Tag Archives: 北朝鮮

戦勝国になってしまった中国のモヤモヤ

 日本では8月15日が終戦記念日となっているが、国際的には9月2日が日本の無条件降伏受け入れ調印日となっている。
 あれから70年以上が経過したが、中国ではいまだ反日の根っこがくすぶっており、例えば日本とアメリカ、日本とイギリスのような友好関係には戻っていない。
 ともすれば、戦争の謝罪などを求める論調もいまだ出てくる。

 まあアメリカや欧州諸国と違って隣国という要素が、近親憎悪的なものを生み出しているとも考えるが、どうも違う気がする。

 どうしてかの隣国にはこういった反日的な思想が残っているのかと考えたところ、実は期せずしてなまじ戦勝国側になってしまったことが原因の一つなのではないかと考えた。

 日本は第二次世界大戦で周辺諸国と戦争を行なったが、結局最終的に日本を降伏に追い込んだのはアメリカであり、プラスでイギリスとロシアなどもいたが、これらの国の攻撃に屈した結果、日本は無条件降伏を受けいれることになったのであり、中国に追い詰められた結果ではなかったというのが私の認識である。
 しかし、この無条件降伏によって、日本は同時に中国戦線からも撤退することになったため、結果として中国(当時は国民党の中華民国)が戦勝国側の国家となった。

 中国にとってみれば、形として戦勝国側とはなったものの、日本との直接の戦闘において目に見える戦果によった結果ではないため、自国が勝利したという自尊心がないままの勝利だったと思われる。
 しかも当時は、国民党、共産党、日本という三つ巴の複雑な戦線が存在しており、中国として一つの国としての統一感に欠けた状態で、各勢力の陣取り合戦が行われていた。
この状況にあっては、日本が降伏したといっても、三つ巴に中から一勢力が退場することになっただけで、中国という国が日本に勝利したという安堵感が得られるような状態ではなかったと思われる。
故に日本が退場した後も混乱は収まらず、そのまま国共内戦に移行し、日本がいなくなっても中国国内は平和な状態にならなかったのである。
 このような状態の中で、上記の休戦の調印式にこそ中華民国の代表が参加したが、後のサンフランシスコ講和条約の際には、国共の代表者とも呼びにくい状況のため招請は見送られた経緯があり、交戦国でありながら、なかなかケリがつけられなかったのが日中間の戦後である。
 そして今度は朝鮮戦争が勃発し、再び中国は北朝鮮の後ろ盾として戦争に参加することになり不安定な時期が続いてしまうが、一方で日本はこの朝鮮特需を起爆剤に高度成長を遂げることになる。
 つまり戦勝国側になったはずの中国がなかなか戦争状態から足抜けすることができずにもがく中、敗戦国となったはずの日本が急速に復興していき国際的評価を取り戻すことになるのである。
この敗戦国である日本が復興していく様は、中国としては何とも理不尽な状況として見ていたに違いなくモヤモヤ感がたまっていただろうに思う。
 この状況を受けてかどうかは分からないが、中国は改革開放のあと、急速に日本の後を追いかけることになる。
五輪、新幹線、万博、高速道路、宇宙開発と日本の戦後発展をコピーしたかのような開発を行い、敗戦国であるはずの日本に負けじと発展を目指すのである。
恐らく、この中には日本に嫉妬に近い感情というか社会学でいう相対的剥奪感があったような印象で、それが負の形で出たのが反日感情であり、何とか戦勝国側として敗戦国より心理的に優位なポジションに立ちたいがため、日本の過去の傷を蒸し返そうとしていたのだという気がする。

これがもし、かの戦争で中国軍が日本軍を戦争によって撤退させていたり、あるいは戦後の発展が日本と同等かそれ以上のスピードで進んでいたなら、今のような反日感情は生まれなかったような気がするのである。
実は隣国韓国の反日感情もほぼ同様の理屈で生まれているような気がしており、植民地宗主国の日本を、朝鮮民族の手で追い出していたなら今に至るような状況は生まれず、朝鮮戦争で国土が荒れ発展が遅れなければ反日感情もここまで遺恨を残すことにはならなかったという気がするのである。

ところで、日本は第二次世界大戦においいて南方戦線でも戦ったはずだが、東南アジア諸国が隣国2国のように反日感情をあまり残していないのは、現地の人々とあまり直接戦っていないからであろうからに思う。
かの戦争の敵国はイギリスやオーストラリア、オランダであり、東南アジア地域は戦場になってしまったのでそれなりの戦禍を残してしまったものの、直接の対戦国ではなかったのである。
もちろん一部の右翼が言う大東亜戦争はアジア諸国を解放するために戦ったなどという理解は詭弁に過ぎないが、東南アジア相手に直接戦ったわけではないので、先方地域には日本が敵国という強い意識は残らなかったのだと考える。
台湾も同様で、日本の植民地となった経緯も日清戦争による移譲であり、直接の戦地になっていないのである。
まあ大陸から逃れてきた国民党が実権を握った際に、戦時中の敵対関係の影響もあって反日的キャンペーンがかなり行われたようだが、台湾人そのものには大陸のような強い反日意識にはならなかったのは、やはり直接戦ったわけではないからであろうに思われる。
しかも戦後も台湾は戦地にならずアメリカの保護もあって発展が余り遅れなかったこともあり、日本に対して反日感情を醸成する要素は少なかったのだろう。

 先日の舛添問題を見ればわかるように相対的剥奪感というのは強い反発を持つ要因となるわけで、中国が経済規模で日本を追い越す規模にはなりながらも、未だに反日感情がくすぶっている状態というのは、戦勝国側として満たされていないモヤモヤが内在しているに他ならないような気がする。
 今後中国がいかにその満たされないモヤモヤ部分を解消するかは非常に難しい課題であるが、中国に10年も住んでいる日本人として、ぜひ何か良い解決策を探りたいものである。

優先順位がおかしいでしょう

 北朝鮮のミサイルが発射された。

 が、日本政府がそれを捕捉できていなかったというニュースが日本国内に流れている。

 まあこの際北朝鮮の暴挙については横に置いていて、ミサイル発射後30分も情報を発表できなかった日本の防衛省の情報伝達体制はなんと間抜けなことであろうかと驚いてしまった。

 今回これを民主党の責任になすりつけようする便乗者もいるが、現政権という意味で責任はあるにしても、それはあまり妥当ではなくどちらかと言えば現在の防衛体制を刻々と築いていた自民党時代の責任に負うところは大きい。

 まあいずれにせよ、発射予告を受けていたミサイルすら発射を確認できない防衛体制・設備はいかがなものであろうかと思う。

写真はイメージ

写真はイメージ

 今回、迎撃態勢を整えて撃ち落とせるか落とせないかが話題になっていたが、発射の事実すらリアルタイムで捉えられずして、その後何が出来たというのか?

 しかも他のどの国も確認できなかったというならともかく、日本が捉えられなかったと発表している時間帯にアメリカでは既にCNNのテレビ放送で一般市民に対してニュースで流れている状態だったということは日本の体制として非常に恥ずかしいものであると言わざるを得ない。

 つまり今回のミサイル発射は他国では技術的に十分捉えられるものであったということ。

 最近次期主力戦闘機の購入価格がどうだこうだということも話題になっていたと思うが、専守防衛を標榜する日本にとって、今回のような情報を捉えられるかどうかは戦闘機で攻撃する以前に非常な重要な問題であるような気がする。

 権益が絡んだ上で戦闘機が優先しているのかもしれないが、どうもお金を使う優先順位が違う気がする。

 仕事というのは順番を間違えると今回のように意味をなさないものになってしまうので優先順位というものをよく考えて欲しいものである。

日本人が教わらない朝鮮戦争

 今回の朝鮮半島情勢を受けて、どうしてこの二つの政府はかつて分裂したのか、気になったのでウィキペディアの朝鮮戦争の項目を読んでみた。
 すると、読んでいて気持ち悪くなるくらい虐殺と殺戮が繰り返された戦争だということがわかった。

画像はイメージ

画像はイメージ

 恥ずかしながら私はこの年になるまで朝鮮戦争がどれだけ激しいものであったかを知らずに生きてきた。

 日本の教育の中で学んだ朝鮮戦争というのは、第二次世界大戦の日本の敗戦によって統治下から解き放たれた朝鮮半島が政情が安定せず戦争が起きたということだけであった。

 しかもその戦争の特需が日本の戦後復興の下支えになったという、経済面での認識のほうが強かった。

 つまり日本の教育の中ではその程度しか教わってこなかった。

 日本の歴史の中では、太平洋戦争の終戦によってその後は現在まで平和が続いていたという色付けをされているが、海峡一つ隔てた海の向こうでは実は太平洋戦争に匹敵するほどの犠牲者を生んだ戦争が起きており、しかもその犠牲者の大部分が軍人ではなく民間人であったとされいかに残忍な戦争であったかが分かる。

 あの決して広くない半島の中で150万~300万とも言われる人が戦争の中で殺されたとされる。

 あまり良い比較ではないが、韓国が日本に併合された時代に抗日運動で犠牲になった人も数万人いるとされるが、朝鮮戦争の犠牲者は明らかにその比ではない。

 どうも国対国の戦争より、方向性を失った国家内の動乱のほうが被害が大きいようだ。

 根拠がないので詳しくは書かないが、某国も外敵と戦争してた時代より、国内内戦等々で犠牲になった人数の方が多いらしいといった資料を時々目にする。

 そう考えていくと、国内の不安定を招くくらいなら、外敵を作り国内をまとめたほうが犠牲者は少ないということになる。

 まあ某国の国内教育にはいろいろ批判が多いが、変に国内分裂され混乱が起きるより、敢えて自ら憎まれ役を担い続けたほうが実はお互いの国の平和にとって最良の方法なのではないか、そんなことも感じたりする。

 話がそれたが、朝鮮戦争というのは、実は戦争末期のあのタイミングで原子爆弾が日本に落とされていなければ、日本が朝鮮半島のように内戦がおきていたかも知れないとは良く言われることである。
 あの原子爆弾の影響で、ロシアの南進が日本本土に及ぶことを防げたというのである。もちろん原子爆弾の投下を是とするものではないが、一歩間違えば日本も辿るかもしれなかった歴史が結果的に隣国で起きてしまっていたことは確かである。

 そう思うと、朝鮮戦争を教科書通りに隣国の出来事とか朝鮮特需などという言葉で片付けず、自らの身にも起きるかもしれなかった人間の歴史の流れの一つの部分として、日本人はこの出来事をもう少し知っておくべきだと感じる。

韓国料理食べ歩き 平壌妙香館でプルコギ定食

韓国料理と書きながら、北朝鮮の店だったりするのだが、同じ朝鮮半島ということでご勘弁願いたい。

このお店、ご存知の通り北朝鮮直営のお店として有名で、以前も訪れたときに気に入ったのでまた来ようと思っていたのだが、何故かオリンピック期間中は店を閉めていたので来ることができなかった。
 ただ、店の場所が家に帰る路上にあり、お店の女の子には良く会うのですっかり顔見知りになっていたので、オリンピック終了後にお店が再開していたことは彼女たちに聞いて知っていた。ただ、なかなかタイミングが合わず訪れるタイミングを見つけられずにいて前回から何ヶ月も空いてしまった。

 で、ようやく先日タイミングを見つけ再訪問してきた。
 この日はランチだったので一人で訪れてしまったが、昼というのに周りは4~5人以上の団体さんだらけである。ここで一人で食べるのはちょっとさびしいかもしれない。昼だと3割引になる券を外で配っていたりするので、夜のメニューを昼に食べるのであればちょっとお得だが残念ながらランチメニューには使えないず、通常メニューは一人にとっては多すぎるので、結局定食を選択せざるを得ない。

15817_2

 まあこのお店、韓国料理的な刺激を求めていくと、料理の田舎っぽさにがっかりしてしまう面もあるのだが、その田舎っぽさが好きな自分にとっては好ましいバランスではある。

 この日食べたのはプルコギ(焼肉)定食(40元)である。

 写真のように、日本料理店の定食のような形でお盆にのって、ご飯と同じさらに肉がのって出てくる。肉はほどほどの味加減で、韓国料理の辛さはなくまあ特別褒めるほど美味しいというわけでもないのだが、まずいわけでもない。

 ただ、通常メニューに比べると若干迫力不足なところは否めない。
 やはりこのお店でお昼を食べるときは3割引券を使って大勢で通常メニューを食べるというのが正解のようである。
 ただ服務員たちの笑顔が、大事なこのお店の要素であるのでその点も含めて言うとこのランチ定食でも全然不満はない。気取らずリラックスして食べられるのがこの店の料理と雰囲気の良さである。

平壌妙香館
虹橋路1665号 洛城広場 021-6295-1355

噂の北朝鮮レストラン「平壌妙香館」に行ってきた

12134

日本食レストランの多い洛城広場にあり、一度訪れたいと思いつつも、なかなかいろんな意味で敷居が高かった北朝鮮系のレストラン「平壌妙香館」に初めて行ってきた。
日本では口に出すことさえちょっとためらわれる北朝鮮の名前だが、ここ中国では国家間の関係が比較的良好なこともあって、結構普通に北朝鮮系の店が存在する。
この店の存在は今の家から近いこともあって当初から気にはなっていたのだが、やはり、日本人として北朝鮮の名前に若干アレルギーがあったのと、予算の目安が分からなかったので足を踏み入れずにいた。
しかし、最近この店の予算は一人150元前後だということを聞きつけて、ちょっと安心感を感じたので友人を誘っていってみることにした。賑やかな洛城広場にありながらも、3階という位置がさらに敷居の高さを手伝っていたように思う。
店の中へ入ってみると白木を基調とした明るい空間が広がっており、少なくとも不潔感などの抵抗感は全くない。椅子席もあったが朝鮮の文化っぽい、オンドル的な座敷を選択した。
 メニューを見ると一般的な韓国料理のメニューの構成とあまり変わらないが値段は総じて若干高め、炒め物で約50元前後、中には一品400元近くの料理もあったが今回はそんな予算ではないので、春雨の炒め物や海鮮チジミなど一般的なメニューを注文した。

12134_2

 肝心の味はというと、韓国料理の洗練された料理というより若干素朴な味わいがした。特にキムチは日本の浅漬かりのもと違い、十分発酵しており酸味が利いていてとてもおいしい。日本のキムチになれた友人は酸味の強いキムチに抵抗感があったようだが、私は断然この味が好きである。
 さらに今回メインディッシュとしてジャガイモのスープ「カムジャタン」を頼んでみた。本来冬のメニューだと思うが、おいしそうなので注文してみた。いわゆる味噌チゲのジャガイモ鍋で、朝鮮半島にはどこにでもあるようだが、これがいわゆる南の韓国料理との違いなのか、味噌の味が素朴でとてもおいしい。人によっては抵抗感のある癖かも知れないが、私は気に入った。キムチチゲと違い、ぴりぴりとした辛味は抑えられており、味噌の原料である大豆の甘みがうまくにじみ出ている。分かりやすく言うと納豆の粒の甘みと言ったら分かりやすいだろうか?実はこれは、冗談でもなんでもなく、日本のキムチチゲにほんの少し納豆をいれると本場の味に近づくということをテレビで実験したのを見たこともある。成分がかなり近いのだそうだ。スープがおいしいので味がしみこんでいる豚肉やジャガイモもおいしい。私はあまりにもこの味を気に入ってパクパク食べていたら、さすが冬の料理、唐辛子による発汗作用により汗がだらだらになってしまった。 

12134_3

 さてさて、もう一つのこの店のウリの一つ、店の服務員による音楽ショーが始まった。歌っている女の子はみな可愛い。いわゆるいつぞやの美女応援団のような雰囲気をである。中国語の歌があったかどうか定かではないが、朝鮮の民謡や歌謡曲っぽいものをかわるがわる演奏していた。皆それぞれ芸達者で歌と楽器の双方をこなしている。恐らく朝鮮国内で容姿と演奏能力で選抜されてきているのだろう。そういう子たちがついでに店の服務員をやっているのと考えて間違いない。

12134b_3

 ひとりテレサテンの「つぐない」を日本語で歌った子もいたがそこらへんのカラオケ小姐よりはよっぽど上手なような気がする。特にこの店の服務員は日本人対応を意識してか日本語の教育も受けているようである。出身地を聞いたらみな平壌と言っていた。同じハングルベースでも朝鮮族が日本語ができるのとちょっと事情が違うから、これは営業用に覚えたものであろう。 
まあ今まで敷居が高かったこの店であるが、とりあえず一歩目を踏み入れてみて、この店の味と、自身ハングルの勉強をしている上での興味と、可愛い服務員にまた会いたいというオジサン心も含めてまた訪れたい気にはなったが、背後にある国情を考えると結構複雑な心境である。ランチもあるそうだからとりあえずランチにはもう一度来てみようかと思っている。

平壌妙香館
虹橋路1665号 洛城広場 021-6295-1355