中国旅行は現在不人気らしい

 日中関係の影響か中国旅行はどうやら現在不人気のようだ。

 この年末年始に日本に一時帰国したときに、ショッピングセンターにある某旅行会社の店頭を覗いたところ、なんと写真のように中国関係のパンフレットが一冊もなかったのである。

日本の旅行会社のパンフ

日本の旅行会社のパンフ

 中華圏という意味で言えば台北・香港まではパンフレットが置かれているが定番の海外旅行とも言える上海・北京に関するパンフレットはなかった。

 やはり去年の反日デモや破壊行動の影響は強烈のようで、中国観光へのパンフレットを置いても商売にならないという事だろう。

 もちろんどうしても行きたいというお客がいればツアー商品は用意がないわけでもないだろうが、トラブル回避を第一に考える日本の旅行会社の思考パターンからすれば中国への旅行を積極的に勧める理由があるはずもない。

兵馬俑

兵馬俑

 先日ある関係者から聞いた話によれば中国から日本への旅行熱は回復しつつあるとのこと。

 確かに日中関係そのものについては両国の政治TOPが交代したということもあり、徐々に雪解けへ向かっているような雰囲気もなくはないが、中国人が日本に思う印象はともかく、日本にいる日本人にとっては中国で起きたあのデモの破壊行動はやはり印象が悪すぎたようだ。

 まあ上海市内にいる限り、そんな危険な状況だという印象は全くないが、日本にいる日本人から見れば、政治的な融和や国家に対する感情は改善したとしても、安全に対する懸念というのはそうそう拭えるものではないと、今回の状況を見て改めて感じた。

原文



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com