Tag Archives: 甲子園

甲子園はおまけみたいなもの

 数か月前に見始めたアニメ「タッチのネット配信だが、結局なんだかんだで最終話(の1話前)まで見続けてしまった。
 大まかなストーリーは昔見たのでもちろん知っていたが、ここの詳細まで全部覚えていたわけではないので、結構楽しめた。

 で、そのクライマックスのシーンの直後に対戦チームの監督が言ったセリフが「甲子園はおまけみたいなもの」というセリフ。

 多少ネタバレになるが、これは誰しもが敬遠を考えるだろうシーンで敢えて勝負にいった経過に対して言ったセリフである。
 勝負を避けて、モヤモヤとしたものを抱えて勝ち上がるより、真っ向勝負でぶつかったことに対する清々しさの感動というか称賛の気持ちがそこにはあった。

 そこはマンガだからという人もいるかもしれないが、実は同様のシーンは実際のスポーツの真剣勝負の場でも存在している。

画像はイメージ

 4年前のラグビーのW杯日本代表対南アフリカ代表との闘いである。
 あの試合の最後のシーンで2点ビハインドだった日本代表は、残り5分でキックで同点を狙うことも出来たが、失敗のリスクを恐れずに逆転のトライを狙う選択に出た。 
 そしてその勝負への気迫で相手を圧倒し見事逆転勝利を挙げるのだが、あの勝負に対する姿勢は現地でも称賛され、4年たった今でも日本のラグビー界で語り草になっている。

 明後日に日本で始まるW杯への期待も4年前のあのシーンの感動に対する余韻が今でも残っている面が大きいという気がする。

 逆にモヤモヤ感を残してしまったのが昨年のサッカーのW杯のポーランド戦の最後の15分間の戦いである。
 勝ち上がることを優先して、目の前の真剣勝負を捨ててしまったシーンであった。
 結局、あの後のトーナメントの一回戦のベルギー戦で、逆転負けを喫したらしいのだが、私は既に観戦するモチベーションを失って観戦することを放棄したので見なかった。
 見る価値を感じなかったからである。
 むしろ後から逆転負けの敗戦のニュース聞いてどちらかというとざまーみろの気分であり、あれ以降サッカーの日本代表の試合は見なくなったし、報道で伝わる動向記事もほとんど読まないし気にしなくなった。
 真剣勝負の行われないスポーツなど見る価値がないからである。
 
 こういった流れの中で、今年になって岩手・大船渡高校の佐々木投手が、決勝戦を投げずにチームが敗れたということの是非が、ネット上でも結構話題になっていた。
  まあ細かくはチェックしてはいないが、将来のためとか大人の知恵で登板を回避させたらしいが、本人の本当の気持ちはどうだったのだろうかと心配になる。

 投げることに違和感があるような状態であったならば、もちろん無理をさせてはいけないが、もし投げることに支障がない状態であったなら、真剣勝負を避けるような大人の知恵は、高校生には邪魔だったような気もする。

 まああの時、投げたとて甲子園に行けたかどうかは分からないが、真剣勝負でぶつかった結果であれば誰もがモヤモヤ感を残さずに済んだし。「甲子園はおまけだった」ことに気づいたのではないだろうか。
 今の世の中、大人の知恵で勝ち上がることや将来への道を残すことを優先してしまう傾向にあるが、それを優先しすぎてしまうと実は勝ち上がること自体の価値を失わせ、真剣勝負で得られる価値を失わせてしまうことになるのではないかと危惧するのである。

甲子園女子マネ問題に見る安易な時代錯誤論

 先日、夏の甲子園大会の事前練習において、大分高校の女子マネージャーが禁止されているグランドへの立ち入りを行なって注意されたとの報道があった。

 禁止されている理由としてグランド内は危ないから安全上の理由から女子は立ち入らせないのだという理由が伝えられている。

 これを巡って、ネット上では「今時なんて男女差別なルールなんだ」とか「男子ならケガをしてもいいのか」などと言う意見が飛び交っている。
 一見至極まともに聞こえるこれらの意見だが、私からするとあまりにも安易な時代錯誤論というか、陳腐な男女平等論に映る。

 どうも、これらの意見はこのルールが定まった本質的な理由を見誤っているという気がするのである。

 女子がグランド内に立ち入ってはいけないのは、確かに女性本人を守るという意味があるのかもしれないが、理由はそれだけではないと思われるからである。 

 つまり、全員が男子生徒で構成されている甲子園の高校野球の選手たちの中に、女子マネージャーが紛れ込むことによって高まる危険要素が別に存在すると言えるからである。

 その危険要素とは、私が推測するに男子選手たちの気が散って集中力を欠くということではないかと思われる。

 グランド内は非常に硬い硬球が飛び交ったり、バットが振り回される空間であり、集中力を欠いてちょっと気を許せばあっという間に大けがに繋がる場所である。

 数年前札幌ドームでボールに集中していなかった観客の女性が失明してしまった事故があったが、野球が行われるグランドという空間はそれほど危険と隣り合わせなの場所となっている。
 つまりそういった空間だからこそ、常に緊張感を持って動かなければならないのであり、集中力が求められる場所なのである。

 もちろん野球部の女子マネージャーをやっているような女の子ならば、本人がグランドが危険な空間であることくらいは心得ているだろうが、問題はそこではないのである。

 男子だけで練習や試合をやっている分にはグランド内でそうそう緊張感や集中力を崩すことはないかもしれないが、異性である女子マネージャーがうろうろすれば、男子たちの集中力が削がれる原因となる可能性が高いのである。

 女子マネージャー本人が危険を自覚して行動できたとしても、実はうろつかれたほうの男子は女子がいるだけ(可愛いならなおさら)で気もそぞろになるわけで、その結果集中力を欠いてケガに繋がる危険度が高まるということなのである。

 つまりかのルールは女子マネージャーの身の危険だけを心配して作られたルールではないのだろうと思われるのである。

大分高校の女子マネージャーの首藤さん

大分高校の女子マネージャーの首藤さん(引用元

 まあ自チームのマネージャーであれば日常から顔を合わせているので、甲子園だからといって突然ドギマギすることもないかもしれないが、対戦チームに可愛い女子マネージャーが現れれば、ドギマギするのが若い男子高校生の宿命といえ、理屈で整理してもどうにもならない人間の本能なのである。

 つまりそんな状態で選手がもし野球に集中せず敵の美人マネージャーに気を取られれば、怪我をする危険度が増すという話なのであって、それ故に女子の出入りは禁止するというルールなのであろうと察する。
 
 もし女子マネージャーのグランド入りを許すルールとなれば、可愛らしさを逆手に取った攪乱要員として女子マネージャーをグランドに送りこむ卑劣な学校も絶対ないとは言えず、やはり好ましくないと言える。

 こういったことから考えて行けば、男子だけで行われる高校野球のグランドに、女子が踏み入れることを禁止するルールは一定の合理性があると考えられるのであり、安易な男女平等論では片付けられないものといえるのである。

 それなのに分かったような論理ですぐに時代錯誤論や男女平等論を振りかざす世の中の反応は、どうもあまりにも安易で浅はかな反応だという気がするのである。