中国のホテル用語<内賓・中賓・外賓>の意味

 中国はまだ日本のようにどのホテルに誰でもお金を払えば泊まれるという仕組みにはなっておらず。いまだに外国人が泊まれるホテルとそうでないホテルがある。

上海のローカルホテル

 そういったホテルの区分を知るのに知っておくべき言葉がある。

 日本から見る日本語のホテル予約サイトではまず出て来ない言葉なのであるが、携程網(Ctrip)など、中国国内向けのホテル予約サイトには、ホテルや部屋区分ごとに「内宾(賓)・中宾(賓)・外宾(賓)」などという表示が出てくる。

 これは何を示しているかというとそのホテルや部屋に泊まれるお客の身分を示すものである。

 主に外国人が泊まれるかどうかを示すものであり、我々外国人には重要な表示で、中国国内で働かれたり旅行される方は覚えておいたほうが良い表示である。
 たまに同じホテルでも部屋単位や予約手段ごとにこの区分が違うこともあるが、基本的にはホテル単位でこの区分が決まっている。

 それぞれ具体的にどういう意味があるかというと下記の通りとなる。

内賓(内宾)  中国の身分証明書を持つ人、つまり中国国籍の人のみが泊まれるホテルとなっているので外国人は泊まれない。
中賓(中宾)  中国パスポートと中国国内で外国人居留証などを取得して働いている方が泊まれるホテルであり、観光客など査証免除や臨時査証で入国される方は泊まれない。
(大陸以外のホテルでこの表示がある場合は、香港籍・台湾籍も泊まれる場合がある。)
外賓(外宾) 外国人向けホテル(部屋)で中国人も泊まれる。

となる。
 このように外国人向けホテルが区分されているという意味は、受付やその他で外国人向け対応が整っていることを意味するが、逆に言うといろんな面で外国人自身もきっちり管理されているホテルともいえるかもしれない。

 料金も当然ながら総じて外賓>中賓>内賓の順で差がある。

 私は中国の労働ビザ(外国人居留証)を取得しているので、中賓の部屋でも泊まれるが、例えば友人を日本から招く場合などは、彼らは泊まれないので外賓の部屋を探さなくてはならないことになる。

 このあたり、当たり前だが日本の楽天トラベルなど、日本語その他の外国語で案内される旅行サイトには外国人が泊まれホテルしか表示されないはずなので、一般の外国人は内賓・中賓ホテルの存在や区分があることをすら気が付かないかもしれない。
 しかし実際にはこの区分があり、中国に駐在されている方などで国内を安く旅行したい場合は、中国語のサイトで中賓区分のホテルを選んでみるのも手かもしれない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com