Tag Archives: 経験

タワーマンションだと子供の成績が伸びないらしい

 先日、ある家庭教師の方のブログを読み、ちょっと驚きの現象があることを知った。
 タワーマンションの高層階に住む子供は成績が伸び悩む傾向にあるらしいとのこと。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由

 その要因として、そのブログの筆者は高層階における環境の刺激の少なさなどを理由に挙げている。
 高層階は確かに窓から景色も良いし、地上近くの雑音も少ないので勉強の環境にはもって来いのような印象に映るが、実は逆にこの刺激の少なさが成長における体験の機会を奪って刺激への反応が鈍くなってしまうとのこと。

画像はイメージ

 またタワーマンションの高層階では窓をほとんど開けられないし、木々のざわめきや鳥の鳴き声、虫、日の角度など主に地表近くで起きる四季の変化を感じにくくなり、感受性を育てる環境に不足があるのだという。
さらにエレベーターという移動障害が存在するために、外出するのもおっくうになり、外で遊ぶ機会もますます減り、砂場遊びや石ころ遊びをしなくなるため物の数に対する自然体験がなくなり、これにより足し算引き算の意味することが概念的に理解できないなどということが起きると、このブログには書かれている。

 またエアコンによる室温コントロールが行われてしまっているため、「寒い暑い」の刺激も不足し、この環境の安定は実は集中力をもたらすのではなく、やはり刺激不足で集中力の持続に影響を及ぼすのだという。

画像はイメージ

 つまり大人には快適に見える環境も、未成熟な子供たちにとっては成長段階において生きるために心身に刻み付けるべき学習要素として必要な刺激を受けられないため、脳が学習できないことになってしまうようだ。

 このほかタワーマンションでは、ガス事故を避ける意味もあってキッチンのIH化が浸透してしまっているため、火を全く見たこともない子供も少なくないという
 これにより、煙などといった命に危険を及ぼす存在を察知する能力さえ衰えてしまっている可能性があるという。
 
 我々大人はそれまで生きてきた経験則や体験によって何が快適かそうでないかを知り、その経験や社会知識によって危険を回避したり、環境を快適に整えたりしているが、経験を経ない子供に同様の環境を与えても、決してプラスにはならないようなのである。

 まあこのことだけで、タワーマンションの存在をいきなり否定するわけではないが、大人が良しとする快適な環境が必ずしも子供にとってプラスなわけではないとは言えるということになる。
こういった視点は街や社会を進化させる上で見逃してはならないポイントのようだ。


 

先入観や固定概念は可能を不可能にする

先入観や固定概念は可能を不可能にする

 これは日本ハムに入団した大谷選手が言ってたらしい言葉。

 二刀流の挑戦や自身の野球に対する取り組みを表す言葉らしく、もちろん彼とてどこからか学んだ言葉だろうが、いい言葉である。

 初めから計算ばかりが立って未来を否定するともうそこで不可能が決定してしまうという意味である。

 まあ世の中は願えば全てが叶うほど甘くはないが、願わなければ最初から0%で不可能になり、願えば0%が0%でなくなるわけで、実現の可能性は生まれてくる。

 もちろん大人の経験則から言えば、今回の二刀流はかなり難易度が高いのは事実だが、実績がない競技を2つやりたいと言っているわけじゃなく、それなりの素質を持った彼にはそれを口にする資格はあろだろうし、その挑戦を今の時点で否定する理由は何もない。

 このことは何も大谷選手の話ばかりだけではなく、我々一般人の人生の中でも同様のことが言える。

 つまり物事を最初から先入観や固定概念を持って否定したのでは、何も前に進まないということ。

ファイターズスタジアム

ファイターズスタジアム

 特に最近の日本なんかは、ビジネスでも何でもアカデミックにルールが固定化され過ぎていて、先入観や固定観念で国が塗り固められている印象がある。

 故に安全を求めすぎて固定概念を突き破る勇気を持てない人が大勢いる。

 そこへ行くと、中国人の場合は教育が足りないのか固定概念に縛られず(というか知らないから?)、常に前向きな人が大勢いるのに驚く。

 その発展の急速な速度から、考えてから行動したのでは間に合わないのが今の中国であり、行動しながら考えるというのが今の彼らのスタイルとなっている。

 そのため失敗や周りに迷惑をかけることも多々あるが、少々の失敗にはめげないというか(反省しないというか?)、とにかく日本人から見ると驚くほどポジティブである。

 まあ日本人が持つ固定概念は今回の野球の件のように、先人たちが積み重ねてきた経験則から生まれてきたものだから、あまり軽々しく扱うことはできないが、さりとて100%縛られる必要はなく、前へ進むために突き破るための勇気をもつことは大事である。

 もちろんどこかで行き詰った時に断念する勇気を持つことも必要で、それがわかっていれば固定概念を覆す挑戦をしてみてもいいのではないかと思う。

 今回の大谷君の場合は人の2倍の活躍を目指すわけだから人の2倍苦労する可能性があり、我々が固定概念を突き破るには固定概念を作ってきた人以上の努力は必要になるのは当たり前で、突き進もうとする場合はそれなりの覚悟は必要ではある。

 そうは言ってもやはり現状に安住しているだけではいずれ誰かに抜かされ、負けてしまうので前に進む必要がある。

 だから前に進むためにも、

 「とりあえず、まずやってみる

 この心意気だけは、中国人に学んだ前向きな考え方である。
 先入観や固定概念は可能を不可能にするのである。


日中の一人前感覚の差

一人前と言ってももちろん食事の差ではない
(もちろんこれも大きな差があるが、、、)
職業や仕事の成長レベルや到達度における「一人前」のことである。

どの時点で一人前になったかというのは、つまり人が生きるための自信を得るかの分岐点であるように思うが、日本人と中国人ではこのポイントに非常に大きな差があるような気がする。

 このポイントが違うからこそ、中国人は日本人から見て非常に自信家であるように見えると同時に、何にも分かってないのに自信たっぷりで愚かだなぁという印象を持つケースが多い気がする。

 具体的には、中国人の場合は仕事の手順を教わって一通り作業をするようになった時点で、本人は一人前の仕事が出来るようになったと思っているフシがある。

 「もう俺はこの仕事ができるんだ」と。

 故に就職1年にも満たない奴がいっちょ前の口をきき、さらに数年すると学ぶことが無くなったとさっさと転職する。

 しかし、日本人の尺度から言えば、それは単なる仕事を始めるスタート地点に立っただけで、仕事が出来るようになったとは言えないという判断になる。

 教師や医師を例にとればわかりやすいかもしれないが、教員試験や医師の国家試験に合格して、晴れて教員免許や医師免許を取ったとしても、それは教育する資格や医療を行なう資格を得ただけで、その職業としてまともな仕事が出来る状態になったとは決して言えないのが日本人の尺度である。

 ところがこの免許をとった時点でもう一人前になったと思ってしまうのが中国人たちの尺度のような気がする。

 しかし日本人から見ればそこからがスタートであり、教師であれば幾つか担当クラスを数年持ち何百人もの生徒と向き合う経験を経てようやく一人前の教師になったのかなという判断になる。

 医師で言えば、医師試験合格後、何年にもわたって日々多くの患者と症例を診てそれらと向き合う経験を経てこそ、ようやく一人前の医師と評価される。

写真はイメージ

写真はイメージ

 逆にそういった経験を経ないうちは、その職業においてまだ半人前としか評価されないのが普通で、故にそこに気が付かず例えば自分を一人前になったと思い込んで「教育とは」とか「医学とは」とかなど一人前ぶってその道に関する本を書いたり講演を行なったとしても、見向きもされず馬鹿にされるのが通常の評価である。

 むしろ、そんな経験の浅い人間が一人前ぶったことをすれば、己の身の程知らずを晒す結果となり、プラスの評価を得るどころか、ああこいつは免許を持っているが実際その道の奥深さを何も分かってない世間知らずなんだなとマイナスを評価を受けることになる。

 それだけ社会は経験を重んじ、経験を経て本人なりの道の歩き方を会得した人間にだけ一人前の評価を与えるである。

 故に経験が浅い時期に書いて評価される本は、せいぜい試験合格までの奮闘記レベルのものであって、そのステップの経験に興味をひかれることはあっても、普通はその人間のその職業への見識や研究成果が評価されるわけではない。

 本当にその人がその職業の道にいる人間として評価されるのは、やはりそれなりの経験を積んでからであり、自分なりの職業手法を確立してこそ初めてそこからが一人前と言える状況になる。

 しかし、少なくとも現在の中国においては経済発展の歴史が浅いという事情もあって、どの分野においてあまり先駆者がおらず、それゆえ日本人からみてロクに物事を理解していないように見える人間でも、その分野の数少ない経験者として一人前の顔をして仕事が出来る状態にある。

 まあその人間が慎み深ければその後の成長にも期待はできるが、誰とてその分野の数少ない経験者として持ち上げられればやはり人の子であり天狗になりそれが成長を妨げる。

 これは経済発展の過渡期として致しかない中国の現状における事情なのかもしれないが、このことは実は個人にとっては本当の一人前の状態に向かう向上心を失わせる不幸な環境でもある。

 しかも中国はなまじっか日本という“真似できる”見本がすぐそばにあったが故に、中国や中国人たちは自ら苦労して開拓しながら成長するという経験を得る機会を失っており、他国の文化技術を輸入し表面上を真似しただけで自分自身や自国が一人前になったと思い込むしかなかった状況は、実はこの国家にとっても本当の意味での力強い成長を妨げる不幸な要因になっているような気がする。

 ここ10年、日本が青色吐息ながらでもいまだ踏ん張っていられるのは、戦後に経験を積み重ねて本当の一人前になった人間がまだ数多く残っているからに他ならないのである。

知識の羅列はわかりにくい。

今日は一日文章の修正などに明け暮れた。
細かい情報がたくさん並んでかかれていた文章だったのだが、整理がきちんとされておらず、文章としてかなり読みづらかったのだ。

流れや構成がよくないのは無論のこと、インデントや番号の付け方がぐちゃぐちゃで、こりゃ誰も読みたくないだろうと逆に感心したほど整理がされていなかった。

 まあそこまでひどくなくても、文書というのは長くなればなるほど山谷を付けなければどんなにいいことが書いてあってもわかりにくくなる。

 特に知識や情報を紹介する文章などは、全体の中の位置付けや構成をきちんんと把握せず書かれていると、文章として明らかに支離滅裂な状態になっており、こちらがその知識の専門家でなくても文章状態からその文章を書いた人が本当の意味でその知識を把握していないことを見抜けてしまう。

写真はイメージ

写真はイメージ

 また単に知っている知識をこれ見よがしに垂れ流す文章もやはり読んでいても苦痛である。
 ブログなどで専門家を名乗って知識を鼻にかけるような文章も時々みかけるが、どうもそういった文章は鼻につく。

 そしてそういう文章に限ってどうも書き手がきちんと情報を整理した形で把握できていないんだなぁということを見抜けてしまう場合がある。

 勉強不足が見え隠れするのである。

 たぶん書いた本人は自信たっぷりに書いているのかもしれないが、そんな文章を書くこと自体が既に青さを露呈していることに気づかないうちは駄目である。
 まあ文章を書く人が慎みを学ぶかどうかは各自の自由だが、全体が見えずに知識が羅列されたような文章はやはりわかりにくく、そんな文章はどんなに正しいことが書かれていても意味がないのである。

 文章を直しながらそんなことを思った一日であった。

1点をとってはいけないカーリング

 今朝方、日本対中国のカーリング女子の試合を見ていた。結果は皆さんもご存知の通り5-9で敗れてしまったのだが、まあ中国とのショットの技術の差もさることながら日本チームの試合運びの悪さが如実に現れた試合だった。

 何故ならば自らが1点とった後、2点を取られるという展開を繰り返していたからである。

 実はカーリングにおいて、1点という得点はあまり取らないほうがいいとされている。
何故なら得点を記録した次のエンドは先攻後攻が入れ替わり、得点をしたほうが先攻となる。競技をご覧いただいている方はわかると思うが、ラストショットを打てる後攻のほうが圧倒的に優位に立てるのがカーリングという競技なのである。

 つまり1点を取るより相手に後攻権を渡してしまうほうが結果的にリスクが高くなり、1点を取りにいったが為に次のエンドで2点以上取られるリスクを背負うことになる。

故に後攻権を持っているチームは2点以上を狙うか点を放棄するかの選択をゲーム展開の中で考えている。2点以上取れないような展開ならばわざと点を取らないようなショットを打つ場合がほとんどである。

 逆に相手のチームからすると後攻権を持っているチームに何とか最少得点の1点取らせ後攻権を得ようとするのである。相手に点を取らせて自らのチームを有利に導くという世にも複雑な駆け引き合戦がこのカーリングという競技の中では行われる。

 しかも最終エンドに近づくにつれてこの攻防は激しさを増し、いかに最終第10エンドを後攻権を持ちながら1点差以内あるいは同点で迎えるかに苦心してゲームは展開していくのである。これを考えながらゲームを見るのがカーリング観戦の醍醐味というものであろう。

 そういう意味で今日の日本チームは中国チームの戦略に全く見事に乗せられてしまった結果、負けてしまった感がある。
分かってても技術不足で1点を取らされたのか、根本的にわかってなかったのかは定かではないが、得点差以上に先方が1枚上手だった。

 実は昨日のカナダ戦も同様だった。

 テレビ画像を見ていないので詳しい展開はわからないが得点経過から推測するに第9エンドで1点をとってしまったのがカナダ戦の最大の敗因であることのように思う。
 第9エンドを無得点でやり過ごせれば最終第10エンドは同点のまま圧倒的に有利な後攻権を持ったまま迎えられたはずである。しかし恐らくカナダチームに1点を取らされてしまい最終エンドの後攻権を明け渡すことになり、案の定逆転負けを食らった。それが昨日の結果で、マスコミは善戦を称えているが得点差以上に試合運びの上手さの違いを見せ付けられたのがカナダ戦なのである。

 とにかくカーリングでは1点を取ってはいけない、相手に1点を取らせる競技なんだと思えば今後のゲーム観戦もより面白くなるだろう。