Tag Archives: 青空

端午節句「青空で泳ぐ鯉のぼり」の図は間違い

 5月5日は日本では子供の日端午の節句となっているが、この端午の節句の風習もやはり日本では改暦によって本来の意味を失ってしまった伝統行事の一つである。

 本来、端午節というのは「旧暦の5月5日」に定められていたもので、今年2019年でいえば、6月7日が端午節となる。
 このように6月に食い込んだ端午節は、概ね梅雨の時期に差し掛かることになり、雨天であることが多くなる。

 ちなみに日本でよく使われる「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉も本来はゴールデンウィーク周辺の晴天日を指すのではなく、旧暦の五月の梅雨の合間の晴れ間を指す言葉であり、旧暦では5月は雨の月なのである。(6月が水無月と呼ばれるのも改暦前の名残)

 その雨の多い5月に、カビなどに負けぬように、解毒作用があり剣の形に似た菖蒲湯で邪気を払い子供の健康を祈る行事として発展してきたのが、端午の節句ということになる。
 その菖蒲が花を咲かすのも、湿地が水嵩を増す新暦の6月ころであり旧暦5月なのである。

 また親が立身出世を祈り、雨の水の中を川上へ向かって泳いで遡上する鯉や上から降り注ぐ雨を滝に見立てて、鯉の滝登りの図を表したのが「鯉のぼり」つまり本来の「鯉登」ということになる。
 そういった意味では、現代の鯉のぼりのように晴天の青空の中で泳がせるのは本来の意味の絵にはならず、単なる「鯉幟(コイのノボリ)」となってしまうことになる。

 ましてや親子鯉というのは、親まで自ら出世を祈ることになり、決してマイナスの意味にはならないものの、本来の趣旨からは外れてしまう飾りであり、鯉のぼりは子供の数だけで十分であるのである。

 しかし、明治改暦以後に生まれた童謡「こいのぼり」によって、「おおきなまごいはおとうさん」と歌詞に歌われてしまったことにより、「鯉登」の意味からますます遠ざかったイメージが社会に浸透してしまっている。

 近代では新暦の5月5日が「こどもの日」とされゴールデンウィークの中に組み込まれてしまったため、端午節もその季節の情景が晴天となってしまっているが、そもそもは端午節は雨の中の行事なのである。

 何度もこのブログで書いているが、明治5年から6年への改暦によって旧暦を残さず、新暦に上においてしまたため、本来の体をなさなくなった伝統行事が日本にはたくさんある。

香港に快晴を持ち込んだ?

 もう上海に帰ってきてしまったのだが、香港滞在中はとにかく天気が良かった。

 今年の香港などの華南地方はとにかく天候が悪いと聞いていたので、今回の私の香港訪問が決まった際も結構心配していたのだが、その心配を吹き飛ばすような好天に恵まれたのである、

99546_1

 以前にもブログで書いたが、私は天気に非常に恵まれている人間であることは自慢の一つである。

 私がどこかへ旅をする際には雨に降られた記憶はほとんどないし、逆に行きたくないなぁなどと考えていたイベントの日は雨が降って中止になることがしばしばなのである。

 そして、今回も1泊2日の短期とは言え天気はとても良かった結果となった。

99546_1

 で、今日現在の香港の天気予報を見ると大雨となっていて、私が去った後の香港はどうやら雨模様となっている。

 まあ中国の天気予報なので実際に天気予報通りになっているかどうかは分からないが、少なくとも快晴では無さそうであり、私が滞在していた期間ほどの天候に恵まれているようには見えない。

99546_2

 とすると、非常にラッキーなタイミングで香港を訪れたのかもしれず、偉そうに言えば、今回の好天は私の好運が好天を香港に持ち込んだということになるかもしれない。

 財運にはあまり恵まれない自分だが、こういうツキはあり、今後も大事にしていきたいと思う。

天気がいいので散歩

 3月に入ってようやく気候が穏やかになってきて、外にいる時間がそれほど苦にならなくなってきた。

 まあ今日あたり、は先週よりは寒いのだが、それでも1月よりは動きやすい。

 故に今日は所用で外出した帰りは1時間くらいかけて家まで歩いて帰って来た。

dsc07508

 まあ大気汚染の状況は多少気になるが、それほど上空にガスは出ていなかったので、それほど激しく悪い状態ではないと思う。

 とはいえ、上海の空気は基本的に良くないので呼吸を激しくするような歩き方をせず、あくまでのんびりと、どちらかというと日光浴を楽しむくらいの感覚で歩いた。

 こんな歩き方なので運動量としては大した量にはなっていないと思うが、冬の間はなかなか動かなかったことに比べれば1日のうちで1時間でも歩く時間を確保できれば、まだマシなのかなと思う。

 春節後、動きが鈍って少し体重が増加してしまったので、しばらくはこういった散歩を続けなければと思っている。


冬だけのうつ病

 先日、日本のYAHOOの記事の中に冬の時期にだけ起こる冬独特のうつ症状があるということが載っていた。
 冬の期間だけ、気分が落ち込んだり異様な眠さに襲われる、あるいは無気力になったり集中力に欠けるといった症状が現れ、春になると大体が自然に治癒するそうだ。

 こんな病状があるのだと知って、自分のこの冬を振り返ってみると、病気と判断される程重いかどうかはともかく、傾向として思い当たらないフシもないでもないかなと感じた。

 ここ数年冬になると、日中から眠気に襲われる度合いが異様に高く、仕事やその他の取り組みに対するテンションがやはり低かった。
 体格から来る無呼吸症候群かなと思ったが、どうもそうでもないような気がしていた。

 電話一本、メール一本の行動が、分かっているのになかなか腰が重く、体がだるくて次の一歩に対する行動が遅くなるのである。

 とくに非常に寒い日は、体温も上がらずこの傾向が特に強い。

 寒さに対する単なる怠け心とは、ちょっと性質を異にする状況で、やる気はあるのに頭と体が思うように行動できないのである。
 まるで体が熊のような冬眠状態の陥ったのではないかと感じるほどだった。

 こういう時は音楽を聴いたり、シャワーを浴びてテンションを上げるとまあそこそこの状態まで回復できるのだが、またしばらくするとその状態に戻される。

 最初はこういった症状を年齢的な体力の衰えから来るもの、或いは更年期障害の一部のようなものとも考えたりもしたが、どうも違っていた。

 今回この冬のうつ病の話を知って、自分のだるさの症状に対する一番しっくりくる答えのような気がした。

冬の上海の街中

冬の上海の街中

 治療には日光を沢山浴びたりするのがいいと言うくらいだから、冬の日照時間の減少とそれなりの因果関係がありそうで、3月くらいには治るというのも合点がいく。
 特に上海の場合は、東京よりも件の大気汚染などの影響でなかなか本当にすっきりした青空は見られず、日照時間としての実際の数字比較はわからないが、体感的には日照量がかなり少ない気がする。
 日本に帰った時に青空に感動するくらいその差があり、上海の空は常に濁りどこか重苦しいのである。

 体温が上がるとテンションが戻るというのも、冬の外気温の低下に伴う体温の低下も影響していると思われ、暖房費を気にせずガンガンと部屋を暖めて体を冷やさないようにしておいた時には、それほどテンションが下がらなかったのである。
 よって3月になると自然治癒するというのはこういう気温の面もあると思われる。

 現在3月がもう目前であり、気温が上がってきていることもあって、私自身も確かに楽になってきている実感があり、仕事に対するテンションもかなり戻ってきた。

 私の状況は、その重さはともかくこの冬に「冬のうつ病」的症状があったと考えて差支えないのではないかという気がする。

 まあこんな状況であったにもかかわらず、今年は特に大きな問題も発生せずきちんと脱出できそうだが、冬は毎年やってくるため次の冬にはどう備えるべきか、今のうちから対策を考えておく必要がありそうだ。


PM2.5の影響があるのかないのか

 体調不良からようやく回復してきた今日、日本のニュースを見たら中国の大気汚染が深刻な状態であるとのニュースを目にした。

 なに?上海の空気状況が悪化しているのか?

 振り返ってみれば私の今回の体調不良は気管支を相当やられてしまっているのが一つの大きな要因だった。

 まさかこの大気汚染が原因?私も被害者の1人か?

 そう疑念を抱いた私は早速中国全土のPM2.5監視サイトを覗いてみた。

すると確かに全国の各都市で汚染指数が200を超える箇所が続出しており、中国全土で深刻な状況に陥っていることが分かる。

上海の街の空気

上海の街の空気

 しかし肝心な上海の状況をみると熱が出た初日の11日の状況は指数59で判定「良」とあり、その前2日も良判定と良好な状態が続いているとの表示となっていた。

 うーん、どうやら上海の空気が原因では無さそうだということになり、今回の体調不良は単なる個人の風邪が原因と結論づけようと思った、、、

 が!

 実は調べていくうちに日本と中国ではPM2.5に対する環境基準の基準値に大幅な差異があることに気が付いたのである。

元旦に見た日本の青空

元旦に見た日本の青空(電線は多いが・・・)

 測定物質や測定方法に差異があるかどうか確認していないので厳格な比較にはならないかもしれないが、例えば中国ではPM2.5の含有量が75μg/m³程度以下で良判定と設定されているが、日本の基準はなんと年間平均15μg/m³以下とされているようで、その差が実に5倍以上あったのである。

 1日の平均値基準で見ても35μg/m³以下となり、中国の良判定は日本の基準で言えば全くのアウトということになる。

 つまり中国では合格とされている空気の状態でさえ、日本では許されないレベルの状態であり、そのくらい現在の環境基準に差があるようなのである。

 しかも日本の幾つかの場所の過去の実測データを見ると都内であってもピーク時で20台後半、良好時は1ケタ前半で非常に綺麗な状態だった。

 それに引きかえ上海の空気の状況は良判定は出ているもののPM2.5は日常的に二桁の後半を出している状態で、今夜なんか三桁に達してしまっている。
(これはヒドイ(><))

 こう考えてみると、正月の一番空気の綺麗な状態の日本での時間を過ごしてきた私にとっては、例え良判定と言われようとも、日本に比べ数十倍空気の悪い状態の上海にいきなり戻ってきたことになり、この影響で体に悪影響が出たとしても不思議ではない状態だったとも言える。

 やはりPM2.5の影響があったのだと考えるのが正しそうだ。

 まあ上海がこれなら今回報道のあった北京やその他の都市はどれくらい酷いか想像に絶する。

 さてさてそうやって状況は確認してはみたものの、今後どうやって予防するかを考えないと意味がない。

 まずはこれからマスクでも探して見ることにしよう。

 体調回復の旅はまだまだ続く。