Tag Archives: 水準・レベル

異様に暑いトイレ

 先日、某地下鉄駅前のショッピングモールに食事に行ったときのことである。

 出来てまだ数年の比較的新しいショッピングモールであったためか、この夏の暑さの中でもそのレストランの中やショッピングモール全体は非常に冷房が利いていて、食事中も汗一つかくことなく快適に食事を済ますことができた。

 ところがである。 

 食事を終えてトイレに行きたくなったので、そのレストランと同じフロアにあったトイレに向かったのだが、トイレはレストランのあるエリアから防火扉を一つ開けて、奥へ入り込む場所にあった。

 まあ、ここまでならどこの百貨店のトイレにもある形態なので驚きもしないのだが、問題はその後だった。

 なんと、その防火扉より奥の空間が異常に暑かったのである。

 暑かったというか、正確に言うと冷房が全く効いていない状態になっていて涼しくなく、恐らく外気温と一緒か或いは屋内の電気設備などのため籠った空気が外気温以上の暑い空間を作っていたのかも知れないという状態だったのである。

 そして、その暑い空間はそのままトイレへと続いており、当然のことながらトイレも冷房が効いておらず、異様に暑いトイレ空間がそこにあった。

 選べるものならこちらはそんな暑い空間のトイレは利用したくはなかったが、食事直後の用足しということもあり、他の場所を探す余裕もなかったため、結局そのトイレを利用することになった。

 利用時間はほんの数分の僅かな時間ではあったが暑さのためにどんどん汗が出てきてしまい、そうでなくても食事直後のため体温は上がっており汗をかきやすい状態になっていて、そんな時にこの異様に暑い空間はダブルパンチで汗でどろどろになってしまったのである。

 そして用を済ますと、暑い空間から逃げ出すように元の冷房の効いている空間に戻ったのが、地獄から天国に舞い戻ったかのように快適だったのである。

 ビルの運営管理側がケチなのかどうかわからないが、こんな駅前のショッピングモールにも関わらず、フロアにはガンガン冷房を効かせているのに、トイレにはまったく冷房が効いていないというのは、何だかバランスが非常に悪すぎるという気がする。

 まあこのショッピングモールに限らず、上海の百貨店やショッピングモールの中には、売り場は非常に美しく内装がしてあるにも関わらず、トイレに入ると非常に貧弱だったり汚かったりする場合が少なくない。

 おおよそ日系の資本が入っていると言われる建物は大体そんな体験をすることは少ないのだが、完全中国資本で作られた百貨店などは、時々トイレが酷い状態だったりする。

 例えば荷物フックがなかったり、掃除が適当だったり、個室の扉の鍵が壊れてていても放置してあるなどなど、トイレを見れば大体その建物の管理者の姿勢というか意識レベルが見えてしまうから不思議である。

 やはり何度もこのブログで書いている通り、目先の見た目の利益にばかり目がいっているため、トイレ一つとっても客から目線で環境を作れないのが、今の段階のこの国のサービス業の意識だという気がする。

原文

都市化が生む中国の長寿

 クリスマスというのは言うまでもなくキリストの誕生日ということになっているが、まあ現代ではそんな宗教的な意味合いを忘れて単に季節イベントになっている場合が多いような気がする。

 誕生日と言えば、先々月だったか中国の長寿都市ランキングという記事を目にした記憶がある。

 それによれば長寿都市はたしか1位香港、2位北京、3位上海、4位青島、5位大連のようだった気がしており、大都市が軒並み上位を占め、しかも外国人が多い都市が並んでいる。
 具体的には香港が80歳以上と頭抜けており、それ以外は70歳前後、TOP10より下は60歳台前半まで落ちてしまい、かなり差があったと記憶している。

写真はイメージ

写真はイメージ

 これらを見て各上位都市に特有の長寿法があるんだと述べる者もいるが、この上位都市の共通点を考えればそれは明らかに根拠を得ていない間違いであることが分かる。

 これらの都市の共通点は、大都市であり外国人が多く外国人のための高度な西洋医学の医療設備、医療体制が整っていて、その派生で高度な医療環境が集まっている場所と言える。

 まあ具体的な数字データなどは持ち合わせていないため、あくまでも推測の範囲でしかないが、病院の衛生水準や医薬品基準などが駐在する外国人の要求によって引き上げられれば、自ずと市中の一般病院にもその影響が波及していくのも明らかであろう。

 また市民レベルの医療知識も同様に普及が行われれば、レストランなどの衛生改善が行われ、健康を阻害する要因が取り除かれるであろうことは想像に難くなく、外国の影響を受ない地方都市より衛生状況が遥かに良くなるのは当然のことなのである。
 こういった点が長寿上位都市とそうでない都市を分ける要因となっていると推測できる。

 また都市化は高齢者が自立した生活を送れるという社会的生活環境要因も作りだし、それが長寿化をもたらしているとも言える。

 例えば都市化による核家族化というのは、若者世代だけではなく高齢者世帯にも同様のことが言えるわけで、子供世代が独立した後の高齢者は子供に依存することなく生活をする必要があり、その自立した生活が高齢者の生活意識を保ち長寿をもたらしていると推測できるのである。

 もちろん、それを支える都市的環境、例えば定期的な健康診断体制だったり、地下鉄やバスなどの便利な公共交通網、さらには日用品のデリバリサービスなどが高齢者でも自立した生活ができる環境があって初めての自立であり、やはりこれらは都市化が生んだ賜物でしかなく地方都市ではなかなか全てが成立することは難しく、高齢者の自立は容易でない。

 無論、高齢者世帯の自立は長寿化と同時に孤独死などの表裏一体の社会問題ももたらす可能性があるわけで、長寿ばかりを喜んではいられない面はある。

 いずれにしろ、同じ国の中で上記のようにTOP5の都市とそれ以外の都市の平均寿命の差が10歳近くもあることは、長寿と都市環境の関係を考える上で非常に分かりやすい状況にあり、是非詳しい研究分析が待たれるところである。
 

危うい?中国の医療器具

今回手術で入院した時、待遇や設備という面で言えば中国で入院していてもそれほど不安は感じなかったが、では「中国医療」全体について全く不安を感じなかったかというと、実はそうではない面がやはりあった。

 一番不安を感じたのは医療器具の点である。

 それは、点滴を受けていた時の事だったが、点滴チューブについている調節弁で点滴速度を調整しようとしてもうまく調節できなかった時があった。

 かつて20年ほど前に日本で入院した時や中国で下痢で点滴を受けた時はこの調節弁で点滴速度を調節できたはずなのだが、どうも今回の調節弁はうまく機能しない。

 たまたまこのチューブの調節弁だけ出来が悪いのか、中国では総じてこうなのか分からないが、とにかくこの時の調節弁は微妙な調節が出来るものではなかった。

 まあこれにより気分が悪くなるなど不便はなかったので特に気にすることもなかったが、本来医療に「たまたま」は許されず、これで気分が悪くなったら怖いものがある。

 何となくこういった医療器具にも日中の文房具の差ような精度の差を感じずにはいられなかったのである。

 さらに今回私につかわれていた点滴針には逆流防止弁がついていなかったようだった。

 まあこのこと自体は調べてみると、イコール欠陥医療器具ということには全くならず、特別な条件の点滴ではない限り逆流防止弁の採用は必須ではなく、例え点滴が終わって逆流しても何時間も放置しない限り心配するようなことはでもないようである。

 しかしそうはいっても、少なくとも過去に点滴を受けた病院では全て逆流防止弁が採用されていた気がするので、今回点滴中にトイレに動いた時に、チューブに血が逆流しているのを見てちょっと焦ったのを覚えている。

 物の考え方の基本として常に万が一の事を考える日本人としては、この逆流防止弁はあるととても安心なのだが、医療的に必須でない部分にはコストがかかってないという面が何となく中国的医療器具事情の象徴に見えてしまうのである。

 もちろん日本だって100%逆流防止弁が使われているわけじゃないようだが、今回VIP病室なのに?てことを考えると、病院全体で採用していないということが容易に推測できて、やはり中国的判断なのかなと感じずにはいられないのである。

 まあ今回の件は、エアバッグをつけた安全装備の車に慣れてしまうとエアバッグなしの車が危険に見えてしまうという程度の事で、イタズラに中国医療に不安を感じてもいけないのかもしれない。

 しかし今回入院中に見たニュースで「注射針の使い回しで肝炎の集団感染」などという見出しを目にしてしまうと、この国の医療の水準の常識はいったいどこにあるのか不安にならざるを得ない面は確かにあり、今回の医療器具がその安全意識の象徴であるような気がしてしまったのである。