Tag Archives: 青空

端午節句「青空で泳ぐ鯉のぼり」の図は間違い

 5月5日は日本では子供の日端午の節句となっているが、この端午の節句の風習もやはり日本では改暦によって本来の意味を失ってしまった伝統行事の一つである。

 本来、端午節というのは「旧暦の5月5日」に定められていたもので、今年2019年でいえば、6月7日が端午節となる。
 このように6月に食い込んだ端午節は、概ね梅雨の時期に差し掛かることになり、雨天であることが多くなる。

 ちなみに日本でよく使われる「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉も本来はゴールデンウィーク周辺の晴天日を指すのではなく、旧暦の五月の梅雨の合間の晴れ間を指す言葉であり、旧暦では5月は雨の月なのである。(6月が水無月と呼ばれるのも改暦前の名残)

 その雨の多い5月に、カビなどに負けぬように、解毒作用があり剣の形に似た菖蒲湯で邪気を払い子供の健康を祈る行事として発展してきたのが、端午の節句ということになる。
 その菖蒲が花を咲かすのも、湿地が水嵩を増す新暦の6月ころであり旧暦5月なのである。

 また親が立身出世を祈り、雨の水の中を川上へ向かって泳いで遡上する鯉や上から降り注ぐ雨を滝に見立てて、鯉の滝登りの図を表したのが「鯉のぼり」つまり本来の「鯉登」ということになる。
 そういった意味では、現代の鯉のぼりのように晴天の青空の中で泳がせるのは本来の意味の絵にはならず、単なる「鯉幟(コイのノボリ)」となってしまうことになる。

 ましてや親子鯉というのは、親まで自ら出世を祈ることになり、決してマイナスの意味にはならないものの、本来の趣旨からは外れてしまう飾りであり、鯉のぼりは子供の数だけで十分であるのである。

 しかし、明治改暦以後に生まれた童謡「こいのぼり」によって、「おおきなまごいはおとうさん」と歌詞に歌われてしまったことにより、「鯉登」の意味からますます遠ざかったイメージが社会に浸透してしまっている。

 近代では新暦の5月5日が「こどもの日」とされゴールデンウィークの中に組み込まれてしまったため、端午節もその季節の情景が晴天となってしまっているが、そもそもは端午節は雨の中の行事なのである。

 何度もこのブログで書いているが、明治5年から6年への改暦によって旧暦を残さず、新暦に上においてしまたため、本来の体をなさなくなった伝統行事が日本にはたくさんある。

香港に快晴を持ち込んだ?

 もう上海に帰ってきてしまったのだが、香港滞在中はとにかく天気が良かった。

 今年の香港などの華南地方はとにかく天候が悪いと聞いていたので、今回の私の香港訪問が決まった際も結構心配していたのだが、その心配を吹き飛ばすような好天に恵まれたのである、

99546_1

 以前にもブログで書いたが、私は天気に非常に恵まれている人間であることは自慢の一つである。

 私がどこかへ旅をする際には雨に降られた記憶はほとんどないし、逆に行きたくないなぁなどと考えていたイベントの日は雨が降って中止になることがしばしばなのである。

 そして、今回も1泊2日の短期とは言え天気はとても良かった結果となった。

99546_1

 で、今日現在の香港の天気予報を見ると大雨となっていて、私が去った後の香港はどうやら雨模様となっている。

 まあ中国の天気予報なので実際に天気予報通りになっているかどうかは分からないが、少なくとも快晴では無さそうであり、私が滞在していた期間ほどの天候に恵まれているようには見えない。

99546_2

 とすると、非常にラッキーなタイミングで香港を訪れたのかもしれず、偉そうに言えば、今回の好天は私の好運が好天を香港に持ち込んだということになるかもしれない。

 財運にはあまり恵まれない自分だが、こういうツキはあり、今後も大事にしていきたいと思う。

天気がいいので散歩

 3月に入ってようやく気候が穏やかになってきて、外にいる時間がそれほど苦にならなくなってきた。

 まあ今日あたり、は先週よりは寒いのだが、それでも1月よりは動きやすい。

 故に今日は所用で外出した帰りは1時間くらいかけて家まで歩いて帰って来た。

dsc07508

 まあ大気汚染の状況は多少気になるが、それほど上空にガスは出ていなかったので、それほど激しく悪い状態ではないと思う。

 とはいえ、上海の空気は基本的に良くないので呼吸を激しくするような歩き方をせず、あくまでのんびりと、どちらかというと日光浴を楽しむくらいの感覚で歩いた。

 こんな歩き方なので運動量としては大した量にはなっていないと思うが、冬の間はなかなか動かなかったことに比べれば1日のうちで1時間でも歩く時間を確保できれば、まだマシなのかなと思う。

 春節後、動きが鈍って少し体重が増加してしまったので、しばらくはこういった散歩を続けなければと思っている。