Tag Archives: サーチャージ

日中往復運賃5元という誇大広告

 先日、上海にある某旅行会社のダイレクトメールで
上海から名古屋中部往復 たった5元!
という航空券の宣伝があった。

 まあ、この手の大胆な広告には慣れているが、今回もどうもキナ臭い。

 早速メールを開いてみると、春秋航空利用で航空券は確かに5元のようだが、その他に必要な費用としてTAXとサーチャージで1280元と説明してある。

 「やっぱり、、、」

 まあ往復合計1285元であっても確かに安いが、5元という表示から受ける印象とはかなり開きがある。

5元航空券の説明

5元航空券の説明

 実際に日本を往復できれば詐欺とは呼べないかも知れないが、少なくとも広告表現としては誇大広告に近い内容という印象である。

 しかも春秋航空の日本版WEBサイトをよくよく調べてみると、日本円決済なら4月以降の日本発の春秋航空のサーチャージは廃止され0元となっていた。

 ただ中国発分に対してまだ280元が残っているようであり、往復なのに往復適用されないのかという疑問はあるが、それはさておき現在では日本円で買う往復航空券に対してはTAXが280元だけかかる状態であり、上記の1280元という金額はいつの金額設定なのかという程にこの航空会社のサイトの数字とかけ離れている。

  さらに、次にやはり春秋航空のサイトで決済通貨を人民元に切り替えるとまた別な不思議な数字が出てきた。

春秋航空の公式サイトの運賃表示

春秋航空の公式サイトの運賃表示

 
 人民元決済で運賃を調べると、日本発便が280元+税等133元などで413元、中国発便が570元となり、運賃以外に往復合計983元のサーチャージなどの費用が必要になる状態となっており、日本円での決済の場合と全く違う内訳構成なのである。
 
 まあこの違いについては、それぞれの通貨の国家の許認可に基づく設定なのであり得る話なのではあるが、一般ユーザーから見ると不思議な現象である。

 しかもこれとて、上記の1280元にはまだ足り無い。

 現在、春秋航空における日本行きの航空券は最低価格で片道9元程度のものがあるが、この運賃状況をもとに算定すれば片道150元設定の航空券X2枚に、上記のサーチャージその他中国空港建設費・TAX983元を乗せた金額が上記の1280元+5元にほぼ一致するという推測が成り立つ。

 ここから推測すれば、実は今回の5元航空券は広告用に内訳構成を変えて表現しているだけなのではないかという疑いが発生するのである。

 まあ利用客からすれば総額が変わらないということにはなり、何れにしても格安には違いが無いのであれば詐欺にはならないのかも知れないが、やはり看板の5元という表示とは食い違うという印象は否めない。

 もしDMで書かれるように実際に現時点で販売する航空券のサーチャージその他が1280元となるなら、航空会社の公式サイトとの差額を説明する必要がある。

 本来あるべき表示とは違う価格表示でお客の目を引くのは、どう考えても誇大広告であり、これを中国だからといって頭の良い商売と見過ごすわけにはいかない今回のDM表現なのである。
 

パックツアーは必ずしも得ではなかった

 今度両親が上海に来ることになったため、昨年暮れあたりからいろいろ段取りをしていた。
それで色々調べているうちにパックツアーは必ずしもお得とは言えないなということになった。

 調べていたのは3泊4日のツアーだが、某有名格安旅行会社のHPで57800円で燃料サーチャージ込みというツアーを一件見つけた。
 今回の日程が連休がらみだったので物凄く安いツアーではないが、それでも調べた中では最も安い部類に入るツアーだった。

 しかしである。

 このツアー、表現方法に少しからくりがあった。
 57800円は燃料サーチャージ込みとは記載があるものの、実は税金や空港使用料は別だったのである。
 これらの費用が3760円余分にかかる。つまり正確な旅行代金は合計61360円であった。

中国国際航空機

 最近燃油サーチャージの加算は恒常化してきたのでその存在は一般的にも認識されつつあるが、通常だと旅行代金プラス「税諸費用」などという表現が一般的なため、燃油サーチャージは諸費用の中に含まれるという認識がある。

 そこで「燃油サーチャージ込み」などと表現されると、表示金額は全てコミコミであるような印象を受けてしまう。ところがその値段に釣られて申し込んでみると、「税諸費用」があとから上乗せ請求される。

 その名目が「税諸費用」であれば客側は文句は言いにくいであろう、どこにも誤った表現はないのだから。。

 また「出発日までにサーチャージの値上げがあった場合でも追加請求ありません」との広告表現があったが、サーチャージの算定方法と最近の原油市場の動向を知っていれば、値上がりするはずがあるはずもなく、しかも航空券は一度発券してしまえば追加請求がないのは当たり前のことなので、いかにも「価格保証します」と企業努力を謳うような広告表現は、私から見ると騙しに近いかなりずるい表現のような印象を受けてしまう。

 さてそんなツアーだが、肝心な中身はというと時期にもよるが一般的に航空便もホテルも旅行会社お任せなので、客側にあまり優位な条件で旅行できるプランが提案されにくい。

 たいていは日本発夕方で上海深夜着、帰りも上海発朝一の便で、3泊4日なら実質行動できるのは中2日になってしまう。 どうしても余裕が欲しくて往復に楽な時間帯の便を指定したりすると片道に5000円の追加料金などを取られる。

 またホテルも2つ星か3つ星クラスで、観光や行動に便利な場所にあるとも言いがたく、移動のタクシー代など余分な費用がかかる可能性がある。
 まあそれでも上海に来れて用事や観光を済ますことは可能なのでこの費用でならと納得することもありなんしである。

 さて、こんなパックツアーの条件を踏まえて、今度はバラで組み立てるプランを検討してみることにした。
まず一番金額の大きい航空券が最大の問題である。
 今回検討を始めた段階で48000円という正規割引チケットを見つけ、2週間前までの発券でよく、それまではキャンセル変更手数料がかからず、しかも昼間の便も自由に選べたのでさっそく往復とも昼間便を予約して押さえてしまった。
 サーチャージ諸費用が9600円ということで計57600円である。

 次にホテルだが中国のホテルはルームチャージが一般的であり、2人で泊まれば当然半額となる。ツアーのほうだと一人部屋を要求すれば追加料金となるので同じことである。
 パックツアーと同等のホテルであれば1泊200元程度のホテルがあり、3泊なら600元。
 つまりひとり300元程度になり今日のレートなら3750円、ホテル航空券代合計で61350円でパックツアーとほぼ一緒だ。ただしこのほか市内往復費用が自己負担になるのでバスを使ったとしてプラス70元=1000円くらいかかるだろうか?
 一見パックツアーを少し上回るような印象を受けるが、航空便選択の点で条件に既に差がついているのことを考えるとこのバラのほうがかなりお得な状態になっている。しかもホテルも自由に選べるので今回はもっと便利のよく体のいいホテルを探す予定だ。もちろんグレードを上げれば値段が上るが、それはパックツアーとて同じことである。

 こうやって考えるとパックツアーは金額の面で必ずしもそんんなに得とは言い切れないという結論になる。

 じゃあ格安パックツアーに有利な点はないのかといえば、実は送迎がついてチェックイン手続きなどをフォローしてもらえる点が最大のメリットで、言葉の面で不安な旅行者にとっては金額に代えがたい十分なメリットがある。

 手配も一発であるというのもやはり楽であろう。
 
 今回は自分が言葉の面でアテンド的にフォローできるので、全部バラで組み立てることにした。
 やはりバラのほうがかなり融通が利くので、合理的に旅行を組み立てることができる。
 
 結局は言葉の面で不安があるかどうかで結局パックツアーを選ぶかどうかが決まる。
 旅行者自身で言葉ができたり(度胸があったり!)、現地でフォローしてくれる人間がいればパックツアーを選択する必要がないであろうというのが私の結論ならぬケチ論である。

 今回は旅行の話が出た段階ですぐに航空券を予約をしたことが最大の勝因であった。

 予約後、出発2週間前までキャンセル変更料が無料ということもあって、直前まで幾つかプランを検討したが当初プランを上回るものは見当たらなかったのである。

 航空券単独でも前述の旅行会社にすら今回のものより安いものなかった。

 つまり旅は思い立ったが吉日、すぐに旅行会社に相談し、押さえられるものは押さえるのがよかろうと思われる。

もうすぐ観光シーズンだがあの足音が

 10月・11月は上海蟹の季節ということもあって、上海を訪れる観光客が最も多い季節らしい。
旅行会社の人によると一年のうちこの時期が最もかき入れ時であるとの事だ。
確かに真夏の暑さも和らいだ後の10月11月は一年で最も過ごし易い時期でもある。そういえば私が最初に旅行で訪れたのも4年前の10月のことである。

 旅行料金の上でも航空運賃が10月から冬シーズン体系に切り替わり、夏が高く冬が安いというのが概ねのパターンであるから、10月はその安いほうの最初の月であるため、日中線は割安感もあって結構観光客で賑わう。
 また今年は10月よりサーチャージが復活するという情報はあるが往復3000円程度のことなので、ツアー代金から比べたら10%以下でありこのこと自体は観光に大きな打撃を及ぼすことはないと思われる。

 しかしである。

 皆様もご存知のように春に大騒ぎしたあの新型インフルエンザがまた騒ぎ出している。旅行会社の人にとってこれが心配の種だという。

 5月のときも観光シーズンを打撃して売り上げが伸びなかったといっていた。

 今回の流行は前回のように日本国内での大パニックは起きていないが、実質的な蔓延の速度がものすごく速いように聞く。この流行が改めてパニックになって旅行業に大打撃を与えないとも限らない。今のままだとパニックにならなくても旅行業に打撃を与えるのは必至のような気がする。

 変な話だが、日本からの観光客が少ないと、旅行会社のみならず上海の日本人サービス業全体に少なからず打撃を与えることになる。日本人にも中国人にも日本マネーにぶら下がっている人が大勢いるのだ。

新型インフルエンザは病気としての蔓延も怖いが、こういった経済への打撃のほうが実は病気そのものより深刻のような気がする。
大きな影響が出ないように祈りたい。

 

10月にサーチャージ復活の模様

原油市場の値下がりを受けて、今年の7月にようやく廃止されたはずの燃油特別付加運賃(サーチャージ)、再び原油費が上昇したのを受けて10月にまた復活するとの報道が流れている。

 手元の計算だと、基準となるシンガポールケロシン航空燃料市場の5月~7月の燃油相場の平均価格は1ガロンあたり169.5ドル、これをサーチャージ算定の基礎となる1バレルあたりの金額に換算すると71.2ドルとなる。

 この額を日本航空さんの基準にあてはめると、わずかながら70ドルを上回ったために70~80ドルのゾーンBとなり、中国線は日本販売のチケットで片道1500円、往復で3000円の加算となる。

 よってせっかくサーチャージが廃止されたと思っていたのに廃止期間はたった3ヶ月で終わってしまうことになる。

 まあこの程度で収まってくれるなら、航空券価格の季節変動の範囲の中に吸収されてしまうレベルなので、それほど気にすることではないとも思えるが、単なる値上げとはちょっと違う要素がこのサーチャージには存在するので気持ちは複雑だ。

 つまりこのサーチャージは上がった分、搭乗客にとってはマイルに換算されるわけではないし、チケットを販売する旅行代理店にとっても販売手数料増加につながらないのにもかかわらず、値上がった事に対してお客様から文句を言われる役割だけを押し付けられるととっても不評なのである。

 しかも現在も燃料相場価格は高留まっており下落の傾向は見せてくれない。 ちなみに8月の昨日までの平均は1ガロンあたり188.1ドル、バレル換算で79ドルちょうど程度でサーチャージ設定基準でさらに上のゾーンを窺う状態になっている。

 原油の値上がりのついては原因を分析していないので今後の見込みはわからないが、海外に住む我々にとっては生活に直結する見過ごすことの出来ない問題なのでこれ以上値上がりすることのないように祈りたいものである。

サーチャージが廃止になっていた。

 原油の高騰で長らく徴収され続けていたサーチャージだが、どうやらこの7月1日から廃止になっている。

 すでに前回4月の改定時に大幅にさがっていて、日系航空会社の日中線では往復500円程度になってしまっていたので、今回改めて廃止されたといわれてもあまりぴんと来ない。

 ニュースで検索したがあまり引っかかってもこないので、話題にもなっていないようだ。一応各社のホームページで確認したが確かに廃止になっている。ただしNYテロ以降の保険料や空港利用税の徴収は今までどおり継続されるから、チケット代+TAXの総額がそれ程変わると印象はない。

 それよりは、夏の旅行シーズンや日食旅行の影響で通常の航空券部分の値上がりのほうが激しく、500円程度のサーチャージが廃止されたところで焼け石に水のような状態である。

 ところで夏に日中線の航空券が値上がりするというのは、上海に住んでいる汗かきの私からすると不可思議な現象である。上海のこの夏の暑さを知っていたならちょっと旅行に来る気にはならないからだ(笑)。

 つまり夏は上海の旅行シーズンではない気がするのだ。確かに日本は夏休みだし、南国のタイやインドを旅行するつもりで来るのであれば、耐えられないこともないかもしれない。また寒くて動く気にならない冬よりはましなのかもしれないが、やはり上海の夏は暑すぎて積極的に来るような場所ではないと思っている。

 去年の夏に東京に一時帰国した友人が言っていたが、上海に比べるとかなり涼しいらしい。つまりそのくらい上海の夏は異常に暑い。
 でも現実的には夏に旅行料金が値上がりする、やっぱり旅行シーズンなのか?

とにかく私自身がサーチャージ廃止を実感するためには冬を待たなくてはいけないかもしれない。