Tag Archives: 伝統

桃の花の咲かない桃の節句「ひな祭り」

日本では今日3月3日はひな祭りとされている。

ひな祭りは別名「桃の節句」とされて、童謡「うれしいひなまつり」の中でも「…お花をあげましょ、桃の花」と歌詞に歌われている。

しかし、実際には日本でこのひな祭りの時期に桃の花が咲くことはあり得ない。

よほど異常気象がなければ日本で桃の花が咲くのは早くても3月末から4月初旬にかけてで、4月こそ桃の花の最盛期であり、3月の初旬に桃の花が咲くことは無いのである。

では何故「桃の節句」などと言われてしまうのか?

それは、ひな祭りが旧暦(太陰太陽暦)における行事に由来するものであるからである。

元々ひな祭りは旧暦3月3日の暖かくなった季節に行われていた祭りであり、それを明治6年の改暦以降も改暦によって季節感がずれてしまったにも関わらず、現在は太陽暦(グレゴリオ)暦)の3月3日という日付のみが残って、行事を行っているのである。

つまり世の中が便利になって桃の花の存在などどうでも良い人々が騒いでいるのが新暦における現代の「3月3日版ひな祭り」ともいえる

ただ、この季節の違和感をよしとせず、夏のお盆同様に月後れの4月3日をひな祭りとしている地域も、日本各地にある。
また、旧暦に従ってひな祭りを行う地域もあるようで、今年で言えば2019年4月7日がひな祭り当日となる。

4月3日や4月7日であれば、桃の花も開き始めた頃であり、野山に毛氈を敷いたお雛様を準備し、宴を開くのは違和感がないであろう。

しかし、現代では何故か3月3日のひな祭りが主流であるかのように喧伝されている。

それは何故か?

まず一つの理由として、月後れの4月3日や旧暦の3月3日は年度替わりの時期でもあり、ひな祭りのような行事ごとを行うにはあまり都合が良くないという現代の社会的事情がある。

さらに、ほぼ同時期に桜の花の咲く時期が重なってしまい、ひな祭りの影が薄くなってしまうという理由があり、時期をずらした新暦の3月3日に置いたのであろうと察する。

そしてこれが一番大きい理由であろうと思われるのが、商業ビジネス的な戦略に載せられているという意味があるのではないかということ。

商業の世界では、新暦上では新年を迎えた正月以降、春の暖かくなる時期まで閑散期が続き、消費者がお金を使うタイミングがない。
そこでひな祭りを年中行事の空白時期に固定して、ひな人形やら宴会やらでお金を使わせようという目論見なのではないか。

今でこそ、この時期には「バレンタインズデー」や「節分の恵方巻」などの新たな商機が生まれているが、それまでは冬は商人にとっても冬の時期であり、その商業イベントが3月3日のひな祭り商戦として伝統行事をアピールされてきたように思える。

これが旧暦や月後れの時期のひな祭りでは、上述のように桜の花見に隠れてしまうため商機を1回損することになり、離れた時期に分けて実施する必要があったのだろう。

悲しいかな日本の家庭は「伝統」という言葉に弱く、特に「娘」の幸せに関する支出には金に糸目をつけない傾向があり、成人式の晴れ着や雛飾りには大きな支出が当たり前だと刷り込まされているため、そこから抜け出せない。
そういった心理を巧みに突かれて実施されているのが現代のひな祭りで、横並びから逸脱する勇気を持てない日本人が、桃の花も咲かない桃の節句をお祝いさせられているのが現状なのだと思う。

 

 

クラシックな香り漂う上海音楽庁(上海コンサートホール)

 

上海音楽庁の外観

数か月前になるが上海に来て10年を超えてようやく初めて上海音楽庁(上海コンサートホール)を訪れることができた。
 上海音楽庁は、上海市の中心部の人民広場の南側、延安高架路と淮海路に挟まれた緑地帯に建っている。
 外観は西洋建築を思わせる石造りで、まさに20世紀初頭の上海を思わせる上海クラシック建築の一つとなっている。

 建物全体が盛り土的にかさ上げされ、北側の急な階段を上った階段を上って中に入る構造となっている。

 入り口を入ると、ホテルを思わすような吹き抜けロビーの正面に大きな階段が設置され、二階へと続いている。

その1階ロビーの端っこでは、現在X線検査機によるセキュリティチェックが行われており、爆発物の持ち込みなどがチェックされている。
 吹き抜けの天井の装飾は、比較的シンプルな装飾ではあるが、気品があるつくりとなっていて、ここが当時の上海の上流階級たちの空間であったことを彷彿されるような雰囲気である。

上海音楽庁のロビー天井

 一階の左側は単なる通路だが、右側にはクロークを兼ねたホワイエ(待合ロビー)があり、ガラス扉で外側と仕切られているのでとても明るい。

上海音楽庁のホワイエ

 この吹き抜けの2階に上がった吹き抜け周囲にはこのホール登場する(した?)アーティストたちと思われる録音の配信音源のリスニングスペースがあった。
 今時はこのように演奏会場でもチケット販売促進のためなのか演奏家のプレゼンが行われるようだ。

上海音楽庁のリスニングブース

  そして1階にホワイエスペースがあった部分の真上の同じ位置の2階にはカフェバーを兼ねたホワイエとなっていた。
 日本のサントリーホールでは、ここでワインが飲めるのだが。この時は午前中だったため、まだ営業していなかった様である。

上海音楽庁のバーカウンター


さて、今回の席は一階席を確保してあったが、二階席からさきにちょっと覗いてみた。

上海音楽庁の2階席

 このホールは舞台がプロセニアム方式、客席は二層式の、平面図的には楕円形に近い形をした大学の講堂のような形式のホール。
 二階席の傾斜はやや急な印象を受けたが、その割には必ずしもステージ上をに完全に見切れるほどうまく在籍が配置されているわけではないようである。

 今回のコンサートはラジオ放送用の演奏となるため、収録のために録音エンジニアのブースが設置され、調整が行われていたようである。

 で、今度は1階席に下りてみると、後部の方の座席は2階席の被りが深く、天井が低く、音響的な影響を完全に無視したというか、配慮されていない印象である。

上海音楽庁の一階席

空間全体としてもかなりデッドな印象で、残響がきれいに響く空間にはなっておらず、日本にかつて乱立した〇〇市民会館のレベルの音響空間である。

ただこのように音響的には不満は残るものの、客席の椅子は気品がある装飾でさらにこの会場を訪れる聴衆も気品のあるお年を召した方が多く、この空間が古くからの音楽ファンに支えられてれてきたことろうことを感じるものとなっている。

上海音楽庁の客席椅子

ところで、1階席の最後部の壁には、立ち席でも音楽が聴けるように簡易の腰掛的なベンチが設置してあった。

上海音楽庁の簡易ベンチ

恐らく本来は遅れて入場してきた聴衆が、演奏中に席へ移動するとほかの聴衆に迷惑になるため、楽章間になるまで一時待機する場所として設置されたものだと思うが、このホールではこのスペースまでお金をとって販売していた。

演劇でならばこの処置もわからないではないが、静寂を優先するクラッシックなどではこのスペースは販売するべきじゃないだろうと思うのだが、このスペースまで売り出すのは商魂たくましい中国的やり方ということになるだろうか?
このような、一見西洋的でありながら中国的な面も時々垣間見える上海音楽庁である。

 まぁ個人的には音の響きが好みではないので、優先的に訪れたい空間ではないという感想だが、音楽好きの一つの拠点として、今後も長く愛されることを祈っている。

上海音楽庁のステージ

病気はどんどん新しく生まれる

 先日のラジオでNHK特集の「病の起源」という番組についての話題が出ていた。

 まあ私自身はこの番組そのものを見てないので、その内容そのものを語る資格はないのだが、番組のおおよその内容は、「人間は進化の過程において進化と引き換えに新しい病気を発生させてきた」というのが大よその筋だったとのこと。

 例えば二足歩行と引き換えに腰痛が生まれ、農耕と引き換えに糖尿病、石器の発明が人間の顎を退化させた影響で舌の変形を生み睡眠時無呼吸症候群などを生んでいるなどなど、現代の病気の一部は人類の進化の過程で生まれきたという事が主旨となっていたようだ。

 これらは数十万年や数万年という長いスパンで見た話が主であるが、農耕と糖尿病の関係で言えばせいぜい数千年のスパンで、そう遠い昔の話ではもない。

am500_sc026

 この話を聞いて、私は現代の我々の食生活や日常生活について考えてみた場合、それらと同様の、いやそれ以上の変化が現代にも起き病気が生まれているのではないかという気がする。

 つまり我々の生活のここ100年200年ほどの変化は、その前の1000年に比べてみても尋常じゃないほどに変化していると言えるからである。

 例えば我々は100年前とは同じ物を食べていないし、同じ水も飲んでいない

 100年前と同じ空気も吸ってないし、同じ構造の家にも住んでいない。

 同じ家族構成で育ってなければ、親戚や学校、社会も同じ人間関係ではなくストレスを感じる視点なども変化している。

 仕事の方法も肉体労働から機械操作へ、ペンと紙からキーボードと画面にと変わっているし、社会の変化に伴い情報や時間に対する考え方と言った目に見えない社会環境までもがドンドン変化している。

am900_pe063

 こういった急激な社会環境の変化の中で、例えば顎が何世代か前より細くなったとか、子供の視力が下がっただの、100年にも満たない僅かな時間にも少しずつ人間の身体に変化が起きていることが現状でも言われている。

 まあ私にはこの100年で生まれた病気にどのようなものがあるか具体的に挙げられないが、かの番組の内容に従えば、現代に新たに生まれた要因によって以前には無かった現代病が現在沢山生み出されている可能性が高いと考えるのが普通であろう。

 病気とか大げさなものでなくても、冷房病とかキーボードの腱鞘炎などもきっとその一種として考えられる気がする。

 まあそういった意味で、人間の健康に対する考え方も100年前と同じでは済まない状態になってきており、例えば中国には何千年も前からあると言われる中医があり伝統的にやってきた方法や考え方だから安全だという神話があるが、世の中や人間を取りまく環境がこれだけ変化している現代において、臨床試験もなしに伝統だけを頼りに中医や中医薬を盲信するのは、やはり危険だという気がする。

 そのくらい現代における、人間の健康を取り巻く環境というのはすさまじく変化している気がしており、病気の内容も原因も新しくなっているのだから、伝統を盾に安全性を語ることは通用しないのではないのかという気がする。

 常に人間の環境や身体の変化を捉え、それに対応していくのは大変な作業であるが、人間の進化を止めることは出来ないわけだから、この新しく生まれる病気との闘いは人類が続く限り続く永遠のテーマであるような気がする。

「スポック博士の育児書」と「日本経済」

 最近ラジオで「スポック博士の育児書」なるものが人間の人格形成に大きな悪影響を与えているという考え方が出ているとの話を耳にした。

 この「スポック博士の育児書」なる書はアメリカの小児科医スポック博士が1946年に出した本であるが、子供が泣いても放っておけとか、母乳は決まった時間に与えなさいとか、離乳食を早めに始めなさいとかかつての育児の伝統概念を覆す内容で大ベストラーであり続けている本とのことである。
 日本でも昭和41年に翻訳され、昭和55年からは母子手帳にも記載されているという。

 まあ子供を育てたことがある人なら、誰でも目を通したり耳にしている書籍であるらしいのだが、子供を育てたことのない私にはなじみの薄い本である。
 そんな有名な本だが、最近になって多くの人がこの本を否定し始めているという。

 ある人によるとこの本に基づいて育てられた子供はどうも人格の面で欠けている面があり、異常行動をとったり性格に問題が表れやすいのだそうだ。はたまた栄養面できちんとした正しい段階を踏まないで育てられるのでアトピーなど健康上の問題が表れやすいとしている。

 私はこの件の因果関係について、きちんとした調査データを持たないので、積極的な肯定はできないのだが、これらの意見は日本の社会現象の歴史推移と照らし合せてみると何となく腑に落ちる面がある。

 例えば日本の中学校・高校で校内暴力が顕在化したのは1970年代後半から1980年代とされているが、ちょうどスポック博士の育児書が翻訳され読み始められた時期に生まれた子供が中高生になった時期と一致する。
 つまり、スポック博士の育児書で育てられた子供が問題を起こしていたのではないかという仮説が成り立つ。

 その後日本社会は子供の成長に関する問題や、オタク、アダルトチルドレン、引きこもり、ニートなど、精神的に未熟で大人に成りきれない人たちをあらわす社会問題用語が次々生まれている。

 キレる17歳などという言葉もあった。
 どれも社会コミュニケーションの面で問題があるとされている事象だ。

 さらに1990年代後半には子育てができず子供を虐待する親や、モンスターペアレンツなどの言葉が聞かれ、学級崩壊なども発生するようになった。これはスポック博士の育児書で育てられた子供が親になりはじめた時期と一致する。

 1980年代頃からアトピー患者の増加など健康的な被害も多く現れている事象はよく耳にする。

 これらの原因として一般的には戦後の急激な経済成長や核家族化問題、化学物質などの食料事情の変化などが言われているが、時代的タイミングから言えばスポック博士の育児書によって育てられた子供が、人格や健康に悪影響を受けているのではないかという疑いの面も否定しきれない。

 上述の人によると母子手帳にスポック博士の育児書が記載されてから2年後の昭和57年からアトピー患者が急増しているという。
 キレる17歳も実はこの時期に生まれている。

 そういえば自分の周囲にいたアトピーの人は性格がかなり変わっていた人が多いような気がする。

 この話を聴くまではその人の個性や遺伝的体質の問題だと思っていたが、実はスポック博士の育児書の影響なのではないかと思えば納得できるような面もある。

 確かにその人の親は、この育児書を熱心に読んでいたとされるインテリ層のはずだった。
 決め付けはよくないが可能性はある気がする。

 そしてこの育児書普及の影響があるのかないのかわからないが、日本そのものは現在その社会的病理、精神的病理によって若年層の活力が失われている。
 さらに時を同じくして現在の日本経済的は長期に停滞している。
 つまり本来社会を支えるべき日本の若者に元気がないので経済が停滞していると言えなくもない。

 こうやって三段論法で考えていくと、ひょっとするとスポック博士の育児書が日本の若者を、あるいは日本人を駄目にしそして日本経済を駄目にした要因であると言える可能性もある。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ日本経済との因果関係に関しては大いなる研究が必要だが、一つだけこの育児書に対して、というか育児に関して確実に言えることがある。

 それは、育児は人の一生を決めるものであり実験や検証がなかなか難しいことであるが故に、何百年、何千年と培われてきた先人たちの伝統的な知恵を目新しさだけでおいそれと変えてはならないということであろう。

 つまり伝統を否定して新しい考え方を取り入れることには余程慎重にならなくてはならない。

 試験管の中の化学実験とは違い、育児は一瞬一瞬が取り返しのつかない人間の人生に対する働きかけであり、きちんとした実証なく伝統を否定してまで新しい育児法を実施するというのは無謀な冒険としか言えないのである。

 そういった意味で言えば既にスポック博士の育児書は否定するに値すると言えるのである。

 まあ、これらの話を総合していくと日本経済復活のためには実はまず母子手帳の見直しが必要なのではないか?そういう結論に帰結してしまうが果たしてどうだろうか?そんな今回の話題である。