Tag Archives: 豚肉

呉江路のトンカツのとん太郎

知り合いが関わっているお店が呉江路に出来たと聞いたので伺ってきた。

場所は地下鉄2号線の南京西路駅4番出口を出たそばの、呉江路と茂名路の角にある飲食店が沢山入っているビルの1階である。

とん太郎の入り口

とん太郎の入り口

やや端っこなので見つけづらいかも知れないが、シンボルの豚の絵が目立つので見逃すことはないかなという印象である。

で、店内に入ってみるとトンカツ店の言葉のイメージにそぐわないかと思える程の、清潔で明るい空間になっており、絵や写真が飾られて女性が入りやすい雰囲気になっている。

とん太郎の店内

とん太郎の店内

実際、私が店内に入った時は女性ばかりのグループが沢山いて、女性たちを惹きつけていたようである。
さらにカウンターもあって1人で来てもいづらくなることもない。

とん太郎のカウンター

とん太郎のカウンター

また、食べ終わった女性客たちは恐らく日系企業かどこかに務める中国人のOLらしく、帰り際に「美味しかった」と口々に日本語で店員に声をかけて帰って行ったのであり、女性の口に合う味だったようだ。

もちろん、これはやらせなどではなく、その場で聞いていた当の私の知り合いはとても喜んでいた。

さて、私も早速頼んでみることにする。

私の頼んだのは特選ロースかつ定食で、通常68元だが当面はオープン特価ということで20%オフで提供するのだと言っていた。

「特選」でなければもう少し安いが、特選の肉厚に惹かれ特選を注文したのである。

で出てきたのが写真の定食である。

特選ロースかつ定食

特選ロースかつ定食

ご飯とみそ汁とキャベツ山盛りのロースカツの皿と、小さな冷奴、漬物二品、それとソースが二種類出てきた。

ソースは通常のソースと辛みがあるソースと言っていたが、辛みの有るという方もそれほど辛くなく、どちらかというと酸味が利いてスパイシーなソースとなっている。

また普通のソースも、反ジェル状のドロドロしたタイプではなく液状のさっぱりした印象のソースとなっていて、一般のソースに比べやや薄目の印象があるが、肉の本当の旨味を消さずに食べるにはこのくらいがちょうど良いのかも知れない。

そして肝心の肉だが、巷で見かけるペラペラのカツとは違い、非常に贅沢に分厚く切られており、これぞイメージ通りの本物のトンカツと言った感じである。

分厚いロースカツ

分厚いロースカツ

実際ソースをつけて口に入れた時のボリューム感にはとても満足いくものがあった。

味噌汁もしっかりした味で、夏場に食材管理の問題でインスタント味噌汁を多用して過ごしてきた私にとってはとてもおいしく感じられた。

まあ通常価格の68元ではランチとしてはやや高いと印象もあるが、市内にある別のトンカツ専門店では確か70元以下では食べられなかった記憶なので、品質の差がどの程度あるかはよくわからないが、コストパフォーマンスとしては非常に悪くないという気がする。

もちろん、ご飯、味噌汁、キャベツはおかわり自由になっており、少なくとも日本人が不満を持つような内容にはなっていないと思う。

ロースカツの断面

ロースカツの断面

また中国人たちにも評判は悪くないようで、開店5日目に関わらず既に中国版の食べログのような「大衆点評」にも「豚太郎」の名で店が掲載されていて、高評価を受けていた。

もちろんヤラセでは無いようで掲載されていた店の関係者の方が発見して驚いているような状態だったのであり、私の知り合いはそういった小賢しいことが逆に嫌いな人なので、ネットの評価は純粋な評価として受け取っていいように感じる。

是非今後もお店に頑張って欲しいし、他の人にも食べに行ってもらいたくこのように宣伝させていただく。

【お店データ】
店名:とん太郎
場所:茂名北路328号湟普匯1楼(呉江路そば)
電話:021-6191-4321
食べたメニュー
特選ロースかつ定食68元が20%オフで54元だった。
開店時間 11時半から21時(20時ラストオーダー)


衛生観念の格差

先日ニュースで流れていた偽の羊肉事件の記事を読んで、今回ばかりはさすがにショックが大きかった気がする。
 特に、ネット上に上がっていたネズミの写真のインパクトが強く少々トラウマ気味になっている。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ私自身は、普段から衛生観念についてそんなに厳格ではないためローカルの食堂で食事をすることなどはそれほど抵抗は無く、実はかつてあった地溝油の事件などについてもそれほど強いショックを受けてはいなかった。

 地溝油には発ガン物質が含まれているという噂もあったが、中国でなくても食材に発ガン物資の混入を100%避けるのは難しく、神経質に気を付けたところで限界があり、見た目の調理上では分からないということで気にすることもしなかった。

 それに、上海の街に住んでいると、少なくとも現地の中流階層以上の人は日本人にほぼ近い衛生観念を持っており、そういう人たちの中で生活している限りではそれほど食生活に不安を感じなかったのである。

 ところがそこへ今回の事件である。

 今回の偽羊肉事件の発覚には上海市民たちも驚きは隠せないようで、連日ニュースで紹介され、日常の食生活に様々な不安を巻き起こしている。

 ただテレビの報道などを見ていると、上海市民の驚きとは裏腹にこういった事件を起こしている地方の人々にはどうも悪いことをやっているという感覚に乏しいような雰囲気が伝わってくる。

 寧ろ、キツネやタヌキ、ネズミの肉から高級な羊肉モドキを作れるようになったのは発明として喜んでいる様なフシさえある。

 さらに添加物についても万が一体調が悪くなっても都会は医療が発達しているから大丈夫なんでしょ?といった開き直りの感覚もあるように見える。

 福建で起きた病死豚肉の横流し事件も、普段は自分のところで豚肉を食えない畜産農家は豚が病死すると肉が食べられると喜ぶような衛生観念土壌があり、それを法律で危ないからと規制したところで、結局は勿体ないとして食べたり売り裁いたりしたのが今回の事件である。

 特にこの事件では公務員に該当するような立場の人が事件を起こしており、公務員であっても人としてのモラルは、現地レベルということになるようだ。

 最近になってようやく上海や北京などの都会のモラルなどは世界標準に近づいてきたのかなという印象はあるが、一歩都心部を離れれば世界標準には程遠い常識がまかり通っているのがこの国の実情である。

 まあことほど左様に中国という国の中には、経済格差と比例するように衛生観念の格差やその他の考え方の格差があり、それが同じ国の中で一つの市場として繋がっているところにこの国の怖さがある。


どう見ても鳥より豚が危ないインフルエンザ

 死者が出てにわかに騒がれ始めた鳥インフルエンザだが、どう見ても感染源として鳥より豚の方が危ない気がしている。

 鳥インフルエンザという名前が先行しているため、鳥の伝染病のイメージが強すぎるのか、領事館などから回ってくる案内にも鳥や家畜に注意しろという案内になっていて豚については直接触れられていない。

 もちろん、あの病原菌の大元が鳥だというのは医学的にそうなのかもしれないが、現実に異常現象が現われているのは鳥ではなく豚である。

 先日の黄浦江の豚の大量死事件はどうみても悪い伝染病の仕業にしか見えず、今回の死者の1人が江蘇省からやってきて豚肉を販売していたというから、豚肉を通じた感染ということは十分考えられる話である。

 時期的にも豚の大量死事件とこのインフルエンザで人が亡くなった時期は重なっており、とても偶然とは思えない。
 それに鳥インフルエンザだというのに鳥の大量死事件などの話は今のところ全く出て来ないのである。

 むろん、この国の事だから情報を押さえて隠しているということは十分ありうるだろうが、人間に死者が出て豚の大量死の報道が出ているのに、鳥の大量感染が噂にもならないというのは不自然な話で、実際のところ鳥の感染はほとんど広がっていないというのが現実のような気がする。

 聞くところによると中国では豚と鳥を一緒に飼うらしく、鳥から豚への突然変異による感染というのは可能性がある話だとのことで、今回のインフルエンザの感染元は豚である可能性は否定できないようだ。

 まあ、その辺はおそらく当局も把握し調査していることであろうが、鳥インフルエンザが豚に広がっている可能性があるなどと発表すると市民がパニックを引き起こす可能性もあり、実際に事実は確認されるまでは情報は何も発表されないであろう。

 とにかく、状況を見る限りどう見ても現在警戒すべきは鳥より豚のような気がする。