Tag Archives: パスポート

在上海日本国総領事館は市役所的な存在

上海に住み始めて12年を超えたが、長く住んでいても身分が中国人になるわけではないので、時折り日本人としての事務手続きが必要になる場合がある。

そんな時に頼りになるというか、有難い存在なのが在上海日本国総領事館の存在である。

領事館は日本政府の出先機関である上に、その名称から非常に硬いイメージがあって一般市民には縁が遠い存在のような印象を受けるが、実際にはその逆である。

上海にいる邦人にとっては、市役所の市民センターのような存在であり、何かと重宝する機関である。

その第一としてパスポート関連の業務があり、旅行者の紛失の際の緊急対応を行なってくれるほかに、現地在住の邦人の旅券再発行や更新、増補など、通常は日本の各都道府県の旅券事務所で行っている事務を、ここで済ますことが出来る。
よって期限が迫ってきたからと言っていちいち帰国しないでもよいのである。
私はこれまでパスポート紛失時も含めて二度上海でパスポートを更新している。

第二に、各種証明書関連の発行や届け出業務が非常に充実している。
例えば、結婚証明書や出生証明など中国での労働ビザや家族ビザ申請に必要な書類類は領事館で取得することができる。
さらに無犯罪証明書(犯罪経歴証明)の発行・認証、卒業証明書の認証などを受け付けてくれる。
そのほか中国人と結婚する際には重婚を防ぐ意味で独身証明書などが要求されるが、こういった書類は日本の市町村では公式には取り扱いが無い。

しかし、このような証明書類も、この上海の領事館ではローカライズされて発行が可能になっている。
また届けに際しても、結婚届出生届、離婚届に死亡届に至るまで日本の住民票を抜いてしまって移住されてしまっているような場合でも総領事館で手続きができるのである。

これらは通常は市区町村役場で行う届け出であり、その役割を在上海日本国総領事館が担っている。

また国政選挙に限りだが在外投票もここで実施されており、総領事館で投票が実施され日本に帰って地元の自治体に行かなくても日本国民としての権利が行使できる。

最も法律的な理屈を述べれば、そもそも旅券交付や戸籍事務などは国が果たす業務であり、それを法定受託事務(以前の機関委任事務)として都道府県や市区町村などの地方自治体が代行しているだけのため、国の直属機関である在上海日本国総領事館がこの業務を負うのは原点回帰として何ら不思議な事ではないのである。

まさに日本政府直属の日本人のための役所であり、邦人保護の役割も含めて重要な存在である。

ちなみに、総領事館のもう一つ大事な仕事として、訪日中国人のためのビザ発給という仕事がある。

総領事館のホームページによると昨年2017年の年間ビザ発給件数は185万件で、地球全体の日本の在外公館発給の1/3を占める件数となっており、つまり日本の訪日観光客引き入れのための非常に重要な役割を担っている。

東方航空機

以前、本館で取り扱っていたときは「中国人の日本行きビザ申請の現場」で書いたような状況となっていたが、現在は量が増えすぎたため別館で取り扱っているようだ。

まあこの状況を上海在住の日本人の人数が数万人規模であることに比較して考えると、今や在上海日本国総領事館は日本人のための機関というより中国人のための機関としての意味合いが重要になっているのかもしれない。

在上海日本国総領事館のホームページ

本当に日本の人口は減っているか?

 先ほど発表された国勢調査によると、日本の人口が0.7%(94万人)減少したとされた。
 このニュースを聞いただけでは、日本国籍を持つ人の数が減ったのだと勘違いしそうだが、実はそう読み取るのは早計である。

 その理由としてまず第一にこの統計は、調査員が調査票を各家庭に配って実施しているもので、国籍問わず居住している人をカウントしており、外国人でも居住者として数えた結果の数字となっている。

 つまりこの調査では外国人も日本の国勢人口に含まれるのである。

 逆に日本国籍を持っていても、調査基準日現在で外国に住んでいる人はカウントされないことになり、例えば私のような上海在住の人間は、調査の基準に照らし合わせれば人口にカウントされないことになってしまう。
 同様にサッカーの本田選手や香川選手なども海外で活躍するスポーツ選手なども日本に住んでいないので当然日本の国勢人口には数えられていないはずである。
 このような日本国籍を持ちながら海外に居住する在外邦人は海外全体で130万人いるとされており、今回の減少幅と比較して考えれば実は日本の国勢調査に与える影響は小さくない。

 じゃあ、国内の人口に在外邦人の人数を足せば良いのではないかと思われる人もいると思うが、この在外邦人の統計も個人の在留届をベースに、進出企業に対する聞き取り調査などを加味して実施しているのであり、日本国内での住民票の有無を問わずカウントされている面もあって、それほど正確な数字が出てくる物ではない。

 つまり任意での提出となっている在留届では正確な数は把握しようがなく、正確なデータとして信じるにはちょっと足りるものではないのである。

 在外邦人は私のように日本の人口には数えられていない人が大半だと思われが、在外邦人の一部は日本居留者として国勢調査で報告しているケースもあり、日本の人口と重複カウントもかなりあると察せられる。
 逆に、聞くところに依ると、今回の国勢調査では調査票が届かなかった世帯があったとか、マイナンバーへの不信感もあって調査そのものが拒否されたり、外国人たちが調査に協力しなかったりと、調査の捕捉率についてもかなり疑念がもたれる状態となっている。

 このようにデータ管理が進んでいる日本でさえ、現在存命中の日本国籍者の数を正確に把握するというのはかなり難しい作業だと言えるのである。

 ならば、今年からスタートしたマイナンバーの活用して調査したらどうかという意見もあるが、実はこれも国勢調査と似たような面を持ち、さらには居住実態と必ずしも一致しない面があるので実像からは乖離し国勢調査以上に正確な人口把握は難しいものとなっている。  

 その理由としてマイナンバーは住民票をベースにナンバリングされており、外国人でも登録者であれば付与されている番号だからである。 

 それ故に、やはり私のように住民票を抜いて海外に出ている人は番号自体が付与されず、統計の対象外となる。
 さらに、住民票の転出・転入届を行わず勝手に引っ越しする人もいるので、地理的な分散の把握もやはり不正確になっており、マイナンバーは国勢調査以上に実態から乖離しているものとなっている。

 こうやって考えて行くと、とどのつまり日本国籍保持者の正確な人口を把握しているデータや調査は何一つないということになる。

 つまりこのような調査実態の中で発表された日本の人口が0.7%減ったという発表は鵜呑みに出来ないのである。

 数%の変化ならともかく、0.7%程度の減少幅だと、誤差があるかも知れず、本当に日本の人口が減っているという結論を出すにはもっと吟味が必要な状態なのがこの国勢調査であり、日本国民の実態だという気がするのである。
 
DSC04357

中国人の誕生日は信用出来ない

 先日、ある中国人女性に自分の誕生日を聞かれたので素直に答えたら、私と同じ星座ですねと言われた。

 これを聞いて、私はちょっと驚いた。

 実は私は以前その女性の身分証明書を見せてもらったことが有り、知り合いと同じ誕生日だということから確か3月という記憶があり印象に残っていたのである。

 それ故に9月生まれの私と同じ星座であるはずがなかったのである。

バースデーケーキ

 疑問に思って相手の話をよく聞くと、実は本当の誕生日は秋であり、3月というのは両親が一つ上の学年に入れるために前倒しで申請したニセの誕生日らしいということが分かった。

 中国では9月1日が学校年度の切り替えのタイミングであるため、9月1日以降に生まれた人と8月31日以前に生まれた人は、同じ年に生まれた人でも別の学年となってしまうものとなっている

 日本でも4月1日以前に生まれた人と4月2日以降に生まれた人で学年が違ってしまうのはよく知られているが、中国では9月1日が基準になっている。
 それ故に恐らく彼女の両親は、彼女を妊娠した頃に、生まれる前にもかかわらずさっさと出生届を出して、一つ上の学年に入れてしまったということになる。

 どうして上の学年に入れたいのかといえば、一にも二にも教育を早く受けさせたい両親たちの希望であり、8月31日に生まれた子どもと9月1日に生まれた子供ではたった1日の誕生日の違いであっても教育のスタートは1年違ってしまうことになるからである。
 早期教育のほうが、ゆくゆく後の成績に差がでるというのはよく言われていることであり、実際そのような統計も出ているようである。
 もちろん、こうった出生日調整などということは、これは出生証明書を偽造しなければできないことだが、恐らく中国ではその辺りのことはお金の力でどうにでも出来ることなのだろう。 

 まあこの彼女のように半年も誕生日を調整している人はそれほど多くないかもしれないが、暦上の縁起の良い日にずらしてしまったということは日本でも時々聞く話ではある。

 さらに農暦と言われる旧暦の存在も中国人の登録上の誕生日の正当性を危うくしている。
 中国では旧正月の春節が、太陰暦である旧暦によって西暦(太陽暦)で示す月日上で毎年変動することはよく知られていることだが、この太陰暦はそれぞれの日に縁起のよい日と悪い意味の日があるとされる。

 故に、それを信じる人にとっては誕生日が西暦で誕生日を登録すると毎年旧暦(太陰太陽暦)上の誕生日が動いてしまうことになり、西暦上では悪い日にぶつかる可能性があることから、最初から旧暦上の日付で誕生日を登録してしまう人もいるようだ。

 ことほどこのように中国では身分証明書を見たところで、その誕生日が本当に生まれた日を示しているかどうかはわからないのである。

 このことから考えると、誕生日を基礎にする星占いなどは中国人に対しては本当の誕生日を聞かないと真実はわからないのであり、迂闊に相性占いなどやっても結果はデタラメになるだけなのである。

 ちなみに私の誕生日は、小さい時に母親が見せてくれた「へその緒」の箱についていた日付と時間が一致していたから、実際と登録日に差はないようであり、安心して自分の誕生日で占いなどを見ている。(笑)

外国人にも中国の身分証があればいいのにと思う。

 中国には、日本にない身分証制度というものがあり、戸籍に登録されている大人はほぼ全員身分証カードを持っている。
 「ほぼ」と書いたのは、一人っ子政策の下で戸籍に登録されていないような人もいるため100%とはならないはずということだが、まあ普通に生まれて戸籍に存在する16歳以上の国民は全員身分証を持っているようだ。

 この身分証に書いてある内容は、姓名、性別、戸籍住所、生年月日、民族、身分証番号などであり、顔写真もついている。
 で、この身分証は5~6年前にICカード化したことにより、単なる身分証明の枠を超えて、日常で非常に便利に使われるようになった。
 (余談だが、このIC身分証は日本で印刷されているという噂がある)

 例えば、中国の鉄道の乗車券はこの身分証がないと乗れないことになっているが、逆に座席を予約した後は、チケットレスで身分証だけで改札を通れたりする。

 あるいは銀行の取引きなどもこの身分証でできたりする。

 特にインターネットを通して行う取引や登録にはこの身分証がよく使われ、たいていは番号の登録が必須であり、IT化が進んだ中国社会では不可欠なものとなっている
 しかし、このようにIT化の進展により身分証の重要度が上がってくると、実は身分証を持ってない私のような外国人はその発展の蚊帳の外に置かれつつある状況が生まれている。

 まあ中国での大方の用事はパスポートを身分証として提示すれば、何とか中国人たちと同様の結果は得られるものとなっているが、途中の便利度の享受という意味では身分証のあるなしで、大きな差がつけられている印象なのである。

 その一つが上記でも触れた鉄道切符の購入であり、中国での鉄道切符のネット予約や駅での自動券売機利用での購入には身分証の利用が必須となっているため、身分証を持たない外国人は窓口に並ばなければならない状況となっている。
 これは切符を買うたびに感じている非常に面倒な点であり、外国人にも身分証を用意してもらえないのだろうかといつも思ってしまう。

 この外国人の証明関係について日本の状況を見てみると、日本国内にいる外国人に対しては外国人登録証というものが発行されており、一通りの身分証明はこの外国人登録証で済むことになっている。

 まあ、日本は鉄道に乗るのに身分証明書は必要としないが、銀行口座の開設などの手続きにはこの外国人登録証が効果を発揮する。
 こうやって考えると、やはり中国でも、外国人居留証など長期滞在ビザを得ている外国人には「外国人身分証」たるものを作って、鉄道利用などが出来るようにしていただくと非常に便利になるのではないかという気がしている。

 そうすれば、駅の窓口の行列などは確実に減らせるはずであり、ちょっとした外出くらいではわざわざパスポートを持ち歩かなくても済むようになると思われる。
 まあ外国人の身分に関する法律などは、国家の大枠であるため、おいそれとは物事が進まないかもしれないが、ぜひ検討してほしいこの「外国人身分証」である。

成田空港の検問がなくなったらしい。

 昨日のニュースで聞いたところによれば、成田空港の入場時に行われていた検問が廃止され、ビデオチェックなどの方法に切り替わることになったとのこと。
 これまでは車で入場する場合は検問で止められ、トランクやパスポートのチェック、電車の場合も税関同様にパスポートの提示と、場合によってはトランクを開けてのチェックが行われてきたが、これがどうやら廃止されたようなのだ。
 まあ最近成田に行くようになった人にとっては9・11以降の措置のように思われるかもしれないが、実はこれはほぼ昭和53年の開港直後から行われている措置であり、成田空港に反対する過激派による管制塔占拠事件から端を発したもので、実に37年間も続けられていた。

成田空港第2ターミナル出発ロビー

成田空港第2ターミナル出発ロビー

 しかし、世界を見渡しても、搭乗客に対するチェックではなく空港入場客に対して検問をしている国はあまり例がなく、中国でも警官による警戒やX検査機による荷物検査はチェックは時々あるが、あそこまで厳重な検問はなかった。
 今回、ビデオチェックに切替えられるとのことだが、恐らく顔認識システムの技術進歩によるところが大きいと思われる。
 つまり、確かに検問される煩わしさはなくなったが、チェック方法が変わっただけで、警戒を緩めたという訳ではなさそうだ。
 もちろん、搭乗時のハイジャック防止のセキュリティチェックなどは従来通り続けられるわけで、そこの厳しさは変わらない。
 まあこれらの警備のおかげでハイジャックなどは近年、ほとんど聞かれなくなったように思うが、残念ながら先日起きたような副操縦士の故意的墜落と疑われるような事件もあるわけで、人の社会で100%の安全というのはなかなか得にくいというのが結局のところだという気がする。

成田空港に駐機中の日本航空機

成田空港に駐機中の日本航空機