、大半の人がスマートフォンパソコンを持ち、インターネットで通信やエンターテイメントを楽しんでいる。

これが平成に入る前には全くなかったのだから今思えば隔世の感がある。

同様に昭和(1926~1989)は電波メディアの時代であった。

アメリカで昭和の始まる前の1920年にラジオの商業放送が始まり、昭和元年を迎える前年の1925年に日本のラジオ放送が始まっていたことから、昭和の時代は電波メディアとともに時代が進んだという印象である。

テレビやラジオを通じて、世界中の情報を知ることが出来る世の中になっていったのであり、一つのニュースがメディアを通じてあっという間に世界中に伝わる世の中になった。

さらに遡って大正(1912~1926)は、まあ短かったのでそれほど固定的な総括は難しいが、敢えて言えば映画などのエンタメ・大衆文化の時代で、チャップリンが頭角をあらわしたり、音楽でも刺激的なストラヴィンスキー作曲の「春の祭典」の初演や、イタリア・レスピーギ作曲のローマ三部作が作曲されたのもこの時期であり、日本国内でも宝塚歌劇団がスタートしたりしたと華やかな大衆文化がスタートした時代であった。

そして明治(1868~1912)とは言えば、電気の時代であり、1870年の発電機の発明や、1875年の電話の発明など、電気・電話の普及によって、革命的に我々の生活の仕組みや文化が変わっていった時代だった。

こうやって振り返ると、これらはぞれぞれの時代を象徴する動きであるとともに一本で繋がる流れでもある。
すなわち、電気の普及により照明が生まれ、電話が生まれ、電話の普及により遠隔の1対1の通信が始まった。

また電気の活用により、広い会場や夜間のエンタメ活動も可能になり、映画や舞台など娯楽文化が広がった大正時代。

そして電波メディアの普及により、1対1からより1対多数への文化伝達が可能になったのが昭和時代である。

 そして国際イベントは世界同時中継が行われるようになり、オリンピックやワールドカップが、世界で同時に見られるような時代になった。

 ちなみに音楽ネタでいえば、ラヴェル作曲のボレロが初演されたのが、1928年で昭和の始まりであり、ソロから次第にオケ全体に音が広がる音楽形式はまさに昭和を象徴するような形式であり、それを全く日本と関係ないラヴェルがこのタイミングで作曲したというのは偶然とも思えない部分もある。

そして、平成になりメディア放送や各個人がインターネットと結びつくことによって、1対多数から多数対多数の情報伝達となり、それぞれ情報の発信元と受け手の物理的場所までが自由になった時代となった。

 このように各元号は、いずれもそれぞれの時代で劇的に庶民の生活に変化を与え、前の時代にはなかった価値観を生んできたのであり、日本の元号と言えどもどうも世界の動きと連動してきたような世相を見せている。

さて、平成がそういった時代だと定義して、新しい「令和」はどういった時代になるのだろうか?

少なくともこれまでの流れから言えば、新しい時代の変化の兆しはもう既に芽が出ている可能性があることになる。
パッと思いつくのは自動運転車とか電子マネーとかだが、その程度の出現だと実現しても世界が圧倒的に変わるようなものでもない気がする。

このほか例えば現在実験が進んでいる店舗無人化などは、働き方改革などとともに、ベーシックインカムのような制度と組み合わさって、働くとか生きることの意味が変わってくるかもしれない。

また所有という概念がさらに薄れたり、ビットコインなどにより通貨やそれを定義する国境という意味がなくなるかもしれない。

さらに、もはやスマホではなくICチップを体内に埋め込むことによって自動的な健康管理が行われ通院の必要がなくなったり、思っただけで意思疎通、通信などが出来るような研究も行われておりそれが実現するかもしれない。

このように、変化の可能性は無限大にあるが、果たしてどうなるのだろうか?

もちろん私の頭で思いつくようなことであれば、社会が劇的に変化するなどとは呼べないかもしれないが、今後数十年で何かが劇的変化するのであろうであるわけで、楽しみのようやら怖いやらである。

手術で自分の声が変わった?

 先日の鼻茸の切除以降、電話での会話の時、なんと!自分だと気付いてもらえないケースが増えた。

 声を聴いて私だと分かってもらえないのである。

 こちらは名乗った上で会話しているのに、どうも声と本人が一致しないらしい。

 確かに鼻というのは声を決める大事な要素の一つで、鼻の中に阻害物が無くなれば響き方が変わるのは当たり前であり、声が変わったとしても不思議ではない。

 しかし、かなり前から知り合いである人間からも声が変わったといわれることから、私の鼻茸は相当以前から存在していて、私は相当以前から鼻茸声でしゃべっていたようだと推測できる。

写真はイメージ

写真はイメージ

 今回、ようやく晴れてオリジナル声に戻ったということになるのだが、実際以前より聞きやすくなったのかどうかは誰も言ってくれず、「声」として手術の効果が功を奏したのかは知る由もない。

 まあ良かろうが悪かろうがこの声と付き合っていくしかないのだが。。。 

日本へ電話が繋がらない。

日本の宮城県で起きた地震を受けて、日本の家族へ電話をかけようとしているが繋がらない。
およそ地震の発生エリアからは離れているので、まあとりあえず大丈夫だとは思っているが、実際に電話がつながるまではちょっと心配だ。
 福島にも親戚がいるし、日本の昔の同僚も福島や女川の原発で働いている可能性があるのだ。
 親戚のいる茨城の常陸太田で亡くなった人がいるというニュースもあって、名前がまだ出ていないのでいろんな意味でとっても心配だ。
 インターネットで間接伝言できそうなのが唯一の救いだ。

メールは繋がっているのか、いないのか。。。ちょっと試してみよう。

原文

IP電話カードの市場競争

 上海市内を歩くと、白いボードにカードのようなものを沢山貼り付けて売っているおばちゃんやおじちゃん達がいる。

 彼らが売っているのは長距離電話や国際電話の通話が割引になるIP電話回線のカードなどだ。そのうちの国際電話カードなどを見ると額面が100元で、日本まで1分2.4元と書いてある。中国から日本まで普通の回線で電話すると1分8元くらいかかるので1分2.4元と聞くとかなりお徳に聞こえるが、ところがこのカードを額面の100元で買う人はまずいない。

 実は100元出せば額面100元のカードが3~4枚は買える。

 1枚だけでよければ35元程度が相場であり、それを上回ることはまずほとんどない。

 通話料に換算すれば、1分0.6~0.8元といったところである。
 何故額面100元のものをこんなに割り引いて買うことができるのかを考えるとちょっと不思議な気がするが、ちゃんと理由がある。

 実は中国移動などの携帯キャリア自身にIP回線を使った国際通話プランがあり、月に1元だけ基本料を払えば国際電話が自動的に安い通話が出来るという状況がある。

 これだと日本までならば、たった1分1元となる。特別面倒な手続きなど必要ないから、まあ国際電話を使う人は誰だって普通はこのプランを選ぶ。

 こんな状況であれば当たり前の話だが、1分2.4元もかかり、しかも面倒くさいIPカードを買う人など誰もいない。

 故に価格競争を強いられるIP電話回線会社は、この1分1元という価格を必ず下回らなくてはならなくなった。しかもIP電話カードは携帯電話から直接電話をかけるのと違い、若干面倒な操作が必要になってくる。その分携帯キャリア自身の通話料に比べ相応のディスカウントがないと、やはり面倒臭さを嫌ったユーザーに逃げられてしまう。

 その結果の価格が、額面100元に対して25%から35%程度の売価であり、通話料に換算すれば1分0.6~0.8元となっている。これならばユーザーにもメリットがあり競争力があるということで、この値段で売られている。

 まあ日本人としては、ならば最初から額面100元のカードで通話料0.8元などに設定してしまえばいいじゃないかと思うが、そこが中国的なずるさの見える商売手法で、相手と状況によって相場を変動させられるようにこの額面はいじらないようだ。 買う枚数やこちらの足元を見て価格を決めているらしい。

 相手によっては外国人などに対して1枚100元の値段そのままで売ってしまうこともあり相場を無視した価格とは言え、額面通りのサービスを提供できれば何の違法性もない。故にこの額面はいじらないようだ。

 まあこんな風に額面で買わされるケースは少ないにしろ、古北など売り子が多く競争が激しいエリアのほうがディスカウントしやすく、それ以外エリアではあまりディスカウントしにくいようだ。いろんな人の話を総合すると売り子さんたちの仕入れ値は100元のカードで15元前後のようで、最低10元くらいの利益を上乗せして売っており、故にそれを下回る価格では購入は出来ない。

 逆にいうとそれを見越した上で、例えば300元出すから16枚売ってくれという交渉なら相手にも60元くらいの利益があるので、応じてもらえる可能性がある。
 このケースならばこちらの通話料は1分0.44元と、中国国内通話並みの安さになる。

 日本国内では携帯電話会社や回線会社同士の価格競争はあっても、それは公称価格の月単位の価格変動であり、例えばテレフォンカード(懐かしい!)を一つとっても、交渉によって価格が変わることなどありえないのだが、中国では電話代までが相場変動し、交渉しだいで価格が変わる。

日常的に目にするこんな風景にも日本以上に市場競争の激しくなっている中国の姿がある。

営業時間外の電話は取るべきか取るべきでないか

 先日、定時以後にかかってきた電話に、会社のあるスタッフが出なかった。
何故出ないのかと尋ねると営業時間は終わっており、いつまでも出てしまうとお客さんが、営業時間後も繋がるものだと思われて、際限なく甘えられてしまうからだそうである。

 聞いてみて、確かに一理ある理屈である。

 しかしながら、現在のように経済不況に陥った社会環境においては、ほんの僅かな利益でも欲しいはずであり、たった一本の電話さえ利益に繋がる可能性があり、それを見送っててミスミス利益を逃すかもしれないような対応は非常にもったいなく思える。

 そのセクションが余裕しゃくしゃくで回っているならともかく、業績の落ち込みに苦しんでいるなら尚更にそう思う。

 私自身に関して言えば、営業という職責ということもあるが、基本的に24時間いつでも電話には出るし、休日でも緊急の場合は動いて対応する場合がある。もちろん、休みは休みで大事なので緊急の用事以外は休日である旨を伝えて平日に対応するのだが、お客の状況によってはそうも言ってられない場合がある。 
 故に私は普段から基本的に営業時間云々の細かい区別無く動いて、それが最終的に会社や自分の利益に繋がると思って日々生活している。

 ただ私自身のスタンスとしてはこれで良いのだが、その考え方を同僚にも理解してもらい、上記の時間外の電話に出てもらうことを強要するのはなかなか難しい。いわば時間を区切ってその分の給料がもらえればよいと思っている社員にとっては、時間外の電話に出るということは単なるボランティアかタダ働きに他ならないからである。

 これはもう仕事に対する考え方と責任感の違いであり、例えば成績評価に違う要素を加えていかなければどうにも変わらないと思える。

 セクション全体の業績が給料に影響するということであれば、顧客印象を考えて時間外の電話にも出るようになるかもしれないが、そこまで自覚させることはなかなか難儀な作業であり、逆にそれが全体として本当にプラスなのかどうかは私にはまだわからない。でもやっぱり時間外の電話に出ないのはもったいないように思える。

原文