Category Archives: 旅行

中国のホテル用語<内賓・中賓・外賓>の意味

 中国はまだ日本のようにどのホテルに誰でもお金を払えば泊まれるという仕組みにはなっておらず。いまだに外国人が泊まれるホテルとそうでないホテルがある。

上海のローカルホテル

 そういったホテルの区分を知るのに知っておくべき言葉がある。

 日本から見る日本語のホテル予約サイトではまず出て来ない言葉なのであるが、携程網(Ctrip)など、中国国内向けのホテル予約サイトには、ホテルや部屋区分ごとに「内宾(賓)・中宾(賓)・外宾(賓)」などという表示が出てくる。

 これは何を示しているかというとそのホテルや部屋に泊まれるお客の身分を示すものである。

 主に外国人が泊まれるかどうかを示すものであり、我々外国人には重要な表示で、中国国内で働かれたり旅行される方は覚えておいたほうが良い表示である。
 たまに同じホテルでも部屋単位や予約手段ごとにこの区分が違うこともあるが、基本的にはホテル単位でこの区分が決まっている。

 それぞれ具体的にどういう意味があるかというと下記の通りとなる。

内賓(内宾)  中国の身分証明書を持つ人、つまり中国国籍の人のみが泊まれるホテルとなっているので外国人は泊まれない。
中賓(中宾)  中国パスポートと中国国内で外国人居留証などを取得して働いている方が泊まれるホテルであり、観光客など査証免除や臨時査証で入国される方は泊まれない。
(大陸以外のホテルでこの表示がある場合は、香港籍・台湾籍も泊まれる場合がある。)
外賓(外宾) 外国人向けホテル(部屋)で中国人も泊まれる。

となる。
 このように外国人向けホテルが区分されているという意味は、受付やその他で外国人向け対応が整っていることを意味するが、逆に言うといろんな面で外国人自身もきっちり管理されているホテルともいえるかもしれない。

 料金も当然ながら総じて外賓>中賓>内賓の順で差がある。

 私は中国の労働ビザ(外国人居留証)を取得しているので、中賓の部屋でも泊まれるが、例えば友人を日本から招く場合などは、彼らは泊まれないので外賓の部屋を探さなくてはならないことになる。

 このあたり、当たり前だが日本の楽天トラベルなど、日本語その他の外国語で案内される旅行サイトには外国人が泊まれホテルしか表示されないはずなので、一般の外国人は内賓・中賓ホテルの存在や区分があることをすら気が付かないかもしれない。
 しかし実際にはこの区分があり、中国に駐在されている方などで国内を安く旅行したい場合は、中国語のサイトで中賓区分のホテルを選んでみるのも手かもしれない。

中運量71路バスの開通で朱家角への新しいルートも誕生

 上海市内に71路という新たな交通機関が登場した。

 この71路は外灘から上海の中心部の延安路(東路、中路、西路)の高架道路の下を延々と上海虹橋国際空港の南西側の申昆路枢紐站へまでの17キロ余りの専用レーンを走るトロリーバスでありBRTと言ってもいい交通システムである。

71路バス

 この71路という名称は直近まで別の路線で使われていたのだが、今回の路線と重複する部分が多いということで名前を譲り、この路線で使われることになったようだ。

 ちなみに「中運量(中規模運送量)」というのは、地下鉄ほどではないが従来のバスより輸送量が多いという意味のようである。
 一般的に地下鉄だと1時間あたり1~2万人というのがおおよその目安で大規模輸送と言えるが、「中運量」だと2000~5000人/hが目安というのが私の理解である。

 ところが中国語の記事を読んでいると、大運量を5万人以上、小運量を5千人以下、そして中間の中運量を1万5千人と設定しており、ちょっと盛り過ぎの数字のような気がする。
 恐らく中国の表示は往復の輸送量キャパというのが種明かしになろうと思うが、それにしても多く、やはり盛り過ぎで実際の上海の地下鉄の輸送力と合っていない。

 今回の71路も定員の150%くらいで考えても最大5000人/h程度であり、そもそもの定員設定が実際の車両実態に対して詰め過ぎの印象であることから推測すると、今の運転間隔だと輸送能力はせいぜい多くても4000人/hが限度であろうに推測される。
 専用レーンを走るので、運行自体はかなりスムーズなようだが、期待される輸送力を担えるかはちょっと疑問で、春節明けで乗客や道路の交通量が増えてきたときに対応できるかは見てみないとわからない状況となっている。

 ところでこの71路の開通により、観光地である朱家角に向かうルートに新たな路線が加わったことになった。

 その新しいルートというのが71路の終点の申昆路枢紐站から朱家角へ向かう滬朱専線というバスである。

朱家角行きの滬朱専線バス

 正確に言えば新しいバス路線ではなく、従来からある上海市内から朱家角に向かうルートの一部がこの71路に置き換わり、従来路線が短縮されたというのが正しいのだが、従来の発着点がややわかり難い場所にあったので、今までより利用しやすくなったという気がする。

 普安路からの朱家角行の高速バスは従来のまま残されるので、人民広場付近からの利用はそのまま高速バスを利用すれば良いが、途中の例えば虹橋や静安寺などのエリアから朱家角観光に行くにはこのルートが便利になったと思われる。

 もっとも、この便利さを享受できるのは今年いっぱいの期間限定の話であり、年末には軌道交通17号線が開通し朱家角まで結んでしまうらしいので、開通後はそちらを利用することになるだろう。

 ただまぁ期間限定と聞くと試してみたくなるのが性分なので、近いうち週末を利用してこのルートを通って朱家角を訪れてみようと思っている。

ガラケーから格安スマホに乗りかえた。

 昨年末に日本に一時国したさ際に日本契約の携帯電話を格安スマホに乗り換えた。
 上海に来て10年になるが、一時帰国の際や昔の人間関係から全く切り離されてしまうのも嫌だったので、日本の携帯番号はずっと維持してきたのである。
 で、この10年ガラケー端末のままずっと維持してきたのだが、一昨年から日本で格安スマホ制度が始まり、スマホであっても毎月の維持コストが比較的低価格でキープできそうな見込みになったので、機を見てスマホへの乗り換えをしようと目論んでいた。

浅草寺

浅草寺

 もちろん、日本に一時帰国するのは多くても年に数回なので今後もガラケーのまま維持しても良かったのだが、ガラケーのままだとデータ通信をWIFIに流せないので、帰国の度に料金プランを変更して帰国月のコスト上昇を抑えていたような経緯があり、それを携帯端末から操作したりするのが毎回結構面倒臭かったのである。

 これがスマホだと通信はWIFIが使えるので、レンタルのモバイルルータと組み合わせたり、市中のホットスポットの活用でデータ通信量を最小限に抑えることが出来、コストも抑えられると踏んだのが今回乗換えを目論んだ理由である。

 つまりスマホの高機能を求めるというより維持コスト削減に目的があり、当然ながらスマホであってもガラケー回線の維持費より安いプランを探す必要があった。

 しかし実際探してみると、わがままな要望だったと思っていた割には意外なほど簡単に商品が見つかった。
 今まで月額1500円ほどをAUのガラケーに払っていたが、これが1000円前後に抑えられるプランを各スマホキャリアに見つけたのである。
 ただ、長年(12年ほど)使っていたAUにも多少愛着があり、義理立てではないが、取り敢えずはAUショップにも赴き、まずは現時点で可能なプランを提示してもらったのである。
 しかし提示いただいたプランは、以前の認識よりはかなり安い価格帯まで下りてきているものの、やはり月額3500円程度が必要で、とてもじゃないがガラケーから乗り換える必然性を感じない価格だった。
 またAUの2年縛りの割引プランもちょうど更新のタイミングであることに気づき、乗り換えには絶好のタイミングであり、この機を逃す手はないという状況だったのである。

 そんな自分の現状を把握して腹が決まり、その後某格安スマホ会社への乗り換えに絞って検討を始めた。

 で検討を始めると上記のプランは確かに月額使用料が安いのだが、残念ながら端末代が別なので、スマホ本体をどこかで調達する必要があった。
 その格安スマホ会社にも端末とのセットプランなどが沢山用意されていたが、どれも数万円台であり、端末代金を分割払いにする手もあるが、それだと結局ガラケーの月額使用料を上回ってしまうし、まぁ日常から使うなら出す価値もあるが、年に数回の一時帰国のためにはちょっと大きすぎる出費かなと感じた。

 そんな時、ふと現在中国で使っているスマホにSIMスロットが2つ付いていることを思い出した。
 
 もしや日中のSIMを2枚差しでもいいじゃないのかと思い、早速ネットでその中国スマホの通信バンドやスロットの規格などを確認したところ、どうやら適合しそうだった。
 故に今回は最悪の場合は当面中国スマホに2枚差しになってもいいなと考えたのである。

 で、このように心が決まったので早速移行手続きの行動開始であり、まずはAU側の残存ポイントの整理から始めた。
 電話会社を移行してしまうと、こういったポイント類は一切無効になってしまうので、勿体ないので残っているうちに消費してしまうのである。
 まずAUポイントをAUプリペイドカードにチャージし、それを今度はマツキヨでの購入費用に充当した。
 商品の金額調整が難しく端数も出るので全額は無理だったが、おおよそ9割方を消費することに成功した。

浅草のマツキヨ

浅草のマツキヨ

 こうやってAU側を未練もない状態にした後はいよいよ本格移行の開始である。
 まずガラケー端末上で、現在の電話番号を移行するモバイルナンバーポータビリティ(MNP)をするための予約番号を取得する。
番号移行は10年以上も付き合ったキャリアを裏切るようでちょっと心が痛んだが、こちらも背に腹は代えられず、仕方ないと割り切った。
 そしてこの予約番号を持って格安スマホ会社に番号移行の手続きをする。

 ネット上で申し込むことも出来たが、私の滞在期間が限られていたため、手っ取り早くSIMなり端末なりを手に入れるため直接窓口に向かったのである。

 で、現場に着いていろいろ端末を見てみたものの、どうにも適当な端末の目星がつかなかった。
 それならばということで、窓口で中国から持ち込んだスマホで動作チェックをしてもらったところ問題が無いとの判定となり、結局中国スマホへのSIM2枚差しを選択し、SIMカードだけを契約したのである。

 ただ、中国スマホ端末には何らかの機能ロックが入っているようで、スマホ会社が用意するアプリがインストール出来ず、アプリによる格安通話サービスは受けられないようだった。
 これに関しては利用頻度も低いことから、将来的にいつか中古か格安の日本仕様スマホを見つければいいとの判断でその場は見送ることにした。
 これで取り敢えず電話番号を維持したままの目先の予算カット作業は完了した。

 これにより今後もし日本に一時帰国する日が決まればネット上でプランを変更すれば、数百円の差で通信量の増量も出来、上海に戻ったらすぐに元に戻せるようなので、無駄なコストを発生させず柔軟な運用が可能になった。
 まあたかが数百円の違いかもしれないが、コストのコントロールが可能になったという面で、大きな一歩となった今回の乗り換えだったような気がする。

たった2つになった上海雑技の劇場

 ここ数年の中国人による訪日観光ブームが報道されるようになって久しいが、逆に日本からの観光客はどうなんだと上海の旅行会社の人に最近聞いたところ、なんとほぼ壊滅に近い状態であるようなことを言っていた。

円安や環境汚染、日中関係など原因は複合的であり様々であるが、ともかく日本から観光客は、めっきり減り利益が出ない状態なのだという。

まあビジネス利用のニーズは、日本企業が駐在扱いを止めて出張ベースに切り替えたケースが多いことから、ホテルや航空機など需要は安定してあるものの、観光需要はほとんどないのだという。
そしてその象徴的な状況であるのが、上海観光の一つの目玉と言っていい上海雑技の実態のようなのである。

私の知る限り2010年の上海万博のころには、上海で上海雑技を見られる劇場は7つあったと思うが、それがつい先日確認したところ現時点ではたった2か所になってしまっているとのことである。

上海馬戯城

上海馬戯城

以前は上海馬戯城や上海商城劇院、白玉蘭劇場、雲峰劇場、滬西劇院、共舞台、宛平劇院でそれぞれ雑技が上演されていたが、現在では最初の2つを除いて全て雑技公演を取りやめてしまっていたのである。
雑技を止めた劇場はそれぞれ現代劇など一般劇場に転身しており、雑技会場は2か所しか残っていないのである。

つまり単純に言えば、雑技の鑑賞客がピーク時の1/3程度になってしまったということになり、それだけ日本からの観光客が減っているのだと推測できるのである。

もちろん円安に関係ない欧米の観光客はそれなりに一定数いるだろうが、やはり数の比では日本からのお客がお得意様であったのであり、それが激減したことが雑技の実施劇場数が1/3となってしまった原因だろうに思う。
まあ現在も残っている上海馬戯城は演劇的演出が人気であり、上海商城劇院も高級ホテルのポートマンに併設され立地が良く、それぞれ地元の上海雑技団が出演していることもあって、これ以上淘汰されることは無いと思うが、現状を考えるとやはりちょっと心配な状況となっている。
まあ雑技界の不況など私自身に直接関係ないようなことではあるものの、上海に住む身としては、この現状はやはり寂しい状況なのである。
上海観光の代名詞のような上海雑技には今後も永く続いていただきたく、安定した観光客が訪れるよう陰ながら祈っている今日である。

上海ディズニー駅

上海ディズニーランドの入り口まで行ってきた。

 昨日、上海ディズニーランドの最寄り駅が開業したというニュースを聞いて、たまたま昨日は時間の融通が利いたので、私はのこのこと見に行くことにした。
 私は元々特にディズニーファンでもないし、東京ディズニーランドにさえ行ったことがないのであるが、世間で話題のものには触れておきたいというやじうま根性に足を向けさせられてしまった。

 ニュース報道によると、上海ディズニーランドの正式開園は6月16日と報道されており、初日の入場券も先日売り出され即日完売したとのニュースが伝わっている。

 じゃあなんで鉄道(地下鉄11号線)の駅はこんなに早く開通したのかとの疑問が湧くが、恐らく駅の運営の習熟や内部で働く人の通勤の足として、早めに開通したのかなという気がする。

迪士尼駅外観

迪士尼駅外観

 で、早速到着してみると、駅の内装デザインからしてほかの駅とは一線を画している。 

上海ディズニー駅ホーム

上海ディズニー駅ホーム

 白を基調にし、案内表示の看板も通常の四角いものではなく、楕円形の和らかいものである。

ディズニーキャラクターのシルエット

ホームドアにディズニーキャラクターのシルエット

 そして駅のここそこにディズニーのキャラクターのもの思われるシルエットがちりばめられていてディズニーランドの玄関口であることが演出されている。

上海ディズニー駅のエスカレーター

エスカレーターにもキャラクターが

 エスカレーターを上がってコンコースに出てみると、天井が高く天窓から光が差し込む広々とした空間が広がっていた。

上海ディズニー駅コンコース

天窓が開き光が差し込む

 開園後はここが人で満杯になるのであろうと想定されるが、残念ながら11号線の輸送力を考えると果たして捌ききれるのだろうかという心配がもたげる。

 11号線は6両編成で1両150人と想定すると、列車1本あたり900人の輸送力となるのだが、週末の運転間隔は5分と発表されているから1時間当たり10800人しか輸送できない計算となる。
 東京ディズニーランドの休日入場客の1日8万人をそのまま当てはめると、11号線だけの輸送では8時間もかかってしまう計算となる。

 もちろんバスが輸送力を補完するとしても、かなり不安を覚える輸送力である。

上海ディズニーリゾートのバス

オレンジが基調のデザイン塗装

 それはさておき、この日雨が降ってはいたが、実際の上海ディズニーランドの入園ゲートの近くまで行けそうだったので、そのまま入園ゲートまで行ってみることにした。

徒歩5分程度ととても近い

徒歩5分程度ととても近い

 途中途中にはオープニングスタッフの方々が何をするでもなく、ニコニコと、ニィハオと手を振りながら挨拶してくる。
 全身着ぐるみを来たキャラクターこそいなかったが、手だけの着ぐるみ?をしたスタッフが大きな手を振ってくる。
 東京ディズニーランドを知らない私にとってはちょっと面食らうと言うか、照れくさいこれらのスタッフの対応である。
 

入場ゲート前のミッキーの噴水

入場ゲート前のミッキーの噴水

 さて入場ゲートこそさすがにブルーシートで覆われバリケードで塞がれていたが、ショッピングタウンとなっている外側のエリア部分は出入りが可能だった。

 

上海ディズニーランドの入場ゲート

入場ゲートにはまだ柵があった。

 この日の時点では流石にどのお店も開いておらず、中で研修やミーティングを必死に行っている姿が見えただけの状況であったが、雰囲気は十分であり、トイレなども普通に使えるようになっていた。

上海ディズニーのショップ

上海ディズニーのショップ

上海ディズニーショッピングタウンのレストラン

中で研修をやっているようだった

 街の雰囲気に関しては東京のディズニーランドに行ってないので何とも比較が難しいのだが、ヨーロッパの街並みというより、中国の古鎮の石畳の街並みに近いような印象を持ち、さすが中国ディズニーランドなのかなという印象だった。
 

上海ディズニーの石畳のショッピングエリア

石畳のショッピングエリア

 柵の向うにはロンドンのビッグベンを思わせる時計台や、シンデレラ城を感じさせる塔もかすかに見えるが、現時点では近寄れず、これらは開園してからのお楽しみということになる。

上海ディズニーランドの時計台

ビッグベン

上海ディズニーのシンデレラ城

シンデレラ城もかすかに見えた。


 まあ6年前の上海万博で開幕後も工事をしていたことがまだ記憶の片隅にある私としては、あと2か月で本当に開園が可能かはまだ疑心暗鬼だが、とりあえず準備が整いつつあり、開園が間近に迫っていることが実感できたこれらの風景である。