Tag Archives: 羊肉

衛生観念の格差

先日ニュースで流れていた偽の羊肉事件の記事を読んで、今回ばかりはさすがにショックが大きかった気がする。
 特に、ネット上に上がっていたネズミの写真のインパクトが強く少々トラウマ気味になっている。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ私自身は、普段から衛生観念についてそんなに厳格ではないためローカルの食堂で食事をすることなどはそれほど抵抗は無く、実はかつてあった地溝油の事件などについてもそれほど強いショックを受けてはいなかった。

 地溝油には発ガン物質が含まれているという噂もあったが、中国でなくても食材に発ガン物資の混入を100%避けるのは難しく、神経質に気を付けたところで限界があり、見た目の調理上では分からないということで気にすることもしなかった。

 それに、上海の街に住んでいると、少なくとも現地の中流階層以上の人は日本人にほぼ近い衛生観念を持っており、そういう人たちの中で生活している限りではそれほど食生活に不安を感じなかったのである。

 ところがそこへ今回の事件である。

 今回の偽羊肉事件の発覚には上海市民たちも驚きは隠せないようで、連日ニュースで紹介され、日常の食生活に様々な不安を巻き起こしている。

 ただテレビの報道などを見ていると、上海市民の驚きとは裏腹にこういった事件を起こしている地方の人々にはどうも悪いことをやっているという感覚に乏しいような雰囲気が伝わってくる。

 寧ろ、キツネやタヌキ、ネズミの肉から高級な羊肉モドキを作れるようになったのは発明として喜んでいる様なフシさえある。

 さらに添加物についても万が一体調が悪くなっても都会は医療が発達しているから大丈夫なんでしょ?といった開き直りの感覚もあるように見える。

 福建で起きた病死豚肉の横流し事件も、普段は自分のところで豚肉を食えない畜産農家は豚が病死すると肉が食べられると喜ぶような衛生観念土壌があり、それを法律で危ないからと規制したところで、結局は勿体ないとして食べたり売り裁いたりしたのが今回の事件である。

 特にこの事件では公務員に該当するような立場の人が事件を起こしており、公務員であっても人としてのモラルは、現地レベルということになるようだ。

 最近になってようやく上海や北京などの都会のモラルなどは世界標準に近づいてきたのかなという印象はあるが、一歩都心部を離れれば世界標準には程遠い常識がまかり通っているのがこの国の実情である。

 まあことほど左様に中国という国の中には、経済格差と比例するように衛生観念の格差やその他の考え方の格差があり、それが同じ国の中で一つの市場として繋がっているところにこの国の怖さがある。


マンガ肉のような羊の骨付き肉 「東北人」

昨晩、東北人という中国の東北料理を食べられお店に行ってきた。
ここは、派手な花柄のユニフォームの店員や、店の内装が非常に特徴的で日本人にも大変人気である。
私も、同じ中華料理の中でも、どちらかと言えば、南方系の料理より東北系の味付けが好みで、このお店は時々利用している。

このお店の名物料理はなんといっても、写真の

東北人の骨付き羊肉

東北人の骨付き羊肉

です。これだけの迫力でありながら、値段はったの18元。
 昔、ギャートルズというマンガに出ていたマンモスの骨付き肉を彷彿させるような豪快さ。
この料理、もともとモンゴル料理が起源らしく、遊牧民の豪華な食事風景が目に浮かぶ。
 この料理を注文すると必ず、ビニル手袋が一対ついてくる。つまり手が汚れるのでこれをつけてくださいという店側の配慮らしい。
 さて、その手袋をつけてこの肉にかぶりつく。たとえ女性の前であっても、この料理だけは上品に食べることができない。
遠慮なくかぶりつくしかない。またもや、マンガの中でマンモス肉にかぶりつく姿が頭をよぎる。

 この肉、食べ始めたら最後まで食べきるまで他の料理には手を出しにくい。なぜならタレと油で結構べたべたするので、手袋をしたまま箸やコップを持つことが難しいからである。
なので、私は手袋を右手にだけはめて、左手はせめてコップが持てるようあけておく。両方にはめてしまうと飲み物さえ飲めない。まあ左手でコップは行儀が良くないかもしれないが、そうも言ってられない。
 なんとか会話をはさみつつ10分ほどで食べきった。ボリュームがそれほどあるわけじゃないが、食べたという満足感はある。
 女性の前でワイルドさをアピールするにはいいかもしれないが、ちょっと豪快すぎる料理である。
できれば、デートというより気の置けない仲間たちと一緒にという感じ。水餃子もうまい。

今回のお店はここ
東北人www.dongbeiren.com.cn
閔行区龍茗路974号
(021)3417-1660
他にも市内に6支店あるが、紛らわしい偽物も多数なので要注意