Tag Archives: 演出

ウィーン交響楽団in東方芸術中心 その2 演奏編

さてようやく入った今回演奏が行われる上海東方芸術中心のコンサートホールは、日本のサントリーホール同様にワインヤード形式の1953席の大ホールとなっており、ステージをぐるっと取り囲むように席が配置されている。

上海東方芸術中心コンサートホール

このホール自体は過去に1度入った記憶があるが、前回はサントリーホールほど音が回らず、ややドライな響きがあると感じた空間であり、鑑賞客マナーに辟易したという記憶が残っている。

前回の上海交響楽団ホールでは客席素材のやや貧弱なところが気になったが、こちらのホールはまぁまぁ質感のある木を使っており、サントリーホールには及ばないが、前回よりはマシである。

上海東方芸術中心の座席

上海東方芸術中心の座席

さてさてオケのメンバーがステージに入ってくると、自然と拍手が起きた。

外来オケなので、クラシック演奏会においては当然のマナーのような習慣なのだが、前回のロンドン交響楽団の来海の際には無かったこの鑑賞マナーの向上に非常に驚いた。

ただホールの照明の切り替えはここも相変わらずで、どうもギコチない。
前回の上海交響楽団ホールのときも同様に感じたのだが、客席ライトを落とすタイミン
グが早すぎるし、ステージのライトを100%まで上げるのが遅すぎるように思われた。

個人的には楽員がステージに現れた段階でフルにするべきように思われるし、オケのチューニングを行うタイミングで客席の照明を落とす方が、聴衆もスーッと集中力が高まり指揮者の登場を待つ緊張感が高まるのである。
或いは楽員の入場時はまだステージが整っていないという整理で70%程度の照明でも構わないと思うが、チューニングが始まる段階で本番が始まったと考え100%とするべきだろうに思う。

しかし実際には今回チューニングが終わって指揮者の登場を待つタイミングで100%に上げられていた。

このあたり、まだ前後の照明を含めて音楽会の演出だという考え方が浸透していないのか、音楽は音楽、休憩→本番→休憩といったデジタルな切り替えになってしまっているというような印象を受けた。

さて、オーケストラに話を戻すが、今回のチューニングはコンサートマスターの開放弦で行われた。

弦楽だけの合奏では珍しくないが、管弦楽では通常はオーボエが基準の音を出すのだが、今回はコンマスの音を基準にチューニングが行われたのである。
このオケの習慣なのか、今回はベートーベンの交響曲9曲だからソロも多く負担が大きいからコンマスがリードしたのかわからないが結構珍しい光景であった。

上海東方芸術中心のステージ

そして指揮者の登場である。

今回の指揮者はこのオケの首席指揮者のフィリップ・ジョルダン氏で1974年生まれのスイス人指揮者である。
スラッとした背の高いイケメン系の外観ということになるだろうか?

まず4番の演奏が始まり、音はさすが本場のオケと言う感じで整っていたが、やはりプログラムの一曲目ということで、どうも力が入っていない印象だった。
しかも、フィリップ氏の指揮とはリズムこそズレてはいないが、指揮振りの力感とオケの音のボリューム感がどうも一致しない。

果たして、この音楽はこの指揮者によってドライブされた演奏なのだろうかという気がしたほどだった。
あまりにもの不一致のため、こちらは指揮者を見るのを辞め、ファゴットなど木管パートに注目しつつ演奏を鑑賞した。
まあそんな状況だったが最終楽章には、何とかいい音で鳴ってくれるようになり、それなりに心に響く演奏になってくれたので良い印象で聞き終えることは出来た。

そして休憩を挟んで5番である。
余分な話だが、日本では「運命」とタイトルが付けられているが中国語では「命運」となっており、ほぼ同じ意味で中国で捉えられているようである。
こちらの演奏は4番と打って変わって、一応きちんとリハーサルをやって調整して来たのか如く、しっかりオケと指揮者がマッチングしていた。
ひょっとすると4番は通常はプロオケのレパートリーの一つなので、あまり多く練習せずリハーサルだけの音合わせだけで今回ステージに上った可能性もある。

何せ4日間で9曲もやるので、全曲の細かい練習などは難しいはずで、練習量の多い曲と少ない曲の差が出るのは仕方なく、特に9曲の交響曲の内、偶数番号の曲は犠牲になりやすい。

故に今回の4番は手を抜いて、5番に力を入れた方の演奏という印象であり、5番は4番とは対象的に最初から最後まで聴いている方も結構力が入った演奏となった。
特筆すべき程に凄いという程ではないが、聴いていても盛り上がりのある良い演奏だったのである。

演奏後の聴衆の反応も好意的であり、アンコール曲も、エグモント序曲とブラームスのハンガリー舞曲1番の2曲が演奏され、5番同様にそれなりに整った演奏を聴かせてくれた。
まあ全体として概ね悪くない演奏ではあったが、やはり4番を良い演奏で聴きたければ4番をメインの後半で演奏するプログラムの演奏会を選ばなければ駄目だなと感じた今回のコンサートであった。

上海ディズニーランドは盛り上がっていない??

 先週の事になってしまうが、19日の日曜昼にふらっと再び上海ディズニーランドのそばまで行ってみた。

 6月16日に開園した直後の日曜日であり、日本のメディアが来場客のマナーの悪さなどを盛んに報じていたため、いかに凄いことになっているかを、野次馬根性でちょっと見に行ったのである。

 まあチケットなどは手に入れにくいような話ではあったし、入る気も無かったのだが、それでも私同様に野次馬根性で会場近くまで行く人がいるだろうと予想しての訪問だった。

 ところがである。

 ディズニー駅(迪士尼駅)に着いては見たものの、どうも賑わいに欠けるのである。

 駅には新たにファミリーマートなどが出来ていたが、それほど混んでいるわけではなく、オフィス街の店舗の方がよほど混んでいるだろうと思われる程に、まあ特別の賑わいはなく、普通の状態だった。

上海ディズニー駅のファミリーマート

上海ディズニー駅のファミリーマート

 さらに、駅を出て上海ディズニーランドへ向かうルートを徒歩で進んでいっても、本当にオープンしているのかと疑うほどに賑わいに欠けた状態だった。

 また、歩道の飾り付けなんかも、どうもシンプルすぎるというか演出感に乏しい。

上海ディズニーランドへの歩道

上海ディズニーランドへの歩道


 
 本当に世界に名だたる上海ディズニーランドがオープンした直後なのかと思えるほどに寂しく、何というかワクワク感に欠けるのである。

 そして、実際ディズニーランドのゲート前まで行っても、日曜の昼だというのにそれほど賑わってはいなかった。

上海ディズニーランドゲート前の広場

上海ディズニーランドゲート前の広場

 閑散と言っては言いすぎかも知れないが、想像していたレベルに比べればはるかに閑散としている印象である。

 もちろん昼間の時間帯であったので入場券を持っている方は、既に内部に入っているとも言えるのだが、それにしても寂しい。

 本来はゲートの入り口付近まで来れば、入場したい誘惑に駆られたりワクワク感が盛り上がるものだと思うのだが、どうもそういった印象を受けなかったのである。

上海ディズニーランド前の広場

上海ディズニーランド前の広場

 どうしてこんなにワクワク感に欠けるのだろうかと私なりに理由を考えてみた。

 その一つとして考えられるのは、施設を外側からの視線から遮断しすぎるのでは無いかということ。

以前「地下鉄は街を発展させるとは限らない」でも書いたが、視覚的な情報を与えるということは非常に大事なことであり、見えないということは遮断を意味する。

 こういう考えに立てば、上海ディズニーランドが演出感に欠けるのは外部から視覚的に遮断されていることが盛り上がらない原因なのではないかという気がするのである。

 実はディズニー駅は地下駅であり、地下鉄11号線は到着直前に地下に潜ってしまうので、列車で来た旅客はテーマパークの施設を全く目にすることなく駅に着く

 手前の沿線風景も開発中の工業地帯といった印象で、ちょっとリゾート気分には浸れず、ワクワク感に欠けたまま唐突に駅に付くのである。

さらにテーマパーク自体も敷地がフラットなために、園に近づいてもシンデレラ城程度しか見えず、途中の歩道の装飾も寂しいため「近づいた感」が無く、なかなか気分が盛り上がらないのである。

 この点、東京ディズニーランドの場合はまず最寄りの舞浜駅に到着する京葉線は高架線を走るので駅に到着する手前から既に東京ディズニーランドの姿がチラチラと見える。

 それだけでなく京葉線は手前の葛西臨海公園の森や大観覧車、荒川や江戸川の鉄橋を渡る際に海が見えるなど、車窓からは自然豊かな風景が広がり、都会と隔絶されたリゾート気分の演出が舞浜駅に到着する前から始まっている。

 しかも舞浜駅に到着すると発車ベルがディズニー曲だったりと、列車を降りた時点からワクワク感を煽る工夫がなされている。

 さらに駅前にはディズニーゲートや装飾された歩道橋、ディズニーリゾートラインというモノレールの姿など関連施設やホテルが沢山見えるので、否が応でもディズニーランドに近づいた気分が盛り上がる状態なのである。

東京ディズニーリゾートライン

東京ディズニーリゾートライン

 これらは正確に言えば東京ディズニーランド本体ではないが、降り立った乗客は降りた時点で既にディズニーランドに着いた気分になるだろう。

 もちろん京葉線で通過するだけの乗客も、車窓から東京ディズニーリゾートがよく見える状態にあり、当日の来場客のみならず通過乗客にも強いアピールがあり、時間に余裕があれば駅で降りてみたくなる衝動に駆られる乗客もいるに違いない。

 こういった東京ディズニーランド周辺の姿を知っている自分としては、上海ディズニーランドの状況は遥かに演出不足で、駅舎こそ立派にデザインがなされているが、どうも演出に欠けて何だか心が盛り上がっていかないのである。

 どうしてこんなに演出の差が生まれるのかと突き詰めていえば、先日ブログ「上海ディズニーランドは中国人式経営?」で書いたとおり、サービス大国日本の民間企業がやることと中国の国営企業のサービス力の差という事になろうか?

 今後の先行きがちょっと不安になる上海デイズニーランドの現状である。

満月の演出

今日は中秋の名月で満月の日となっている。

 満ち欠けをする月が真ん丸の姿を見せるのは約1ケ月に1回であるが故に、満月というのは特別な印象を持って人々に迎えられる。

 ただ、最近感じるようになったのは、満月が人々に強い印象を与える要素として、単に丸いということだけでなく、出現する時間帯にも一つの大事な要素があるのではないかと思うようになった。

 満月というのは当たり前だが、必ず西へ沈む太陽と入れ替わるようにして東の空から夕方にゆっくりを顔を出す。

 しかもそのタイミングで顔を出す月は、月からの光が地上の大気で屈折してくるため赤く見える。(夕焼けや朝焼けの仕組みと同じである。)

 このように夜の中が暗闇になりかけた瞬間に顔を出す赤い物体というのは如何にも魅惑的な演出という気がする。

 しかも、人間という生物は昼から夜に変わる夕方のタイミングが心理的に一番不安定な時間帯と言われ、そんな時間帯に人の心に興奮を呼び強く起こすとされる「赤」という色が闇に顔を出すというのは、やはり人の心をざわつかせるのは当然だとも言える。

 さらに水分が3分の2を占める人間の身体が、海が月と太陽の引力からの影響を受けて満ち引きを起すのと同様に、何らかの作用を強く受けるのも当然と思える。

 そういった幾つもの要素が一気に重なる満月の夕方というのは、生物である人間に多くの不安定要素を与え、印象的な夜にさせるだと思われる。

 古くは狼男など満月の晩にこういった逸話が残されているのは、こういった幾つもの自然の演出の産物だという気がする。

 さあさあ、今夜の空は運よく晴れてきたようなので、無事お月見が出来そうだ。