Tag Archives: 家賃

大家夫婦が喧嘩?家賃の支払先が二転三転

 先月から私の住んでいる部屋の大家夫婦の関係がどうも不穏らしい。
 まず先々月に、いつも窓口になっている旦那さんの方から、今度から妻の方に払ってほしいとwechatに連絡が来た。
 その直後に、その奥さんからwechatの友達承認申請が来たので、私の方で承認した。
 するとすぐにメッセージがきて、同じ店子らしき人とグループが作られ、この部屋は「私と息子の名義で夫とは関係ない」と、権利を主張するようなメッセージが入った。

 詳しくは分からないが、部屋の店賃(家賃)収入の使い道などを巡って、夫ともめごとのような状態があったのではないかと察した。

 ただこのメッセージがあった時点ではまだ1月だったので、この時は夫婦関係とか大丈夫かなとちょっと思った程度で、店賃の支払い時期(3月)まで時間があったのであまり気にせずやり過ごしていた。
 そして3月に入り、そろそろ家賃の支払いだなと思った頃、旦那の方からWechatのメッセージが入り、「家賃は払ったか?」のメッセージが突然入った。

 「まだです」と答えると、 なんと「絶対渡しちゃいけない」と返ってきた。

 「吸毒」の状態ということで、直訳すれば麻薬ということになるが、恐らく投資か何かに取りつかれているような状態で、上記のほかの店子から預かった店賃を、どこかへ回して使ってしまったらしいようだ。

 故に家賃は「俺に渡せ」という話になった。

 この間、実際に奥さんとは会ってないので、どういった状態になっているのかは分からないので、どちらが正しいのかは判断がつかなかった。

 ただ、自分の窓口としてここまで対応し続けてくれたのが旦那さん方なので、ここは旦那さんの方を信じ、結局店賃は旦那さんの方に先日払った。

 このことで何かトラブルが発生しやしないかと、やややきもきしてここ数日過ごしたが、今のところは何も起きていないし、店賃は払ったので、必要以上には心配しないようにしている。
 ただ、こんな状況なら次回の更新時は引っ越ししないといけないかなと、心配を始めている今日この頃である。

上海の人気飲食店が突然閉店になる理由

 昨日、知り合いのとの会話で上海で人気だった飲食店がなぜ突然閉鎖になるのかという話題になった。

 実は日系飲食店や日本料理店に限らず「あの流行っていた店が何故閉店?」というケースは、上海では珍しくない。
 特に流行っている店ほど、突然閉店が起こりやすい傾向がある。

 まあ具体的な理由に関して言えば、私は当事者でも関係者でもないので、その閉店したお店に直接伺わなければ実情は分からないが、上海の商環境から感じる理由は十分推測が出来る。

am900_fo077

 その第一の理由と推測されるのは、第三者による店舗物件の乗っ取りである。

 中国人の思考は、風水文化の影響もあって商売を行う場所というもの非常に重視する。

 それ故に、非常に流行っている店を見つけると、サービスとか商品よりも場所に原因を求めてしまう傾向があって、あそこで商売すれば儲かりそうだからあの場所が欲しいということになるのである。

 すると、その場所が欲しい人間はどういう行動をとるかというと、大家なり管理会社に圧力や金銭的利益を与えて、その場所を空けてもらうように頼むことになり、頼まれた側は契約更新時に家賃の値上げなどを掲げ、商売を継続するのが難しい状態に追い込むことをする。

 家賃の値上げくらいでと思うかも知れないが、上海の場合は不動産バブルの追い風もあって、30%~40%の家賃値上げをふっかけられることも珍しくなく、とても従前の商売は継続できるような状態ではなくなるので、狙われた側は泣く泣く出ることになる。
 そこへ満を持してその場所を狙っていた第三者が入居することになるのだが、階級社会の上海とは言えひどい話ではある。
 まあこれが人気店ほど、突然閉店が起こりやすい理由だと私は察する。

 しかし、このような強引な入居は、一般的には従前の商売が何故流行っていたかを理解していないので、当然のことながら従前の店舗のような流行りを得ることも出来ず、家賃コストなども太っ腹で高めに決めてしまうので、利益を得られず短期で閉店するのがオチなのである。

 このような極端な場所信仰こそが、上海の不動産のバブルな高騰をささえていることも否めないような気がする。

 ただ、最近の第三者による飲食店乗っ取りはもう少し手が込んでいるようで、上記のような方法で従前の経営者を追い出した後、なんと居抜きでその店舗を使って元の商売とほぼ同じ内容の商売を始めることをするようである。

 もちろん店舗名ばかりは元のままという訳にはいかないようなのだが、一文字変えただけとか、良く見ないと見間違うような似た字を使って、まるで元の店が継続しているような商売をしたりする。

 つまりやはり場所とそこに合った業種が流行っていた理由であろうという推測の発想からの対応なのである。

 しかしこういった場合でもやはり商品やサービスへの配慮が欠けたりするから、結局は商売はうまくいかないようであり、他人のふんどしで相撲を取っても、駄目だということになる。

 自ら努力せず、流行っているものをお金で買って商売を始めようというまさに中国人に見られる商売の発想パターンそのものが、人気飲食店が突然閉鎖してしまう理由のように思えるのである。

北京の飲食店は怒らないのか?

 ニュースを見ていたら北京で消費者に不利とされる慣習が禁止になる通達が出たとの内容を目にした。

 それによれば、例えばレストランでは一般的に飲み物の持込みは禁止されているが、これは消費者が不当に高い料金を取られる恐れがあり、これは消費者の選択を認めない覇王約款(一方的に店に有利な不平等ルール)だということで、そのルールは禁止されるというのだ。

 もしこれに違反している店を発見した場合、通報されて罰金200万元とかなんとか膨大な額を科せられるらしい。

 まあ、このニュースを見て非常に驚いた。

 確かに一般的なレストランでは、飲料が外部の市販価格に比べ結構高い金額に設定してあるケースをよく見かけ、やや高いなという印象を受けるが、だからと言って持込みOKなどといったら今度は被害者になるのは店側だという気がするのである。

 例えば客にビール1ケース持ち込まれて、つまみの注文はそこそこで店で大宴会などやられた日には、店としては利益減少どころか営業妨害もいいところになるわけで商売あがったりとなる。

 故に行政機関が無理やり飲料持込みOKとするというのはいささかかやりすぎだという気がする。

 さらに、今回の通達では個室利用における最低消費額の設定の禁止や、「店内での手荷物の紛失は各自の責任で保管し、店側は一切責任を負いません」という表示も禁止されるというのだ。

 これとて利用する側から考えると、最低消費額などはやや足かせだという気はするものの、店側からすれば幾らも注文しないのに個室を独占する客を防ぐためだったりするわけであり、別に店側がボッタクリのためにだけ定めているルールというわけではない気がする。

 ましてや遺失物の紛失責任など、店側で紛失したものかどうかも分からないのに責任を負わされるという発想はどう考えてもおかしい。

 今回の通達では、これらの伝統的慣習は消費者に一方的なルールだと決めつけられているが、これは寧ろとんでもない迷惑客やクレーマー客を防ぐための店側の防衛策であり、商売をする側として利益を守ることを考えたら当然の対応だという気がする。

 もし飲食店の飲料の料金が不当に高いと言うなら、店舗の家賃相場をどこでも一律にするべきであり、料金が高いと思うなら最初からその店の利用を諦めればいいだけの話で、持込み禁止は駄目なんて通達は寧ろ、世の中のサービスの低下を招くだけのような気がするのである。

 とにもかくにも、今回の通知はどうもバランスを欠いた極端な対応だという気がする。

中国の振り込め詐欺は家賃の搾取狙い

 最近少し減ったが、中国では時々携帯電話のショートメールに振り込め詐欺の案内がやってくる。

 「私は旅行中で外地にいるので、今回の家賃の振り込みは私の配偶者の口座に振り込んで欲しい、口座は○×銀行xxxx-xxxx,,,」

 というのがパターンで、どのメールもほとんど同じである。

この家賃を出汁に使うというのがミソで、どうもこの手のメールを見ると既に慣れたものの見る度にまたドキッとしてしまう。

 世の中の一般庶民の生活の中で、恐らく大半の人の一番大きな出費が住居に関する費用なのではないだろうかと思われ、ローンであれ賃貸の家賃であれ、生活家計の中でそのプレッシャーが一番大きい気がしている。

 まあ私の場合、今までのところ何とか支払いを遅らさせず済ませてきたが、中国のように3ヶ月に一回の支払いだと一回当たりの金額も大きくなり、やはり生活の中で知らず知らずのうちに支払いに対するプレッシャーがかかる。

 そんな常日頃からプレッシャーがある家賃に対する催促メールのような「振り込め詐欺メール」はやはりドキッとするのだ。

 特に近年の中国の賃貸契約の場合は大家の顔を見るのは、最初の契約と退出の時だけくらいなもので、家賃の支払いは口座振り込みで済ませてしまう場合も少なくなく、大家の名前も覚えないくらい交流関係がないのが現状である。

 日本の江戸時代の長屋の「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」という言葉とは全く正反対のドライな関係である。

 しかも中国の夫婦別姓制度が余計に詐欺を起しやすい余地を与えていて、家主の名前を辛うじて覚えていてもさすがに旦那や奥さんの名前までは知らない。

 だからこそ、このような家賃振り込め詐欺が横行するのだと思えるが、まあどんな手にも迂闊に乗らないように今後も気をつけたいものである。


虹橋開発区の松屋一号店が閉店

虹橋開発区の遠東国際ビルにあった松屋の1号店が閉店していた。

 たまたま通りかかったところ、この看板を見つけてちょっとびっくりした。

 ポスターには引っ越しとあるが具体的な移転先は無いようで、他の場所が案内はされているがすぐ近くに移転開業するような状況ではないようだ。

上海松屋移転のポスター

 まあ上海の各地で店舗展開は続けるのだろうが、少なくともこの場所では閉店という状況らしい。

 オフィス街の一等地にあるこのお店が不人気であるわけもなく、まあ家賃の値上げの圧力があったか何かの理由なのではないかと思われ、中国1号店として長く営業を続けるものと思っていただけにちょっと残念である。

 中国の飲食店は不人気な場合はもちろんのこと、人気があり過ぎても大家から家賃の値上げを要求され潰されてしまう場合がある。

 場合によっては別の企業の飲食店が、人気店の場所を横取りするために故意に家賃を釣り上げて交渉する場合があり、暴力的行為はないにしろさながら地上げ屋そのままのビジネスが行われるときもあるようだ。

 今回の裏事情は良くわからないが、どうもこの店舗の跡地に中国系のチェーン店が入居するのではないか?なんかそんな予感がしてしまう。