Tag Archives: 少子化

一人っ子時代の暴行問題の解決方法

ここしばらく日本で騒がれている日本の大相撲の横綱日馬富士の暴行問題だが、それに関連するネット上のコメントなどを見ていて気になったのは、「暴力は法に基づいで裁かれるべき」だという論調。

その理屈自体は正論であり、否定するものでもないのだが、そういう批判をする人たちが「古い考え方」として否定する和解的な解決法というものが何故最近否定されるようになってきたのか気になったのである。

もちろん、一方的な暴力は許されるべきではないが、例えば個人対個人の喧嘩のような状況だったりする場合、お互いのケガの程度によっては、双方が和解すれば済んでしまうものも有るはずであるが、今の状況だと究極的には双方に暴行罪や傷害罪が適用されてしまう状況にある。

どうも今回の貴乃花親方の態度の如く、法やルールに照らし合わせ白黒はっきりつけないと気が済まない風潮が支配的に感じられるのである。
例えて言うなら自動車の事故の如く6:4とか過失割合を厳密に決めないと気が済まない様な雰囲気なのである。

しかし、必ずしも法やルールに依拠しなくても解決する方法も社会としてあっても良いはずというのが私の考えでもある。
まあ、その風潮の是非はともかく、現在どうしてこのような風潮になっているのかを考えてみた。

で、私なりに考えた現代の「社会の法依存・ルール依存」の要因は、社会の一人っ子時代の進行と核家族社会の進行が原因ではないかということ。

以前「中国から「おじさん」がいなくなる日」というブログでも少し触れたが、一人っ子時代の進行、つまり兄弟関係が無くなることにより、家族一つ一つの存在が社会から孤立した存在になりつつあるというのが今の社会である。

どういうことかと言えば、兄弟姉妹が多ければ多いほど、一組の夫婦やその子供にとって、親戚やおじさん・おばさんの関係が生まれるのだが、一人っ子社会ではそれが存在しないのである。

前回のブログにも書いたが「この「おじさん・おばさん」というのはある意味身内でもあり、一方で完全に家族の人間であるわけでもなく、言わば家族と世間の中間にある存在」である。

つまり、「一つの家族が社会から完全に孤立しないように繋いでくれる、社会と家庭内の風通しを行なう窓の様な存在である」はずなのである。

しかし、現実的には一人っ子が増え、おじさんおばさんが少くなっており、「家族の外はいきなり公衆・公共の場となり、そこは単なる法律的・社会的ルールにのっとった社会平等的な関係しか存在しない」社会となり、身内の情などでの問題処理が行われにくくなる社会となっているのである。

また、田舎の地縁を離れて都会で核家族化した状態で暮らす人々が増えたことも状況に輪をかけている。

隣は何をする人ぞ」の言葉にあるように、都会の暮らしでは転勤や転居の頻度が高く、十分な地縁を結ぶ時間が与えられず、やはり法律的・社会的ルールにのっとった方法でしか結びつかない社会が形成されてしまう。

そういった社会の中の家族環境で育つ人間は、結果的に血縁や地縁の情などで問題を解決したりする経験がなく、ただ社会ルールによってのみトラブルを解決方法する手段しか経験せず成長することになる。

つまり、かつて当たり前で存在していた「内々で」とか「穏便に」というのは、実は兄弟姉妹が多かった時代の一族社会、或いは地縁が豊かな地域社会の解決方法だったものであり、仲間意識によって法律や公共ルールに依拠しない形での内側のルールによる問題解決方法なのである。

しかしそれらは、そういった仲間意識や一族意識を所有しない一人っ子時代社会に育ってきた人にとっては、法律やルールが適用されない「古い社会」に映るのであり、内々に処理されることを隠ぺい体質として批判するのである。

確かに内々に穏便に処理することは「隠ぺい」とも言えるが、決して泣き寝入りさせることではなく、共通の一族意識を持った人々がいるからこそ一族を守るために働く力学でもありそれを「古い社会」として100%否定すべきものかは難しいところがあると考える。

 例えば「古い社会」では、一族や集団の為に個人が時々損をする面もあるが、全体を裏切らない限り多少の問題を起こしても内包され、個人は切り捨てられずに救われる部分がある。

一方でこれに対する「法律や公共ルールに依拠する」ことによって成り立つ「新しい社会」(具体的にこう呼ばれているわけではないが「古い社会」の対立概念として呼ぶとして)では、ルールに違反すると切り捨てられ再起をするチャンスが与えられなかったり、各自が社会との繋がりの意識や共通意識を持てず孤立化し、ルール社会の中に埋没しやすい状況が生まれる状況となる。

こういった二つの社会概念の意識の相違が、現実に進行している今回の「日馬富士暴行問題」における協会体質への批判だったり、貴乃花親方の行動や主張なのではないか、そのように感じるのである。

古い社会と新しい社会、どちらがいいとは一概には言えないが、相撲協会を「古い社会」と批判しルールや法律を振りかざそうとする意識の人々が増えていることは、社会の少子化による個人の孤立化が大きな影を落としているような気がするのである。

寅さんの名言より
「理屈を言うんじゃないよ、大事な時に!」

ウルトラマンから児童合唱が消えた理由

 アニメの主題歌などがアニソンと呼ばれるようになって久しいが、最近のアニソンと私が子供の頃に聴いていた音楽とは圧倒的な雰囲気の違いがあることに以前から疑問を持っていた。

 曲調とか歌詞に違いがあるのは確かなのだが、それを差し引いても決定的な違いがあるような気がしていたのだが、その違いがなかなか見つけられずにいたのである。
 そんな時、アニメではないが特撮のウルトラマンにおいて、決定的な変化のポイントと思われる部分を見つけた。

 それは、児童合唱の有無である。
 
 ウルトラマンシリーズの主題曲をチェックしていくと、初代、セブン、帰ってきた、エース、タロウ、レオ、そしてアニメのザ・ウルトラマンまで主題曲には必ず児童合唱が使われていた。

 それが80年のウルトラマン80(エイティ)になるとTALIZMANという新進気鋭のバンドの曲が使われ、突如として児童合唱の曲が使われなくなる

 まあこの「80」は番組制作内部のごたごたがあったようで、その約1年後には同じアーティストの曲で差し替えが行われていて児童合唱もサビだけ復活する。
 しかしこれ以後ウルトラマンシリーズでは、放映そのものがしばらく途絶えたこともあって、児童合唱付きの主題歌は使用されなくなるのである。

 実はこの傾向はウルトラマンシリーズに限らず、他のアニメ主題歌などでも同様の傾向が見られ、子供向けアニメで当たり前だった主題歌への児童合唱の使用は80年以降激減する。
 月光仮面、鉄腕アトム、バビル二世、タイムボカンシリーズなど、戦後の子ども向け番組で主題歌に使われていた児童合唱が全く登場しなくなるのである。

 そしてその後のアニメの主題歌では(私が見ていないだけかもしれないが)、大人のバックコーラス付きの歌や女性デュオの歌はあっても、児童合唱はほぼ皆無であった。

 今回YOUTUBEなどで調べた中では、80年代以降に児童合唱が使われているのは宮崎駿のとなりのトトロの「さんぽ」ウルトラマンメビウスのサビのバックコーラスの一部に児童の声と思われる声が含まれていたが、後はほとんど見つからなかった。

ウルトラマンメビウスの公式壁紙

ウルトラマンメビウスの公式壁紙(引用元

 こういった児童合唱の常連だった東京の杉並児童合唱団音羽ゆりかご会(コロムビアゆりかご会などの名でも活動)のウィキペディアの説明を見ても、80年代以降はアニメソングなど子供向け番組の主題歌への出演は皆無に近い状態で、アニソンにおける児童合唱は途絶えていると言っていい状況となっている。

 何故こういった急激な変化が起きてしまったのだろうか?

 この「何故」の命題を解明するのはなかなか容易ではないのだが、一つ考えられるのが第二次ベビーブーム世代の成長によるボリュームゾーンの移行とその下の子供世代の減少によるターゲットマーケットの変化である。

 また、これに伴う世間の子供っぽいものからの離脱志向、或いは子供番組の二世代ターゲット戦略の始まりであるとも考えられる。

 ウルトラマンシリーズのドラマの作り方を見ているとその差が顕著なのだが、児童合唱がついてた頃のウルトラマンのドラマは、子供の世界での出来事を発端にドラマが構成され、そこへ大人やウルトラマンが加わって、ピンチを救うといった形を取っていた。

 ところが16年の沈黙を破って再開されたウルトラマンティガ以降は、ウルトラマン役の人物を中心とした大人の青春劇になり、どうも子供の等身大の役者が活躍するドラマではなくなっているのである。

 さらに主人公(ウルトラマン)にはイケメン俳優が次々と起用され、子供たちのヒーローでありながら、母親たちのアイドルも兼ねるような構成で二世代をターゲットとする番組となっていて、子供の願いを叶えるヒーロー一色ではなくなってしまっているのである。
 (チラ見だけで全編は見てないのでファンからの印象は違うかもしれないが) 

 この二世代ターゲット化が行われた理由として、少子化による児童マーケット縮小と、戦闘シーンが暴力的だという指摘が「80」放映の頃に保護者層からあった反省から、保護者層の離反を防ぎ親公認の下でマーケットを確保したい狙いがあったと思われるのである。

 このような背景から、ハイティーンや大人世代をも一緒にターゲットとして巻き込むには、主題歌に児童合唱が入っていてはいかにも子供っぽく聴こえるという判断で避けられたというのは十分考えられるのである。

 この結果、子供向け番組と言いながら、主題歌には児童合唱ではなく大人のバンドの曲が使われ、歌詞も「君を守る」とか「勇気」とか、子供でも大人でもどちらでも通用するような内容になっている。

 ウルトラマン以外のアニメ主題歌もほぼ同様の傾向であり、アニメが子供だけではなく大人も見るものになった結果が、80年代以降の児童合唱の排除であるような気がする。

 ただ、ここ数日これらの膨大なアニメの主題歌をチェックしてみて(曲を聴きすぎてアニソンオタクになった気分であるが)感じたのは、児童合唱がつけられたアニソンというのは、童心をくすぐられるし、非常に歌いやすいものであるということ。
(子供が歌えるように作られているので当たり前と言えば当たり前だが)

 また歌える曲である故なのか、かなり印象に残る歌に仕上がっており、ヒーローに対して観客側の一体感が得られる音楽になっているという印象なのである。

 児童合唱でなくてもバックコーラスや合唱が入っている曲はやはり共感を得やすい効果を持っているようで、ウルトラマンメビウスの曲がバックコーラスのお蔭で感じよく仕上がっており、合唱を取り入れる効果は小さくないという気がするのである。

 先日触れた宇宙戦艦ヤマトの主題曲も合唱が含まれ息長く歌われる例に漏れない曲であり、やはり単独ボーカルより合唱のほうが聴衆を魅了しやすい要素があるように思える。

 今後のアニソンがどんな変化をしていくかは私には分からないが、幅広いファン層に受け入れられる音楽として残したいなら、単独ボーカルの曲ではなく合唱やバックコーラスの採用、願わくば児童合唱の採用というのは実はキーポイントなのではないか、そんなことを感じた今回のプチ調査である。

 

ビザの噂と日本人人材不足の噂

最近、こちらの掲示板でも話題になりつつあるが、最近ビザの審査が急に厳しくなりつつあるようだ。
既に6ヶ月マルチのFビザはとれないとか、観光ビザも1ヶ月しかとれないとか、
人づてなのではっきりはしないが厳しくなっていることは確からしい。
オリンピックを控えてテロ対策などの意味で身元の明らかでない怪しい入国を防ぐためだという。

実は私のビザも七月に更新時期を迎える。オリンピック直前である。
なんとも間の悪い区切りであるような気がする。普通に考えれば、特に更新拒否されるような情況はないはずだが、この国の話であるので予想もつかない理由で延長不可になる可能性も考えられなくもない。
 万が一そうなった場合でもオリンピックが終われば条件が緩和されると思うが、今時点では不安要素はぬぐいきれない。

また、このビザの状況を受けて、上海の日本人求人市場も急騰しているという。
審査強化の結果、Fビザでもぐりで働かせられていた人材がこの状況で帰国し、さらに日本からの新たな供給もままならないという。
加えて、いままでの現地採用市場の中心だった、日本人の20代若者人口自体が年々減少している。 こういった中で、上海でも日本国内並みの給与を提示をする求人情報が出てきたという。トータルで考えてこの状況が経済全体の良いほうに転ぶのか悪いほうに転ぶのか分からないが、状況が急速に変化していることは確かなようである。

中国の国際関係も不安定要素が多い中、しっかりと状況を見極め行動すべきだと思われる。