Tag Archives: 公園

上海ディズニーランドはやはりトイレ不足?

 上海ディズニーランドの正式オープンが近づくにつれ、プレオープンで入場した観客のマナーの悪さに関する多くの醜聞が伝わっている。

 その中でも深刻なのがトイレに関するもの

 大人子供問わず、建物の陰でついつい用足しをしている姿が見かけられたと伝わっている。

 折角の夢の楽園も中国人のマナーの悪さにかかっては台無しということのようだが、まあこの状況について、中国人来園客ばかりを責めるのはどうも間違っている気がする。

 何故なら中国の公共施設はもともとトイレの設置数が圧倒的に不足しており、需要に見合った数が設置されていないからであり、それ故の仕方ない行動のように思えるからである。

 地下鉄の駅を例にとればわかりやすいが、乗換駅のようなトイレでも1か所しかトイレが設置されていない箇所は少なくなく、しかもそれぞれ2~3個しか用意されていないので非常に規模が小さい。

 今回の上海ディズニーランドのトイレだが、残念ながらテーマパークの内部のトイレ数については、内部のMAPを手に入れていないの正確な状況は把握できていない。
 ただ、すぐとなりの生態園といわれる公園地帯へのトイレ設置状況からおおよそのトイレに関する設置規模が推定できる。

上海ディズニーランドのMAP

上海ディズニーランドのMAP

 数えてみたところこの生態園にはトイレが5か所しか設置されていないようである。

 面積的には40~50haある公園であり、10haに一か所という割合となり、どうも少ないように感じる。
 しかもエリア的に疎になっている部分もあるので、トイレに駆け込むまで300m以上距離が有るエリアも沢山あるのである。

 300mあると大人の足で3~4分、小さな子供だと10分近くかかり、つまりこの状況だとトイレを諦めてその辺で、、、となってしまうのは仕方ないことのように思える。

 このあたり日本の公園はどうなっているのかということが知りたくなり、昔行ったことの有る埼玉県の「国営武蔵丘陵森林公園」のMAPを調べてみた。

newmap1s

国営武蔵丘陵森林公園の園内マップ

 すると、ほぼ200mおきにトイレが設置されており、つまり100m以内にトイレがある状況で、これなら大人なら1分、小さな子供が自力で歩いても2~3分でトイレにたどり着ける。

 つまりこの公園では上海の半分以下の時間でトイレに行けるわけで、この差は随分と大きいといえる。

 故に、上海の醜聞は来園客のマナーの悪さも無いとは言えないが、圧倒的に環境が整っていないことも一因といえ、間に合わないと判断した親がその辺りで用を足させるのが習慣となってしまっている可能性も高いのである。

 ちなみに東京ディズニーランドは上記の生態園とほぼ同規模の50haであるが、トイレは18個所設置されていて3倍以上であり、およそ100mも歩けばトイレを見つけられる状況のようである。

 東京ディズニーランドトイレマップ

 上海ディズニーランド内にどの程度のトイレが設置されているかは今のところ分からないが、同時開発の隣接の公園の状況から推測すれば、およそ東京ディズニーランドには及ばないトイレ状態だということは容易に想像できる。

 東京でさえ女性用トイレはいつも行列で足りないと言われており、上海ディズニーランドも恐らく現状のままでは深刻なトイレ不足となるのは間違いないと思われる。

転んでケガをした

 先日、上海の某集まりで公園で花見をするというので参加してきた。
 まあ花見といっても、それほど宴会染みたものではなく、ピクニックの延長のようなもので、ビールも開けたが酔うというほどの量はなかった。

DSC09958

 そんな中、誰かが芝生で鬼ごっこをしようというので、いい歳した大人がみんなで鬼ごっこをしたのだが、そののっけで私は追っ手をかわそうとして転んでしまった。

 腕が当たったのか結構強く胸を打って右わきの肋骨あたりが痛い。
 肋骨以外も腕とか肘とか脚とか、それなりに衝撃があったのでむち打ちみたいな痛みが走っているが、やはり肋骨が一番痛い。

 ヒビでも入ったかなとも思ったが、その後復活して遊び続けられたので結局遊び続けてしまった。

 しかし、帰る際になってやはりじわじわと肋骨付近の痛みが襲ってきた。
 まあ、脂汗をかくほどではないから骨折ではないと思ったが、少なくとも打撲症は確実である。

 で、家に帰ってから鎮痛剤を飲みシップなど貼らず様子を見たところ、痛みが引いたので、仕事など日常生活に支障はなくなった。
 が、薬が切れるとまた痛みがぶり返した。

 起き上がった姿勢ではそれほどでもないのだが、寝ると痛いのである。

 やはり、ヒビでも入っているのかなと心配になっている。
 とりあえず、もう一回鎮痛剤を飲んで痛みを収めるしかないが、医者に行くしかないのかなと今逡巡している。

なかなか増えない中国のトイレ

 8年も上海に暮らしていて今更なのだが、中国というのはあまりトイレの設置を重要視していないのではないかと感じる時がある。
 あるいは、トイレの設置は無駄な経費だと感じているのではないかと思うのである。

 例えば最近でこそ地下鉄各駅にトイレが設置されるようになったが、私が上海に来たばかりの頃は地下鉄の駅にトイレがほとんど設置されていなかった。
 今では各駅にほぼトイレがあるようにはなったのだが、現在でも設置率は100%ではないようだし乗降客の割にはどうにも数が少ないように感じる。
 例えば1日70万人利用されるとされる人民広場駅には、3本の地下鉄路線が乗り入れているが、トイレの数は各ホームに一カ所ずつしかなく計3か所しかないのである。
 しかもトイレ一つ一つのキャパが非常に小さく、男女それぞれ数人ずつの分しか用意されていない。
 まあ人民広場駅の場合は一歩外に出れば人民公園があり、そこには公衆トイレもあるのだが、それはそれであり、70万人も利用する駅なのにトイレが3か所×数人分しかないのである。
 また上海市内の大きな百貨店の中でも1フロアにトイレが一カ所ずつしかないところが少なくなく、オフィスビルでも同様で、どうもフロアの大きさの割にはトイレの数が少ないなと感じるビルが少なくない。
 この点日本には労働安全衛生法という法律があって、就業場所におけるトイレの設置個数が細かく定められ、男性用は30人に1つ以上の小便器を設置するなどといったことが決まっているが、中国ではそういった法律がどの程度決まっているか分からないが、設置数そのものはやはり日本に比べて非常に少ない印象なのである。
 じゃあ、中国人達はトイレに行く回数が少ないから数が少ないのかと言えば、恐らくそんなことは無いのであり、多少の差異があったとしても人間としてそんなに極端な違いがあるとは思えない。
 ならば彼らはどうしているのかと言えば、つまりはトイレを利用せず屋外で用を足していることになる。
 実際、上海の街でも人通りの多い街中はともかく、ちょっと外れた住宅街などでは、あちらこちらで茂みや壁に向かって用を足す姿が見られ、切羽詰まったというような状況でなくとも抵抗なく屋外で用を足す。
 さらに子供に至ってはローカル商店の立ち並ぶ店先でも用を足している姿が見られる。
 その極端な現れが地下鉄車内などでの子供の用足しであり、時々ニュースにもなっていて我々日本人からすると非常識極まりないという話になるが、彼らにとっては規範の出発点が違うので、親にとっては「子供だから仕方なかった」という程度の扱いにしかならない。
 それ故に残念ながら上海の街の中でもこういったマナー水準のお蔭で、街角に小便臭いところがあちらこちらに有るのである。
 地元の人は慣れていて気にならないのかもしれないが、私などは非常に気になり、こういうところに気がつくと改めて街の不衛生感の面を強く感じるのである。
 まあトイレが少ないから屋外で用を足すのか、屋外で用を足せば足りるからトイレ設置の重要性が大きくならないのか分からないが、とにかく大都会になった上海でさえ、まだそのマナーは改まりきらない。
 このトイレに対する重要性、少なくとも駅やデパートなどのトイレの数を増やす意識や屋外での用足しの習慣が改まらなければ、外国人の中国に対する悪い印象は永遠に拭い去れないだろうに思われる。

警官が景観を壊している?

 上海でも日本同様に監視カメラが増えており、特に交通管理のための監視カメラが非常に多い。

 まあこの監視カメラの設置云々の是非に関しては、行政当局の方針であるため外国人が口を出すような部分でもないのだが、このカメラの設置に関して最近気がついたことがある。

上海の街中の交通用監視カメラ

上海の街中の交通用監視カメラ

 それは、都心部のような電線その他が地中化されたような場所でも、公安警察の監視カメラの部分だけは配線がむき出しになって設置されている場所が多々あるのである。
 近年非常に発展した上海といえども、いまだ再開発が行われていない古い市街地などを歩くと建物の外側に電線とも電話線ともつかぬ黒い配線が大量に張り巡らされているところを見かけることは少なくない。

配線がむき出しの監視カメラ

配線がむき出しの監視カメラ

 しかし、そうではない新しく整備された街路などは電線が地中化されているのか、電信柱や電線を見かけない場所も増えて来ている。
 電線のない場所は非常に空がすっきりして気持ちがいいのであるが、そういった場所でも、交通警察用の監視カメラだけは配線がむき出しになり、昔そのまま電線の設置が行われているケースが多いのである。

電線の見えない上海の住宅街

ほとんど電線の見えない上海の住宅街も増えて来た。

 恐らく街路が整備された後に設置された監視カメラであるからこういった状況に陥っているのだろうと思うが、どうにも格好悪くスマートではない。
 監視カメラそのものに是非は問わないが、できればもっとスマートに・・・例えば無線発信や太陽電池パネルを活用して、むき出しの配線のない設置は可能だろうにと思う。
 こういったアンバランスなところが、電線地中化の意識が出てきている街づくりの中で非常に残念な点である。

中国のまだちょっと足りないセンス

 先日、中山公園にある某高級レストランばかり集めた場所にある会合で行ってきた。
 レストランを沢山並べて儲かるのかとかと言った直接のビジネス上の疑問点はさておき、会の途中でトイレに行きたくなったので捜すことにした。
 訊けばトイレは各店舗共通で、店舗スペースの外の共用部にあるとのこと。
 まあ会計もフロア全体で集中精算になっているようだったから、運営としてはこれで良いにしろ、困ったのはトイレの場所が分かりにくかったことである。

 一応共有スペースには、フロア案内図が置かれているのだが、実はこれが逆さまで読み取りづらかった。
 この逆さというのは、字が逆さということでなく置かれている向きという点で逆さであり、こちらの視点が南向きになっているのに、北向きの視点の図がそのまま置かれていたのである。
 頭を冷静に整理して、頭の中で図を逆にすれば理解できるのだが、これは意外と容易でなく理解するまでに時間がかかる。

 つまり情報としては間違っている訳じゃないが、お客からの視点にかけている表示なのである。
 高級店を標榜するこのお店だが、この図を見る限りどうもセンスに一歩欠けており、中国人オーナーの店かなという気がしてしまったのである。

 実は、こういったちょっとセンスが一歩足りないという経験は、サービスの進んだ上海でも沢山みかけることが出来る。
 例えば地下鉄の車内のドアの上の路線図は、左右の扉とも同じ図が貼ってあったりする。
 つまり一方の扉では路線図の示す方向と列車の走る進行方向が一致するが、もう一方の扉では、路線図の左右と進行方向が一致せず、感覚的な理解が出来ないのである。

 これも情報としては間違っているとはいえないが、やはり親切な表示とは言えないだろう。

 さらに中国の公共トイレでは男女別表示をトイレの入り口の扉に直接貼ってある例も多いが、これもやはり親切とは言えず、開け放たれている時はその男女別マーク表示が見えないのである。 
 すると、少し首を中に入れて扉に貼られている男女別表示を確認してから入ることになるが、間違ったところを覗いて中に別の人がいたりすると恥ずかしい思いをすることになる。
 これらはほんの少し利用者の視点があれば解決できる問題なのだが、そこが一歩足りないのが今の上海の現状だという気がする。