Tag Archives: 静安寺

中運量71路バスの開通で朱家角への新しいルートも誕生

 上海市内に71路という新たな交通機関が登場した。

 この71路は外灘から上海の中心部の延安路(東路、中路、西路)の高架道路の下を延々と上海虹橋国際空港の南西側の申昆路枢紐站へまでの17キロ余りの専用レーンを走るトロリーバスでありBRTと言ってもいい交通システムである。

71路バス

 この71路という名称は直近まで別の路線で使われていたのだが、今回の路線と重複する部分が多いということで名前を譲り、この路線で使われることになったようだ。

 ちなみに「中運量(中規模運送量)」というのは、地下鉄ほどではないが従来のバスより輸送量が多いという意味のようである。
 一般的に地下鉄だと1時間あたり1~2万人というのがおおよその目安で大規模輸送と言えるが、「中運量」だと2000~5000人/hが目安というのが私の理解である。

 ところが中国語の記事を読んでいると、大運量を5万人以上、小運量を5千人以下、そして中間の中運量を1万5千人と設定しており、ちょっと盛り過ぎの数字のような気がする。
 恐らく中国の表示は往復の輸送量キャパというのが種明かしになろうと思うが、それにしても多く、やはり盛り過ぎで実際の上海の地下鉄の輸送力と合っていない。

 今回の71路も定員の150%くらいで考えても最大5000人/h程度であり、そもそもの定員設定が実際の車両実態に対して詰め過ぎの印象であることから推測すると、今の運転間隔だと輸送能力はせいぜい多くても4000人/hが限度であろうに推測される。
 専用レーンを走るので、運行自体はかなりスムーズなようだが、期待される輸送力を担えるかはちょっと疑問で、春節明けで乗客や道路の交通量が増えてきたときに対応できるかは見てみないとわからない状況となっている。

 ところでこの71路の開通により、観光地である朱家角に向かうルートに新たな路線が加わったことになった。

 その新しいルートというのが71路の終点の申昆路枢紐站から朱家角へ向かう滬朱専線というバスである。

朱家角行きの滬朱専線バス

 正確に言えば新しいバス路線ではなく、従来からある上海市内から朱家角に向かうルートの一部がこの71路に置き換わり、従来路線が短縮されたというのが正しいのだが、従来の発着点がややわかり難い場所にあったので、今までより利用しやすくなったという気がする。

 普安路からの朱家角行の高速バスは従来のまま残されるので、人民広場付近からの利用はそのまま高速バスを利用すれば良いが、途中の例えば虹橋や静安寺などのエリアから朱家角観光に行くにはこのルートが便利になったと思われる。

 もっとも、この便利さを享受できるのは今年いっぱいの期間限定の話であり、年末には軌道交通17号線が開通し朱家角まで結んでしまうらしいので、開通後はそちらを利用することになるだろう。

 ただまぁ期間限定と聞くと試してみたくなるのが性分なので、近いうち週末を利用してこのルートを通って朱家角を訪れてみようと思っている。

消えた機場専線

上海虹橋空港と静安寺を結ぶ機場専線が土曜から無くなったようだ。

機場専線の廃止を告げる貼り紙

機場専線の廃止を告げる貼り紙

 まあ、確認のためわざわざ行ったわけではないのだが、虹橋空港方面に用があったたのでちょっと寄ってみたところ、やはりバス停に張り紙がしてあり、どうやら本当になくなってしまったようだ。

 このバス、第1ターミナルの場所がちょっと不便だったために、タクシー以外の手段で行くには最も便利な手段かつ安い方法だったのだが、第2ターミナルが出来て以来、第1ターミナルは寂れ、さらに地下鉄駅も出来たことから利用客が少なくなっていたらしい。

  まあかつてあったバス路線が無くなるというのは時代の流れを感じ、寂しいことである。

地下鉄7号線に乗ってきた!が、試営業?

 先週末から試営業をはじめたと言う地下鉄7号線に乗ってきた。
 わざわざ乗りに行ったわけではないが、客先へ行く路上で使うと便利だと思い早速利用してみた。

静安寺駅の7号線への乗換案内

静安寺駅の7号線への乗換案内

 今回、7号線は上海大学と花木路までの間をちょうど「J」の字を浦消した傘の絵のように描く非常に長い距離を一気に開通させたのだが、今回乗ったのは静安寺から東安路という上海を南北に横断する非常に短い区間である。

 今まで南北に結ぶ路線が少なく、バスやタクシーで行っても道路が混みがちなので予想外に時間のかかっていた区間である。
 ここが開通していただいたおかげで少なくとも4号線の内側の範囲の移動は凄く楽になるし、静安寺からリニアのある龍陽路までの新しいラインが出来たことになる。

 もちろんリニアに繋げたと言うことは万博への足として期待して開通したと言うことはいうまでもない。

7号線の列車接近予告案内板

7号線の列車接近予告案内板

 ところがである。

 なぜか今回9時から16時過ぎまでという中途半端な形の試営業である。
 通勤時間帯を避けて日中時間帯のみ運行されると言う。

7号線の運行通知

7号線の運行通知

 実は今回その理由に興味があって利用してみた。単なる新線開通であれば、地下鉄の場合は景色が楽しめるわけではないので、新しい駅が綺麗だなと感じるだけでわざわざ乗りに行ってもそんなに楽しいものではない。

 しかし今回の試営業という形に非常に興味が引かれた。何故試営業なのかである。

 まず静安寺駅で2号線の乗り換え通路を歩いてみたが、多少距離は長いものの基本的には完成しており、中途半端な状態は見当たらない。更にホームに下りてみたがやはり普通に完成しているようだ。

7号線静安寺駅のホームドア

7号線静安寺駅のホームドア

 転落防止の柵もあり、最近できた他の新しい駅と同様に全てが完成している状態だ。
列車が来て乗り込んでみたが、非常に新しい雰囲気で気持ちよいが、特に試営業を示すようなものは何もない。

7号線の車両内

7号線の車両内

 で、あっという間に東安路についた。
 4号線との乗換については乗り換え通路が若干細過ぎるなという感は否めなかったが、設計の問題があるとはいえ工事的には完成しており、試営業という形をとる必然性は見当たらなかった。

東安路駅の乗り換え階段

東安路駅の乗り換え階段

こうやって考えると全線乗ったわけではないが、7号線はハード的にはほぼ完成しているようで、試営業であっても営業しているからには普通に利用できるようになっていると考えるのが良さそうである。
 

7号線の列車車両

7号線の列車車両

 では何故試営業か?

 ハードが完成しているのならソフトの面を疑ってみる。

 まず疑わしいのは車両である。生産が追いついておらず車両が足りないのではないかという疑いである。
 確か8号線あたりは開通後、車両がなかなか増えず運転本数が増えなかったというニュースがあった。

 日中の試営業程度なら捌けるがラッシュ時には及ばない状態の車両数しか間に合わなかったのではないかという推量が成り立つ。

 ならば車両が揃ってから開通させれば良いだろうと思うが、11月末までに開通させるとアドバルーンを掲げてきた上海市政府にとって、ここで大きく開業を遅らすことは万博を控えた状況の中、対外的に万博準備に不安を与える大きなイメージダウンに繋がってしまうので、面子の上でも遅れることは出来ず、是が非でも開通させたという既成事実を作りたかったのだろうというように思う。
 
 また、その足りない何か以外はこの時期に照準を合わせてハード等も整備してきて、サービス面での業者などとの契約もあるであろうから、遅らせるようわけにはいかなかったということも考えられる。

7号線の安全案内

7号線の安全案内

 で、車両の次に疑うのが人の不足である。人つまり運転士の不足の問題である。実はこちらのほうが主要因として疑わしく、しかも事実とすれば非常に深刻である。

 上海市は、ここ数年一気に地下鉄を開通させ、一気に営業キロを伸ばしてきた。営業キロが伸びると言うことは総列車本数がそれだけ増えると言うことであり、増えた分だけ新しい運転士が必要になる。

 当たり前の話であるが、運転士などという職業は雇ってすぐ使い物になるわではなく、しかも在野にそんなに人材が転がっているわけではない特殊な職業である。つまり運転士は訓練して育てなければならない。しかも時間がかかる。

 日本の場合はデビューするまで最低9ヶ月くらい要すると言われる。

 中国の運転士にどのくらいの養成期間を要するか分からないがやはり半年くらいは必要であろう。よってこれだけ一気に伸びた路線の分だけ運転士を養成するのは容易なことではない。

 しかも日本などは、既存の路線や車両が沢山あるので新線が開通する前からも予めそこで実地訓練することが出来ると思うが、急激に路線が増えた上海ではそういった実地訓練をすることは車両数の面からも容易ではないように思われる。
 ゆえに今回運転士の養成が間に合わず、デビューさせられる頭数が足りず運転本数を減らした試営業となったのではないか?そういった推測ができる。

 ひょっとすると試営業中は営業時間が終わった朝晩に地下でこっそり運転訓練をしているのではないかと勘繰ってしまう。
 
 この年末以降、来年の万博開幕時までに更に多くの地下鉄路線が開通すると言われているが、果たしてハードが間に合ったとしても車両と人が間に合っているのか?
 上海市政府の面子のかかるあと半年である。

韓国料理食べ歩き 「狗肉湯」久光8階の梨花園さん

お昼に静安寺付近を回ったので、今日は兼ねてから狙っていた久光百貨店さんの梨花園さんを訪れることにした。
 狙っていたのに何故訪れていなかったのかというと、久光百貨店全体が「高い」という固定観念があったため、地下の食堂街はともかく、階の上のほうのレストランは敷居が高い気がしてたからである。
 そうは言っても所詮韓国料理、ランチならべらぼうに高いこともあるめぇと、新年の縁起担ぎ(何の?)を兼ねて本日初挑戦とあいなった。
 さてさてお店の前のまで、行って値段を確かめるつもりでメニューをぱらぱらめくって(←まだちょっとびびってます)値段とメニューを確かめて、今日は何を食べようかなぁと見ていたら、何と見つけました「狗肉湯」(50元)!
 上海に来る前から結構好んで食べていたのに、最近韓国料理店でも取り扱う店が減ってきてちょっとがっかりし始めた矢先である。
 「おお、ここにはまだあった!」その瞬間に即決で入店した。(笑)
 服務員からメニューを渡される間もなく、即「「狗肉湯」コール。
でも「今日は無い」って言われたらどうしようとちょっとドキドキのコールだ。
中国人店員が「好的:(わかりました)」といってくれたので一安心。
 さてさてここの内装はいかにも韓国料理の店らしく、内装も韓国的な趣である。どこが何であれば韓国的な内装ということは不勉強な自分にとっては説明しずらいのだが、とにかく韓国的である。

ミッパンチャンが8品

ミッパンチャンが8品

、まず先に出てきたミッパンチャン(副菜)の量がこのお店は多く驚いた。9皿もあった。どうもこのミッパンチャンの数は店のグレードに比例している気がする。このお店はどれも美味しいし、無茶苦茶辛い唐辛子系が存在しなかったのもうれしい。
 でそれらをパクついているうちに、いよいよ主役の登場である。石鍋でぐつぐつ煮てあり、いかにも熱そうだ。しかも何か粒粒のようなものが沢山浮いている。
 あちこちで、いろんな韓国系のスープを食べてきたが、初めて見るタイプだ。
 これは胡麻だろうか?食べてみたが、胡麻かな?と思うだけで正確なところわからなかった。
 また一緒に来たご飯に不思議な黄色の穀物が入っていた。なんだかんだ、体によさそうなものが沢山入っている感じである。

狗肉湯(ケコギチゲ)

狗肉湯(ケコギチゲ)

 さて肝心の「狗肉湯」、狗肉はあっさりしていて癖が無く非常に食べやすかった。スープは熱々なのでさすがに冷まさなければ口に入れられないが、程よい辛さがとても美味である。具の量はそれほど多くないが、韮などの野菜が旨みをいっそう引き立てて不足は感じない。

「狗肉湯」はもともと体を温めるので冬によく好まれて食べられる料理で、韓国では「補身湯」「栄養湯」なとも呼ばれるようである。非常に栄養価が高く強壮料理でもあるので、風邪などで体調が弱っているときにはぴったりの料理だ。
 さてさて食べ終えてからだがポカポカになった。
 最後に甘い漢方薬のお茶のようなスジョンガも出てきた。このお店、さすが場所柄もあってサービス的に至れり尽くせりという感じで大満足である。
 今まで敷居の高かったこのお店だが。今回値段もわかって「狗肉湯」もあるので、近いうちまた来てしまいそうだ。
さてさて、体も温まったところでまた一年頑張りましょうかね。

梨花園(静安寺店)
南京西路1618号上海久光城市広場S809
021-6288-3655

韓国料理食べ歩き 静安寺で「辣白菜湯」韓風さん

最近韓国系のお店ばかりを回っているうちに気がついたのだが、市内の中心部、とりわけ静安寺地区には韓国料理のお店はあまり多くない。
この地区で知っているのは、他には久光さんの上にある1軒くらいしか知らない。どうしてなのかという分析は出来てないが、久光さんの上品な客層はどちらかというと庶民的な韓国料理は好まれないということか?

 その割には、この静安寺と、朝鮮・韓国系の人たちが住む龍柏新村を結ぶ57番のバスは本数も多いし、いつも人でいっぱいだ。彼らは食事は地元でということなのか?

 まあそういった分析はさておき、ようやく待望の韓国料理の新店が開店したようである。新たにオープンしたのは上海市内に何店舗も支店を構えるチェーン系の韓国料理店の「韓風」である。

 万航渡路沿いにあり、チマチョゴリを来たお姐さんに案内されて3階のレストランへ案内される。

 店内は比較的暗めだが、すっきりした今風のつくりになっている。当然のように各テーブルには焼肉のセットがあるが、強力な吸煙機がついているらしく、天井からの煙突はなく店内にも煙っぽさは全くない。

 さてさてメニューを見ると、焼肉が中心のようで、炒め物などのサイドメニューは多くなく、あとはビビンパなどが多少バリエーションであるだけで、大勢で料理をつつくというよりカップルや2~3人で食事を取るための店といった感じだ。
今回は一人で行ったので、焼肉はあきらめ、スープとご飯を食べることにした。

17064

で注文したのが「辣白菜湯」(28元)。
 こういう汁物を頼むと韓国料理では白米ごはんは自動的についてくるのだが、通常は銀色の器に蓋をして出てくる。ところがこのお店の服務員は手を抜いたのか蓋無しで出てきた。
 味のほうはというと、結構辛味がきいていて非常においしかった。中には餅まで入っており、これが美味しい。最初はご飯と汁を分けて食べていたが、結局我慢しきれず、ご飯を汁の中に放り込みクッパ風にして食べた。日本では行儀悪いとされている行為も韓国料理では結構アリである。韓国でも本来は行儀が悪いらしいがよく見かける。
 一気に食べると体がほくほくになり汗が出てきた。寒い冬には持って来いの料理だ。

シッケ(韓国飲料)

シッケ(韓国飲料)

 このお店には韓国で見かける米のジュース(日本酒ではない!)があったのでそれも頼んでみた。식혜(シッケ)と呼ばれる。懐かしい味である。
こんな飲み物を出すところをみると、若い韓国系の人を狙っているというこの店のターゲットが見えてくる。確かに次はカップルで訪れてみたい、そんな店である。

韓風 静安店
万航渡路1-5号3楼3C室
021-6249-1058