Tag Archives: 北京市

都市化が生む中国の長寿

 クリスマスというのは言うまでもなくキリストの誕生日ということになっているが、まあ現代ではそんな宗教的な意味合いを忘れて単に季節イベントになっている場合が多いような気がする。

 誕生日と言えば、先々月だったか中国の長寿都市ランキングという記事を目にした記憶がある。

 それによれば長寿都市はたしか1位香港、2位北京、3位上海、4位青島、5位大連のようだった気がしており、大都市が軒並み上位を占め、しかも外国人が多い都市が並んでいる。
 具体的には香港が80歳以上と頭抜けており、それ以外は70歳前後、TOP10より下は60歳台前半まで落ちてしまい、かなり差があったと記憶している。

写真はイメージ

写真はイメージ

 これらを見て各上位都市に特有の長寿法があるんだと述べる者もいるが、この上位都市の共通点を考えればそれは明らかに根拠を得ていない間違いであることが分かる。

 これらの都市の共通点は、大都市であり外国人が多く外国人のための高度な西洋医学の医療設備、医療体制が整っていて、その派生で高度な医療環境が集まっている場所と言える。

 まあ具体的な数字データなどは持ち合わせていないため、あくまでも推測の範囲でしかないが、病院の衛生水準や医薬品基準などが駐在する外国人の要求によって引き上げられれば、自ずと市中の一般病院にもその影響が波及していくのも明らかであろう。

 また市民レベルの医療知識も同様に普及が行われれば、レストランなどの衛生改善が行われ、健康を阻害する要因が取り除かれるであろうことは想像に難くなく、外国の影響を受ない地方都市より衛生状況が遥かに良くなるのは当然のことなのである。
 こういった点が長寿上位都市とそうでない都市を分ける要因となっていると推測できる。

 また都市化は高齢者が自立した生活を送れるという社会的生活環境要因も作りだし、それが長寿化をもたらしているとも言える。

 例えば都市化による核家族化というのは、若者世代だけではなく高齢者世帯にも同様のことが言えるわけで、子供世代が独立した後の高齢者は子供に依存することなく生活をする必要があり、その自立した生活が高齢者の生活意識を保ち長寿をもたらしていると推測できるのである。

 もちろん、それを支える都市的環境、例えば定期的な健康診断体制だったり、地下鉄やバスなどの便利な公共交通網、さらには日用品のデリバリサービスなどが高齢者でも自立した生活ができる環境があって初めての自立であり、やはりこれらは都市化が生んだ賜物でしかなく地方都市ではなかなか全てが成立することは難しく、高齢者の自立は容易でない。

 無論、高齢者世帯の自立は長寿化と同時に孤独死などの表裏一体の社会問題ももたらす可能性があるわけで、長寿ばかりを喜んではいられない面はある。

 いずれにしろ、同じ国の中で上記のようにTOP5の都市とそれ以外の都市の平均寿命の差が10歳近くもあることは、長寿と都市環境の関係を考える上で非常に分かりやすい状況にあり、是非詳しい研究分析が待たれるところである。
 


40年遅れの中国のマイカーブーム

 中国の流行はそのほとんどが大体日本の30年~40年遅れてやってきている。
 オリンピック、万博、ディズニーランドとどれをとっても日本の30~40年前を追いかけている印象が強い。

 経済の発展の順序というか、経済発展モデルが鄧小平さんの理想とした日本型であったためこれまでほぼ全てがその流れにのって中国が発展してきており、土地バブルやマイカーブームまで同様の状況が起きている。

 日本ではマイカーブームなどは既に去っており、一部の趣味としては愛好されていても、そのほとんどは生活の足として乗用車でしかなくなっており、 つまり日本人にとっては自動車はもう興味の対象の主流ではなくなっている。

 日本の街を走る車の色を見ればほとんどシルバー一辺倒で赤や青の派手な色は非常に少なくなったのがその証拠である。

 ところが中国ではまだ日本人が恥ずかしいと思うくらい、自動車で自己主張をしようとする。

上海の車の渋滞

上海の車の渋滞

黒や赤の車が街を縦横無尽に走る。この中国の勢いは世界的な流れからしてもだいぶ遅れているのだが、それだけに世界の自動車メーカーから見れば格好の市場となっている。

 まあこうやって中国が世界市場を牽引してくれるのは非常にありがたい点もあるが、日本人の自分からすれば、まだまだ幼いというか子供の市場なのだなと改めて感じてしまう中国のマイカーブームである。

4年前は北京にいた

まだ中国に本格的に来る前、どこの都市に住むべきか少し迷っていた。

もちろん仕事次第ではあったのだけれど、およそどの都市に住むにしても主要都市は一度は訪れておかなければと思い、4年前に北京を訪れてみた。

格安のチケットを探したため、MUの上海経由北京行きという何とも時間のかかるルートを選んでしまい、2泊3日ながら実質行動可能なのは真ん中の1日だけという何とも勿体無い行動日程だったが、まあ街の様子を窺い知るにはおよそ充分であった。

 今になって思うと、私が中国を訪れる直前にサッカーのW杯が行なわれていたので、今後自分が中国にいる期間の起算日を忘れたらW杯の年を起算年にすればよいことがわかりちょっと得した気分である。
 北京を訪れたのはW杯の直前だった。つまりあれから4年経ってしまったことになる。
 
 さて北京に行ったとき、一応日本で少し(といっても結構死に物狂い!)で中国語を勉強して行ったので、通訳など一切つけなかったが、やはり幼稚園生のような中国語しか話せなかったので、友達の中国人の友達を紹介していただき、結局お世話になり、かなり有り難かったのを覚えている。

 そのときの北京はオリンピックを2年後に控えて街の改造の真っ最中で、いたるところで工事が行なわれていて、結構ぐちゃぐちゃしており、そしてやたらだだっ広く、歩くのが疲れたというのが率直な感想である。

 たった1日の訪問であったがそのときの感想はというと、住めない町じゃないが、第一希望ではないなぁという感じで、中国生活をスタートさせるにはやはり上海かなぁと、そのとき6割がた腹積もりが決まった。

 そんな4年前を思い出させる夢を見たのでこんなことをちょっと書いてみた。

夢の内容は?まあ秘密にしておこう。