Tag Archives: 中国移動

80元プレゼント?というチェーンメール

 知り合いの中国人から微信(LINEのような通信アプリ)を通じて、一通のチェーンメールのようなものが送られてきた。

 その内容を要約すると
今日は中国移動と聯通(何れも携帯電話会社)が2013年にショートメール費用が100億元を突破した記念のお祝いとして、このメッセージを10人に転送すると80元分の電話代がプレゼントでチャージされる。私たちは今試したら本当だった。早く転送して!転送するのは微信でショートメールじゃないよ
というような内容だった。

 明らかにイタズラのチェーンメールである。

 何故なら、文章をよく読めば論理破綻しているのが分かるからである。

 この送り主は今転送して来ているのに、何故転送後の結果である80元分の電話代が加算されていることを知り得たのであろうか?

 今転送して送信しているということは、80元電話費用が欲しいから転送しているのであり、正しいかどうかの結果を知っているわけじゃないことになる。
 更にもし80元がチャージされたという成功の結果を知っていたなら、再び転送に挑戦するだろうかという疑問もわく。

 もちろん欲張りな人なら2度目を狙ってそうするかも知れないが、どう考えても文脈的におかしいし、微信のメッセージを転送するだけでお金がもらえるなんて、そんなうまい話はないのである。

 まあこのチェーンメールの発案者は、そういったパラドックスが読み取れるかどうかのテストをしているのであろうし、費用のかかるSMSではなく、WIFI接続なら無料で送信できる微信を指定しているのも、騙された人が送信費用を損をしたり、送信履歴に足がついて被害届けを出したりしないよう配慮しているのであろう。

 まあ遊びとして見れば笑って済ますこともできるが、やはり迷惑と言えば迷惑なこの手のチェーンメールである。


 

意外と知らないお得な携帯プラン(中国移動編)

6509

前回联通の案内をしたが、やはり中国移动でも同じ様に値下げプランが出ている。中国全体の利用者比と同じく日本人の利用者も移动のほうが多いようだ。ただ自分が联通ユーザなので移动の仕組みを調べるのはちょっと苦労した。移动には、神州行・动感地帯・全球通の三種類のブランドがあるが、圧倒的にユーザが多いのはプリペイドタイプの神州行でほぼ電話とメールの機能に限定されるが、日本人はおそらくこの利用だけの方が多い。従ってまずは神州行のプランを紹介するが、ただこれも次々と新しいプランが出てくるかも知れないのでこの情報がすぐ古びてしまう可能性は高い・・・

神州行畅听卡16元版+ IP国内长途优惠包+IP台港澳及国际长途包
  月額16元+1元+1元の基本料で
受信 上海市内   無料   (0.60元/分)
発信 市内     0.13元/分(0.60元/分)()は標準料金
   国内長距離  0.20元/分(0.60元/分+0.07元/6秒など)
   国際港澳台  0.80元/分(0.60元/分+0.20元/6秒など) 
   国際日本   1.10元/分(0.60元/分+3.60元/6秒など)
   国内ローミング 0.6元/分(0.8元)
   

申請方法 
①メールにKTCT16と打ち10086の電話番号に送信すると翌月最初に基本料金が引き落とされて市内割引料金適用となる。
②メールでIPYHと打ち10086の電話番号に送信すると即1元が引き落とされて国内長距離料金が割引となる。なお電話時に17591を先にダイヤルしなければならない。
③メールでGJIPと打ち10086の電話番号に送信すると即1元が引き落とされて国際料金が割引となる。なお電話時に17591を先にダイヤルしなければならない。

     注意 申請は必ず①→②→③の順序で行なう。

なお、IP電話ゆえの17591をダイヤルするのが面倒だと言う方は、直通回線を使った②の部分の料金が5元になるプランもある。
②A メールでCTと打ち10086の電話番号に送信すると即5元が引き落とされ国内長距離料金が割引となる。ただし0.28元/分と少し割高。

 以上のようになるがこれは上海で調べたものなので別の都市では若干違うかもしれない。現に青浦などの上海郊外では若干値段の違うプランを設定している。

 価格だけで言えば联通のほうがどのプランも安いようである。