Tag Archives: 日系企業

上海ディズニーランドは盛り上がっていない??

 先週の事になってしまうが、19日の日曜昼にふらっと再び上海ディズニーランドのそばまで行ってみた。

 6月16日に開園した直後の日曜日であり、日本のメディアが来場客のマナーの悪さなどを盛んに報じていたため、いかに凄いことになっているかを、野次馬根性でちょっと見に行ったのである。

 まあチケットなどは手に入れにくいような話ではあったし、入る気も無かったのだが、それでも私同様に野次馬根性で会場近くまで行く人がいるだろうと予想しての訪問だった。

 ところがである。

 ディズニー駅(迪士尼駅)に着いては見たものの、どうも賑わいに欠けるのである。

 駅には新たにファミリーマートなどが出来ていたが、それほど混んでいるわけではなく、オフィス街の店舗の方がよほど混んでいるだろうと思われる程に、まあ特別の賑わいはなく、普通の状態だった。

上海ディズニー駅のファミリーマート

上海ディズニー駅のファミリーマート

 さらに、駅を出て上海ディズニーランドへ向かうルートを徒歩で進んでいっても、本当にオープンしているのかと疑うほどに賑わいに欠けた状態だった。

 また、歩道の飾り付けなんかも、どうもシンプルすぎるというか演出感に乏しい。

上海ディズニーランドへの歩道

上海ディズニーランドへの歩道


 
 本当に世界に名だたる上海ディズニーランドがオープンした直後なのかと思えるほどに寂しく、何というかワクワク感に欠けるのである。

 そして、実際ディズニーランドのゲート前まで行っても、日曜の昼だというのにそれほど賑わってはいなかった。

上海ディズニーランドゲート前の広場

上海ディズニーランドゲート前の広場

 閑散と言っては言いすぎかも知れないが、想像していたレベルに比べればはるかに閑散としている印象である。

 もちろん昼間の時間帯であったので入場券を持っている方は、既に内部に入っているとも言えるのだが、それにしても寂しい。

 本来はゲートの入り口付近まで来れば、入場したい誘惑に駆られたりワクワク感が盛り上がるものだと思うのだが、どうもそういった印象を受けなかったのである。

上海ディズニーランド前の広場

上海ディズニーランド前の広場

 どうしてこんなにワクワク感に欠けるのだろうかと私なりに理由を考えてみた。

 その一つとして考えられるのは、施設を外側からの視線から遮断しすぎるのでは無いかということ。

以前「地下鉄は街を発展させるとは限らない」でも書いたが、視覚的な情報を与えるということは非常に大事なことであり、見えないということは遮断を意味する。

 こういう考えに立てば、上海ディズニーランドが演出感に欠けるのは外部から視覚的に遮断されていることが盛り上がらない原因なのではないかという気がするのである。

 実はディズニー駅は地下駅であり、地下鉄11号線は到着直前に地下に潜ってしまうので、列車で来た旅客はテーマパークの施設を全く目にすることなく駅に着く

 手前の沿線風景も開発中の工業地帯といった印象で、ちょっとリゾート気分には浸れず、ワクワク感に欠けたまま唐突に駅に付くのである。

さらにテーマパーク自体も敷地がフラットなために、園に近づいてもシンデレラ城程度しか見えず、途中の歩道の装飾も寂しいため「近づいた感」が無く、なかなか気分が盛り上がらないのである。

 この点、東京ディズニーランドの場合はまず最寄りの舞浜駅に到着する京葉線は高架線を走るので駅に到着する手前から既に東京ディズニーランドの姿がチラチラと見える。

 それだけでなく京葉線は手前の葛西臨海公園の森や大観覧車、荒川や江戸川の鉄橋を渡る際に海が見えるなど、車窓からは自然豊かな風景が広がり、都会と隔絶されたリゾート気分の演出が舞浜駅に到着する前から始まっている。

 しかも舞浜駅に到着すると発車ベルがディズニー曲だったりと、列車を降りた時点からワクワク感を煽る工夫がなされている。

 さらに駅前にはディズニーゲートや装飾された歩道橋、ディズニーリゾートラインというモノレールの姿など関連施設やホテルが沢山見えるので、否が応でもディズニーランドに近づいた気分が盛り上がる状態なのである。

東京ディズニーリゾートライン

東京ディズニーリゾートライン

 これらは正確に言えば東京ディズニーランド本体ではないが、降り立った乗客は降りた時点で既にディズニーランドに着いた気分になるだろう。

 もちろん京葉線で通過するだけの乗客も、車窓から東京ディズニーリゾートがよく見える状態にあり、当日の来場客のみならず通過乗客にも強いアピールがあり、時間に余裕があれば駅で降りてみたくなる衝動に駆られる乗客もいるに違いない。

 こういった東京ディズニーランド周辺の姿を知っている自分としては、上海ディズニーランドの状況は遥かに演出不足で、駅舎こそ立派にデザインがなされているが、どうも演出に欠けて何だか心が盛り上がっていかないのである。

 どうしてこんなに演出の差が生まれるのかと突き詰めていえば、先日ブログ「上海ディズニーランドは中国人式経営?」で書いたとおり、サービス大国日本の民間企業がやることと中国の国営企業のサービス力の差という事になろうか?

 今後の先行きがちょっと不安になる上海デイズニーランドの現状である。

4月から上海の日本人がまた増加?

 上海の日本人口に関しては、いろいろな統計数字が言われているが、在上海の日本総領事館が昨年伝えた数字が6万人というのが一応公式な数字となっている。
しかし、これは在留届を届けている人間の数を合計しただけで、届けを出していない、留学生や短期滞在などを含めると、およそ10万人くらいの日本人がいるのではないかというのが上海にいる日本人のおよそ一致した見方である。
 まあ、この数字がどれだけ正確な数字がわからないが、正確な数字を把握できる機関がないのでこの数字が唯一の拠り所となっている。
もちろん中国政府の入国管理局は、それを把握できる立場にあると思うが、表立ってその数字が発表されたことはないので、結局は上記の10万人という数字が目安となっている。

 さて、そういったあいまいな数字しかない上海の日本人口であるが、どうやら4月以降増えそうな兆候が現れている。

一つは知り合いの日系引越し会社の話で、昨年は一昨年のリーマンショックによる金融危機や新型インフルエンザの影響で、日系企業の駐在員の撤退が相次ぎ、日本への引っ越し案件が非常に多かったのだが、今年はそれほど多くなく、駐在員の交代要因程度という限定的なものになっているらしい。
 つまり昨年かなり減ったとされる上海の日本人人口はどうやら下げ止まっているような話となっている。

 そして、もう一つは知り合いの日系住宅管理会社の人の話で、今年は日本からの問合せが非常に増えたのだという。つまり駐在予備軍や新規進出予定企業が増えてこれから新たにやってくる日本人が結構いるということになる。

 よってこの二つの話を総合すると、減る人数は下げ止まって、来る人数が増える、つまり差し引き日本人の人口が増えるのではないかという推測が成り立つ。

もちろんこの推測はほとんど感覚的な話でしかないのだが、実際にマクロ経済を見ても日本国内の経済の空洞化は止めがたい傾向であり、海外つまり中国市場へ活路を見出さないと日本は生き残れないであろうという状況が現実的に語られている。

 事実、日本の人口減少を見越してこれ以上日本は成長が見込めないと、外資企業の日本撤退が相次いでいることが日経新聞でも報じられていた。さらに日系企業でさえ東南アジアなどの市場のあるエリアへの海外移転が相次いでいるという。
 そんな状況の中、上海の日本人人口が上昇に転じてもなんら不思議ではない話である。
 ただ中国を目指すというより日本がどんどん見捨てられていくというのが現状のような気がする。つまり移住というより移民という状況に近いものが始まっているのではないか?現状を見るとそう感じてしまう。

日本食品メーカーの中国進出の壁

最近、日本の色んな産業分野の会社が、市場の縮む日本への希望を捨て、中国市場進出に躍起になりはじめている。

 特に食品関係メーカーの中国市場開拓は急務のようで毎月のように日本からメーカー担当者が上海へ商談会にやってくるようになった。
 私も、時々そういうところへ行ってお話を伺ってくるのだが、各企業のPRを聞いているうちに日本の食品メーカーにとって壁になるであろう日中の食事情の違いに気がついた。

 それはご飯、つまり白飯の問題である。

 日本の食品は、総じてご飯をどう美味しく食べるかという観点に基づいて商品開発が行われている。

 つまりおいしいご飯があって、それに付随する食材としての商品がかなりの割合を占めている。

 ふりかけ、漬物、お惣菜、全てが「美味しくご飯が食べられますよ」とのPRで食品が作られている。
つまり全て美味しいご飯がなければ成り立たない食品ばかりなのだ。

 しかし、それでは日本メーカーの食品は中国の食生活に入っていくことが出来ない。

 何故ならば、実は中国の食生活においては白米のご飯への依存度が日本ほど高くない

 もちろん中国人も白米のご飯は主食として食べているが食事の中心はどちらかというとおかず(菜)のほうであって、ご飯はその「おかず受け」の役割しか持たされていないというのが中国の食事の基本スタイルである。

ここが同じように見える日本と中国の食生活スタイルにおける最大の違いと思われる。

 その理由として中国はご飯そのものがあまりおいしくないという事情がある。

品種や米の生産管理手法から来る品質の問題もそれなりにあるが、それよりも原因として大きいのは炊き方の問題のような気がする。
 実は中国は日本に比べて米の炊き方が非常に粗雑である。

 本来は白米のご飯は、お米を「研ぎ」「水を切り」「吸水させる」という手間をかければ少々安いお米でも、それなりにおいしいご飯に炊き上げることができる。

 しかしながら面倒くさがりというか、気の短い中国人はその手間をまずかけない。
 米を「洗った」あと、すぐに水を足してご飯を炊き始めてしまう。
 これでは白米に美味しいご飯に炊き上げることは到底無理である。
 それが証拠に中国人はご飯の良し悪しを米の銘柄だけで決めている節があり、ブランド品を非常にありがたがる傾向にある。
 
 また上海などにおいては水の問題も大きい
 米の炊飯に向いているのはカルシウムの少ない軟水なのだが、中国の水はほとんどが硬水である。

 硬水でご飯を炊くと米にカルシウムがたんぱく質と結合してごはんがぱさぱさになる。実際ローカルの食堂で出てくるご飯はかなりぱさぱさしている。

 さらに炊飯器の質もよくない
 中国から来た旅行者が秋葉原で買い求める商品の第一位が炊飯器であることから、いかに中国製の炊飯器が貧弱であるかわかるであろう。

 故に中国のこんな環境ややり方で炊かれたご飯がそれほどおいしくなるわけがないのは自明の理である。
 そして、そんなおいしくないごはんとの組み合わせにターゲットを置いた日本の食品メーカーの目論見はやはりうまくいかないと思われる。

 中国人に日本の食品を買ってもらうには、まずご飯をおいしく炊いてもらって食の中心としてもらえるよう啓蒙をするか、あるいはご飯以外の中国の食材と組み合わせて食べてもらえるような「現地化」した商品開発の工夫が必要になる。

一品一品の商品は非常に美味しい日本の食品だが、もの珍しい食品としてではなく日常の食生活の中で利用してもらえるようになるには、現地の食事情や食習慣を深く知ることが必要であろう。

 そこに気がつけなければ中国の13億人市場など、揚子江の霧の向こうに遠く霞んでしまう。
 日本のメーカーにはぜひ頑張っていただきたいなと思う今日この頃である。

日系の高級食材専門のスーパー「全洲広場」がプレオープン

 中国では外国人や富裕層からみてまだまだローカルの食材や製品に信頼性が無いために、そういった顧客をターゲットにした輸入食材を積極的に取り扱うスーパーが増えている。

 そんな中で、またまた日本人や外国人に向けて輸入食材、高級食材を取り扱うスーパーが試営業を開始するとの噂を聞いたので早速見学しに行ってきた。今度のスーパーはなんと日系の管理ということである。

 なぜプレオープンなのかというと、昨年の金融危機以降、テナントの契約が進まず当初計画していた数のスペースが埋まっていないため、お客さんをがっかりさせないためにとりあえずプレオープンとしたと関係者の方から聞いた。

 そのためまだ広告等はどこにも出していないらしい。

 まあそんな状態でもこの時期に船出した理由を推測すると、一つはスペース経費の回収の問題、もう一つは昨日が8月8日であったので縁起担ぎの意味でこの日にオープンさせたかったという経営側の思惑が見て取れる。

 さて、お店の場所は新天地の映画館などがある建物の、馬当路を挟んだ西側のビルの地下である。
 一階は欧州系の自動車のショールームになっているビルで、外側から一見するとここにスーパーがあるような感じはせず、実際のスーパーの看板もレストランの看板のような趣である。店の名前は「GL Japan Plaza SHANGAI」で中国名「全洲広場」となっている。

 で入り口を入るとコンシェルジェのようにドアマンが立っていて、やはりレストランの入り口のようである。

 で、エスカレータが止まっていたので左側を下りようとしたら、エスカレーターが自動スタートして、私が下りようとしたのは上りで、危うく転びそうになった。これは印が無くちょっとわかりづらい。

 仕切り直しで地下に下りてみると、内装は完全に終わっているものの、テナントがまだ埋まってないとの話は本当のようで、スペースが中途半端に空いていた。これでは広告を打ちたくないという管理者側の気持ちもわからないではない。 

 ただ既に入居しているテナントの一つ一つを覗いてみると、ここの管理会社が日系ということもあってか、日系のテナントが多くその商品の多くも日本からの輸入品が多い。

 最近香りの良い日本茶に飢えていた私は(自分の鼻の状態にも原因の大半であるが、、)お茶屋さんに立ち寄った。ところがどれも値段が結構高かった。
 その理由について店主に伺うと、お茶は香りが大事なので、他の物の匂いの移る可能性のある混載コンテナは使えないとのこと。

 また専用搭載でも直前の搬送物の匂いが残っている場合があるので、結局は航空便などを使うためコストが高くなってしまうそうだ。
 それだけ日本人はお茶の香りに敏感であり、それがわかる人に美味しいお茶を飲んでもらうためには、今の値段は致し方ない現状ということらしい。

 まあ値段が高いのは品質の裏返しと捉えれば逆に安心材料かも知れない。

 さてその他いくつかのパン屋、ワイン屋、寿司屋、肉屋など入居済みのテナントを覗いてみると日本でもおなじみの食材や商品パッケージが並んでいる。

 納豆の種類も多く納豆好きの私としてはちょっと心強い限りだが、やはり値段が少々高い。

 特に驚いたのは最高級和牛?がキロ2400元=3万4千円で売っていた!200gのステーキ換算で1枚480元=6800円である。

 ひえーっ!

 数枚食べたら月の食費の予算オーバーになってしまう。試食コーナーにもキロ1800元=2万5千円の肉の端切れ?が置いてあり試食してみたが、確かに美味いのだが、どんなに美味くてもこれはちょっと手が出せない。

 結局店内を全部見て回った後、ほんのちょっとお茶を買っただけであとは何も買わなかった。

 買ってみたい食材が無かったわけではないが、私にとってここで買い物するには少々予算立てが必要である。

 しかし新天地に出入りする欧米外国人や富裕層にとっては気にならない値段なのかもしれない。

 こんな高級スーパーだが、テナントのほとんどが日系であるため少々心配な点がある。それは立地とマーケットのマッチングである。新天地の周辺というのは実は日本人の多いマンションなどはあまり多くない。

 地下の2階駐車場には上海モーターショーと見紛うかというほど高級車が並んでいて周囲から車で訪れていたようだが、どちらかというと欧米系の方々や、中国富裕層が多く集まるエリアであり日本人は多くない。

 もちろんそれを理解して、日本の商品を富裕層などに売ろうという目論みならば問題ないが、それにしても日本人好みの商品が多すぎる気がする。日本人にとっては有難いことだが、それにしては日本人の多く住むエリアからは少々遠い。
 実はテナント不調の理由もここにあるのではないかと考える。中国人対象のアンテナショップ的な進出ならば問題ないがこれだけ大規模な進出では、扱う量が全く違うのでマーケティングが必要になる。

 そういう意味では幸いにも?まだ現時点ではプレオープン段階でテナントスペース的に余裕があり、これから別の色付け可能である。
日系の品質の良さを保ちつつ、このお店が今後どのような姿を見せてくれるか楽しみである。

GL Japan Plaza SHANGAI(全洲広場)
馬当路222弄1-6号地下1層
021-5382-8802