Tag Archives: SNS

日本の携帯電話は海外で歓迎されない

 日本の携帯電話が4G対応になって、そのまま中国で使えるようになって久しいが、実は日本から日本の携帯電話がそのまま持ち込まれて、通話することは現地に住むものとしてやや歓迎しがたいと感じている。

 別に日本の携帯電話機種を毛嫌いするわけではない。

 日本の携帯電話番号をそのまま持ち込んで、連絡先とされることを戸惑うのである。

 もちろん、それを持ち込んでくる日本の方は現地の通話料金などを種々の条件を納得した上で、それを利用されるので構わないのだろうが、現地の人間はそのことに納得して受け入れているわけではない。
 何が言いたいのかといえば、こちらの現地の人間がその日本の携帯電話に掛けることになった場合、国際通話料が必要になることを理解してほしいということである。

画像はイメージ

 相手が中国国内にいるのにも関わらず、相手の使用する電話番号が日本の携帯電話番号ならば、かける時に国際通話となってしまい国際通話料金がかかってしまうのは、本意ではないのである。

 さらに本人にとっても、日本からの転送の扱いとなってしまうので、本人が直接相手先に電話をした場合の通話料に比べ、割高になる着信料金が設定されている。

 つまり、海外で日本の携帯電話番号を使って着信することは、かける側にとっても受ける側にとっても割高になってしまうのである。

 よって、そういった日本の携帯電話の方からの連絡は受けることには抵抗がなくとも、その番号にかけることには抵抗があるのである。
ちなみに一切の割引なしにかける国際電話は、聯通の場合6秒で0.8元になるので、2分話すと16元(240円)程度が必要になる。

 金額にしてしまえば、一回程度ならそれほど莫大な請求になるわけではないのだが、複数回の連絡が積み重ねられれば小さい金額ではなくなるし、私のように普段は国内のみの通話で定額セットの中に収まっている者にとっては、イレギュラーにかける国際電話は、ちょっと抵抗があるのである。

 出来ればWECHATなどのSNSの通話機能を利用した連絡手段を事前提供してくれると、こちらとしても抵抗なく連絡することができるのであり、せめて現地のSIMカードをレンタルして、現地の番号を持ってくれるとこちらの余分な負担がなくなるのである。

 ただまあ、日本から来る方は私にとってはお客様であることが多いため、実はそのことを直接面と向かってはなかなか指摘しづらい。
よって電話そのものが遠慮がちになり、メールで済む連絡はなるべくメールを優先することで対処したりしている。

 もちろん短期の旅行で緊急時の連絡手段程度として持つだけで、電話をかける予定のない方の場合は日本の携帯番号を持ち込んでも構わないとは思う。

 しかし現地で他者と連絡を取り合う可能性がある場合は、例え短期でもSIMカードを借りて現地の番号で現地の連絡先としていただくか、事前にSNSのIDを交換していただき、WIFIルーターを借りて、国際電話に頼らない連絡手段を確保していただくのが、海外に住むものとして国外の方を迎える時の要望である。

WECHATの仕事利用には問題が多い。

 中国では日本のLINE同様のWECHAT(微信)というSNSが浸透していることは多くの方に知られていると思うし、中国に来ている日本人の方もほとんどが利用されていることかと思われる。

 このWECHATはプライヴェートでの連絡に使う分にはまあ好きに使えば良いが、ビジネス連絡に使うには問題があるというか、必ずしも使い勝手が良いとは言えない気がしている。

写真はイメージ

 その第一の理由として、フォルダ分類が不可能なため、広告用の通知もビジネス通知も、プライヴェートな通知も全部いっしょくたに表示されるからである。

 特にイベント情報などのサービスの公式アカウントをフォローしてしまうと、あっという間に未読件数がたまってしまい、その中に大事な連絡が混じっていてもフォローしきれず見逃してしまうことがある。

 現時点で確認したところ私自身157サービスもの公式アカウントのフォローをしてしまっており、少なくとも毎日数十件の通知が届くので、すぐに個人からの通知も埋もれてしまう。

 よって、基本的なビジネス連絡については、メール(電子メール)での連絡を基本にしているし、してもらっている。
 電子メールなら基本的にフォルダ分類が可能であり、SNSに比べ検索も容易なので重要な連絡でも見逃すケースはほとんどないのである。

 第二の理由として、wechatの場合は情報の保全性に不安があるといえる。
 電子メールの場合は、現在WEBメール管理をしているので、まあサーバーごと壊れなければ情報が無くなってしまうことはないが、SNSの場合はスマホのちょっとした操作ミスでデータが飛んでしまうことがある。
 特にWechatでは、最近は減ったが、ヴァージョンアップの過程で連絡先データやチャット履歴データが消えてしまうことが度々あったため、信用度がかなり低いと感じており、とてもそこに重要な情報を置きたくないのである。

 さらに、データの保存量に限度があるということもある。
 スマホ上で重いデータをやり取りしているとあっという間に内蔵メモリやSDカードがいっぱいになってしまい、データ整理が必要になる。

 もちろん、SNSはファイルの転送や写真の送信などが非常に容易なのがメリットではあるが、やはり程度問題で、受け止めるだけでスマホにキャパが無いと途端に使い勝手が悪くなる
 今はかなり大きな容量のメモリを積んだので当面は大丈夫かと思うが、やはりパソコンの比ではないので、スマホでの保存は避けたいのである。

 故にSNSのビジネス利用というのは、あまり良いとは思わず極力避けているのが現状である。

 ついでに言うと、電話での通信もあまり得意ではないというか、やはり避けている。
 電話では記録に残しにくいために、後で「言った・言わない」のトラブルが起こりやすく、それを避けるために極力重要な連絡事項は電話も避けている。

 もちろん待ち合わせ上の連絡など、記録の必要性が低く即時性が必要な場合は電話での連絡もやぶさかではないが、それ以外はやはり電話での連絡は避けるようにしているのである。
 まあ世の中には電話での連絡に頼りたがる顧客もいるのだが、そういったお客に限って一度伝えたことを何度も確認したがったりするのでなるべくメールに誘導するようにしている。
 
 そして相手のビジネスマナーの問題もある。

 電話だと遠慮するような距離感の関係の方でも、スマホのSNSでの連絡だと心理的敷居が下がるのか、時間帯問わず平気で連絡してくることがある。
 しかも突然知らない人から営業時間外にアカウント申請があり、友人から紹介されましたと言って来る。

 まあこういった申請も一応顧客候補なので100%無下には出来ないが、返信や承認はよほど緊急性が見られない限り営業時間の範囲に返信するようにしている。

 時間外のSNSでの申請にいちいち対応していると、こちらの気が休まらないしし、身が持たないからである。
 もちろんチャンネルが多ければ、それだけビジネスチャンスに繋がるのはわかっているが、精神的に参ってしまっては元も子ないので、WECHATをビジネスツールとして使うのはやはり得策ではないと考えている。

LINEのアカウントは持ってない

 日本では当たり前のインフラのようになってしまったSNSLINEであるが、実は私はアカウントを持っていない。

 理由は簡単でLINEのサービス自体が中国大陸では基本遮断されており、私が中国に渡航してから始まったサービスであるからである。

画像はイメージ

 まあVPNを通せば使えるのかも知れないが、現時点でそういった交流が必要な相手が日本国内にほとんどおらず、古い友達もメールで連絡すれば足りるのでLINEを使う必要性を感じない。

そうでなくとも先日書いたように老眼が始まっているのでスマホを通したSNS交流は最近控えているので、ますますLINEを希求する状態ではなくなっている。

 故に今後日本に戻ることがあれば、LINEのアカウントぐらいはすぐ設置するかもしれないが、しばらくの間は使い慣れないので浦島太郎状態が続くのではないのかと想像する。
 ただ中国にも似たようなSNSとしてWECHAT(微信)があり、似たようなものだと日本から来たばかりの方々が言っていたので、感覚的にそれほどついていけないものではないのではという気もしている。

 また自分ではアカウントを持っていないが、昨年日本に一時帰国した際に母親が端末変更後に、旧端末からLINEアカウント移行ができなかったものを処理してあげたりすることは出来たので、LINEのアプリ自体には触れたことがあり、今の自分の状態であれば感覚的に対応できそうな気がしている。

 もちろん、これから徐々に老いが近寄ってくるので、将来日常のインフラ知識が理解できるのかは不安でもある。

 以前、「上海にいる私はマイナンバーをもらえない」でも書いたが、未だにマイナンバーすら取得していない状態であり、日本生活の常識と徐々に乖離している状態がやや気になりだした最近の自分である。

不適切SNS投稿事件はアルバイト頼みビジネスの必然

 日本でアルバイト店員の不適切な画像などのSNSへの投稿によって、企業幹部が謝罪を迫られるという事態が相次いでいる。
 企業側では民事訴訟など、法的措置を辞さない姿勢を示しているが、それはそれでどうなのだろうかという気がしている。

もちろん再発抑止という意味では、損害賠償の請求は意味があるのかもしれないが、これらの不適切投稿は、企業側の教育不足によるところの責任も大きいのではないかと思われるからである。

 そもそも、例えば旧来の寿司店であれば、職人に育て上げるまで10年程度かかると言われ、その間には寿司の握り方などの技術のほかに、社会人としての振る舞い方や世の中の仕組みなど、人間性の教育も親方から指導を受け、それらを経て一人前の寿司職人としてデビューするのである。

それに対して大手すしチェーンなどでは安価なアルバイトに頼るというビジネススタイルを選択している。

調理など大方の作業を機械化して、接客やネタ乗せなどごく簡単な部分な作業だけを人間が担うだけで料理を提供できるシステムとなっている。
これらのなかで、人間が任される作業はほんのわずかだけで、そこに客の目を感じる瞬間もなければ、自分がお客の満足度の重要な部分を担っているという意識も得難い。
 そんな役割しか担わされず、賃金も安い人間に、企業全体のイメージの一部を担っているという意識を持たせるのはとても無理なのである。

 そんな責任感の希薄なアルバイトたちが、お客に提供しない食材を使って遊んでSNSに投稿したところで、企業全体のイメージダウンまで発想が及ばないのは無理もないという気がする。

 またコンビニとて、販売員はマニュアル上の業務をこなしているだけで、社員教育と言えば、販売や品出しの研修を数日間実施しただけで、業務がスタートしてしまう。
 その短期間の間では、社会人としての自覚など教育されようもない。

 これが普通の大手企業の社員であれば、大よそ1年くらいは指導員がついて、きっちりと業務及び社員としての振る舞い方などを教わる時間が与えられるし、一人前の社会人として成長するまで育ててくれるのが普通である。

 このような状況を考えると、一連の不正投稿事件は、流動性の高くて責任意識の低いアルバイト頼みのビジネス戦略の悪い面が出たとも言え、企業としてはある意味自業自得な面もあると言える。
 在野の教育が行き届いていない人材を性善説でアルバイトとして使い、コストを抑えてきた長年の日本のビジネススタイルが、どうやら綻びてきたのが一連の騒動だという気がするのである。

写真はイメージ

フェイスブックは時間の浪費

 中国のネット規制の問題もあって、私はフェイスブックをやらないで来ている。
まあアカウントだけは、アメーバの記事を読むのに年齢認証用として必要だったので、登録だけは行なったが、それ以外は全くやっていない。

 時々知り合いと思しき人から友達申請も来るが、拡げる気もないので全てスルーしている。

 ある方によれば、フェイスブックは実名制が原則なので自分の情報管理に時間コストがかかり過ぎるのだそうだ。

 本来なら匿名性ゆえに遮断できるはずの社会のしがらみやノイズが、そのままネットの世界に入り込んでくるのがフェイスブックであり、リアル社会なら本音と建前の使い分けを個人として気を使って語っておけばそうは問題にならないことも、フェイスブックではシステムとして気を使って設定が必要になってくる。

 まあ設定を細かに行っていけば、それなりにプライヴァシーは守れるらしいが、そこに気を使いすぎるのはあまりにも面倒で、時間の浪費だという気がする。

 さらに複雑な友人関係や社会の上下関係が入り込んでくるとさらに煩わしいようだ。

 リアル社会では、人はどうしたって社会の中で自分の都合のいいところと都合の悪いところを使い分けて生きている。

 人間関係だって表面上は平等に付き合っているフリはしても、いろんな都合で偏った付き合いが必要になったり、Aを優先してBを諦めることは必ず出てくるので、それをネット上で管理して公開・非公開をコントロールしようとすればどうしたって矛盾が出てくる。

 リアル社会なら、自然フェードアウトなど人間が忘れることによって「時間が解決すること」が沢山あるが、ネット上にしっかりと記録されている事柄はそうはいかないのである。

 そんな管理に気を使っている時間は非常に無駄な気がしており「別にそんな人間関係をわざわざネット上に再現して管理しなくてもいいんじゃないか?」「リアル社会で普通に気を使って付き合うだけでいいんじゃないか?」そんな印象を持つようになったのである。

 そう思うとますますフェイスブックに対しては興味を失っているのが今の自分である。