Tag Archives: SMS(ショートメール)

ウィーン交響楽団in東方芸術中心 その1 チケット入手編

年度末の3月31日、上海にウィーン交響楽団がベートーベンチクルスを持ってくるというので聴きに行ってきた。

 ウィーン交響楽団(VSO)はあの有名なウィーンフィル(VPN)とは全く別の団体で、同じウィーン市内のコンツェルトハウスに本拠地を置く、コンサート専門のオーケストラである。
 かくいう私も、まあ上海のコンサート情報をチェックしている際に、ウィーン(中国語は「維也納」)という文字が目に入ったため一瞬VPOの方だと思い、「まじか?」と勘違いしかかったのだが、チケット代が思いのほか安く設定されていたため「ウィーン交響楽団」の方だと気が付いた。

ウィーン交響楽団の演奏会の看板

 まあVPOではないことは分かったものの、生の音楽に飢えていた私は結局そのままチケットを買った。

 4夜連続のベートーベンチクルスではあるが、流石に全公演の購入は金銭的に気が引けたので、4番と5番の組み合わせの2日目の夜の公演を買った。
 ちなみに、初日が1・2・3番、2日目が4・5番、3日目が6・7番、4日目が8・9番という組み合わせである。
 何故、2日目を買ったのかというと、まず金曜日であるのと、ベートーベンの交響曲の中では4・7・1番が最も好きで、特に4番は演奏に接する機会が極端に少ないからである。
 9曲のうちどの曲が嫌いとかそういうことは無いのだが、好きな順番は一応あり4・7・1・8・5・9・6・2・3と地元の電話番号にありそうな順番となり、(絶対にかけないでください)、7番はともかく4番と1番は演奏機会が少ないので、演奏されるコンサートを見つければ最優先でチョイスすることにしている。

 さてウィーン交響楽団だが、記憶に間違いがなければ恐らく生でこの楽団の演奏に接するのは初めてであり、VPOとやはり同じウィーンのオーストラリア放送交響楽団(ORF:現在のウィーン放送交響楽団)は聴いた記憶があるが、このオケは初めである。
 まあ初めてだからなんだということはないのだが、生涯の鑑賞記録にまた一団体加わったということになる。
(近いうちに過去の鑑賞記録を全部データ化したいとは思っている)

上海東方芸術中心外観

 さて、今回の会場は上海当方芸術中心という、上海の浦東新区にある複合文化施設となっていて、チケットはホールの公式サイトから直接買ったのだが、これが思いの外、当日焦りを生む結果となった。

 スマートフォンで登録し、直接微信支付という支払い方式でお金を払ったのだが、チケット実券は当日の現地受取りだったのである。
 当日現地に開演40分前に着いたのだが、チケットの受取場所がわからず非常に焦ったのである。

 チケット購入を知らせるショートメールにも細かい案内はなく、ただ予約番号が有るだけでチケットを買ったホームページにも細かい説明がなかった。

 建物には荷物検査だけで誰でも入れるのだが、会場にはそういった細かい張り紙や案内はなく、係員らしき人も見当たらないし、結局どこでチケットの実券を手に入れれば良いかわからなかったのである。

 どうしたものかと一時は途方に暮れてしまったのだが、長い行列が並んでいた当日券売り場の隣に、もう一つ窓口があるのを見つけ、そこへは数人しか並んでいなかったので、そこに並んでようやくそこでチケット発券機の場所を教えてもらうことが出来た。

 チケット発券機は2階レベルのホワイエに2台設置されていた。

 各機械1台につき10人ずつ程並んでおり、発券のペースは自動販売機でジュースを買う程度のスピードである。

まあ開演時間には何とか間に合いそうな印象では有ったが、余裕を持って席へたどり着きたいというこちらの気持ちを邪魔するかのようなこのシステムには、ただただ諦めるしか無かった。
事前にチケットを取りに行かなくても良いこのシステムだが、どうも余裕が無い方法で有る気がし、もう少しどうにかならないのかという気がする。
 10分近く並んでようやく自分の番になり、予約番号と携帯電話の末尾番号を入れるとチケットが発券され、何とか開演10分前に席へ向かうことが出来た。(続く)

80元プレゼント?というチェーンメール

 知り合いの中国人から微信(LINEのような通信アプリ)を通じて、一通のチェーンメールのようなものが送られてきた。

 その内容を要約すると
今日は中国移動と聯通(何れも携帯電話会社)が2013年にショートメール費用が100億元を突破した記念のお祝いとして、このメッセージを10人に転送すると80元分の電話代がプレゼントでチャージされる。私たちは今試したら本当だった。早く転送して!転送するのは微信でショートメールじゃないよ
というような内容だった。

 明らかにイタズラのチェーンメールである。

 何故なら、文章をよく読めば論理破綻しているのが分かるからである。

 この送り主は今転送して来ているのに、何故転送後の結果である80元分の電話代が加算されていることを知り得たのであろうか?

 今転送して送信しているということは、80元電話費用が欲しいから転送しているのであり、正しいかどうかの結果を知っているわけじゃないことになる。
 更にもし80元がチャージされたという成功の結果を知っていたなら、再び転送に挑戦するだろうかという疑問もわく。

 もちろん欲張りな人なら2度目を狙ってそうするかも知れないが、どう考えても文脈的におかしいし、微信のメッセージを転送するだけでお金がもらえるなんて、そんなうまい話はないのである。

 まあこのチェーンメールの発案者は、そういったパラドックスが読み取れるかどうかのテストをしているのであろうし、費用のかかるSMSではなく、WIFI接続なら無料で送信できる微信を指定しているのも、騙された人が送信費用を損をしたり、送信履歴に足がついて被害届けを出したりしないよう配慮しているのであろう。

 まあ遊びとして見れば笑って済ますこともできるが、やはり迷惑と言えば迷惑なこの手のチェーンメールである。


 

中国の振り込め詐欺は家賃の搾取狙い

 最近少し減ったが、中国では時々携帯電話のショートメールに振り込め詐欺の案内がやってくる。

 「私は旅行中で外地にいるので、今回の家賃の振り込みは私の配偶者の口座に振り込んで欲しい、口座は○×銀行xxxx-xxxx,,,」

 というのがパターンで、どのメールもほとんど同じである。

この家賃を出汁に使うというのがミソで、どうもこの手のメールを見ると既に慣れたものの見る度にまたドキッとしてしまう。

 世の中の一般庶民の生活の中で、恐らく大半の人の一番大きな出費が住居に関する費用なのではないだろうかと思われ、ローンであれ賃貸の家賃であれ、生活家計の中でそのプレッシャーが一番大きい気がしている。

 まあ私の場合、今までのところ何とか支払いを遅らさせず済ませてきたが、中国のように3ヶ月に一回の支払いだと一回当たりの金額も大きくなり、やはり生活の中で知らず知らずのうちに支払いに対するプレッシャーがかかる。

 そんな常日頃からプレッシャーがある家賃に対する催促メールのような「振り込め詐欺メール」はやはりドキッとするのだ。

 特に近年の中国の賃貸契約の場合は大家の顔を見るのは、最初の契約と退出の時だけくらいなもので、家賃の支払いは口座振り込みで済ませてしまう場合も少なくなく、大家の名前も覚えないくらい交流関係がないのが現状である。

 日本の江戸時代の長屋の「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」という言葉とは全く正反対のドライな関係である。

 しかも中国の夫婦別姓制度が余計に詐欺を起しやすい余地を与えていて、家主の名前を辛うじて覚えていてもさすがに旦那や奥さんの名前までは知らない。

 だからこそ、このような家賃振り込め詐欺が横行するのだと思えるが、まあどんな手にも迂闊に乗らないように今後も気をつけたいものである。