被害者の心理と言動

先日、某お笑いタレントの男性が女性から強姦被害を訴えられていた裁判で、被告の男性側の言い分が認められ、お互いの合意の下での関係だったとの判断が下されたとのニュースがあった。  まあ、この事件の詳細を確認した訳ではないが、 Continue Reading →

宋丹丹さん

 先日からちょっと見始めて止まらなくなった中国のテレビドラマがある。 「老米家的婚事」という、北京を舞台にしたドラマで女優の宋丹丹さん扮する主婦たちが、娘2人と妹の婚姻を巡ってドタバタを繰り広げるといった内容のドラマ。 Continue Reading →

嘘くさい文章

中国に来てからよく中国人の友達の履歴書など日本語チェックを頼まれる。  その場合、意味の通じにくいところだけ説明して修正してあげるが、本人が書いた大筋は崩さず、ぎこちなさを残したままの文章で本人に返してやる。  もちろん Continue Reading →

三國連太郎逝く

 俳優の三國連太郎さんが亡くなった。  世間では最近まで出演し続けていた釣りバカ日誌のインパクトが強いようだが、私個人の映画鑑賞履歴の中では、「ビルマの竪琴」や「八甲田山」での印象が強い。  若いころはキリッとした好青年 Continue Reading →

ちと異常なウィキペディアマニアたち

 ネット上の百科事典「ウィキペディア」は若干正確さに欠けるものの、まあおおよその意味を捉えるのに便利なのでよく利用している。  しかしながら、執筆協力者たちの編集態度を見るとちと異常過ぎるかなと感じない面もないではない。 Continue Reading →