Tag Archives: DM

日中往復運賃5元という誇大広告

 先日、上海にある某旅行会社のダイレクトメールで
上海から名古屋中部往復 たった5元!
という航空券の宣伝があった。

 まあ、この手の大胆な広告には慣れているが、今回もどうもキナ臭い。

 早速メールを開いてみると、春秋航空利用で航空券は確かに5元のようだが、その他に必要な費用としてTAXとサーチャージで1280元と説明してある。

 「やっぱり、、、」

 まあ往復合計1285元であっても確かに安いが、5元という表示から受ける印象とはかなり開きがある。

5元航空券の説明

5元航空券の説明

 実際に日本を往復できれば詐欺とは呼べないかも知れないが、少なくとも広告表現としては誇大広告に近い内容という印象である。

 しかも春秋航空の日本版WEBサイトをよくよく調べてみると、日本円決済なら4月以降の日本発の春秋航空のサーチャージは廃止され0元となっていた。

 ただ中国発分に対してまだ280元が残っているようであり、往復なのに往復適用されないのかという疑問はあるが、それはさておき現在では日本円で買う往復航空券に対してはTAXが280元だけかかる状態であり、上記の1280元という金額はいつの金額設定なのかという程にこの航空会社のサイトの数字とかけ離れている。

  さらに、次にやはり春秋航空のサイトで決済通貨を人民元に切り替えるとまた別な不思議な数字が出てきた。

春秋航空の公式サイトの運賃表示

春秋航空の公式サイトの運賃表示

 
 人民元決済で運賃を調べると、日本発便が280元+税等133元などで413元、中国発便が570元となり、運賃以外に往復合計983元のサーチャージなどの費用が必要になる状態となっており、日本円での決済の場合と全く違う内訳構成なのである。
 
 まあこの違いについては、それぞれの通貨の国家の許認可に基づく設定なのであり得る話なのではあるが、一般ユーザーから見ると不思議な現象である。

 しかもこれとて、上記の1280元にはまだ足り無い。

 現在、春秋航空における日本行きの航空券は最低価格で片道9元程度のものがあるが、この運賃状況をもとに算定すれば片道150元設定の航空券X2枚に、上記のサーチャージその他中国空港建設費・TAX983元を乗せた金額が上記の1280元+5元にほぼ一致するという推測が成り立つ。

 ここから推測すれば、実は今回の5元航空券は広告用に内訳構成を変えて表現しているだけなのではないかという疑いが発生するのである。

 まあ利用客からすれば総額が変わらないということにはなり、何れにしても格安には違いが無いのであれば詐欺にはならないのかも知れないが、やはり看板の5元という表示とは食い違うという印象は否めない。

 もしDMで書かれるように実際に現時点で販売する航空券のサーチャージその他が1280元となるなら、航空会社の公式サイトとの差額を説明する必要がある。

 本来あるべき表示とは違う価格表示でお客の目を引くのは、どう考えても誇大広告であり、これを中国だからといって頭の良い商売と見過ごすわけにはいかない今回のDM表現なのである。
 

中国で売買される個人情報、落ちる在中日系企業のモラル

 最近、某日系媒体に出ていた企業の広告を見て驚いたことがある。個人や企業のリストを使ってDMで商売をしませんかというものである。

DM広告

DM広告

 企業リストだけならまだしも、堂々と個人リストまで使ってDM宣伝しませんかとまで書いてあった。
3000万人の基本情報及び所得、消費の情報が抽出できるとある。
 その3000万人の人間が個人情報の提供に同意して利用されているものとはとても思えず、明らかに本人の意思に反した情報の利用のように見受けられる。

 中国には個人情報保護の法律や精神がないのかもしれないが、これは明らかに個人情報の不正流用や不正使用にあたると思われ、それが日系企業によってどうどうと、広告宣伝されているところにモラルを失ってしまった企業の恐ろしさがある。

 これが日本であれば、情報を不正利用したり個人情報を漏らしたりするだけで損害賠償に値する行為で、億単位の賠償判決例が出ている行為であるので、企業としても利用を控えていると思うが、法律がないというだけで、ここまで手のひらを返したようにモラルを失ってしまうものなのか?

 これらの情報がどういった手段で集められたものか分からないが、こんな広告を見ると自分の情報が勝手に覗き見られているような気がして気持ち悪くて仕方ない。

 モラルが高いといわれた日系企業も、中国に来ると目的のために手段を問わなくなりここまでモラルが低下するものなのか?同じ日本人として悲しくて仕方ない。

こんな内容の広告を許している媒体のモラルも是非問いたいものだ。

名刺交換だけで勝手にメルマガが来る。

最近、いろんな会合に参加しているおかげで、いろんな人と名刺交換をさせていただいている。
もちろん、仕事の縁をもとめて自分を知ってもらい、相手を知るための行為ではあるのだが、非常に気になることがある。
それは、名刺を交換した相手の会社から勝手にメルマガが届くようになったことである。
名刺交換の数日後にその会社から何の断りもなくメルマガ届くのである

 当然、自分は登録した覚えはない。

明らかに私が名刺を渡した相手が、勝手にアドレスを登録したに他ならない。
こういう行為は、営業手法として非常に非礼である。旅行会社などに多いのだがこういう会社からは二度と航空券を買う気にならない。
もし、メルマガを送りたいのなら、名刺交換の際に一言添えていただければ、快く「いいですよ」といえるのだが、無断で送りつけるのは個人情報の乱用というほかない。

 そういえば、基本的に業務関係の相手にしか渡していないはずの会社のアドレスにスパムメールが増えてきたのも気になる。しかも個人名付でである。
 そのメルマガの会社が流出元ではないのかも知れないが、こういったメルマガの送られ方をすると、その会社の個人情報に対する倫理観に疑いが沸き、アドレスリストの流出元ではないかと疑ってしまう。

 そうでなくても普段からスパムメールの処理には非常に苦労している。

 日系や日本人の良識を信じて名刺を渡しているのに、こういうことがあるようであれば、今後は旅行会社との名刺は遠慮しようかと考えている。

原文

家に届いた日本語のダイレクトメール

さっき郵便ポストを除いてみたら、某日系清掃用具関連の会社から日本語のDMが届いていた。毎日のように中国人が一軒一軒投函してくるチラシには慣れていたが、住所と名前付で、郵便で送られてきたしかも日本語のDMは初めてである。
 当然この会社に名前や住所を登録した覚えもない。仕事柄、会社の名刺はあちらこちらにばら撒いているので、会社に届くというならまだわかる。会社ならあちらこちらに広告なども露出している。しかし今の個人の住所を書いて提出した相手先はごく僅かなでしかない。思いつくのは電話会社と公安、幾つかの県人会と、会員になった某クリーニング会社と、転職の時に登録した人材会社くらいであろうか?ましてや私は日本人だらけのマンションに住んでいるわけでは無い。この住所に住んでいる私が日本人であることを知る人はごく僅かなのだ。
 送られてきたDMにはどこで住所を知ったとかそういう記述は一切ない。日本人相手に商売するならその辺はせめて一言断っておくべきだろうに思う。出所がはっきりしないだけにこの手のDMは非常に気分が悪い。日本でも有名な日系企業だけに、そのあたりの意識を疑う。こんなDM一通のお陰で、例えどんなにいいサービスであったとしてもこの企業のサービスは使いたくなくなる。

日本では個人情報保護法が施行されて以来こういうことは滅多に起こらなかったが、ここ中国では、そういった法律が有るのか無いのかまだ個人情報に対する保護意識が希薄のような気がする。社会の意識が薄いだけに、こういった情報の売買から身を守るには二本以上に自分の情報を相手に渡す時は非常に慎重にしなければと思う。