Tag Archives: ホテル

中国のホテル用語<内賓・中賓・外賓>の意味

 中国はまだ日本のようにどのホテルに誰でもお金を払えば泊まれるという仕組みにはなっておらず。いまだに外国人が泊まれるホテルとそうでないホテルがある。

上海のローカルホテル

 そういったホテルの区分を知るのに知っておくべき言葉がある。

 日本から見る日本語のホテル予約サイトではまず出て来ない言葉なのであるが、携程網(Ctrip)など、中国国内向けのホテル予約サイトには、ホテルや部屋区分ごとに「内宾(賓)・中宾(賓)・外宾(賓)」などという表示が出てくる。

 これは何を示しているかというとそのホテルや部屋に泊まれるお客の身分を示すものである。

 主に外国人が泊まれるかどうかを示すものであり、我々外国人には重要な表示で、中国国内で働かれたり旅行される方は覚えておいたほうが良い表示である。
 たまに同じホテルでも部屋単位や予約手段ごとにこの区分が違うこともあるが、基本的にはホテル単位でこの区分が決まっている。

 それぞれ具体的にどういう意味があるかというと下記の通りとなる。

内賓(内宾)  中国の身分証明書を持つ人、つまり中国国籍の人のみが泊まれるホテルとなっているので外国人は泊まれない。
中賓(中宾)  中国パスポートと中国国内で外国人居留証などを取得して働いている方が泊まれるホテルであり、観光客など査証免除や臨時査証で入国される方は泊まれない。
(大陸以外のホテルでこの表示がある場合は、香港籍・台湾籍も泊まれる場合がある。)
外賓(外宾) 外国人向けホテル(部屋)で中国人も泊まれる。

となる。
 このように外国人向けホテルが区分されているという意味は、受付やその他で外国人向け対応が整っていることを意味するが、逆に言うといろんな面で外国人自身もきっちり管理されているホテルともいえるかもしれない。

 料金も当然ながら総じて外賓>中賓>内賓の順で差がある。

 私は中国の労働ビザ(外国人居留証)を取得しているので、中賓の部屋でも泊まれるが、例えば友人を日本から招く場合などは、彼らは泊まれないので外賓の部屋を探さなくてはならないことになる。

 このあたり、当たり前だが日本の楽天トラベルなど、日本語その他の外国語で案内される旅行サイトには外国人が泊まれホテルしか表示されないはずなので、一般の外国人は内賓・中賓ホテルの存在や区分があることをすら気が付かないかもしれない。
 しかし実際にはこの区分があり、中国に駐在されている方などで国内を安く旅行したい場合は、中国語のサイトで中賓区分のホテルを選んでみるのも手かもしれない。


台風の影響で春秋航空は上海に戻され、翌日再び出発へ

前回

札幌を飛び立った後は、元々の体調不良もあってぐったり眠っていた。

札幌出発前の機内の様子

結局札幌(新千歳空港)では、外の空気さえ吸わせてもらえなかったこともあり、どんよりとした空気が流れていた。
時々目を覚まして外の景色を眺めても、既に日が暮れていて暗い空であり、爽やかな窓の景色ではなかった。

そう、もう夕方なのである。

周りでは、夕飯として食事を注文する人がたくさんいた。

春秋航空ではLCCであるため、機内食は自分で購入する形式になっている。

私も上海から飛び立った際には、事前予約でジャージャー麺を注文して食べたのだが、正直言ってあまりおいしくなかったのと、お腹の回復具合に自信がなく、トイレを控えるためにこの時間は上海の空港に着くまで我慢することにした。

また春秋航空では、飛行中は携帯電話を「機内モード」にしても使用が許されないため、音楽も聴けず退屈な時間を過ごすしかなく、寝るほかなかった。

さて中国時間の19時過ぎになってようやく機体は上海に戻った。

朝10時前に機体に乗ってから9時間以上も飛行機に乗りっぱなしにも関わらず、どこへも行けていないのである。
仕事も出来ず、娯楽もなく寝るだけで、ただただ時間だけを無駄に消費した印象である。

それ故に機体を下りようやく地上に足を下した時は格別の解放感があった。
しかし、この後どう動けばいいのか、それを考えると憂鬱な到着でもあった。

この時点でいくつかの選択肢を考えており、翌日の便を探してみるか、数日先か一か月ほどの日程に全体の旅程事スライドさせてしまうなどの案を考えていた。
 ただ、一か月後にしてしまうと当初の帰国目的の免許の更新手続きが複雑化してしまう面もあり、悩ましいところがあった

 いずれにしても春秋航空側の案内を待つほかなかった。

上海浦東国際空港の駐機場行き待合室に戻される。

駐機場からのバスが旅客ターミナルに着くと、通常の到着手続きの経路ではなく、いわゆる出発時の順序の逆ルートで戻されてゆき、イミグレでも前回同様に出国スタンプの上に取消印が押される処理となった。

 このようにして、チェックインカウンターの前までに戻された時点で、係員から今回の件の処理に関する説明があった。

それによると、翌日午前11時に再び茨城空港に向けて臨時便を飛行させるとのこと。
また乗客は荷物を持って航空会社の用意するホテルに宿泊してくださいとのことだった。

「おおー、ラッキー。」

LCCではなかなかあり得ない厚遇な待遇にちょっと喜んだ。

翌日出発なら日本の滞在日程が短くなっても、免許更新の目的は果たせそうである。
個人的には空港から自宅まで帰れなくもなかったが、往復で最低2時間かかることを考えると、体力的にありがたい航空会社のフォローである。

 ただLCCの用意するホテルなので、どんな安ホテルを用意されるかなど些かの不安はあった。
 が、こちらとしては横になって寝られれば、どこでも良いという気分になっており、急いで送迎のバスに乗り込んだ。

着いたホテルは上海航空の経営する4つ星クラスのホテルであり、これにはけっこう驚いた。
きっと航空会社が、同様のトラブルのために用意しているホテルで割安で用意できるのだろう。

ただし、部屋の扱いは一人一部屋にしてもらえず、私も日本人の乗客との相部屋となった。

上海航空大酒店の部屋

上海航空大酒店の部屋

機内の座席ですぐそばの席にいた方で、会話した印象は普通の方であったので安心は出来たが、やはり赤の他人とのいきなりの相部屋は抵抗感がないわけではない。
しかしそんな抵抗感はあってもが、眠りたいという欲求の方が勝っており、メニューのほとんど残っていないレストランでパスタだけを腹に入れて、すぐに眠りについた。

翌朝は、7時頃目が覚め、朝食を摂りにまた同じレストランに行ったが、38元とやはり有料であった。

今回の場合は無料で泊まれただけ良しとするしかないのだろうが、食に関しては選択肢がなくやや不自由な印象だった。

さて事前の集合時間の告知もなく、突然部屋にかかってきた「下りてこい」の電話で部屋を出てチェックアウトし、ホテルを出発した。
つづく

てるみくらぶ破綻の上海への影響

  日本の中堅旅行会社である「てるみくらぶ」が破綻となって世間を騒がしている。

 まあ、被害者には申し訳ないが所詮旅行自体が遊びで、余剰金を使っての遊興であり、楽しみを奪われたり、お金が返って来ないということでは悔しいだろうが、命や生活には影響が無いことを幸いと思うほかないのだろうという気がする。

 ただ、上海に住む身としては日本の海外旅行会社の破綻というのは、上海の観光産業には多少なりとも影響があるのではないかという気がしている。
 私自身、今は全く観光業とは関係ないのだが、昔ちょっと旅行会社に絡んでいたこともあって、今回のてるみくらぶの破たんは、利用客側からの視点ではなく、運営側の視点で気になっているのである。

たかが旅行会社一社ではあるが、全体で3万6千件、人数にして8万人程度の旅行が飛んだとなれば、上海に来るはずだった観光客もそれなりの規模になるだろう。
正確な被害データなどは知る由もないが、日本人の全海外旅行者のうち中国旅行は6%程度というデータがあるので、これをもとに推測すると今回の被害者の内中国行きは4千8百人程度、そのうち1/3が上海に来る予定だったと仮定すると1600人程度が影響を受けて来れなくなったと推測する事ができる。
 1600人の需要が消えるとすると飛行機なら8~10往復分、ホテルなら200室のホテルが8棟/日程度分の稼働が飛んだことになる。
それぞれ少数のホテルや航空会社に集中していたら結構な被害額であり、営業にも影響があるだろう数字である。
まあ実際には被害は広く分散しているだろうから、見た目にはほとんど影響は分からないのかもしれないが、被害者にとっては遊び金でも受け入れ側の観光業にとっては大切な営業収入で、生活に直結するお金であるわけでもあり、ちょっとの影響でも小さくないという気がする。
 また今回の件で今後しばらくは海外旅行会社への不信感というのも生まれるだろうから、長期的な影響もありうるだろうに思う。

 もともと旅行会社という業種自体が手数料商売で、薄利多売産業であるから、どこかで歯車が狂えば今回のようなことは容易に起きる事業であり、実は破たん自体はあまり驚くことではない。

 ただ、今回影響があまりにも多くの人数に及んでおり、現地へ飛んでも泊まれないような事態が発生したというのはかなり驚いている。
 会社の破綻は仕方ないにしても、もう少し緩やかなソフトランディングは出来なかったのかなという気がするのである。

 かの会社は、本来は顧客からの前受け金に手を付けざるを得なくなった段階で手を打っていればここまでの被害者は生まなかっただろうに思うのであり、破産に至ってから経営者が記者会見で顧客のためを思ってやっていたと話しても、やはり結局は裏切りにしかならないのであろうに思うのである。

今回の件を受けて、どこかの記事で「経営者は未来永劫に続く会社や事業はありえないことを胸に刻み、会社を綺麗に畳む勇気を持つべきである」というようなこと書いてあったのをネットで読んだがまさにその通りなのである。
 諦めることもまた経営者の責任の一つなのであり、目先で従業員を解雇せざるを得ない状況が起きても、結果的にそれが一番被害の少ない方法なのかもしれないのである。

 過去の例を見てもわかるように山一も然り、シャープも然り、東芝も然り、盤石に見えた大企業も、消えたり生まれ変わらなければならない時が来るのであり、永遠は無いのである。