Tag Archives: 高齢者

ブレーキ踏み間違え防止システムが発売に

 ここ数カ月というか数年、日本ではブレーキとアクセルを踏み間違えた高齢者ドライバーによる事故が相次いで報道されている。

 先日の池袋における事故も、まだ事故原因は断定されていないが、やはり同様の原因なのではないかと言われている。

 こういった事故が増えた原因の一つは、AT車(オートマチックトランスミッション車)の急激増加とMT車(マニュアルトランスミッション車)の現象と、高齢者ドライバーの増加だと言われている。

 特にMT車は操作ミスをしてアクセルを踏み込んだ場合でもクラッチペダルを同時に踏み込んだ場合は、クラッチが切れるので車が急加速する心配はなく、やがて減速して止まれるので、暴走の可能性はAT車よりは低くなる。

 私も免許取得時は大変苦労したが、MT車で免許を取ったので、AT車の運転は物足りないというか逆に慣れないのである。
 (中国渡航以降、現地でも免許は取ったが中国はもちろん日本でもほとんど運転していないが、、)

 故に、私のようにMT車を知っている世代にとってはAT車よりMT車の方が安全に感じる。

 そして、そんなAT車増加とともに高齢化進行で高齢者ドライバーも増え、彼らも恐らくは免許を取得したころはAT車だったのだろうが、歳をとってAT車に乗らざるを得なくなって、不幸にも事故を起こしてしまっているのであろう。

 もちろん歳をとってからの身体反応の衰えもかなり影響している部分もあると思うが、それを考慮にいれるならなおさらMT車の方が危険は少ない。

 しかし、そうは言っても世の中で販売される自動車の98%はAT車になっているようだから、MT車を選択しづらいのも現実である。

 そんな、社会の現状を見据えたとして、アクセルとブレーキの踏み間違え防止システムを開発した方が某ラジオ番組で紹介されており、間もなく発売になると紹介されていた。
 それが下記のナンキ工業さんのSTOPペダルである。

 ナンキ工業さん「STOPペダル」

 このペダルの仕組みはいたって単純で、万が一の際にとっさに誤ってアクセルを踏み込み過ぎると、STOPペダルユニットが作動して自動的にアクセル機構がオフになり、同時に連結しているブレーキが働くシステムとのこと。
 このため、止まるつもりでブレーキを踏み込んだ時に、誤ってアクセルを強く踏み込んだとしても、ブレーキが作動して減速して止まれるとのこと。

 もちろん通常のアクセル操作の際には装置は作動せず、深く踏み込んだ時だけ作動するようになっていて、作動点は調整できるようだ。

 この装置には、一時解除機構もついているようで、高速道路への合流など急加速が必要な時は解除ができるようであり、加速後は元に戻せばよいとのこと。
 まあこの機構解除操作については、この装置がついているという車の特性を把握した上で運転しないと高速上で思いっきり加速しようとした時にブレーキがかかってパニックになる可能性もないとは言えないが、通常の踏み込み幅では機構が作動することはまず無いようだ。

  大手の自動車メーカーもこの装置を見学しに来たこともあるようだが、電子プログラムレベルで対応できると取り合わなかったらしい。
 しかし、結局同じような思想のシステムは実現されていなのが現状であろう。

 開発者さんによるとこのような単純な機構であるゆえに、ほとんどの自動車に取り付けが可能で、本体価格は99,800円(消費税・取り付け費用は別)とのこと。

 まあ人によって感じ方はそれぞれだとは思うが、車全体の値段と安全性を考えたら安価なのではないだろうか。

 今回この開発者さんたちに頼まれたわけでもなく、ラジオで聴いただけの立場ではあるが、最近の高齢者ドライバーの事故に憂いている一人として、少しでも安全につながればと思い、微力ながらネット上にでている情報を紹介させていただく。

◇ 開発会社
  ナンキ工業さん「STOPペダル」

◇ 取扱い業者
 パートナーズ株式会社 

腰に優しくない上海の交通と道

 実は先週の土曜日の明け方、突然ぎっくり腰とヘルニアの併合のような症状に身動きができなくなった。

 おそらく前日の階段一段踏み外しの際に踵から落ちて、衝撃で全身に走った出来事があり、その場は大丈夫だったが、恐らくあれが原因である。
 痛みでベッドから起き上がれず、目の前に見えている薬にも手が届かない状態で、一人暮らしの私にとっては死の危機を感じるほどだった。
それでもなんとか痛みをこらえ脂汗をかきながら薬を手繰り寄せ服用した結果、今日までにパソコンにまともに向き合えるような状態になった。
 この間、まったく外出しなかったわけではないのだが、長時間座る姿勢を続けるのが辛いので、基本は立ち姿勢か家で横になっていた。

 この間の外出で改めて感じたのは、上海の道や交通機関は人の腰に優しくないということ。

 以前に何度も書いたが、上海の道路は幹線道路といえどもかなり凸凹であり、バスに乗っていると腰が浮き上がるほどの上下振動がある。
 特にスピードを出しているときなどはバスが壊れるんじゃないかと思うほどの激しい振動であり、当然のことながらずんずん腰に響き、区間によってはとても座っていられなくなる。
 しかもバスの座席はプラスチックシートで、優先席も色が違うだけで硬さに違いがなく、座り心地が特に良いわけではないのが上海のバスである。

上海のバス

上海のバス

 じゃあ地下鉄なら問題ないかというと、さすがにバスほどの振動はないが、やはり日本の地下鉄に比べれば振動は大きく、シートも同様にプラスチックなので腰に響く。
また駅の階段やホームの施工も微妙に粗いので、結構蹴躓きやすく、普段なら何でもないこの小さな躓きでも、腰痛状態に結構響くので歩くだけで結構恐怖を感じる。

これがまあタクシーだと、シートが柔らかい分だけ幾分救われるのだが、道悪自体は同じであり振動も多く、逆に立ち上がれないので必ずしも快適ということでもない。

歩道を歩いても凸凹は非常に歩きにくいのである。
結局のところ上海の道も交通もどうも腰には優しくないことに気が付いた。

そういえば上海の街は高齢化の影響で高齢者はたくさん歩いているのだが、不思議なことに腰の悪そうな人はあまり見かけない。
 腰が悪い人はあまり出かけたくなくなるのではないか、そんなことを感じた私の今回の腰痛劇である。