Tag Archives: 韓国料理

韓国のエクスキューズ

 最近の韓国の日本時代の慰安婦に関する主張行動は、どうも過去の自国の行動に対するエクスキューズだという気がしている。

 確かに日本統治時代に朝鮮総督府は日本軍のために慰安所を作ったとされ、慰安婦集めが強制的だったとかそうでなかったとか色々諸説があるが、日本の統治時代の資料を見る限りにおいては、朝鮮においてそれほど暴力的な統治を行なってきたようには思えない。

 まあ統治されてきた側からすれば、屈辱的な感覚を受けていた人も大勢いるとはいると思うが、その割には強烈な抵抗運動があったわけではなく、併合時に抵抗した義兵などにしてもせいぜい2万人とされ、国全体の人口規模からすると、国家の併合という大事件の割には抵抗としてしては非常に少ない。

 またその後の3・1運動なども確かに相当規模の大きい独立運動ではあるがその内容は戦闘的運動ではなかったようで、悪政への抵抗と言うよりはあくまで目的は独立であり、日本側の弾圧統治に耐えかねて起こした抵抗のようには見えず、そういった統治状態の中の慰安婦集めに非道な強制があったとはちょっと信じがたいのである。

 では何故、現在の韓国がここまで執拗に日本軍の慰安婦問題を責めるかと言えば、日本統治終了後の「自国による慰安所運営を行なっていた事実」を隠したい、或いは日本の残していった負の遺産だとエクスキューズしたいからだと思われる。

 韓国では日本の統治終了直後から、1950年代、1960年代、1970年代へと長きに渡って国の主導の下で慰安所を設置し、今の大統領の父親の朴正煕の政権の下、強制か非強制か分からないが慰安婦を集め、国の為だといって在韓米軍に対して働かせていたとされる。

 その後1988年のソウルオリンピック前の全斗煥政権時代には国の浄化作戦が実施され韓国人が慰安婦となる時代は終わったが、それと同時にこの国ぐるみの慰安所については、過去の汚点としてその存在があったことを語ることさえ伏せられていくのである。

 その後米軍相手の慰安所の存在については韓国国内で一時社会問題化されたとされるが、対日本へ弱みとなることから、社会での議論が抑制されていくようになったという。

 そして今では国が自分の国民の女性を慰安婦として推奨することなどありえないという論調になっており、外部からの指摘も歪曲だといって否定し、過去を完全になかったことだとするような社会風潮になっている。

 にも関わらず、日本統治時代の慰安所に対しては現在も執拗にその責任を求める形となっている。

 つまり、自国の恥を日本に押し付けて批判を免れんとする形になっており、現大統領の父親が行ってきた政策であるが故に、なおさら親の汚点を認めたくない現大統領が日本への責任を求めるエクスキューズを行なっているように感じてしまう形となっている。

 まあ身内や自国の恥を隠したい気持ちは分からないではないが、事実は事実であるのだから、被害者意識によりかかるのではなく、自国の現実的にやってきたことと向き合う勇気が無い限り、独立国として自信もいつまでも持てないのではないかと他国のことながら心配になる。

 私は嫌韓ではないし、韓国料理は好きでいつまでも美味しく食べたいので、韓国が今のような無意味なエクスキューズをする社会ではなくなり、日本と台湾のような関係を韓国とでも作れる時代が来ることを是非祈りたい。

うまそうな鹿の肉のお土産

パッケージの片方はなぜか和服?っぽい女性の絵が、、、
東北へ行った友人からお土産をもらった。なんと鹿の肉である。

朝鮮族の鹿肉

朝鮮族の鹿肉

34619_1

 過去に鹿の肉を食べた記憶がほとんど無いのでひょっとすると初めてかもしれない。

 元々東北料理や韓国・朝鮮料理は非常に好きなので、従来から犬の肉は結構好んで食べていたのだが、鹿の肉にはほとんど巡り合えた記憶がなく、少なくとも上海に来てから鹿の肉を食べた記憶は無いし、上海で東北料理のお店に行ってメニューに見かけた記憶も無いように思う。もしメニューに見かけたなら私の嗜好から言って、必ず注文しているはずだから恐らく一度も巡り合ってないと思われる。

 そこへ飛び込んできたこのお土産、結構ナイスな選択である。
 
しかも朝鮮族風味とあるから、おそらく東北人好みの濃い味付けになっているに違いなく、東北料理大好きな私にとっては格好のお土産といっても良い。
 早速食べようと思ったが、今日は夕飯の予定が決まっていたので明日にでもご飯を炊いてこの鹿を食べてみようと思う。

ということで試食の結果は次回ご報告。乞うご期待!

今日のランチ「石焼納豆ビビンパ」 焼肉炎さん

 今日の午前中は虹梅路の付近で仕事があったので、付近でお昼を食べることになり何か適当なお店は無いものかと物色していたところ、路上においてある看板に「石焼納豆ビビンバ」なるものを見つけ、興味を惹かれお店に入ってみた。

 こちらのお店「炎」さんは本来焼肉のお店であるが、その延長で韓国的な料理も扱っており、その中の石焼ビビンバのバリエーションのひとつが「石焼納豆ビビンバ(35元)」である。

 さて注文後10分位して運ばれてきたのが写真の品である。文字通り熱々に焼いた石鍋の中にご飯とビビンバの具が盛られており、そうした上に堂々と納豆が鎮座していた。結構感動ものである。
(実は写真はご遠慮くださいといわれたが、この感動に耐え切れずとってしまいました。お店の人ゴメンナサイ) 

 昔どこかで聞いたところによると、元々納豆の成分と韓国のキムチの成分は似通うところがあり、韓国料理と納豆は実は相性がよいのだという。

納豆石焼ビビンバ

納豆石焼ビビンバ

 運ばれてきたときにお店の人が混ぜましょうかといってくれたが、こんな楽しい作業を他人に任せたくはなかったので、当然自分で混ぜることした。
時々熱い石鍋に触れて火傷しそうになったが、そんなことはおかまいなしにビビンパの醍醐味ともいえる混ぜる作業を楽しんでしまった。
 考えてみれば納豆も混ぜる食品であり、このメニューは食べる作業として何の違和感もなく自然に食べられる組み合わせであることに気が付いた。
 
 さて熱々のご飯を火傷に気をつけながら口に入れると、納豆の風味がなんとも香ばしい。納豆のお好み焼きやチャーハンがあるように、納豆は焼くという調理法にとても相性がよいように思える。

 さらに大豆そのものの旨味も引き出されとてもおいしい。おこげになっている部分のご飯も美味しかった。
 「石焼納豆ビビンバ」なるメニューはとてもレアな存在であるにも拘らず、その味わいは非常に自然であることが驚きである。こんなに美味しいものがなぜ流行っていないのだろうか?

いや、きっとこれから流行るに違いないと確信しつつ米の一粒まで残さず食べた。
ほかで流行らなければまたこのお店に来るしかないなぁと、感じる発見の一品であった。

焼肉「炎」

住所 虹梅路3219号九州生活広場3階 
電話 021-64018511

韓国語の勉強をまたはじめた

まあ特に大きな理由があるわけじゃないが、将来に関する漠然とした不安もあって韓国語の勉強を始めている。

中国語だってまだまだ中途半端ではあるのだが、この3ヶ国語ができるとアジアでは割と便利である。

実は韓国語は以前もかじったことがあり、文字は読めるし発音はできるので挨拶と自己紹介くらいはできる。
それに韓国料理は無茶苦茶すきだ(関係ないか、、、)

 故にとっかかりはゼロではないので根気さえ続けば、日常会話くらいはできるようになるんじゃないかとタカを括っている。
まあ年齢が年齢なので苦労するのは確実なのであるが中国語でさえ勉強を始めたのは34歳のときなので怖がる理由もない。

 幸い(というか確信犯的にだが)、以前日本で勉強していたときに初級の教科書は中国に持ち込んでいるので、当面は学習教材は何とかなりそうで独学で頑張ってみようかと思っている。韓流ドラマのDVDもたくさん売っており、そういう教材もたくさんある。

韓国語は発音に関しては中国語ほど面倒くさくないし、とりあえずニュアンスは掴んでいるのでそこで苦労はしない気がしている。単語は一つ一つ丁寧に覚えるしかないが幸いにも韓国語は中国語と日本語の中間のような存在でさらに英語などを語源とした外来語がたくさんあり、結構覚えやすい。

問題は文法だがよく言われるように語順が日本語に似ているので、ここを根気良くやれば会話にはなんとかなりそうな気がする。

まあ会話が成立するレベルに達するまで半年はかかりそうだが、会話の練習がしたければ、知り合いの朝鮮族の人や龍柏の韓国料理街など練習場所はたくさんあり、練習場所には事欠かないので上海は恵まれた環境である。

 とりあえずは足繁く韓国料理屋に通うことになりそうだが、あまりキムチ臭くなりすぎないようにだけ気をつけたい。

韓国料理食べ歩き 大醤湯でヘンボッケヨ PATIOさん

韓国料理のお店の味を図る料理のものさしとして、一つはキムチが代表的なものであるが、それともうひとつ欠かせない要素として有名なのが味噌である。
 日本人がラーメンをスープで図るように韓国料理も味噌を使ったチゲスープの良し悪しでその店の料理の良し悪しが分かる場合が多い。
 そういった意味で言えば、昨日お昼には伺った天山路のPATIOさんで食べた大醤湯(味噌チゲスープ)(28元)は心をぐっと捉えられてしまった会心の出来であった。

味噌チゲスープ

味噌チゲスープ

 日本でいう赤味噌系の田舎味噌のようなコクのある香りで、これが非常に懐かしいような心地よさがあり、さらに口に入れても味わい深い。パ(葱)とカムジャ(ジャガイモ)とスンドゥブ(豆腐の)の絶妙なマッチングが素晴らしい。
 まあ人によってはこの味を洗練されておらず田舎臭い味などと評する御仁もあるやもしれないが、私にとってこの素朴さがとっても幸せだ。
 大げさな表現でなく長年韓国料理を食べ続けている私がここまで心を奪われたスープは初めてである。

 で、このスープを味わいながら、ある韓国ドラマの台詞を思い出した。それは邦題で「ランラン18歳」というドラマで主人公の夫になる男性が、主人公のつくった「味噌チゲが美味しかったから結婚してもいいかなと思った」という台詞。(中国語で見ていたのでアバウトな訳ですが)

 まあこんな台詞、ドラマを見ていたときはドラマ上の可愛い台詞だなと思っていたのだが、この日のスープを味わった途端に、その台詞のリアルさを実感してしまった。
 残念ながら今回食べたのは恋人が作ったスープでなく、単なる一介のお店で出たスープであるが、こんなスープを恋人に作られたらそれだけで結婚しようと思わせるほど気持ちにビビビッときてしまう気がする。
(あれ、そうすると私は韓国人と結婚するのか?今中国にいるんだが、、、汗)
とにもかくにもたった一杯のスープでこの日はヘンボッケヨ~(幸せだ~)の一日でした。是非皆さんもこの味をお試しあれ!

派特屋 PATIO 
天山路1111号虹橋天都4楼408号
(021)62286580