Tag Archives: 精神

ようやく気分を持ち直す

 野球やサッカーなど贔屓のチームを持っている方は、どなたでも同様の傾向はあると思うが、私もやはり贔屓の北海道日本ハムファイターズの成績によって気分が左右される。
 いや、正確に言えばファイターズの成績によって気分が左右されるというより、気分が落ち込んでいるような状態の時にチームが勝てないといったほうが正しいかもしれない。

ファイターズスタジアム

ファイターズスタジアム

 前向きに応援できているときは、チームの調子も良いし、どうも気持ちが乗らないときや興味が逸れている時は何故かファイターズの調子も悪い。

 つまりファイターズの試合の結果に左右されていると言うより、バイオリズムが一致してしまっており、私の心の好不調の波がファイターズの状態とシンクロしてしまっているようなのである。

 よって、先々月末にスタートしたチームの急降下に合わせて私の気分というか心理状態は暑さも手伝って非常に重苦しい低空飛行を続けていた。
 ちなみに8月の成績は5勝20敗1分けで、7月末に首位に0.5ゲーム差まで肉薄していた位置から9連敗と8連敗があり一気に最下位まで急降下した。

 この間、自分の気分もかなり低空飛行であった。

 しかしようやく一昨日の金曜からバファローズ相手に3タテを果たし、ようやく下げ止まった印象で、最下位からも脱出した。
 この下げ止まった状況でようやく冷静に立ち位置を確認できるような状況になった。

 まあ数字の上では、ファイターズの自力優勝は無くなってはいたが、優勝自体の可能性はまだ完全には消滅していないようであり、CSまで含めて考えれば、まだまだ諦める段階ではないような状況であることを確かめることが出来るようになった。

 自分自身についても然りで、この週末は少し落ち着いた気分で周囲を見渡せるようになった気がする。 
 決して現時点で浮上出来ている訳ではなく、頭がすっきりした状態ではないのだが、気持ちの落ち込みからは持ち直した状況であり、週明けからはもう少し上を目指せるような気持ちになっている。

 余談だが、今年加入した抑えのエースの秋吉投手は実は私の地元の中央学院大学出身らしく、結構親しみを持って応援しているのだが、上記の連敗期間には彼が打たれて負けてしまったなどは特にこちらの落ち込みも大きかった。

 ひょっとすると、彼が私のバイオリズムがチームと同期してしまった要因なのかもしれないとも感じている。

体罰の事件の話

 日本で体罰が原因で生徒が自殺したとされる事件について、主に体罰の是非について意見が真っ二つに分かれた論争となっている。

 今回の当事者の行なった行為が暴力なのか、体罰なのか、指導なのか様々な見解が分かれていることであり、特に体罰絶対反対を主張する人から圧倒的な非難の声が上がっている。

 恐らく各人の中でも体罰と言われる行為からイメージされる行為の具体的な中身に相当の差異があり、絶対反対から一部容認、必要論者までそれぞれ実は思い描いているものが相当違うのではないかという気がしている。

 また実際経験してきた人生によってもこの意見は相当違うであろう。

 まあ体罰が必要か否かを論じる議論はまず横において考えたいのだが、人が成長する過程において忍耐力や精神力が必要なのは言わずもがなで、大して苦労せず蝶よ花よと育てられたお坊ちゃんお嬢ちゃんが、社会で打たれ弱いのは当然の話となっている。

 ましてやスポーツを行う者が、お遊びスポーツクラブではなく真剣に日本のTOPや世界のTOPを目指したアスリートを目指すためには、人並み外れた精神力や忍耐力が必要で、その成長過程で相当自分を追い込んでいかないととてもTOPになんぞたどり着けないのは誰もが知るところだと思う。

 このアスリートたちが自分を鍛え上げるための手段の中で、自ら厳しい課題を自分に課して行くのが大方のアスリートたちのやり方でもある。

 自分ひとりで厳しい状況を作れればそれに越したことはないが、アスリートたちは自らの意思が非常に弱いことをよく知っており、他人が作ってくれる厳しさに身をゆだねる場合が多々ある。

 今回自殺した生徒の子も、恐らく体罰を振るっていたとされる顧問が日常からどのような指導方法をとっていたか1年生の時から知っていたはずで、それにも関わらず彼は自らキャプテンに自ら志願してなったと聞く。

 恐らく彼なりにアスリートとしての自分を追いつめていく方法をとったのだと思われる。

 もしかすると同級生を傷つけないための彼なりの正義感で犠牲の意味で代表になったのかもしれないし、その真相は私には分からない。

 でも、自分を追いつめた場所が自分が想像していたより厳しい場所だったのか、体罰の痛みだけが残って成長出来ない自分に苦しんでいたのか、彼にしか本当の真相が分からないが、結局自ら命を絶つ選択肢を取ってしまった。

 世間では今回は体罰が彼を自殺に追い詰めた直接の原因であるという一辺倒の論調で体罰そのものがやり玉に挙げられているが、今回のケースでは体罰が無くてもやはり同様のケースを招いていた可能性があるような気がしている。

 残念ながら体罰であろうとなかろうと、厳しかったり苦しかったりすることを乗り越えられないとなかなか精神的に強くなれないのは事実で、どんなに理論的科学的な事を学ぼうとも、最後にはそれをやり遂げる精神力の勝負になってくるため、スポーツの指導者は基本として甘い顔をして教え子を甘やかすことはしないのが通例である。

 アスリートが甘い考えを持ってスポーツに臨んでも何らいい結果をもたらさないからである。

 そして彼らがなぜ体罰を与えるのかというと、人は痛みからアドレナリンを分泌するからであり、本来は防衛本能の為のアドレナリンであるが同時にスポーツ選手に必要な闘争本能をもたらしてくれると考え、体罰は体育系の人々に容認されてきたのだと思う。

 闘争本能を必要としない我々の生活からすれば、アドレナリンのための体罰なんかとんでもないとなるが、限界を追及する彼らからすればそれほど違和感のない行為なのである。
 故にこうした実態が露見しても受験志願者が減らないのはそういったことを感じているからだと思われる。

 今回の体罰論争がどこへ決着するか分からないが、例え今後体罰が一切禁止されることになったとしても、アスリートたちが自らを追い込む手段を探す行為は変わらず、やはり自らの課した課題の重さに迷い苦しむ人が出て来るのはいつの時代も変わらないんじゃないか、そんな気がしている。

 故人の御冥福をお祈りします。

原文


心の問題はやっぱり音楽で回復

 ここ一週間、宴会続きで疲れ気味ということもあってちょっと仕事のテンションが下がっていた。

 しかも睡眠を十分とってもなかなか回復できないでいた。

 体力的にある程度は回復したはずなのに、テンションがあがらない、集中できない、ペースがあがらないのナイナイづくしで、無理をしようとすればするほど空回りで前に進まない状態だった。

 おまけに鼻が詰まりグズグズになり、胸も痛い。

 全く絶望してしまいそうなくらいのテンションの低さだった。

そこで結局ここですがったのはやっぱり音楽だった。

 ここ数日も音楽を聴かなかったわけじゃないが、パソコンのスピーカーを通して聴いていたので、イマイチ頭に響いてこなかったのである。

 そこで改めてヘッドフォンを通して音楽を聴くことにした。

 さてヘッドフォンを、、とその前に綿棒で耳掃除。

 すると出てくる出てくる耳のゴミが、これもテンションを下げていた原因のひとつだったかもしれない。

 さて今日聴きはじめたのは、なんといきなりマーラーの「復活」
1時間半もかかる大曲である。

 壮大で非常に好きな曲なのだが、逆に壮大過ぎて普段の生活の中でちょっとだけ聞くというわけにはいかない曲である。

 私が持っているのは小澤征爾&ボストン響一枚きりなのだが(正確には2枚組だが)、この演奏でこの曲を好きになったわけであり、テンションを取り戻すのは十分である。

 細かい曲目解説はどこか解説資料でも見て頂きたいが、5楽章からフィナーレに向かう荘厳さはすさまじいものがあり、クリスチャンではない私もあの荘厳さの前にはアドレナリンを大量に分泌する。そのテンションといったら申し訳ないが第九の比ではない。

 かつて一回だけ舞台でこの楽章を使ったことがあるが、今になって思うと使いきれていなかったと思う。

 そしてこの曲をたっぷり1時間半聴く。集中力が必要だが気持ちが音楽に乗せられていくので全然苦しくない。そしてフィナーレを迎える。

 聴き終えた後は虚脱感というか、ある意味すっきりした気持ちになる。モヤモヤとした心が洗われたといえば正しいのだろうか。

am500_sc070

 誰でもこの曲で元気が出るとは思わないが、とにかくパワーは凄く鳥肌が立つほど気持ちいいので一度は体験してみてほしい荘厳さである。

 そして私はこの曲のおかげですっかりテンションを取り戻した。

 そうすると鼻のグズグズまでは取れないが、仕事のテンションは随分高まって頭が回るようになった。

 なんと肩こりや指の痛みも随分とれた気がする。

 結局は気持ちの問題だったようである。
 仕事に穴を開けたやつへの恨み辛みがが鬱積していて心が凝り固まってて、そんな気持ちが肩や指先に影響していたようである。

 うーんマーラー様様である。

まばたきと精神状態の関係

 日本の菅首相が会見の中で瞬きを1分間に100回も行い、精神的にパニック状態になっているのではないかとネット上で話題になっている。

確かに、まばたきが多い人は精神的に落ち着きがないように見え、逆に目が据わっているという言葉があるようにまばたきの少ない人は、精神的にも落ち着いているというか肝が据わった状態になっているように見える。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まばたきもなくじっと見つめる視線は、非常に意識の強さを感じ、時に迫力さえ感じる。
 逆にまばたきが多ければ、自信の無さを感じこいつ大丈夫なんだろうかと不安を感じる。

 自分に関係ない人がまばたきをして目をぱちくりさせている分にはどうでもよいが、本来は安心感を与えてくれるはずの人、例えば政治家だったり、教師だったり、医師だったりが目を頻繁にぱちくりさせていたら、対峙するこちらはその人の言っていることがどんなに正しくとも非常に不安を感じてしまうことだろう。

 言葉の内容よりそんな落ち着きのない人の判断を信じてよいのだろうかという話になる。

 現実、その表情による判断はかなり正確のようで、菅首相の判断力や抽象的な発言にいろんな批判が集まっている。

 ある記事で読んだが、菅首相が今回の地震発生直後に国民に向かって言っていた「落ち着いてください」という言葉というのは実は行動指示に具体性がなく、言われた国民が何をしていいのかわからないのは無論のこと、言った本人も具体的に何を言えばいいのかわからなくなっている状態であると心理学の専門家が説明していた。

 ああ、それでその後の状況判断の無いといわれた思いつきの視察行動や怒鳴り込みの行動を起こしたのかと妙に納得した。

 逆に枝野官房長官の指示は「無理して家に帰るな」など非常に明確で落ち着いて状況を把握しての発言であったことがよくわかるとしていて、今回対照的な状況だったようだ。

 まあ今回の政治家たちの行動についてここでは多くを言うつもりはないが、菅首相のように目を頻繁にぱちくりさせている人の言葉、政治家だったり教師だったり医者だったりする人の言葉は、精神的に安定した状態から発せられた言葉ではなく信用性にかけるというのが現実のようで、商談やその他の場面においても、話している人の目がどんな状態であるかというのはよく観察したほうがいうのは本当のことのようだ。

目は口ほどにモノを言うとはよくいったものである。

ようやく落ち着く

先週はかなりばたばたしていて、一日に3箇所も4箇所も移動するハードスケジュールが続いていて、非常に忙しかった。

 昨日の土曜ですら、半分はプライヴェート的な予定も含まれていたとは言え、3箇所も回るスケジュールだった。この間配った名刺の数もかなり多い。
つまりいろんな初めて会う人に対する緊張感も多くあり、疲労度を加算させていた。故にブログの更新など手をつける余裕も無かった。

日曜の今日はそれほど予定が詰まっていなかったのだが、昨日までの忙しさの反動で、疲労蓄積で集中力を欠いた状態になり、パソコンに向かっても一日物事が手につかないような状態になってしまった。

 まあこんなときは音楽を聴いても何をしても駄目で、寝るのが一番なのだが、なかなかそう寝てばかりもいられず、今日一日はなかなか回復しない体力と精神的なパワーに余計にいらいらしてしまった。
 そして、夕方もう一度寝てようやく夜になり気分が落ち着いた。

 気がつけば午前様である。

 まあこんな日もあるさと思うしかないのだが、食事と睡眠とアルコールの量の加減、ここはしっかり気をつけないと、もう若くないのでやばいなぁと感じた今日の日曜日の体調だった。