Tag Archives: ベトナム

ベトナム人少女殺害の現場は私の地元

 今朝、日本の我孫子市で起きたベトナム人少女殺人事件の容疑者が逮捕された。

 どうやら、少女が通っていた学校のPTA会長本人が容疑者ということで、非常に驚きの展開となっている。

 まあ、逮捕されたとは言えまだ本人は黙秘を続けているとのことで、容疑者を迂闊に断罪することは避けたいと思うが、少女が松戸市六実の児童であり、我孫子で死体遺棄されたこと自体は事実であり、このことに現在遠く上海に住みながらも驚きを隠せない。

 何故なら我孫子は私の地元であり、あの現場は実家から自転車で行けてしまうような場所であって、車なら10分もかからず行ける身近な場所だからである。
 さらに、少女が住んでいた六実についても実は私はよく知る場所なのである。

 昨年まで両親がその近くで働いていたこともあって、私や私の両親は常に我孫子と松戸を行き来きしており、例えば刑事ドラマの言うところの土地勘のある人間を洗い出せということであれば、私の家族は完全に該当してしまっていたのである。

 さらに言えば私の父親はその松戸の職場をリタイヤ後、あの現場のそばでアルバイトをしており、現地近くをよく行き来する状況となっていたため、あの現場もよく知っているはずなのである。

 従って、まあ私の父親のことなので流石にあのような所業をする人間とは思わないものの、運が悪ければ疑いを掛けられ冤罪で逮捕されるくらいのことは十分あるような条件は整っていたのである。
 もちろん人間に100%はありえ無いし、多くの犯罪者がそうであるように家族が想像だにしなかった人間の本性が突然現れるということはゼロではないので、この事件が報道されて以後、父親のことは信じているものの心の何処かにほんの僅かだけの準備はしていた。

 そして実際今回逮捕された人物はPTA会長ということで、誰もが「まさかあの人が」と思われる人だったのであり、直前まで普通に暮らしていた地域の隣人の一人だったわけである。
 しかも聞くところによると容疑者は私と同年代であり、これまで同じ時代を生き、もし私が今も地元に居れば逮捕の直前まであの容疑者も私と同じ視線が世間から当てられていた存在なのである。

 つまり訳の分からないまったく遠い国の人の話ではなく、私と等身大の人間があのような事件を起こしたらしく、今回容疑者として逮捕されたのであり、それゆえに衝撃は大きかったのである。

何が容疑者にあのようなことをさせたのかは分からないが、あのような普通の隣人が何かの拍子で一歩間違うとあのような犯罪者と化してしまうことがこの社会ではあり得ることを改めて知らされたこの事件である。

被害者の方のご冥福を深くお祈りいたします

どうやら茨城空港から中国国際航空が撤退したらしい。

 以前のブログで、中国国際航空(CA)が杭州―茨城線の路線を就航させ、驚きであるようなことを書いたが、どうやらあっという間に運航停止となってしまったらしいことを発見した。

茨城空港の公式サイトを見ると5/26から運航停止ということが正式に発表されている。

CA-IBARAKi

 永遠に廃止となったのか、一時的に休止なのかは分からないが、とりあえず客足が無くなったということで運航停止となったのだろう。

 まあ考えてみれば3月に就航して5月下旬に運航停止というのは、花見観光客や5月連休のお客をあてこんだ季節便的な意味合いが強いと察せられ、今回その役割をとりあえず終えたということにほかならない。

 今後、夏休みなどの多客期に復活するのかどうかは不明だが、6月は日本が梅雨に入り観光シーズンではない淡期になるため、少なくとも6月いっぱいの復活は無さそうである。

 そもそもこの中国国際航空は茨城空港に似合わない航空会社である上に、週末土日の2便というダイヤは使い勝手が悪く、繁忙期の臨時便以上の役割は担えないのだと察する。

 このようにキャパはあっても自衛隊の制約が大きく共産圏の航空会社を受け入れがたい空港というのは何とも皮肉である。

その代わりといっては何だが、7月に韓国のジンエアーによる済州島へのチャーター便ツアーと、ベトナム航空によるベトナム・ダナンへのチャーター便ツアーがそれぞれ一回ずつ実施されるらしい。

上海浦東空港のベトナム航空機

上海浦東空港のベトナム航空機

 恐らく今後の定期便就航に向けたお試し誘致の意味合いもあるだろうと察せられ、盛況なツアーとなることを期待するばかりである。

まあ爆買いなどの訪日中国人ツアーも一時のピークを過ぎたとも言われるが、まだまだ茨城空港には多くの商機があると思われ、外国の航空会社受け入れだけでなく、日系の航空会社と組んで世界の空と結んでほしいものである。

未来の日本は外国人だらけ?

 一昨日見た「たけしのニッポンのミカタ」の番組の中で、日本の未来を暗示するような驚くべき事実が紹介されていた。

 まず六本木の某コンビニでは店長以外の従業員はほとんど外国人で、副店長も外国人が務め若いアルバイトに指導を行なっているお店があり、日本人従業員のいない時間帯もしばしばのような現実が紹介されていた。

 以前からコンビニ店員に中国人や韓国人の留学生が増えていたのは知っていたが、ここまでまるっきり外国人だらけのお店は初めて見るし、しかも中国・韓国に限らず、北欧や東南アジアの従業員も少なくない。

 またあるタクシー会社では日本人より売り上げの良い韓国人タクシードライバーが活躍していたり、八王子の病院ではインドネシアなどからの外国人医師や看護婦が活躍し、日本人より遥かに一生懸命働いている。

 もちろん、外国人向けではなく日本人相手として、日本語できっちり対応しており、下手な日本人より遥かに丁寧である。

 こういった比較的労働条件のきつい現場ではもう外国人労働力の協力なしには日本の産業が成り立たなくなっているのが現実のようである。

 さらに驚いたのは神奈川県横浜市にある某団地では、住民の3割が外国人世帯で、この街の学校では生徒のおよそ7割が外国にルーツを持つ子ども達だという。

 クラスによっては30人ほどの人数のうち日本人はたった2人で、あとは中国・韓国・タイ・ベトナム・インドなどアジア各地にルーツを持つ子供たちが学んでいる場合もあるようである。

 もちろん授業や会話の基本になるのは日本語だが、多国籍の現状を考慮して学校側も各国の挨拶をみんなで学ぼうとする授業を行うなど、国籍の垣根を越えた授業を行なっていた。

 まあ、見れば見るほどここは本当に日本なのかと疑いたくなる風景であった。

 もちろんこれは極端な例であって、ここの現状はラオス・カンボジア・ベトナムなどの難民受け入れが多国籍の発端らしいが、そうだとしてもこれがフィクションではなく日本で現実に起きている状況だということが驚きとなる。

 社会の多国籍化というのは頭では分かっていても、こういった状況をいきなり目の当たりにすると、心に受け入れるのに時間がかかる気がする。

 ただまあ上海に暮らす身としては、日本でこの状況が起きていることが驚きであるだけであって、上海の古北などでは同様に欧・米・印・日・韓など人々が当たり前のように入り乱れており、そういう状況そのものは私にとって日常の光景になっている。

 今回、東京オリンピックの開催が決まって日本国内では「日本に元気を取り戻す」など「日本のオリンピック」として喜ぶ声が多いような気がするが、確かに地理的な意味で東京は日本の首都ではあるものの、今回紹介されような社会の現状を目の当たりにすると、彼らのいう「日本」とはいったい何なのか?その意味を考えさせられる。

 日本では在日朝鮮人の問題を騒ぐ人も少なくないが、そんな1か国の外国人の問題では済まない現実が日本国内にあるのである。

 恐らく7年後の東京オリンピックでは通訳スタッフだけでなく、外国人の警備員や販売員、運営用員など外国人スタッフの活躍なしでは成り立たないのではないかと思える程、日本の人材基盤は脆弱になっているような気がしており、つまり「日本の力」ではなく「多国籍の力」によって東京オリンピックは実施される、そんな気がしている。

行く人いるのか?海外ツアーの当日駆け込み募集

先ほど、街を歩いていたら某旅行会社の店内の電光掲示板に表示されてある広告に目が止まった。

「カンボジア・アンコールワット3泊5日、本日夕方出発1750元!」とあった。

なぬ?今日の夕方だと?

そんな無謀な募集にちょっと驚いてしまった。
お金の面はともかく、そんな突然に海外旅行ができるような暇人はそう多くは有るまい。
 しかもお昼に申し込んで夕方出発じゃ、まず荷物が満足に準備できるはずもないだろう。

 見たのが昼の12時半であり、飛行機の出発が18時だとしたら空港には16時半にはつかねばならないし、そうすると市内を15時半に出発しなければならない。そうなると手続きと荷物準備に使える時間は3時間程度。

 かなりキツキツだ。
 途中ちょっと渋滞にでも巻き込まれたらパーである。

 いくら無鉄砲な人が多い中国人だからといって、そんな無謀なツアーに参加できる人がいるのだろうか?

 ちょっと驚きのツアー募集の広告である。恐らく何らかの都合で欠員が出たり人数が足りなくなってしまったのだろうが、それにしても日本じゃきっと諦めて募集しないだろうし、この中国の旅行会社とてそんなに過大な期待をしているわけでは無いように思う。

 それでも「まずやってよう」と行動してしまうのが中国らしいといえば中国らしい。