Tag Archives: WBC

人生は休日の過ごし方で変わる。

 先日惜しくも準決勝で敗退してしまったWBCの侍ジャパンであるが、一部の選手や首脳陣たちの休日やオフ時間の過ごし方に批判的な記事があったのを見つけた。

 一部の選手たちが休日返上で練習を行なっている傍らで、監督が映画館で映画を観ていたとかコーチが関係ないイベントに参加していたとか、選手たちが夜遊びにうつつを抜かしていた云々の記事である。

 まあ休日であったりオフの時間帯であった模様だから、拘束される義務のない時間帯の出来事であり、基本的にはその時間をどう過ごそうと個人の自由であって法律に違反するような行為でなければ非難することはできないと思う。

 ただ休日に何をしてもいいと言っても、野球と全くない行動をしていた姿は応援する側から見れば期待外れの姿だったことは否めない。

 もちろん、体を休めたりリラックスするための気分転換の日や時間は必要だと思うが、1年もの長丁場の中の1日だったのならともかく、たかが1ケ月程度の合宿から本番までの日程で、しかも本番直前の大事な時期に目先のこととは全く関係ない時間の過ごし方は、目標に対する熱意がなく、参加そのものが彼らにとって義務で仕事だったというようにしか見えない印象となる。

 まあ義務でもなんでも協力してくれたわけだから彼らを責めることはできないものの、目標に対する熱心さに欠ける姿を感じ敗退の結果以上に失望を感じたのは私だけではないだろう。

 もし目標に対する熱意を持って参加していたなら集団での行動は休日であったとしても、集団に拘束されていない時間だからこそできる目標のための行動は幾らでもあっただろうに思う。

 引き合いに出して申し訳ないが、元中日の落合監督や日ハムの栗山監督などは休日でさえ野球のことから頭から離れず、どうやったら勝てるかそればかりを考えていたという。
 時には休日を返上して選手の練習に付き合うようなこともあったというから、これらに比べると今回の首脳陣の目先の目標に対する熱意が、彼らほどに感じられないのは確かである。

 今回のWBC参加に際して色んなごたごたがあって、時間的不足が生じていたことは仕方ないにしても、熱意を持って行動していれば十分対応できたと思うし、休日の過ごし方も変わってきたと思われ、今回その熱意が見えずに結果的にあのように敗退してしまったのはやはり必然なのかなと思われる。

 振り返って我々のことを考えると、休日の過ごし方というのはやはりとても大事である。
 
 平日にたまった疲れを取るのも大事な役割であるし、精神的にリラックスする時間を確保し平日にバリバリ仕事をするための鋭気を養うという過ごし方もある。
 また趣味を追及したり、仕事以外の人的交流を深めるというのは平日にはなかか出来ないことであり休日ならではのプラスアルファである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 仕事を平日の出勤時間で完結させようとする人に有能な人はまずいないと言っていいし、趣味の知識や好奇心、人とのつながりなどを仕事へ活かしている人ほど仕事でも活躍している。 そういう人はやはり休日をうまくつかっており、仕事へ繋げると言っても決して平日の延長の仕事で潰されるだけではない時間の過ごし方をしている。
 もちろん寝て過ごす休みだって、眠り方一つで平日の鋭気は違うだろう。

 子供たちや学生だって学校の勉強をしているだけでは社会で通用する人間には絶対になれないわけで、放課後や休日に遊んだりアルバイトをしているうちに社会で生きる術を身に着けるのである。

 もちろん平日は生活の基礎になるわけだからその過ごし方が重要であることは言わずもがななのだが、人としての価値や個性のプラスアルファを決めるのはやはり休日である気がする。

 人は休日の過ごし方ひとつで人生のその先が変わってくるように思われるのである。

 原文

あいまいな指示

WBCの侍ジャパンが三連覇の夢潰えて敗退が決まった。

まあ野球という勝負事において永遠の勝ちっぱなしは有り得ないから、負けてしまうことは仕方ないのだが、大事なところで痛恨のミスが出たのがやはり残念であった。

 今回は指示があいまいなために出たミスである。

 複数の人間が意図的に同時に行動するためには必ず決まりごとが必要になる。

 そしてその意思疎通が必要になるはずなのだが、今回意思を疎通すべき2人の人間の間にきちんと決まりごとが徹底出来ておらず、その確認徹底を指示できなかったためにミスに繋がった。
 
 今回の件について具体的に言えば、ダブルスチールを敢行する場合の段取りと中止する場合の段取りの意思疎通が必要であり、これが徹底できてないからミスに繋がったと言える。

 このように野球に限らず複数の人間が一つのことを一緒にやろうとする場合は絶対にあいまいな指示は禁物である。

dsc05160

 例えば私が昔芝居の音響をやっていたときは必ず「きっかけ」というものが存在していた。

 それは役者のセリフだったり動きだったり、あるいは照明の変化だったりその中身は色々だったが、音をスタートさせたり止めたりするには必ず「きっかけ」が必要で、もし役者の動きがきっかけになっている場合は、必ずその役者に動きがきっかけになっていることを伝えておく。

 こうしておくと、例えセリフは飛ばしたとしてもそのきっかけは必ず押さえてくれるのである。

 逆に言わないでおくと、役者が突然その場のアドリブでセリフを変えたりした時にきっかけの言葉が無くなりオペレートが混乱し、最悪の場合は音楽をスタートさせられない時もあり、結果芝居がぐちゃぐちゃになる可能性だってある。
 
 そのくらい事前の意思の疎通と明確な指示は大事であった。

 また日常の仕事の上でも、決め事として「こうなったらああしてね」と具体的なきっかけと動きを明確に伝えておくと、いちいちその場で指示しなくても仕事は流れるようになる。

 それを例えば「明日社長が来ます」だけとか言っても、言われた方は会議があるのかないのか、資料が必要なのかないのか、或いは待機する必要があるのかどうかまるっきり分からない指示となる。

 少なくとも一度は「社長が来る日は必ず1時間ほど会議を行ないますので、必ず時間を空けて出席し○○の資料を準備してください。」と具体的な指示をしておく必要があり、それを伝えておけば次回からは「明日社長が来ます」だけで済む。

 ただスタッフの入れ替え時のフォローや、行動の確実性などを考えると毎回明確に指示するのがやはり確実とも言える。

 もちろん業務を裁量で任せるような指示方法も確かにあると思うが、複数の人間が絡んで行動する場合、指示された相手が行動に迷うような言葉はやはり業務上の混乱をきたすし、結局連絡をした意味が全くないのとほぼ同じ状態になるから、ポイントだけは明確に指示する必要がある。

 大きな組織で働いたことのある人間はこのあたりを結構徹底的に叩き込まれるはずなのだが、組織に属したことの無い人や組織を離れて長い人はやはりあいまいになる場合が多く、そういう人の下で働くときは注意が必要である。

 その明確さが徹底しないとやはり今回の野球のようなミスを招くことなる。

 複数の人間が同時に動く場合の指示に「あいまい」は絶対禁物である。


日本の野球は意外とグローバル

 WBCが始まって、インターネットベースでの情報取得であるが、それなりに注目している。

 まあそこで気が付いたのは、日本のプロ野球は意外とグローバルな人材を抱えているのだなぁということ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 今回のWBCの各国の代表に日本のプロ野球チームで活躍する選手が多く参加している。

 例えば私の贔屓の日ハムからは陽選手が台湾代表、モルケン投手がカナダ代表になっており、そのほか韓国、ブラジル、オランダ、イタリア、メキシコの代表チームにも日本のチーム所属の選手がおり、オーストラリアにも元日本所属の選手がいる。

 まあメジャーリーグの人材の幅に比べれば比べるべくもないが、アメリカ人一辺倒だと思っていた日本人の外国人枠がこんなに幅広く使われているというのは非常に意外だった。
 流石に中国代表には日本のプロ野球選手はいなかったが、いずれ中国人でも頭角を現す選手が現われる可能性はあり日本のチームで活躍する可能性はあるだろう。

 ただ今回のジャパンチーム全体に関しては、メジャー組がいないためどこまで期待していいのかはちょっと良くわからないし、元よりナショナルチームの枠組みでの野球の応援に関してはサッカーほどには興味が無い。

 故に今回は個人的にはジャパンチームというより日本ハムから出ている中田、稲葉、陽、モルケンの各選手の活躍を期待したいところとなっている。

 そういう意味では昨夜の台湾対韓国における陽選手の活躍は、最終的には試合は負けたが嬉しい出来事であった。