Tag Archives: 大家

大家夫婦が喧嘩?家賃の支払先が二転三転

 先月から私の住んでいる部屋の大家夫婦の関係がどうも不穏らしい。
 まず先々月に、いつも窓口になっている旦那さんの方から、今度から妻の方に払ってほしいとwechatに連絡が来た。
 その直後に、その奥さんからwechatの友達承認申請が来たので、私の方で承認した。
 するとすぐにメッセージがきて、同じ店子らしき人とグループが作られ、この部屋は「私と息子の名義で夫とは関係ない」と、権利を主張するようなメッセージが入った。

 詳しくは分からないが、部屋の店賃(家賃)収入の使い道などを巡って、夫ともめごとのような状態があったのではないかと察した。

 ただこのメッセージがあった時点ではまだ1月だったので、この時は夫婦関係とか大丈夫かなとちょっと思った程度で、店賃の支払い時期(3月)まで時間があったのであまり気にせずやり過ごしていた。
 そして3月に入り、そろそろ家賃の支払いだなと思った頃、旦那の方からWechatのメッセージが入り、「家賃は払ったか?」のメッセージが突然入った。

 「まだです」と答えると、 なんと「絶対渡しちゃいけない」と返ってきた。

 「吸毒」の状態ということで、直訳すれば麻薬ということになるが、恐らく投資か何かに取りつかれているような状態で、上記のほかの店子から預かった店賃を、どこかへ回して使ってしまったらしいようだ。

 故に家賃は「俺に渡せ」という話になった。

 この間、実際に奥さんとは会ってないので、どういった状態になっているのかは分からないので、どちらが正しいのかは判断がつかなかった。

 ただ、自分の窓口としてここまで対応し続けてくれたのが旦那さん方なので、ここは旦那さんの方を信じ、結局店賃は旦那さんの方に先日払った。

 このことで何かトラブルが発生しやしないかと、やややきもきしてここ数日過ごしたが、今のところは何も起きていないし、店賃は払ったので、必要以上には心配しないようにしている。
 ただ、こんな状況なら次回の更新時は引っ越ししないといけないかなと、心配を始めている今日この頃である。

上海の町にシャッター街が誕生しそうな2017年?

 中国は旧正月である春節を直前に控えて、町が静かになりつつある。
 地方から出稼ぎに来ている人が帰省し、次々とこの街を去るからである。

 ところが、どうも今年は何となくいつもの年とはちょっと違う雰囲気になっているような気がする。

 というのは、この時期ローカルのお店が春節休みになって行くのは例年のことなのだが、どうも一時休業ではなく店を閉店して引き払っている姿を多く見かけるような気がするのである。

飲食店のシャッターが閉まる

飲食店のシャッターが閉まる

 店の中の主だった道具が運び出されて、新たな借り手を募集する張り紙が多くみられるのである。
 私が来たころからやっていたようなローカルの飲食店たちも次々に店を閉めていた。
 建物自体が取り壊されるのかなと思われる場所もあるが、そうでない場所でもかなりの数が閉店している。

建物が撤去されるための移転

建物が撤去されるための移転

 恐らくはン年前春節の時期に借りた店舗が更新の時期に来て、家賃の値上がりを言われたため商売の継続を諦めたようなケースが数多くあるのではないかと察する。
 まあ、ここ数年の上海の不動産価格上昇はその前にも増して激しいと言われる一方で、経済そのものは伸び悩みが言われ、不動産価格と実体経済のバランスが崩れつつあると言われる。
 飲食店経営者だって、売り上げが伸び続ければ家賃の値上げにも耐えうるだろうが、実体経済が追い付かない現在、家賃の値上げ程には売り上げが伸びないのだろう。
 故に、古くからある店舗も出ていくことになる。
 まぁ、大家とすればすぐに次の借り手が見つかれば何の問題もないのだろうが、町全体の様子をみていると、そう簡単に借り手がつくか心配になってくる。
 全ては春節明けの様子を見てみなければどうなっていくかは断定できないが、このまま借り手がつかなければひょっとすると上海全体の不動産バブルが崩壊し、上海の街のあちこちにシャッター街が誕生するかもしれない。
 そんな危惧を感じた上海の街の風景である。
 

家の中に入れず

先週、困ったことが発生した。

 これまでずっと開放されていたマンションン一階の階段口の扉が突然施錠されたのである。

 つまり外から帰って来ても家の中に入れない状態になってしまった。

 幸いにも昼間は、人通りが多いので門は閉めないが、夜になると閉まってしまうのである。

 大家に相談したが、カギを手配するとは言っているものの、どうもしばらく時間がかかりそうでまだ鍵が手に入らない。

 鍵が閉まり始めたのは先週の金曜日で、初日は偶然屋内に入って行く人がいたので助かった。

 しかし次の土曜日は知り合いの結婚式に参加し、その後なんだかんだで遅くなってしまったために家についたのが夜の12時過ぎになった。

 嫌な予感はしていたが、案の定階段口の扉は施錠されており、家の中に入れなくなった。

 そんな時間では偶然通りかかる人も期待できず、結局自分の部屋に泊まることは諦めた。

 友人の家に泊めてもらうことも考えたが、もっと早い時間ならともかく、12時を回った状態ではちょっと無理なので諦めることにした。

 24時間営業のマクドナルドのような場所で朝まで待つような選択肢もあったが、体調も決して良い状態ではなく咳で苦しんでいるような状態だったので、きっちりベッドで寝るのが賢明と考えたのである。 

 次の日は日曜日だが仕事もあったので、朝まで待つのは身体にもきつかったのである。

 幸い携帯で旅行サイトを検索したところ安ホテルがそう遠くない場所にあったのでそこに泊まることにした。
 まあ安ホテルとはいえ、非常に無駄な出費ともなった。

 このようにまともに家に入れないというか借りた部屋の鍵がちゃんと準備されない状態に現在なっており、ここ数日困った状態なのである。

 大家よ、はよ何とかしておくれ。