Category Archives: 中国ドラマ

抗日戦争ドラマは過激か?

 国慶節に入る前に、しばらく通しで見ていた抗日戦争ドラマがある。

 まあ日本人の自分が何を好き好んで、こういったドラマを見ていたのかは自分でも分からないが、まあテレビをつけた時にたまたま見て、そのまま見てしまったという感じである。

 私が見ていたのは「向着勝利前進」というタイトルで、訳すならば「勝利に向かい続け前進しよう」となるだろうか?

 前半はあまり見てないので後半からである。

 まあ流石抗日ドラマというか、中国軍側の主役はジャニーズ張りのかっこいい俳優の呉奇隆さんで、ヒロインもまた甘婷婷さんという美しい女優さんが演じており、この辺りどうも政治的というよりは、アイドル的配役なのではないかという気がしている。

 対する日本側は、青木少佐(途中で中佐に昇格)というのが最大のヒール役で、青年将校のそこそこハンサムな男だが、やはり中国人が演じており、セリフは両軍とも何故か中国語であり、時々「はい」「ばか」など一言単位で日本語が混じる程度となっている。

 で、まあドラマだから仕方ないがよく言われるように戦闘時の日本兵は非常に弱く、死に方も過激で、結構血が飛んだり手りゅう弾で簡単に吹っ飛ばされたりするし、中国側の弾が当たるとすぐに死んでしまう。
 
 対する中国側も犠牲者はそれなりに出るが、弾はほとんど当たらないし、みな武芸の達人のようで、江戸時代のチャンバラよろしく何十人もやっつけてしまうほど強く、どうも不平等な戦闘能力で描かれているといった印象である。

 これを見ていると、仮面ライダーのショッカー達の気分が良く分かるような気がする。(笑)

 中国側のキャスト級も、台詞がまともにある役は回を追うごとに少しずつ色んな形で犠牲になっていくが、ややドラマチックに描かれ過ぎており、中国側のエキストラ兵が殺される時の対応とに随分差があるような気がする。

 日本兵にも中国兵にも、亡くなった無名の兵の向こうにも家族も友人もいるはずなのに、そこはドラマなので考慮されないようなのである。

 こういった抗日ドラマなどは、日本からよく過激すぎるなどと批判の対象となったりするが、まあパワーバランスはともかくとして、過激すぎるかどうかはいささか疑問はある。

 演出が入って偏っているとは言え、そこに映し出されている内容は戦争の現実であり、日本人が戦争の現実から遠ざかり過ぎている現状が、こういったドラマを過激だと思わせているのではないかという気もする。

 もちろん映像作品に過激な現実を映し出すことばかりがいい事では無いが、戦時中の街の雰囲気など、戦争が起きている時分の、戦地以外の街の様子や人々が意外と穏やかであったとか、偏っていることさえ目をつぶれば抗日ドラマは意外と勉強になる面はある。

 日本ではこういった日中戦争時代を描いたドラマや映画はほとんどないし、あるのは単に個人の生きざまにスポットを当てたようなフィクションドラマだけのような気がする。

 もし日本で日中戦争ドラマを作ったとしてもその表現の一挙手一投足まで中国側から難癖をつけられて、非難ゴーゴーになるのは目に見えてるから、誰も作りたがらないのだろうから余り作られないのだろうという気がする。

 そんな環境に育ってきた日本人の自分にとっては、この抗日ドラマは、あまり気分のいいものでは無いものの戦時中の現実を見る貴重な資料となったような気がする。 

深夜も放送する中国のアニメチャンネル

中国のテレビ放送は基本的にスポーツならスポーツ専門と言ったようにチャンネルが専門化しており、総合的に何でもかんでも流すチャンネルは少ない。

 その中にはアニメ専用のチャンネルも幾つか存在し、実はほぼ24時間に近いような形で深夜も放送している。

中国のアニメ放送

中国のアニメ放送

 これらのチャンネルでは「ドラえもん」や「ちびまるこちゃん」「コナン」と言った日本製アニメも多く放送され、さらにアニメ以外にも特撮の戦隊もののような番組も混じって放送されており、私の感覚で言えば子供向けチャンネルのような印象を受けるが深夜の2時~3時という時間帯にも放送が続いている。

 実はこのアニメチャンネル以外にも日本のNHK教育(Eテレ)のような子供向け番組を専門に扱ったチャンネルもあり、アニメも流されているがこちらは深夜1時に放送が終わり朝まで休止時間帯となっているため、子供向け専門という意味ではこちらの方がやや常識に適っている印象だがそれでも深夜1時である。

 これらの意味するところを考えれば、もちろん「中国では子供を夜中までテレビを見させる」ではなく、「アニメの主要視聴者層に大人も含まれている」という事になる。

 まあ世の中にどんな親がいるか分からないので断定はできないが、深夜までアニメを子供に見させている親は割合いからすれば少ないはずであり、少なくとも表向きは風紀規律に厳しいこの中国という国において、子供向けとして深夜にアニメ放送を流すということは批判を浴びる可能性があり、そういった放送はしないと思われる。

 つまり、その深夜のアニメ放送の視聴者は大人である前提で放送が行われていることになる。

 これはアニメ=子供向けといった偏見が何となく頭から消えきれない自分からするとやや驚きの状態となっている。

 ただ自分自身をふり振り返って見ればジブリアニメやドラゴンボールなどは大人になってから見ていたわけであり、子供向けと決めつけてしまうのは自分自身に矛盾が生じるし、今の時代の風潮から言えば偏見ということになってしまうかもしれない。

 このあたり、中国人全体のアニメに対する見方が一般的にどうなのか中国人に直接訪ねたことがないのでわからないが、日本に一時帰国の際に知り合いの30過ぎの上海人男性によくコミックの購入を頼まれたりするので、少なくとも中国人の大人にも日本のアニメの世界にはまっている人がそれなりの数いるようである。 

 中国人文化の中のアニメの位置などは正直言って私にはよく分からないが、アニメ専門チャンネルが作られ、深夜まで放送が行われるくらい視聴者がいるということだけは事実のようである。

まだ未成熟な中国の音の業界

 中国のテレビ番組を見ていると、映像に関してはデジタル技術の発達でそのセンスはともかくとして、日本とそうそう変わらない編集技術があるのかなと思わせるのかなという映像を多く見かけるようになった。

 しかしながら、目に見えない「音」の現場に関しては、まだまだ未成熟な面が多いのかなという気がしないでもない。

 例えばドラマなどを見ていると、セリフの音量レベルが極端に低い時がある。
 現場での録音時の問題か編集時のレベル統一の問題か分からないが、とにかくレベルが揃っておらず、レベルが低すぎる時があり聞き取りづらいのである。

 まあ鑑賞上ではたいていは字幕があるので、ドラマの流れの筋までは落とさないで済むのだが、音声レベルが低いとやはりそこに気がいってしまいドラマに引き込まれづらくなる。

 そうかと思えば、やたアフレコ(アフターレコーディング)に頼りまくり、現地収録をほとんど行っていないようなパターンも見受けられる。

 確かに屋外ロケの場合は雑音を拾いやすいので日本のドラマでも結構アフレコを使っているが、日本の場合はアフレコは緊急措置だと考えられているようで、役者のスケジュール調整などの問題もあって、極力現地録音で収録している場合が多いようである。

 万が一アフレコになった場合でも何度もリテイクしてで極力シンクロさせるようにしたり、アフレコ部分の口の動きをなるべく映像に写さないような工夫がされ、実際の映像の口の動きと音声がずれることは少なくなっている。

 しかし、中国では現場での録音不良をカバーするためなのかアフレコがちょくちょく見受けられ、しかも編集が適当なため口の動きと音のズレもよく見られる。

 おそらく出演する人のほとんどは専業の役者が多く、アフレコのための時間拘束をそれほど気にしないで済むので、安易なアフレコ補修に頼る場合が多いのではないかという気もする。

 さらに、そのアフレコ録音に編集に関してどう考えても音場の定位(音源の位置)や音場感がおかしい場合もあり、セリフの音声だけが妙に響き方がちょっと不自然な音響空間に存在しているよう印象を受ける場合もたまにある。

 まあ音場云々に関しては再生環境の問題もあるので、テレビドラマレベルでどこまで要求するべきかの判断は難しいが、録音レベル調整に関しては業界での基準統一などがきちんとなされていれば聞き取りづらいなどということは生まれないという気がしているのに、現実にはそうなっていないという状況があるのである。

 こういったレベル調整やアフレコ処理などを見るだけでも、メディアの音処理に関してはまだまだ未熟な面があるのかもしれないと思える中国の「音」の業界の今の状況である。

欽ちゃんの仮装大賞の中国語吹き替え放送

テレビのチャンネルを回していたら、なんと子供向けのチャンネルで、「欽ちゃんの仮装大賞」が吹き替え版で再放送されているのを発見した。

 もう私が小さいころの映像のようで、少なくとも20年くらい前の映像であることは間違いないだろう。

中国の仮装大賞

中国の仮装大賞


 出演者のパフォーマンスの動きの映像はほぼそのままだが、それ以外のシーンはかなり端折られてダイジェスト版になっており、さらに司会者の萩本欽一さんの音声は無論の事、出場者の声や審査員からのコメントなども全部細かく中国語に吹き替えされて放送されている。

仮装大賞の司会の萩本金一さん

仮装大賞の司会の萩本金一さん

 欽ちゃんもとっても若いし、審査員の青島幸男さんや岡田真澄さんなど既に亡くなった人も元気で出ており、さらにおなじみの山本監督やアグネスチャンさんなども出ていてとても懐かしいが、音声は中国語吹き替えなので本人の肉声が聴けずちょっと残念でもある。

仮装大賞審査員の山本晋也監督

仮装大賞審査員の山本晋也監督

 この番組は中国語で「超級変変変」というタイトルが付けられてていて、言うなれば「スーパー大変身」といったところであろうか?

 まあ映像で楽しめる内容なので言葉の壁を越えて楽しめるものかもしれないが、時々日本の文化が分からないと楽しめないようなものも混じっていて中国人が理解できるのか心配ではあるが、次々に出てくるパフォーマンスは私が今見てもとっても楽しい。

仮装大賞審査員のアグネスチャンさん

仮装大賞審査員のアグネスチャンさん

 まあこれを見ていて唯一の心配は著作権の問題で、許可をとって放送しているのかどうかが気になるが、今時そんな問題は発生していないことを祈りたい。

上海で北京ジャージャン麺を探す

先日、テレビドラマを見ていた時に北京ジャージャン麺(炸醬麺)を食べるシーンを見て、その時からどうしても老北京炸醬麺が食べたくなっていた。

 流石に老北京炸醬麺だけを食べに北京に行くわけにもいかないから、上海でどうにかあれを食べられない物かと幾つか情報を検索し調べてみたところ、それらしきものを食べられる店の情報を幾つか見つけたので、今日はまずその第一弾として時間を調整して食べに行ってきた。

 今回訪れたのは「鍋品面吧」という中国各地の麺料理を主にしたチェーン店であった。

 まあ北京料理の専門店ではないのだが、とりあえずこのお店が駅から近そうで、炎天下の中で店を探し回る必要が無さそうであったのでこのお店をチョイスしてみたのである。(笑)

鍋品面吧

鍋品面吧

 場所は地下鉄2号線の南京西路駅上の呉江路の路上の一角にあり、座席数が30席前後の割りとこじんまりとしたお店である。

 さて、カウンターで注文する形式を取っているこのお店だが、この店で目的のメニュー名を見ると「老北京肉醬麺」となっており、「炸」の文字が無いことから恐らく油で炒めていない餡を使用しているということのようだった。

 まあ腹を空かせてやってきたので「炸」が良いかどうかは食べてから判断するが、値段は18元と非常にお手頃なのが有り難かった。

 で、待つこと数分で運ばれてきたのが写真の料理である。

炸醬麺

 胡瓜とニンジンで彩られた見た目は上品で、まずは合格という感じである。

 さてさて早速食べてみると、油を使っていない分だけ非常にさっぱりしており、麺もまあまいける美味しさのような気がした。

 胡瓜の千切りの食感もよく、とてもヘルシーな印象である。

 餡に関しては最初はやや薄味のような印象で物足りなかったのだが、添え付けの酸豆角(インゲンの塩漬け)を載せて食べると、結構ほど良い味わいになった。

 ボリュームとしてはやや少なめで、女性はこれでいいが男性には物足りない量かもしれないがスープをきちんと頂けば、不足と言うこともない気がする。

 で、食べ終わったあとの感想はと言えば、まあこれはこれで無難でアリと言う気はするものの、ドラマで見た庶民的な雰囲気の北京炸醬麺に比べると少々上品過ぎる印象は否めない。

 今後もこの店に来て食べることはあるかも知れないが、北京炸醬麺を目指すという事であれば、もっと本格的なお店を捜してみたいというのが正直なところで、上海でもっと本格的な「老北京炸醬麺」を探す旅はまだまだ続きそうである。

【お店データ】

鍋品面吧 呉江路店
呉江路22号
021-62179825
注文した料理 老北京肉醬麺 18元