ちと異常なウィキペディアマニアたち

 ネット上の百科事典「ウィキペディア」は若干正確さに欠けるものの、まあおおよその意味を捉えるのに便利なのでよく利用している。

 しかしながら、執筆協力者たちの編集態度を見るとちと異常過ぎるかなと感じない面もないではない。

 その一つに更新が早すぎるというのがある。

 先日日本の笹子トンネルの天井版崩落事故があった時に、笹子トンネルについて調べようと思ったら、事故から数時間しか経たずまだ全員が救出されていないタイミングにも関わらず、もう事故の記載があったのである。

 これは異常な速さというほかない。

 先を争って一番執筆者争いをしているのかも知れないが、被害者や事故の大きさを考えるとあのタイミングで既に事故の記載を一生懸命行なっているのはいささか不謹慎とも言える。

 もちろん刻一刻と起きている事象は、その瞬間瞬間に記録していくのが一番いいとはいえ、事故の全体像が見えないうちに百科事典的役割のページに速報的に事故状況を書き込んでいく状況はいかがなものかと感じてしまう。

 有名人の訃報なども同様で、その日の朝に亡くなったような人でもYAHOOなどでニュースになっている時は、もう既にウィキペディアに記載が終わっている。

 確かに事実になってしまったとはいえ、いささか無神経さも感じる。

 さらにこの上海の街などについても、日本人のウィキペディアマニアがどこかにおり、地下鉄駅などについて懸命に記述を行なっているようで、開通後の記載がかなり早い。

 どうもこういったウィキペディアマニア工作員たちの存在は、辞書を利用する側からすれば便利な面もあるが、どうも無神経さへの印象が先に立ち、身の回りにこんな奴らが潜んでいるのかと思うとちょっと気持ち悪い面もある。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com