Tag Archives: 北海道

北海道知事選が面白そう

もうすぐ日本では統一地方選挙が始まるが、私自身は住民票がないのでどこの地方選挙にも投票できず、全選挙区とも高みの見物となっている。
(国政選挙は在外投票で投票できる)

この統一地方選の中で、面白そうな選挙の一つとして北海道の知事選挙がある。

 面白そうと言っては地元の方には大変失礼なのだが、久々にまともな政策論争の選挙戦が見られそうだからである。
 通常の首長選挙は現職がいて、現職対新人の構図になりそれまでの現職の実績と、新人による問題点の突きつけが争点になるのだが、今回は現職の高橋はるみ知事が退くので、有力候補者とされる二人の候補はいずれも新人となっている。

 もちろんそれぞれの候補にはバックに国政政党の応援があるのだが、それほど国政色は濃くない印象で、むしろ争点は国政の是非ではなく、北海道現状や将来に対する地元政策や行政手腕に注目が集まっている。

写真はイメージ

例えば与党側の候補とされる鈴木直道氏は、埼玉県出身で37歳と若いながらも再建団体に陥っていた夕張市長を務め、夕張市の再建に寄与したことからその実績を買われて、自公両党に推薦された。
 一方で、野党の統一候補とされる石川知裕氏は45歳とこれまた若く、かつてあの小沢一郎氏の秘書を務め、かの政治資金規正法違反事件で、有罪を受けた方ではあるが、北海道の足寄出身で衆議院議員経歴があり、経験としてはそん色がない内容で候補者となった。
 まあ行政実績があるという点では鈴木氏がリードするが、北海道出身で国政経験もある石川氏も知事候補としてひけはとらないだろう。

 よって少なくとも現状の人物評でいえば、どちらがどうと言うほどの差は無い。

 故に、2人を並べて道知事として相応しいかを考えるにあたって、いわゆる国政的なレッテルのイメージより、本人たちがどれだけ北海道のために尽くし、アイデアをもって行動する人間なのかが大事になってくる。
 JR北海道過疎化地震からの復興など北海道にとっては生活の基盤自体が揺るぎかけている現状に、新知事がどれだけ有効な手が打てるかに期待が寄せられている。

 そんな中で2人の候補者とも40歳前後と若く、行動力に対する期待値も高いので、あとはどんな政策を持っているが、そこが選挙上の争点となるはずである。
今回の北海道知事選は、デザインコンペ作品の提出を待つがごとく、非常に純粋に政策を見比べられそうな状態で、とても楽しみな選挙だという気がするのである。

茨城空港に降り立つはずが、台風の影響で札幌に?そして、、、

 日本では衆議院選挙のクライマックスに向かって、盛り上がる中、自動車免許の書き換えの為に日本に一時帰国した。

 で以前「LCCは往復で買わない方がいい」書いたように、そのまま実践し日本へ帰る時は春秋航空、上海へ戻る時はピーチ航空として使い分けてチケットを購入し22日の日曜日の便で上海を飛び立った。

 当日は日本の台風情報も知っていたものの、上海の空は気持ちよく晴れていたので、勝手に何とか台風が来る前に到着できるだろうと楽観的な予測で飛行機に乗った。

 そして無事定刻に飛行機は上海を離陸した。

 上空では、多少揺れはあったものの、無事につきそうだなという予測のもと、まず日本円をATMで幾らおろせばいいのかとか着陸後の行動をいろいろ整理しながら時間を過ごしていた。

前の日の夜からの腹痛で体力的には最悪な搭乗であったが、機内ではかなり気分も落ち着いてきており、全ては気鬱だったのだのだなと感じていた。

ところがである。

機内放送で、状況が一変する。

茨城空港からの通知があり、着陸できないと判断し上海に戻ると機長のアナウンスがあった。
中国語だけのアナウンスだったが、乗客の大半を占める中国人たちから驚きの声が上がった。

「またか」

去年体験した欠航トラブルとの再遭遇である。

去年も実は羽田発上海行のピーチ航空で同様に羽田に引き戻された経験がある。

うーん、引き戻されることはある程度想定内だったが、免許の更新期限が迫っていたので後処理をどうしようかと悩み始めた。

 そんなことを考え始めた矢先、さらに驚きの機内アナウンスが入る。

 「上海に引き戻すには燃料が不足するので札幌に向かいます。」というものだった。

 「何―い?札幌?」

 このアナウンスを聞いた乗客たちの反応は一回目とは違った。

 ちょっと喜びの入り混じった複雑な反応だったのである。

 正直言って私も少しときめいた。 

 実際最近札幌に行きたいと思ってたのであり、もしかすると札幌観光が出来るかもしれないと思うと、期待を感じずにはいられなかったのである。

 ただもう一方で、札幌で降ろされた後どうなるのかを想定すると、それはそれで困るなという違う考えが頭をもたげた。

 札幌に下ろされても実家へ移動する手段を確保しなくてはならないからである。

 理想としては札幌に一泊して次の日に茨城へ再度送り届けてもらえる対応であるが、いずれにしてもLCCの常識から考えると難しそうである。

 客室乗務員に訊ねても、今は分からない、札幌到着後に会社の判断を待つということだった。

 で、機体は北海道の大地の上空に達し、紅葉に燃える森林の上空を通過しながら新千歳空港に降り立った。

 さてなるどうだろうか?

機体の窓から見た新千歳空港

 しばらく待った後、伝えられた決定は「給油後上海に戻ります」ということだった。

 「わー。悪い予感があたった」

 まあ航空会社にとっては一番支出の少ない方法が出発点に引き返すという方法なのである。
 現地でホテル代や交通費を弁償していたら結構な金額になるので、引き返してしまえば欠航扱いで、振替や払い戻しだけすればよいからである。

 一部の乗客たちが機体から降ろせと少し抗議していたようだが、決定は覆らず航空機はそのまま新千歳を飛び立つことになった。
 北の大地に降り立ったのに自分の踏み染みられないとは何とも未練の残る状況である。

 そして再び機体は上海を目指して離陸した。(続く

春秋航空の茨城・上海線の運行は月水土に?!

いま先ほど春秋航空のカウンターの前を通り過ぎたところ、まだ正式発表前なのになんと春秋航空の茨城・上海線の就航を前提にしたツアーが発売されていた。

春秋旅行のポスター

春秋旅行のポスター

それによると飛行機の運航日は月・水・土となっていた。上海発8:00茨城着11:45、戻りが茨城発12:45上海着14:55(いずれも現地時間)となっている。
 第一便、というかこのツアーの第一弾は7月28日(月)となっていて、当初7月21日と発表されている運行開始予定より1週間ほど遅くなっているようだ。
 それだけ両国の当局との手続きに時間がかかっているということであろう。

 ツアー代金は東京・大阪・京都などをまわって5849元で、北海道ツアーで8999元(行きは札幌で帰りが茨城)と、従来のツアーに比べるとそれなりに割安感がある。東京往復3日間だとなんとビザ付きで2999元とある。
 なんと普通の成田往復チケットよりも安い。日本人がこれに参加できるのかどうかは不明だが、もしこれに乗れれば非常に便利である。

春秋旅行のホームページ

春秋旅行のホームページ

 まあいずれも両国当局の認可がまだ出ていないはずなので、今後この通り実施されるかは不明だが、それにしても何ともフライング気味の発表にはびっくりした。
まあ個人的にはこれを口実に一度日本に戻ってみたいので、往復チケットだけ買えないものかと今知り合いを通じて探りを入れているところである。