Tag Archives: ディズニーランド

上海ディズニーランドの半年間の入場者数は560万人?

 先日の中国のニュースで、2016年12月31日現在の上海ディズニーランドの累計入場者数は560万人と発表されていた。

 6月16日オープンだったはずだから約199日間半年の入場者数であり、日数で割ると1日平均約2万8千人という数字となる。

 季節要因があるので年間入場者数が半年の倍になるかどうかは単純には言えないが、仮に1日平均入場者数から推測すると年間1027万人となり、2015年のデータで比較すると世界のテーマパークの中でもトップ10に近いレベルの入場者数となる。

 この数字が正しいかどうかはともかく、どう評価するかを考えると、香港ディズニーランドの入場者数が年間680万、過去多かった時でも1000万弱程度だったことから考えるとテーマパークとしてはまずまず成功の数字と言える。

 但し、東京ディズニーランドとディズニーシーの年間合計入場者数が3000万を超えることから考えると、上海はたった3分の1に終わっているわけであり、大阪のUSJにも及んでおらず、上海ディズニーの運営側が満足しているかは難しいところである。

 しかも何度か過去にも上海ディズニーランドの周辺を見に行った時の状況は書いたが、内部はともかく周辺は賑わいには乏しい状況であり、とても上海にディズニーブームが来ているとは言い難い雰囲気である。

 さらに上記の公式入場者数の数字に目を向ければ、主要な足である11号線の混雑具合から推測するに、本当に1日平均2万8千人の入場客がいるかはちょっと疑わしい面もある。

 2万8千人といえば、そこそこ入ったプロ野球の球場とほぼ同等であり、それだけの人があの空間に入場し、帰宅の足として11号線を利用しているような雰囲気は余り感じられず、盛った数字ではないのかという疑いも出てくるのである。

 まあマイカー利用入場が多いのかもしれないが、相対的に本場の米・ディズニーランドの広告が地下鉄構内に目立ってしまい、どうも上海に本物のディズニーランドが出来たという実感を得られないのが街の様子である。

米ディズニーランドへの旅行広告

米ディズニーランドへの旅行広告

上海ディズニーランドの行く末が心配

 先日、ハロウィンの日に川沙の方に仕事で赴く機会があり、帰りついでに久しぶりに上海ディズニーランドの周辺を訪れてみた。
 というのは、つい先日ダイヤモンドオンライン社のネット上に出した記事の中で上海ディズニーランドがガラガラであるようなことが書かれていたからで、ちょっと心配になって様子を見に行ったのである。
このほかにも見込みの半分しか来場客がないなどの記事も見かけたので、実際の状況がどうなのかを確認したくなったというところである。
まあ上記の記事では、ガラガラと言いながら順番待ちに75分程度待たされる施設もあるなど文章表現がちぐはぐに誇張されているような面もあり、実際の状況がつかみにくかったというのもある。

 むろん、今回も入園せず周辺部のウォッチのみである。

鉄柵越しの上海ディズニーランド

鉄柵越しの上海ディズニーランド

 で、行った見た結果、実際に園の内部にどれだけの入場客がいたのかはやはりほとんどわからないのだが、個人的印象を言わせてもらうと、ハロウィンの夕方とは思えぬほど人が非常に少なかったというのが感想である。

 上海ディズニーランド本園のゲート付近こそ、そこそこの人がいたが、鉄柵越しに見える範囲の園内の様子も人がまばらで、ガラガラの表現が適当かどうかはともかく、賑わっているというにはほど遠い状況だった。

上海ディズニーランドショッピングセンター

上海ディズニーランドショッピングセンター

 さらに、関連施設のショッピングセンターなどは、人影を探すことに苦労するほど人が少なく、寂しいくらいの状況だった。
当然駐車場などもガラガラであり、私が持つディズニーランドのイメージとは非常にかけ離れている状態なのである。
どうして客入りが悪いかの理由については、以前も書いたので今回は省略するが、このままだと上海ディズニーランドの存続にも関わりかねない状況だと言う気がする。

上海ディズニー駅も人が少なく

上海ディズニー駅も人が少なく

 かの広大な敷地にどのくらいの開発費をかけたかのか具体的な数字は忘れたが、とても回収できそうな雰囲気ではなく、上海市や中国の経済の起爆剤としての役割はとても担えそうにない気がする。

 まあ運営会社の方もそんな状況に危機感を感じたのか、冬期間に非常にお得なチケットを売り出したようで、収益はともかく集客に必死になり始めたような状況となっている。
 その特価チケット方策が功を奏するかどうかは分からないが、このままではどうも行く末が案じられる上海ディズニーランド周辺の現状である。
 

40年遅れの中国のマイカーブーム

 中国の流行はそのほとんどが大体日本の30年~40年遅れてやってきている。
 オリンピック、万博、ディズニーランドとどれをとっても日本の30~40年前を追いかけている印象が強い。

 経済の発展の順序というか、経済発展モデルが鄧小平さんの理想とした日本型であったためこれまでほぼ全てがその流れにのって中国が発展してきており、土地バブルやマイカーブームまで同様の状況が起きている。

 日本ではマイカーブームなどは既に去っており、一部の趣味としては愛好されていても、そのほとんどは生活の足として乗用車でしかなくなっており、 つまり日本人にとっては自動車はもう興味の対象の主流ではなくなっている。

 日本の街を走る車の色を見ればほとんどシルバー一辺倒で赤や青の派手な色は非常に少なくなったのがその証拠である。

 ところが中国ではまだ日本人が恥ずかしいと思うくらい、自動車で自己主張をしようとする。

上海の車の渋滞

上海の車の渋滞

黒や赤の車が街を縦横無尽に走る。この中国の勢いは世界的な流れからしてもだいぶ遅れているのだが、それだけに世界の自動車メーカーから見れば格好の市場となっている。

 まあこうやって中国が世界市場を牽引してくれるのは非常にありがたい点もあるが、日本人の自分からすれば、まだまだ幼いというか子供の市場なのだなと改めて感じてしまう中国のマイカーブームである。