Tag Archives: 歌詞

「アジアのこの街で」

先日、知り合いからWECHAT上で「この曲を知っていますか?」と動画が送られてきた。
動画は日本物の雑貨屋の中の風景で撮られたもので、その店内で流れているBGMの曲名を知りたいというのである。

私がWECHAT上でよく音楽の共有リンクを張っているので音楽好きを見込んで質問してきたようである。

早速その動画を再生してみるが音が小さく途切れ途切れにしか聴こえない。
途切れ途切れながらに聴こえてくるメロディは、知っていると言えるほどの認識はなかったが、全く知らないほど違和感のある曲でもなかった。
まあ、その知り合いに対しては知らないと言ってしまうのは簡単だったが、そこは元音響家のプライドが許さなかったので、出来るだけ努力してみることにした。

で、メロディから追うのは無理なので、歌詞を拾ってみることにした。
まず「毎日さびしい」という歌詞が聴こえてきたので、これで検索をかけてみるが、どうも変な詩のようなサイトばかりかかってしまう。
次に「微笑みを忘れない」という歌詞が聴こえたので、これも検索したが、まあありがちな歌詞であり、ZARDの曲が引っかかってしまった。
うーんもっと特徴的な歌詞はないものかと聴き進めていくと「生まれた国の言葉を聞かせておくれ」という歌詞が聴こえてきた。
「おお、これはとても特徴的だ!」と思い、早速検索する。

すると「アジアのこの街で」という上々颱風(シャンシャンタイフーン)というアーティストの曲が引っかかった。
すぐに動画サイトで探して確認してみると、ビンゴである。

調べてみると、ジブリの高畑勲監督のアニメ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」で使われた曲のようである。
この曲自体の印象はそれほどなかったが、この映画は確かに見たことがある。
言われてみれば映画のCMで流れていたような気もする。

すぐに中国側の音楽サイトで曲を探し、そのリンクと、歌詞サイトの画面コピーを付けて問い合わせてきた知り合いに送ったところ、大喜びの反応が帰ってきた。

そして私自身もじっくりこの曲を聴いてみた。

アジアのこの街で」とタイトルが付いているが、映画の内容や「東の果ての海の小さな国」という歌詞からおおよそ日本東京を意識した歌なのだろうなと察しがつく。

しかし、そうははっきり書かれてないし、アジアンチックなメロディから言えば今自分のいる上海やあるいは南国チックな沖縄台湾のイメージにも重なり何だかジーンとくる。

上々颱風というユニット名も、昔のドラマタイトル「上海タイフーン」にも似て、上海のイメージもダブらせているんだろうなという印象もある。

この曲に自分の気持ちを委ねていくと、ああ自分はアジアにいるんだな、上海にいるんだなと妙に立ち位置を確認したというか、納得させられた。

「季節をつげるツバメのように」という歌詞が、外国からこの地にやってきた私自身にも重なるような印象で、外国人としてここいる自分の存在が浮かび上がるような印象なのである。

近年すっかり、近代化された上海の街ではあるが、れっきとしたアジアの街であり、おそらく慣れすぎた自分には気が付かないオリエンタル感が、例えば欧米などからやってきた人などからは感じられる部分はまだ沢山残っているはずである。

そういった雰囲気の中にいる自分が今どういった存在なのか、忘れていた意味をこの曲によって知ったような気がするのである。

ところで、来年オリンピックの開かれる東京という街が、どういう匂いなのかを少し考えてみたが、この曲から感じられる匂いとはあまり重ならない印象ではある。
私が東京に馴染みすぎているから客観的に見る状態にないのか、東京があまり匂いのない街になってしまったのか、それはわからないが「遠いアジアの街で」という曲に描かれるような異国感があるようには、少なくとも私には感じられない。

例えば中国から日本に行った中国人留学生が異国感を感じて東京で過ごしているのかどうかはわからないが、今の東京にはそんなに強い匂いは無い気がする。

なぜこんなことを書いたのかというと、この曲で感じるような感情を、来年東京を訪れた外国人が抱くのかどうかを考えたからである。

まあ世界中で生活様式が平準化しつつあるので、その国独特の匂いというものは徐々に薄まるのが世界の趨勢なのかもしれないが、「遠いアジアのこの街で」という歌詞が心の琴線に触れるような情緒だけはいつまでも残っていてほしいものである。

日本の国歌に「故郷(ふるさと)」を加えたらどうか

日本の法律では国歌として「君が代」が定められている。

まあこの「君が代」は日の丸とともに国旗・国歌の論争のもとになっている。

この「日の丸」「君が代」は長らく国旗国歌とされてきたが、実は法律として定められたのは1999年になってからで、それまでは慣習的に使われてきただけであった。

この法律ができてから、公立学校の入学卒業式では起立斉唱が義務のように言われるようになり、またそれに違反した教師が処罰され、それを不服とした教師が教育委員会を訴えるなど何かと社会問題化している。

個人的にはこの国旗国歌の制定については消極的には同意するものの、公立学校とて国が建てた学校ではないし、憲法が保障する思想の自由などから考えれば入学式や卒業式における斉唱や掲揚は強制されるものではないものと思っている。

起立斉唱を参加者に求めるのは、どう見ても権威主義的な軍隊教育のように見え、多様な人間が生きる現代社会での教育にはそぐわないと思えるからである。

ただ、今回はこの是非についてはとりあえず横へ置いておいて、日本の国歌というものについて考えたい。

まあそもそも国歌が必要なのかという議論も本来はしなくてはならないが、一応国家体裁として必要なんだという前提で、考えてみたい。
さて、現在国歌となっている「君が代」について、そもそも一体どのくらいの日本人が歌詞の意味を理解して歌っているのだろうか?ということに疑問を感じている。

正直言って、私もよくわかっていない。

一応日本語だから言葉の一つ一つの単語の意味は分かるが、全体として何を歌っているのか理解していないのである。

戦時中に、天皇の歌として扱われたこともあったようだが、どうやらそれも違うらしく、誰が何を思って詠んだ歌なのかは現代でもはっきりしない。
一説には平安時代の恋の歌だと解釈する説もあるが、それとて定まった説ではない。

つまり、われわれ日本人は歌詞の意味もはっきり分かっていない歌を、たぶん国のことを表した歌だろうと咀嚼せず適当に飲み込んで歌っているだけなのである。

このように「君が代」は国歌として法律で定めた割には随分根拠も内容のあやふやな歌であり、むしろ国体復古を目論んだ右翼系の「王政復古」の意図で法律定義したのが結局正解のような気がしてならない状況である。

故にそんなあやふやな「君が代」は、例えみんなが歌えたとしてもどれだけ日本人にとって意味のある存在かは不明であり、国歌として適当なのか疑問を持ってしまう。

これらのことから実は個人的には「君が代」より、「故郷(ふるさと)」のほうが現代の国歌にふさわしいと思っている。

この「故郷」はそもそも大正時代に長野出身の高野辰之氏の作詞、鳥取出身の岡野貞一氏の作曲によって作られた学校唱歌である。
唱歌であるが故に、誰にとっても歌いやすく、心に残りやすい歌となっており、実際多くの人に歌われている。

まあ歌詞については現代となっては多少古い言い回しにはなっているが、何を意味しているかは理解できるし、多くの人の心に通じるものがある点においては君が代の比ではないだろうに思うのである。

そして、心に染み入ってるからこそ、ふとした瞬間に不意に口をついて出る。

例えば戦時中に特攻へ出撃していったパイロットが機上で歌っていたという話もあり、日本人が共通して心の中に持っている歌は結局「君が代」ではなく、「故郷」ではないのかと思うのである。

故に国家を強制されない意味の国歌として「故郷」を強く推薦したいと思う。

さらにこの歌は決して国を限定しているわけではないので世界の人にも自由に歌ってほしいし、それぞれの「故郷」のイメージは違えど、故郷への思いは通じるものがあるのではないかと思っている。

まあ今の「君が代」を退かせたい意図があるわけではないので、法律定義としては並列でも良いが、国際スポーツ大会や卒業式はこちらを採用できるよう国歌に加えてほしいという気がするのである。

阿久悠さん没後10年に振り返る日本語の歌詞のリズム

 先日、日本のラジオで阿久悠さんの没後10年を機に、彼の業績を振り返る特別番組が放送されていた。

 阿久悠さんと言えば、物凄く幅広い作詞家であり、私のような歌謡曲に比較的疎い者でも知っている曲ばかり作詞している。

 というか、私がカラオケで歌えるレパートリーはほとんど阿久悠さんの作詞と言っても過言でもないほど占有率は高い。
 とくに1970年代から80年代にかけて耳に残っている歌はほとんど阿久悠さんだという気がする。

 6000曲も書いていらっしゃるらしいので、例を挙げるのはキリがないのは分かっているが、それでも敢えて書き出すと、

石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」、沢田研二さんの「勝手にしやがれ」、ピンクレディの「UFO」や「ペッパー警部」ほかほとんどの歌、都はるみさんの「北の宿から」、西田敏行さんの「もしもピアノが弾けたなら」、八代亜紀さんの「雨の慕情」、フィンガー5の「学園天国」、和田アキ子さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」、ザタイガースの「色付きの女でいてくれよ」森昌子さんの「せんせい」、森田公一とトップギャランの「青春時代」、河島英伍さんの「時代おくれ」、小林旭さんの「熱き心に」などなどである。

 さらに子供向けの曲でも「宇宙戦艦ヤマト」「ウルトラマンタロウ」「ウルトラマンレオ」「デビルマン」、スポーツでも「地平を駈ける獅子を見た(西武ライオンズ球団歌)」なども詩を書いている。
とても一人の作詞家が作ったとは思えないほど幅が広い。

 世界中に作詞家は大勢いると思うが、一つの国でこんなに多くのヒット曲を飛ばしている例は他にないのではないだろうか?

 阿久悠さんの詩の歌は何でこんなにヒットするのか?

 色んな理由があると思うが、私が分析するところでは、一つ重要なポイントとして阿久悠さんの詩はリズムが良いというのが挙げられる気がしている。

 彼のヒット曲の歌詞を分析すると、ほとんどの歌詞が三五七九の音で区切ることができることがわかる。

 日本には、ご存知の通り古くから俳句や和歌などで七五調などの奇数音のリズムに慣れ親しんでいる文化があり、日本人にはこの七五調のリズムが口ずさみやすいのである。

 例えば「津軽海峡冬景色」は「つがるかいきょう(七音)+ふゆげしき(五音)」で七五調なのである。
 また「きたのやどから」も七音であり、出だしの歌詞も「あなた変わりは、ないですが」も七五調になっている。

 このように、意図的なのか持って生まれたセンスから発生する自然の作詞力なのか分からないが、阿久悠さんの歌詞は七五調のリズムを常に内包しており、故に歌いやすい言葉遣いの歌詞となっている。

 もちろんこの七五調で全ての歌詞が100%構成されているわけではなく、部分的に三音区切りだったり、九音まで伸びている場合があるが、ほとんどが奇数音区切りに落とし込まれている。

 このような七五調にリズムが整えられた歌詞というのは、やはり日本語文化圏にはなじみやすく、それ故にヒットにつながりやすかったのではないかという気がするのである。

 このあたり近年のヒット曲、例えばAKBの歌の歌詞などは完全に七五調から解放されているというか自由になっており、最近の歌詞は四分音符の音に支配されているのか四音や八音が多くなっている。

 これらの曲は、彼女たちのファンには申し訳ないが、音楽のリズムやメロディは良くても 残念ながら歌詞が私の心に入って来にくいものとなっている。

 歌詞の内容自体のジェネレーションギャップももちろんあると思うが、やはり歌詞のリズムに重要な差異があるという気がする。

 阿久悠さんのような七五調の歌詞には一句ごとに言葉の余韻が生まれるが、四音の歌詞にはそれがなく、余韻を生む行間の間が消されてしまっているとでも言おうか、言葉が残らなくなっている気がするのである。

 まあ、現代にヒットしている曲がそういった四音の音を使った歌詞のリズムというならば、時代が余韻を求めていないということになるのだろうか。

 もちろん今の若者の心の音楽が未来にどうなっているかは未来になるのを待つほかないのだが、余韻のない今のヒット曲が何十年か経って今のファン層が歳を経たときに心の中に残っているとはちょっと私には想像しずらいのである。

 阿久悠さんの歌詞が今もなお多くの人が口ずさむというのは単に同時代性ということだけで説明しきれない理由がやはりあるように思えてならないのである。

演歌を失わせた新幹線と男女雇用機会均等法

 最近ひょんなことから演歌の歴史を調べていて、近年これと言った大ヒットが生まれていないことに気がついた。
 私が子供の頃は演歌全盛期であったが、それに匹敵するような歌が最近は全くないのである。
 もちろん、歌手が全くいなくなったわけではないし、小さなヒットはそれなりに生まれているだろうが、まあ比較的歌謡オンチの私に耳に届いてくるような有名な曲はほとんどない。

 世代ごとの音楽趣向の変化は当然あるとはいえ、ここまで急激に減ったのは何故だろうかと考えてみた。
 そこでヒントになるのが、演歌のヒット曲の題名や歌詞の内容である。

 ウィキペディアで各年代の演歌のヒット曲のタイトルを比べて見ると、、、

 1950年代は圧倒的に地方からの集団就職列車などの境遇を意識した内容なのか、地方の恋や都会に出たばかりの若者が故郷を思う歌が多い。
 これが1960年代に入ると、都会から地方を思う望郷ソングが増え、加えて都会の夜の悲しみや不条理を歌う歌が混じってくるし、特に故郷への気持ちを歌った地名が含まれる曲名が非常に多いのがこの時代の特徴である。

 そして1970年に入ると、都会と地方の遠距離恋愛や、都会を諦めて地方に戻った人の気持ちを歌ったような曲が混じるようになる。
 港とか旅にでるとか、津々浦々と言う言葉が表す地方の小さな町を表すよう歌詞が含まれる歌が増えてきていて、何とか都会とは隔絶された世界を描こうとしている傾向が読み取れ、そのため曲の舞台は圧倒的に東北など北国に移ることになる。

 実はこの間に1964年に東海道新幹線が東京―新大阪間が開業、1972年に山陽新幹線が岡山へ、1975年に博多まで開業し、西日本に関しては都会と地方の距離が圧倒的に縮まっている時代であったが、まだ東北は時間距離の遠い場所として残されていたため、厳しい冬の寒さや農村の情景が演歌の舞台としては絵になる場所であり、人々の心の感覚にマッチしたのだと思われる。

 しかしこの状況も1980年代に入ると一変し、1982年の東北新幹線の大宮―盛岡間開業以降は東北を歌う曲が姿を消し、新幹線のない北海道を舞台にしたり、男女愛や家族愛、さては不倫を歌う曲ばかりが残り、地方の哀愁を感じさせる曲は姿を見せなくなる。

 東北が新幹線によって近くなってしまい都会との隔絶感が消え、演歌のもつ望郷感が新幹線によって失われたのがこの時代と言ってよく、この時代で出てくる曲名は新幹線の通らない北陸や、遠い外国の地名などが混じるが、それほど強いヒットにはならなくなる。

 そして1986年に男女雇用機会均等法が成立し、女性=弱いという演歌を支えてきたような図式が社会から失われる方向に向かったため、その弱い女性の心を主に歌う演歌も社会の雰囲気に合わなくなってきた。

DSC04490

 結果1990年代以降、演歌はほぼ絶滅に近い厳冬期を迎えるが、本来はこの時期は失われた20年と言われるほど経済的には決して明るくない時代であり、演歌の流行る土壌があっても良さそうだが、こうやってみると演歌を流行らせてきた背景と言うのは、地方への望郷とそれに関わる恋物語だということが出来、経済とはあまり関係ないようだということがわかる。

 現代のように新幹線が地方にまでの伸び、来年には北海道まで踏み入れようという時間距離の短くなった日本において、演歌の舞台は存在しなくなったのかもしれない。

 新幹線によって都会と地方が近くなることは決して悪くないことだと思うが、便利性と引き換えに郷愁を失うのはちょっと寂しいことである。
 そういえば中国も新幹線が次々に開通し、時間距離は確実に短くなっており、こういった時間距離の変化に中国人たちは何を思うのか、ぜひ尋ねてみたい気がする。