Tag Archives:

台風の影響で春秋航空は上海に戻され、翌日再び出発へ

前回

札幌を飛び立った後は、元々の体調不良もあってぐったり眠っていた。

札幌出発前の機内の様子

結局札幌(新千歳空港)では、外の空気さえ吸わせてもらえなかったこともあり、どんよりとした空気が流れていた。
時々目を覚まして外の景色を眺めても、既に日が暮れていて暗い空であり、爽やかな窓の景色ではなかった。

そう、もう夕方なのである。

周りでは、夕飯として食事を注文する人がたくさんいた。

春秋航空ではLCCであるため、機内食は自分で購入する形式になっている。

私も上海から飛び立った際には、事前予約でジャージャー麺を注文して食べたのだが、正直言ってあまりおいしくなかったのと、お腹の回復具合に自信がなく、トイレを控えるためにこの時間は上海の空港に着くまで我慢することにした。

また春秋航空では、飛行中は携帯電話を「機内モード」にしても使用が許されないため、音楽も聴けず退屈な時間を過ごすしかなく、寝るほかなかった。

さて中国時間の19時過ぎになってようやく機体は上海に戻った。

朝10時前に機体に乗ってから9時間以上も飛行機に乗りっぱなしにも関わらず、どこへも行けていないのである。
仕事も出来ず、娯楽もなく寝るだけで、ただただ時間だけを無駄に消費した印象である。

それ故に機体を下りようやく地上に足を下した時は格別の解放感があった。
しかし、この後どう動けばいいのか、それを考えると憂鬱な到着でもあった。

この時点でいくつかの選択肢を考えており、翌日の便を探してみるか、数日先か一か月ほどの日程に全体の旅程事スライドさせてしまうなどの案を考えていた。
 ただ、一か月後にしてしまうと当初の帰国目的の免許の更新手続きが複雑化してしまう面もあり、悩ましいところがあった

 いずれにしても春秋航空側の案内を待つほかなかった。

上海浦東国際空港の駐機場行き待合室に戻される。

駐機場からのバスが旅客ターミナルに着くと、通常の到着手続きの経路ではなく、いわゆる出発時の順序の逆ルートで戻されてゆき、イミグレでも前回同様に出国スタンプの上に取消印が押される処理となった。

 このようにして、チェックインカウンターの前までに戻された時点で、係員から今回の件の処理に関する説明があった。

それによると、翌日午前11時に再び茨城空港に向けて臨時便を飛行させるとのこと。
また乗客は荷物を持って航空会社の用意するホテルに宿泊してくださいとのことだった。

「おおー、ラッキー。」

LCCではなかなかあり得ない厚遇な待遇にちょっと喜んだ。

翌日出発なら日本の滞在日程が短くなっても、免許更新の目的は果たせそうである。
個人的には空港から自宅まで帰れなくもなかったが、往復で最低2時間かかることを考えると、体力的にありがたい航空会社のフォローである。

 ただLCCの用意するホテルなので、どんな安ホテルを用意されるかなど些かの不安はあった。
 が、こちらとしては横になって寝られれば、どこでも良いという気分になっており、急いで送迎のバスに乗り込んだ。

着いたホテルは上海航空の経営する4つ星クラスのホテルであり、これにはけっこう驚いた。
きっと航空会社が、同様のトラブルのために用意しているホテルで割安で用意できるのだろう。

ただし、部屋の扱いは一人一部屋にしてもらえず、私も日本人の乗客との相部屋となった。

上海航空大酒店の部屋

上海航空大酒店の部屋

機内の座席ですぐそばの席にいた方で、会話した印象は普通の方であったので安心は出来たが、やはり赤の他人とのいきなりの相部屋は抵抗感がないわけではない。
しかしそんな抵抗感はあってもが、眠りたいという欲求の方が勝っており、メニューのほとんど残っていないレストランでパスタだけを腹に入れて、すぐに眠りについた。

翌朝は、7時頃目が覚め、朝食を摂りにまた同じレストランに行ったが、38元とやはり有料であった。

今回の場合は無料で泊まれただけ良しとするしかないのだろうが、食に関しては選択肢がなくやや不自由な印象だった。

さて事前の集合時間の告知もなく、突然部屋にかかってきた「下りてこい」の電話で部屋を出てチェックアウトし、ホテルを出発した。
つづく

病気はどんどん新しく生まれる

 先日のラジオでNHK特集の「病の起源」という番組についての話題が出ていた。

 まあ私自身はこの番組そのものを見てないので、その内容そのものを語る資格はないのだが、番組のおおよその内容は、「人間は進化の過程において進化と引き換えに新しい病気を発生させてきた」というのが大よその筋だったとのこと。

 例えば二足歩行と引き換えに腰痛が生まれ、農耕と引き換えに糖尿病、石器の発明が人間の顎を退化させた影響で舌の変形を生み睡眠時無呼吸症候群などを生んでいるなどなど、現代の病気の一部は人類の進化の過程で生まれきたという事が主旨となっていたようだ。

 これらは数十万年や数万年という長いスパンで見た話が主であるが、農耕と糖尿病の関係で言えばせいぜい数千年のスパンで、そう遠い昔の話ではもない。

am500_sc026

 この話を聞いて、私は現代の我々の食生活や日常生活について考えてみた場合、それらと同様の、いやそれ以上の変化が現代にも起き病気が生まれているのではないかという気がする。

 つまり我々の生活のここ100年200年ほどの変化は、その前の1000年に比べてみても尋常じゃないほどに変化していると言えるからである。

 例えば我々は100年前とは同じ物を食べていないし、同じ水も飲んでいない

 100年前と同じ空気も吸ってないし、同じ構造の家にも住んでいない。

 同じ家族構成で育ってなければ、親戚や学校、社会も同じ人間関係ではなくストレスを感じる視点なども変化している。

 仕事の方法も肉体労働から機械操作へ、ペンと紙からキーボードと画面にと変わっているし、社会の変化に伴い情報や時間に対する考え方と言った目に見えない社会環境までもがドンドン変化している。

am900_pe063

 こういった急激な社会環境の変化の中で、例えば顎が何世代か前より細くなったとか、子供の視力が下がっただの、100年にも満たない僅かな時間にも少しずつ人間の身体に変化が起きていることが現状でも言われている。

 まあ私にはこの100年で生まれた病気にどのようなものがあるか具体的に挙げられないが、かの番組の内容に従えば、現代に新たに生まれた要因によって以前には無かった現代病が現在沢山生み出されている可能性が高いと考えるのが普通であろう。

 病気とか大げさなものでなくても、冷房病とかキーボードの腱鞘炎などもきっとその一種として考えられる気がする。

 まあそういった意味で、人間の健康に対する考え方も100年前と同じでは済まない状態になってきており、例えば中国には何千年も前からあると言われる中医があり伝統的にやってきた方法や考え方だから安全だという神話があるが、世の中や人間を取りまく環境がこれだけ変化している現代において、臨床試験もなしに伝統だけを頼りに中医や中医薬を盲信するのは、やはり危険だという気がする。

 そのくらい現代における、人間の健康を取り巻く環境というのはすさまじく変化している気がしており、病気の内容も原因も新しくなっているのだから、伝統を盾に安全性を語ることは通用しないのではないのかという気がする。

 常に人間の環境や身体の変化を捉え、それに対応していくのは大変な作業であるが、人間の進化を止めることは出来ないわけだから、この新しく生まれる病気との闘いは人類が続く限り続く永遠のテーマであるような気がする。

中医薬の加工場の実態?

半年くらい前からであろうか?

 私の住む部屋の下の方に何やら漢方薬の加工作業所のようなものが設置されている。
具体的に何をやっているかは伺い知れないが、どうも生薬の葉のようなものを蒸しているか煎じているかのようなことをやっているようだった。

 そしてあの漢方薬独特の香りが周囲に広がっているので、窓を開けて長時間嗅いでいると気持ち悪くなる。

 まあ悪臭と呼べるほど深刻な匂いではないが、やはりこれも悪臭公害の一つである。

 それに通りに面した扉の前にはズタ袋が積み重ねられ、お茶の出汁ガラのような葉っぱが袋一杯に詰められている。
 それを救急車のようなサイレン灯を上部に着けた車両が毎晩のように運んでいる。

 まあ医療関係の車両がくるということは、少なくとも医療に関係ある物を取り扱っているということであり、臭いから推測すればまあ漢方薬・中医薬に関連する何かの加工場であることは間違いないように感じる。

 果たしてこんな住宅地の真ん中で彼らは何をやっているのだろう?

 日本で医薬品の工場と言えば、もっと厳密な衛生管理を行なっているようなイメージがあるが、その漢方薬加工場と思しきその場所は日本の薬品工場とは程遠い状況であり、衛生状態などは市中の食堂とかとあんまり変わらない状況となっている。

 ひょっとして漢方薬はこんな住宅地環境の中で加工が行われているのだろうか?

 扱っているものがもし本当に薬だとしたら、中医薬関係者の衛生観念を疑いたくなるようなかの加工場で、今後ちょっと中医薬は医者から勧められても避けたいという印象である。