Tag Archives: アレルギー

咳で失神して倒れた!

 毎年春の季節は体調が不安定になるのであまり好きな季節ではない。

 その理由の一つに、花粉や黄砂などの原因により呼吸器官にアレルギー的な反応が多く、咳き込んだりすることが多いからである。

 もちろん、自分としても例年身体の抵抗力が下がらないようマスクやマフラーを常に使用するなど、気を使い続けてはきている。

しかし、今年はちょっと失敗しをしてしまい、4月2日の急激な気温の低下の日に服装の調節に失敗し、抵抗力が著しく低下し体調を崩した。
 抵抗力が落ちると再発するのは副鼻腔炎とそれに伴う気管支の咳である。

副鼻腔炎の薬

 まあ直後に日本への一時帰国の予定もあったので、色んな薬を飲みながらだましだまし症状を押さえていたのだが、その日本から戻ってくる行程でちょっと無茶をしてしまったため、さらに体力が落ち、上海に戻ってから症状がまた強くなった。

 そして、先週の金曜に事件は起きた。

 長年の知り合いの送別会に呼ばれて酒席に参加したときのことである。

 本来なら酒席には参加したくないタイミングだったが、古い友人の帰国なので断りきれなかった。

 で、酒の量を抑えつつ飲んでいたので、酒量としては多くなかったのだが、途中で気管支が苦しくなり、発作的な咳が出そうだったので、ハンカチで口を押さえつつ部屋の外に出た途端に、頭がくらくらっとなった。

 次の瞬間、人に助けられて「大丈夫ですか?」と声をかけられている自分がいた。

 どうやら、瞬間的に気を失って失神して何秒間か倒れていたようである。

 そして倒れた時に額を少し打ったらしく、やや痛みがあった。

 しかしその頭の痛みはほとんど気にならず、体全体は失神する前より体が楽になっていた。

 昔、柔道をやっていた際に経験したように締め技で落ちたような感覚で、苦しいというより気持ち良いくらいの感覚だったのである。

 後から周りの人間に俺どうなってたの?って聞いても、周りの人はびっくりして倒れていたとしか答えてくれなかった。
 その後は、咳の発作も収まり何事もなく、宴席の最後まで過ごすことは出来たがどうもその瞬間のことが思い出せなかった。

 あれは何だったのだろうと、後からインターネットで調べてみると、激しい咳で呼吸困難というか、脳への酸素供給が不足すると短時間の失神が発生することがあるらしく、私の症状もそれだったようである。
 
まあ失神の原因を知って安心したような、怖い様な状況である。
酒が直接の原因ではないとはいえ、疲れているときは無理すべきではないなと自分の年齢を悟った今回の失神事件であった。

上海版花粉症?

 昨日からどうも鼻の中がむずむずしてくしゃみばかり出てている。
 先日、日本に一時帰国した際には、あっという間に花粉症の症状が出てくしゃみ連発となったのだが、上海ではさすがに症状がおさまっていた。
 ところが昨日から明らかに花粉症のような症状が出て、つらい状態になっている。
 なぜこうなったかについて、まず日曜日に天気が陽気になり春めいて、花が沢山咲いていたことがあげられる。

日曜日に咲いていた花

日曜日に咲いていた花

 また、その日に布団干しなど一斉に部屋の中の環境整備などをおこなったので、埃や花粉を部屋の中に取り込んでしまった可能性があり、寝ている間に鼻などに取り込んでしまった可能性が考えられる。
 いずれにしても、症状としてはモロ花粉症のようであり、鼻がムズムズするのである。
 この状況に仕方なく、第二世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれるアレルギー薬(ロラタジン)を買って症状を抑えたが、まだ鼻の中がムズムズする。

上海で買ったロラタジン

上海で買ったロラタジン

 ただこれ以上強い薬を使うと、眠さが異常になり、気力もそがれるのでこの程度の薬がちょうどよく、まあしばらくはこれで乗り切るしかない。
 と、今日地下鉄に乗っていたら、くしゃみをしている人が大勢いた。
 天気も良いのでPM2.5が原因じゃないと思われ、やはり花粉か何かのアレルギー症状だろうと推測される。
 ひょっとすると、今後上海でも花粉症が流行する状況がやってくるかもしれない。
 そこまで日本の真似をしなくてもいいじゃないのにと思うが、、、。

ようやくクシャミ止まる

 今月に入って、、、つまり引っ越し準備を始めたころからずっと毎日のようにクシャミが止まらずグジュグジュしていたのだが、今日はようやくクシャミが止まった。

 引っ越しの荷物の整理は埃っぽくなるのは分かっていたので、マスクをして作業をしていたが、それでも防ぎきれずクシャミを連発していた。

 また季節柄、ブタクサなどのアレルギーは元からあるので、それも刺激していたとは思われる。

 クシャミをするとその瞬間に体のあちこちに余計な力が入ったりするので、身体もだるくなるし、何となく痛い場所もあり、クシャミから派生する副作用に結構辛い思いをしていた。

 2~3日前は特にひどい状態だったが、抗アレルギー剤を飲んだらようやくピタッと止まった。

 前回薬を飲んだ時は引っ越しの真っ最中だったので、クシャミは止まったような気もするが、身体はまだダルかったのだが今回はそういうこともなく止まった、

 まあ引っ越しの疲れから脱出しつつもあり、その効果もあったのかも知れない。

 数日前に引っ越し後初のようやくまともな掃除を行なったり、段ボールなどの引っ越し荷物が整理されつつあるので、新しい部屋の埃もかなり減ってきた感がある。

 また竹炭を部屋の隅において、シックハウス系の対応も行なった、などなど環境も整ってきたこともあり身体は楽になっている。

 まあ、これで薬を飲むのを止めてもクシャミは収まるんじゃないかと期待しているがどうであろうか?


上海でも花粉症のシーズン到来?

一昨日からクシャミが何回か出るようになった。
鼻の奥が何だかムズムズする。

 確かに昨日一昨日は気温が下がり、体調を悪くする要因はあり風邪と判断できない面もない。

写真はイメージ

写真はイメージ

 しかし、クシャミをしているのは実は私だけではなく、近所のおじさんもクシャミをしていたので、共通の要因があるかもしれないと考えられる。

 もちろん、同じ街に住む人なので同じ気候の下で同時に風邪を引いたとも考えられなくはないが、それにしては私の鼻はムズムズする。

 ま、まさか花粉??

 ちょっとやな予感が頭をよぎっている。

 鼻だけでなく、目も少しかゆいような、唇もすこしかゆいよう気がしてアレルギー反応に近い状態のような反応が出ている気がする。

 日本を離れて花粉症がなくて安心していたのに、ここにきて花粉症復活するとすれば果たしてどう言う事だろう?

 上海にも西洋式公園が増えたりして、日本と植生が似てきたりするのが気がかりである。

 花粉症シーズン到来だけは、どうにか勘弁していただきたい。


漢方薬・中医薬の妄信は危険

 よく漢方薬あるいは中医薬は副作用が無いだのと勘違いして物を言う人もいるがそれは大いなる間違いで、薬と呼ばれるからには服用方法によっては毒にも薬にもなるのが薬である。

 漢方薬の場合は経験則的にあまり致命的な副作用が起きにくいとはされているが、されど薬なわけで、薬効成分によって体の内部のある状態を右から左に恣意的に動かせば、少なからず望まない反応が起きる可能性はある。

 漢方薬中医薬についてはそれが致命的な反応を起さない確率が高いという意味で比較的安全とは言われているだけで、やはり手放しで安全だと言い切れるものではない。

 むしろ漢方薬には昔からの処方に頼っていてきちんとした臨床データに裏付けされていない薬が多いような印象があり、ネガティブ条件が重なれば何が起きても不思議ではないのが漢方薬・中医薬の怖さという気がする。

中医薬の注意書き

中医薬の注意書き

咳止めの薬の注意書き
 例えば中医薬の箱の注意書きを見ると時々「不良反応:不明確」という記載があり、危険はないと楽観的に捉えることもできなくはないが、言うなればこれは危険性の確認が取れていないという意味にもとれる。

 つまり実際に飲んでみない本当にどんな反応が起きるかどうか分からない面を残しているのが漢方薬中医薬であり、やはり手放しで安全だと言い切れるものではない。

 現に友人の中に中医薬は安全だと言われて飲んで、呼吸困難に陥って死にかけた者もいる。

 この友人の例はアレルギーか何かの条件が重なったのだと思うが、結局薬は薬であるが故に、漢方薬・中医薬といえども妄信してはいけないである。

 まあ素人はともかくまさか医師にそれを分かっていない者がいるとは思えないが、もし分かっていないならその人はさっさと医師免許を返上すべきである。

 きちんとした診察もせず、表面上の症状だけで病院以外の場所で薬を差し出すような医師は気を付けた方がいいだろう。

原文