Tag Archives: 原油市場

円安は国際線航空券のサーチャージにも影響、日本発は実は激安?

 ここ1年の急激な円安の影響で、実は航空運賃に加算される燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)にも影響が出ており、発券される場所によってその値段に格差が出ているようだ。

 例えばJALの日本―中国線のサーチャージは現在同社既定のゾーンFの片道5500円に設定されている。
 これを日本欧州以外の国で発券すると、1区間68ドルとされており、今日現在のレート1ドル=118円で換算すると8024円となり、なんとドル建てのサーチャージは日本発券に比べて1区間で2500円以上もの差が出てしまう。

 率にして日本発券より50%ほども高いのである。

 気になって、逆に元々どのレベルのレートでこのドルと円のサーチャージレートが設定してあったのかを計算してみると、なんと1ドル=80.8円という驚異的な数字が出てきた。

どうしてこんな設定となっているのだろう?

 この適用条件表は年度単位で改定されているようであるが、2014年度のものは前年のレートと比べてもかけ離れている。

 一つ推測されるのが、過去数年の平均値で基準を決めているのではないかということ。
2011年4月から2013年3月までのドル円レートの平均値をとるとだいたいそんなような数値となり、どうやらこのあたりの値を使っているようなのである。

 まあ、JALとしては為替リスクをある程度抑えるために社内の基準を決めてこういった算出方法を取っているのだと思うが、その後急激に円安に動いてしまったため、結果として平均値による算出方法が役に立たず、現状はあまりにも実況レートとかけ離れた結果になってしまっているようである。

この結果、サーチャージだけを見た場合は日本と外国を往復する航空券は日本で発券されたものを買ったほうが良い状態となっている。
無論、航空会社とてそのたりの数字は恐らく把握しているだろうであり(把握していなければ間抜けだが)、航空運賃の差のある座席クラスの割り振りなどで調整しているのではないかと思われ、必ずしも日本発が安いとは言い切れない。

 とはいえ、この急激に円安が進んだ状況において、実はサーチャージにも格差が生じていることは十分に頭に入れておいて良い情報だと思われる。

10月にサーチャージ復活の模様

原油市場の値下がりを受けて、今年の7月にようやく廃止されたはずの燃油特別付加運賃(サーチャージ)、再び原油費が上昇したのを受けて10月にまた復活するとの報道が流れている。

 手元の計算だと、基準となるシンガポールケロシン航空燃料市場の5月~7月の燃油相場の平均価格は1ガロンあたり169.5ドル、これをサーチャージ算定の基礎となる1バレルあたりの金額に換算すると71.2ドルとなる。

 この額を日本航空さんの基準にあてはめると、わずかながら70ドルを上回ったために70~80ドルのゾーンBとなり、中国線は日本販売のチケットで片道1500円、往復で3000円の加算となる。

 よってせっかくサーチャージが廃止されたと思っていたのに廃止期間はたった3ヶ月で終わってしまうことになる。

 まあこの程度で収まってくれるなら、航空券価格の季節変動の範囲の中に吸収されてしまうレベルなので、それほど気にすることではないとも思えるが、単なる値上げとはちょっと違う要素がこのサーチャージには存在するので気持ちは複雑だ。

 つまりこのサーチャージは上がった分、搭乗客にとってはマイルに換算されるわけではないし、チケットを販売する旅行代理店にとっても販売手数料増加につながらないのにもかかわらず、値上がった事に対してお客様から文句を言われる役割だけを押し付けられるととっても不評なのである。

 しかも現在も燃料相場価格は高留まっており下落の傾向は見せてくれない。 ちなみに8月の昨日までの平均は1ガロンあたり188.1ドル、バレル換算で79ドルちょうど程度でサーチャージ設定基準でさらに上のゾーンを窺う状態になっている。

 原油の値上がりのついては原因を分析していないので今後の見込みはわからないが、海外に住む我々にとっては生活に直結する見過ごすことの出来ない問題なのでこれ以上値上がりすることのないように祈りたいものである。

サーチャージが廃止になっていた。

 原油の高騰で長らく徴収され続けていたサーチャージだが、どうやらこの7月1日から廃止になっている。

 すでに前回4月の改定時に大幅にさがっていて、日系航空会社の日中線では往復500円程度になってしまっていたので、今回改めて廃止されたといわれてもあまりぴんと来ない。

 ニュースで検索したがあまり引っかかってもこないので、話題にもなっていないようだ。一応各社のホームページで確認したが確かに廃止になっている。ただしNYテロ以降の保険料や空港利用税の徴収は今までどおり継続されるから、チケット代+TAXの総額がそれ程変わると印象はない。

 それよりは、夏の旅行シーズンや日食旅行の影響で通常の航空券部分の値上がりのほうが激しく、500円程度のサーチャージが廃止されたところで焼け石に水のような状態である。

 ところで夏に日中線の航空券が値上がりするというのは、上海に住んでいる汗かきの私からすると不可思議な現象である。上海のこの夏の暑さを知っていたならちょっと旅行に来る気にはならないからだ(笑)。

 つまり夏は上海の旅行シーズンではない気がするのだ。確かに日本は夏休みだし、南国のタイやインドを旅行するつもりで来るのであれば、耐えられないこともないかもしれない。また寒くて動く気にならない冬よりはましなのかもしれないが、やはり上海の夏は暑すぎて積極的に来るような場所ではないと思っている。

 去年の夏に東京に一時帰国した友人が言っていたが、上海に比べるとかなり涼しいらしい。つまりそのくらい上海の夏は異常に暑い。
 でも現実的には夏に旅行料金が値上がりする、やっぱり旅行シーズンなのか?

とにかく私自身がサーチャージ廃止を実感するためには冬を待たなくてはいけないかもしれない。

惜しい!航空券サーチャージ廃止まであと一歩か?

 外国にいると、いつも気になるのが航空券の値段なのだが、最近はその航空券の値段に加え、サーチャージの金額まで計算に入れないとなかなか航空券が買えなかった。
しかし、ここのところの原油価格の急落で、長らく続いていたサーチャージの加算にようやく終わりが見えてきた。
 既に中国では国内線のサーチャージが廃止されている。しかし我々にとって問題なのは国際線である。
 そこで改めて今度の4月に適用されるサーチャージの動向を探ってみた。

 日系の航空会社を例に取ると、サーチャージ金額の算出基礎となっているのは、シンガポールケロシンの航空燃料相場で、4月のサーチャージの算出に適用されるのは2008年11月~2009年1月までの3ヶ月の平均燃料価格である。

 ここでの表示単位はガロンになっているので、実際の基準表に当てはめるには0.42をかけて換算しなければならない。
 そうやって計算してみるとこの3ヶ月の平均価格は1バレル当たり64.5ドル。これを日本航空さんが提示している基準表に照らし合わせてみると一番下のAランクということになり、日本中国線で片道1000円という計算になる。
 うーん、惜しい!わずかだが往復で2000円ばかりの金額が残ってしまう。

 原油相場が、現在の水準のまま推移すれば、おそらく次の7月の改変の時期には平均価格が1バレルあたり60ドルを切りそうなので、廃止は確実な情勢であるが、やはり目先に残った微妙な金額が気になる。

 まあ2000円程度であれば、航空券そのものの価格変動に吸収されるのでほとんど気にならないといえば気にならないような気もするが、例えばマイルをためた人が特典航空券を使用しようと思ったときに、この2000円は無料の喜びに微妙に水を差す。

 ここまできたら一気に廃止してくれてもよさそうなもんだと思うのだが、日系の航空会社はどうもそのあたりは律儀に基準を守りそうな気がする。その律儀さが日系航空会社の安心感でもありもどかしさでもある。
 さてさて私は次いつ帰国しようか。。。

[ HTMLをハイライトする]

原油下落で日本帰省は年明けまで待つほうがお得?

いま原油価格が急激に値下がりしてて、先週1バレル65USドルを割り込んだ。
八月に140USドルを超える価格を示していたことを考えれば、あっというまに半値以下に落ち込んだことになる。
これにともなって、各航空会社のサーチャージ算定の基礎となっているシンガポールケロシン市場も暴落し、10月末の値で1バレル82USドル台まで下がっている。
 これにより、各航空会社のサーチャージが下がることが期待される。
 たとえばJALの規定を例に取ると、日本ー中国線で現在1区間10500円、つまり往復で21000円となっている。
これが、来年1月からは8月~10月の3ヶ月間のシンガポールケロシン市場の平均額を基準に金額が決まるとなっていて この間の平均はざっと手元で計算したところ約115USドルとなる。
 従って、JALの提供する表に従えば日本-中国線で1区間6000円、往復で12000円まで値下がりすることになっていて、現行と9000円もの差が生まれる。非常に大幅な値下がりということになる。
 

 ただし、これは1月1日以降に発券されたものに適用される価格となっていて、同じ1月の搭乗便でも12月中に発券されたものであれば12月のサーチャージ基準が適用されてしまうので注意が必要だ。
 このような状況を考えると、年末に日本には帰らずに1月になってから航空券を買って、ゆっくり日本に帰るのがお得ということらしい。
 ただ、航空券本体の価格のほうは一定でなく常に変動しているので、航空会社のほうが値下がり待ちの客を嫌って、年末にとんでもない安値の航空券を出したり、年明けに航空券本体価格を上昇させたりして、年越しを挟んで思ったほどは、大幅にトータル金額が変動するような状況にはならないのではと予測している。
 そうはいっても年明けのサーチャージの値下がりは確実で、来年1月の終わりには春節休みもあり、航空券価格の大幅な値下がりに大いに期待するところではある。