Tag Archives: 病気

病気はどんどん新しく生まれる

 先日のラジオでNHK特集の「病の起源」という番組についての話題が出ていた。

 まあ私自身はこの番組そのものを見てないので、その内容そのものを語る資格はないのだが、番組のおおよその内容は、「人間は進化の過程において進化と引き換えに新しい病気を発生させてきた」というのが大よその筋だったとのこと。

 例えば二足歩行と引き換えに腰痛が生まれ、農耕と引き換えに糖尿病、石器の発明が人間の顎を退化させた影響で舌の変形を生み睡眠時無呼吸症候群などを生んでいるなどなど、現代の病気の一部は人類の進化で生れきたという事が主旨となっていたようだ。

 まあこれらは数十万年や数万年という長いスパンで見た話が主であるが、農耕と糖尿病の関係で言えばせいぜい数千年のスパンで、そう遠い昔の話ではもない。

am500_sc026

 この話を聞いて、私は現代の我々の食生活や日常生活について考えてみた場合、それらと同様の、いやそれ以上の変化が現代にも起き病気が生まれているのではないかという気がする。

 つまり我々の生活のここ100年200年ほどの変化は、その前の1000年に比べてみても尋常じゃないほどに変化していると言えるからである。

 例えば我々は100年前とは同じ物を食べていないし、同じ水も飲んでいない

 100年前と同じ空気も吸ってないし、同じ構造の家にも住んでいない。

 同じ家族構成で育ってなければ、親戚や学校、社会も同じ人間関係ではなくストレスを感じる視点なども変化している。

 仕事の方法も肉体労働から機械操作へ、ペンと紙からキーボードと画面にと変わっているし、社会の変化に伴い情報や時間に対する考え方と言った目に見えない社会環境までもがドンドン変化している。

am900_pe063

 こういった急激な社会環境の変化の中で、例えば顎が何世代か前より細くなったとか、子供の視力が下がっただの、100年にも満たない僅かな時間にも少しずつ人間の身体に変化が起きていることが現状でも言われている。

 まあ私にはこの100年で生まれた病気にどのようなものがあるか具体的に挙げられないが、かの番組の内容に従えば、現代に新たに生まれた要因によって以前には無かった現代病が現在沢山生み出されている可能性が高いと考えるのが普通であろう。

 病気とか大げさなものでなくても、冷房病とかキーボードの腱鞘炎などもきっとその一種として考えられる気がする。

 まあそういった意味で、人間の健康に対する考え方も100年前と同じでは済まない状態になってきており、例えば中国には何千年も前からあると言われる中医があり伝統的にやってきた方法や考え方だから安全だという神話があるが、世の中や人間を取りまく環境がこれだけ変化している現代において、臨床試験もなしに伝統だけを頼りに中医や中医薬を盲信するのは、やはり危険だという気がする。

 そのくらい現代における、人間の健康を取り巻く環境というのはすさまじく変化している気がしており、病気の内容も原因も新しくなっているのだから、伝統を盾に安全性を語ることは通用しないのではないのかという気がする。

 常に人間の環境や身体の変化を捉え、それに対応していくのは大変な作業であるが、人間の進化を止めることは出来ないわけだから、この新しく生まれる病気との闘いは人類が続く限り続く永遠のテーマであるような気がする。


中国語で香港脚と書くと水虫のことらしい

 先日ある中国のドラマの中で、女性が男性を指して「香港脚」といった悪口を口にしているのを聞いた。

 「香港脚?果たして何であろうか?」

 辞書を引いてみたが、慣用句とも取れるこの言葉が辞書に載っているあろうはずもなく、答えが見つからなかった。

 そこで百度で検索をかけたところ、どうやら手足癬がどうのこうのという言葉が現われた。

 「癬?つまりミズムシのことか」

 どうやら香港脚とは水虫のことらしいということが分かった。

 確かに高温多湿な香港の環境では、水虫になりやすい環境かもしれないが、都市の名前を冠して「香港脚」とはいかにも香港の人たちに失礼な気がするし、まさか香港の人間のほとんどがかかる病気と言う事でもあるまい。

 そういえばこれに類する言葉として、「南京虫」という言葉があるのを思い出した。
 言うまでもなく、これはゴキブリを指す言葉であり、南京のように高温多湿の場所に多く生息するのでこういった名前が付けられたのだろうと思っていた。

 子供のころからこの名前は普通に聞いていたので、あの頃は何も思わなかったが、今こうやって中国に来てみて南京の街にも何度か足を運んだ立場からすると、南京虫と言う名称も随分失礼な名前な印象で、およそ差別的意図も含まれて名づけられたのではないかという気がしていた。

 しかしこの点について調べてみると、実は南京虫とは「南方の小さな虫」という意味らしく、都市の南京とは関係ないとのことで、南京豆も同様の理由からつけられた名称らしく差別的意図はないとのことだ。

 では「香港脚」はどうなのかというと、その由来について詳しくは分からなかったが、香港という都市と関係があるのは間違いなく、どこか差別的な言葉の印象を持ってしまうが、当の香港でも香港脚の名称は一般通用しているようである。

香港の薬局

香港の薬局

 というのも、先日香港を訪れた際に試しに薬局で恐る恐る「香港脚の薬」と言ってみると、店員は嫌な顔一つせずチューブの水虫の薬を出してきてくれた。

 そして箱にも香港脚(みずむし、たむし)と日本語つきの表示がしてあったのである。(実は日本の製薬メーカーの製品だった!)

 もちろんこちらは買うつもりが無いので「うーん高いなぁ」とか何とか言いながら箱だけ見て買わずに帰って来たのだが、香港脚という名前が香港で普通に市民権を得ているということは間違いなく、そのことにやはりちょっと驚いた。

 もしこれが水虫に「大阪脚」という名称がついていたらきっと大阪の人間は嫌がると思うからである。

 まあそれだけ香港の街の高温多湿な気候が認知されているという事であり、香港脚と言う名称が浸透しきっていることになる。

 ならば辞書に載せても良さそうな気もするが、やはりそこは香港の市民に気を使って載せていないということになるのかもしれない。

衛生観念の格差

先日ニュースで流れていた偽の羊肉事件の記事を読んで、今回ばかりはさすがにショックが大きかった気がする。
 特に、ネット上に上がっていたネズミの写真のインパクトが強く少々トラウマ気味になっている。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ私自身は、普段から衛生観念についてそんなに厳格ではないためローカルの食堂で食事をすることなどはそれほど抵抗は無く、実はかつてあった地溝油の事件などについてもそれほど強いショックを受けてはいなかった。

 地溝油には発ガン物質が含まれているという噂もあったが、中国でなくても食材に発ガン物資の混入を100%避けるのは難しく、神経質に気を付けたところで限界があり、見た目の調理上では分からないということで気にすることもしなかった。

 それに、上海の街に住んでいると、少なくとも現地の中流階層以上の人は日本人にほぼ近い衛生観念を持っており、そういう人たちの中で生活している限りではそれほど食生活に不安を感じなかったのである。

 ところがそこへ今回の事件である。

 今回の偽羊肉事件の発覚には上海市民たちも驚きは隠せないようで、連日ニュースで紹介され、日常の食生活に様々な不安を巻き起こしている。

 ただテレビの報道などを見ていると、上海市民の驚きとは裏腹にこういった事件を起こしている地方の人々にはどうも悪いことをやっているという感覚に乏しいような雰囲気が伝わってくる。

 寧ろ、キツネやタヌキ、ネズミの肉から高級な羊肉モドキを作れるようになったのは発明として喜んでいる様なフシさえある。

 さらに添加物についても万が一体調が悪くなっても都会は医療が発達しているから大丈夫なんでしょ?といった開き直りの感覚もあるように見える。

 福建で起きた病死豚肉の横流し事件も、普段は自分のところで豚肉を食えない畜産農家は豚が病死すると肉が食べられると喜ぶような衛生観念土壌があり、それを法律で危ないからと規制したところで、結局は勿体ないとして食べたり売り裁いたりしたのが今回の事件である。

 特にこの事件では公務員に該当するような立場の人が事件を起こしており、公務員であっても人としてのモラルは、現地レベルということになるようだ。

 最近になってようやく上海や北京などの都会のモラルなどは世界標準に近づいてきたのかなという印象はあるが、一歩都心部を離れれば世界標準には程遠い常識がまかり通っているのがこの国の実情である。

 まあことほど左様に中国という国の中には、経済格差と比例するように衛生観念の格差やその他の考え方の格差があり、それが同じ国の中で一つの市場として繋がっているところにこの国の怖さがある。