Tag Archives: 朱家角

朱家角へのバスルートが大幅に再編された

 昨年末の12月に上海軌道交通17号線が開通し、上海市内から青浦区や朱家角に鉄道で行けるようになった。
 これはこれで非常に便利になったのだが、並行するバス路線も見直しが行われ再編されたようで、古いガイドブックなどを見て行動しようとする人は注意する必要がある。

上海軌道交通17号線

 まず一つは上朱線と呼ばれていた上海南駅から朱家角に行くルートのバスであるが、この路線は今回の改定で青浦区の中心部で打ち切られることになってしまい、名称が上青線となり、朱家角まで行かなくなってしまった。

 新しい終点は17号線の漕盈路駅に隣接するバスターミナルのようである。

従って、どうしてもここから朱家角に行きたければ、ここで17号線に乗り換えて行くことになる。

さらにもう一つ、地下鉄2号線の徐涇東駅から朱家角へ向かう直通バスの朱徐線も、匯金路というバスターミナルを境に、青浦19路と青浦20路という路線に分割されてしまった。

なくなった朱徐線(2011年撮影)

もちろん乗り継げば朱家角までたどり着けないこともないのだが、余程ローカルウォッチをしたい人でなければ、やはり新しく出来た17号線を利用すべきかと思われる。
但し、運賃はそれぞれ1元のようだから、17号線よりも安く行ける。(17号線だと6元)

 で、生き残ったバスルートとしては、人民広場近くの普安路からの高速バス、延安路を走る71路の終点の申昆路枢紐站で乗り換える滬朱専線、そして松江からの松朱線というバスになる。

普安路から朱家角への高速バス(2009年撮影)

 まあ素直に現地の観光だけを楽しむなら、17号線で行くのがベストだが、地下区間も少なく、途中の日常の街の風景も含めて楽しみたいならバスでの移動もまた乙なので是非お試しあれ。

朱家角の観光船

朱家角の観光船(2011年撮影)

中運量71路バスの開通で朱家角への新しいルートも誕生

 上海市内に71路という新たな交通機関が登場した。

 この71路は外灘から上海の中心部の延安路(東路、中路、西路)の高架道路の下を延々と上海虹橋国際空港の南西側の申昆路枢紐站へまでの17キロ余りの専用レーンを走るトロリーバスでありBRTと言ってもいい交通システムである。

71路バス

 この71路という名称は直近まで別の路線で使われていたのだが、今回の路線と重複する部分が多いということで名前を譲り、この路線で使われることになったようだ。

 ちなみに「中運量(中規模運送量)」というのは、地下鉄ほどではないが従来のバスより輸送量が多いという意味のようである。
 一般的に地下鉄だと1時間あたり1~2万人というのがおおよその目安で大規模輸送と言えるが、「中運量」だと2000~5000人/hが目安というのが私の理解である。

 ところが中国語の記事を読んでいると、大運量を5万人以上、小運量を5千人以下、そして中間の中運量を1万5千人と設定しており、ちょっと盛り過ぎの数字のような気がする。
 恐らく中国の表示は往復の輸送量キャパというのが種明かしになろうと思うが、それにしても多く、やはり盛り過ぎで実際の上海の地下鉄の輸送力と合っていない。

 今回の71路も定員の150%くらいで考えても最大5000人/h程度であり、そもそもの定員設定が実際の車両実態に対して詰め過ぎの印象であることから推測すると、今の運転間隔だと輸送能力はせいぜい多くても4000人/hが限度であろうに推測される。
 専用レーンを走るので、運行自体はかなりスムーズなようだが、期待される輸送力を担えるかはちょっと疑問で、春節明けで乗客や道路の交通量が増えてきたときに対応できるかは見てみないとわからない状況となっている。

 ところでこの71路の開通により、観光地である朱家角に向かうルートに新たな路線が加わったことになった。

 その新しいルートというのが71路の終点の申昆路枢紐站から朱家角へ向かう滬朱専線というバスである。

朱家角行きの滬朱専線バス

 正確に言えば新しいバス路線ではなく、従来からある上海市内から朱家角に向かうルートの一部がこの71路に置き換わり、従来路線が短縮されたというのが正しいのだが、従来の発着点がややわかり難い場所にあったので、今までより利用しやすくなったという気がする。

 普安路からの朱家角行の高速バスは従来のまま残されるので、人民広場付近からの利用はそのまま高速バスを利用すれば良いが、途中の例えば虹橋や静安寺などのエリアから朱家角観光に行くにはこのルートが便利になったと思われる。

 もっとも、この便利さを享受できるのは今年いっぱいの期間限定の話であり、年末には軌道交通17号線が開通し朱家角まで結んでしまうらしいので、開通後はそちらを利用することになるだろう。

 ただまぁ期間限定と聞くと試してみたくなるのが性分なので、近いうち週末を利用してこのルートを通って朱家角を訪れてみようと思っている。

朱家角に行ってきました。

本当は先日書いたブログの通り杭州に行こうという計画もあったのだが、帰りの足の確保に不安があったため、急遽朱家角に行き先を変更し行って来た。
朱家角は淀山湖の湖畔に位置する古鎮で、非常に人気のある観光スポットである。
人民広場の延安東路を挟んだ南側の普安路より、朱家角までの直通バスが出ている。

朱家角行きのバス

朱家角行きのバス

 バスは15分に1本くらい走っているのだが、結構人気のようで行列が出来ていて2本ほど待たされた。
ようやく乗ったバスも、我々は座れたが立ち席も出るほどの混みようであった。朱家角まで12元で当然交通カードも使える。

朱家角行きのバスの中

朱家角行きのバスの中

途中渋滞もあったが1時間弱で朱家角のバス駅に到着。季節はもう春真っ盛りで途中に車窓から見えた花が非常に綺麗であった。とにかく天気がよくて心地いい。

朱家角行きのバスのからの風景

朱家角行きのバスのからの風景

バス駅から観光エリアまでは歩いて15分弱。お腹がすいていたので、まず食べてから入ろうと考えたのだが、周囲には意外と食事できる場所が少ない。お食事は観光区の中でということなのだろうか?
ということで仕方なく?アイスクリームを食べてしまった。(暑かったからね・・・)

で、観光区の入り口は大きな看板もなく、まあ見れば分かるような雰囲気ではあるのだが、看板がないとちょっと心配である。まあ観光客の流れに乗ればまず心配ないのだが、、、
(そういえばKFCの看板は大きかったな)

 この朱家角は入場料が必要だと資料で読んだような気がしたのだが、入り口と思われる付近に改札の設備はあるものの今日は稼動していないようで、その脇を何の問題もなく通過することが出来た。

 入場料というのは観光ピーク時の入場制限のための措置なのだろうか?こんな一貫性のない対応がいかにも中国らしい。

朱家角の路上

朱家角の路上

 さて中に入ると細い路地の両側に小さなお店が並ぶ、棕子から工芸品までその種類は雑多だ。とりあえずお腹が空いていたので農家菜と書いてあったお店に入る。2階に上がって、みると窓枠の大きく開いたつくりが開放的であり、雰囲気は良い。ただ店員の人数が少なく、しかも対応が適当であってサービスは合格とはいえない感じである。

なかなか注文を取りに来てくれなかったり、料理がなかなか出てこなかったり。。。とにかくこの日は全行程を通して待たされることが多かった。

朱家角のレストラン内部

朱家角のレストラン内部

朱家角のレストランから通路を除く

朱家角のレストランから通路を除く

 さてさて、食事を終えて迷路のような細い路地をウロウロ歩き回っているうちに疲れてしまったので運河を行きかう舟に乗ることにした。料金は人数カウントではなく一艘60元という料金だ。当然大勢で乗ったほうが割安なのだが、他の観光客と交渉するのも面倒なので2人で一艘借り切ってしまった。ちょっとした贅沢な気分である。

朱家角の舟

朱家角の舟

 船というのはどこでもそうだが水面を渡る風が心地よい。周囲の景色も違って見える。運河沿いでご飯を食べてる現地の従業員の姿がいかにものどかだ。結婚式の写真を撮っているカップルもいた。

舟から見た街の人たち

舟から見た街の人たち

上海市内からこの程度の距離だといつでも気軽に来れる気がするので、気晴らしが必要になったときちょくちょく来ようかと思う。