Category Archives: 映画

やはり曲順は大事、上海ブラスの演奏会より

 先週の日曜であるが、雨の中上海ブラスの演奏会に行ってきた。

 この演奏会、アマチュアながらというかアマチュア故というか、結構人気が高く事前に取り置きを言っておかないとすぐに満席になってしまうので油断がならない。

 もっともそれは、チケット代が無料であることにも理由があり、団員の知り合いを集めただけでいっぱいになるようだ。

 今回団員に知り合いがいるのでチケットを確保してもらったのである。

上海ブラスのパンフ

上海ブラスのパンフ

 聞くところによると、中国ではこのようなアマチュア音楽家文化というのはほとんど育ってないらしい。
 つまりプロになるか、諦めるかの二択ということのようで中間がないということのようである。

 日本人のようにプロにもならないのに自費で参加費を払ってまで大勢でコンサートを開くなどという文化がほとんど存在しないというか、少なくとも今の時点までは育ってないようだ。

 欧米についてはあまり詳しい例を知らないが、学生ならともかくいい年した大人が集まって演劇だのコンサートをやる文化は、実はそれほど盛んではなさそうな気がする。

 もちろんそこそこはあるだろうが日本ほどではない印象である。

 これに対して日本はアマチュアの劇団・楽団からママさんコーラスまで、プロ手前の腕前から素人に毛の生えたような人まで、様々な幅の広いセミプロアーティスト集団が、夥しいほど存在する。

 これについて、たまたま見つけたお隣韓国のメディアの記事によると日本のプロオーケストラは32団体、固定聴衆は400万人、楽器を持って演奏している人は20万人もいるという超アマチュア文化大国ということになるらしい。

外部サイト:プロオケ32楽団、聴衆400万…欧州も凌駕する“ジャパン・パワー”(1)

まあ、そんな1億総アーティストのような文化の日本というのは、世界でも稀に見る国民性なのかもしれない。

 さて、今回の演奏会でも、前回同様にクラシック→ジャズ→ポピュラーという三部構成で行われたのだが、その中でもJAZZステージが秀逸だった。

 さらに、個人的に嬉しい出来事もあった。

 それは実は今回も「sing!sing!sing!」の曲が前回同様に演奏プログラムにあったのだが、今回は前回と違ってJAZZステージのラストの順番に置かれていたからである。

 何故、プログラムの最後で嬉しかったかというと前回の冬のコンサートの時は1曲目に置かれ、演奏自体は悪くななかったが、熱さに欠ける印象が残った印象だった。

 どうもエンジンを暖めきれないうちにスタートしてしまい、曲が熱くなる前に終わってしまったなぁという印象を受けたのである。

 まあ個人的好みかもしれないが「sing!sing!sing!」はもっとヒートアップできる曲であり、誰が演奏するのであってももっと攻めの演奏をして欲しいのだが、前回はどうもエンジンをふかしきれないまま不完全燃焼である印象だったのである。

 そこで私は演奏会終了後に団員の友人に生意気にも「エンジン温めてからのほうがよかったね」と感想を言い、出来ればジングルベルと順番は逆のほうがよかったと伝えた。

 そして半年後、前回の私の感想が届いたのかどうか知らないが、何と希望通り曲順が後になり、In the Moodなど入りやすい曲から繋いで、メインの「sing!sing!sing!」の流れになったのである。

 すると目論見は大当たりで、今回は演奏者の音も非常に熱く、ドラムのソロの見せ場では会場全体が引き込まれ集中して演奏を見守っていた。
 会場で途中までワーキャー言っていた子供の声もほとんどしなくなり、会場全体が静まりかえる中でドラムの熱演が行われたのである。
 そして演奏直後の拍手と声援は物凄く熱く、映画「スウィングガールズ(上野樹里主演)」のごとく盛り上がった。(笑)

 まあ今回の盛り上がりは、決して演奏順だけのことではないとは思うが、数々の演劇やコンサート、さらには結婚式を見てきた私としては、やはり音楽の順番は大事だと思っており、今回彼らが見事にそれを証明してれたような印象で、そういう意味で嬉しかったのである。

 演奏者や聴衆が生身の人間である以上、身体や心が温まらないうちにいきなりエンジン全開で突っ走るのは難しいことであり、高い頂上を目指すならの、例えアマチュアのコンサートでもちゃんと音楽の順番と流れにも気を配るべきというのが私の持論である。


中華圏では台湾と大陸の芸能人は区別されないようだ

 普段からあまり芸能界に特別な興味を持っていない私だが、さすがに滞在期間が8年を超えてくると、時々見かけるCMなどで、ごく一部のトップクラスの俳優や女優、モデルの名前と顔くらいは覚えるようになった。

 そこで気がついたのは、これらの中国の俳優やモデルの中に台湾や香港出身の人がかなり含まれていたとのこと。

 まあ同じ中国語圏であるということもあってか、その辺の区別と言うか垣根はあまりないようである。
 もちろん、出身が違うという事は戸籍が違うので、何もかも全く同じという事もないのかもしれないが、少なくとも画面を通して見る存在としては、そんな垣根が存在しないように映る。

 例えば中国の国民スターのジャッキーチェン(成龍)さんは香港であり、林志玲さんは台湾であるが、普通に大陸のCMなどに出ている。
 故テレサテンさんも台湾出身だが大陸でも国民的歌手である。

 改めて言う事ではないが政治上では、大陸と香港では一国二制度の言葉の通り制度が違い、大陸と台湾では政治的に別の勢力が統治して、ほぼ別の国家に近い状態になっている。

 しかしこのようにエンターティメントの世界では、同じ中華圏・中国語圏であり政治で敷かれた境界線はほとんど存在しないかのような動きを見せる。
 周囲の中国人たちに訊いても、やはりその出身の垣根を意識している人はほとんどおらず、あれは台湾人だからどうとかといった偏見などもない。

 これは、日本語=日本という単一言語が単一国家体制でしか使われない我々日本人にとっては、結構新鮮な感覚であり、言葉が通じれば国境はあまり関係ないのだという事を思い知らされる。
 昔から日本にも欧米系のタレントさんがテレビに出ていたり、最近では台湾・韓国の芸能人などもテレビに登場もしているが、あくまでも「日本語を話せる外国人芸能人」であり、イロモノの域を脱しきれない状態でどこかに垣根が残っている。

 やはり自分の住む領域と別の領域にいる人々が、何の違和感もなくテレビやドラマに映し出される姿は日本人にはちょっと見慣れず、中華圏のこの現状は違和感があるのである。 
 
 そういえば、ビートルズなんかも私はちゃんとした知識を得るまでは、英語=アメリカの印象が強く、ジョンレノンの事件なども有ったことからアメリカのアーティストだと勝手に思い込んでいたが、後にイギリスのアーティストであることを知り、言葉が通じればやはり国境はあまり関係ないのだということを知り驚いたという記憶がある。

 こういう面を見ていくと、日本と言う国は単一言語国家であるがゆえに、言葉の壁により外国からの情報に守られている面あるが、それ故に逆に孤立している面もあるという気がする。
 まあどちらが良いとも悪いとも言えず変えようもないのだが、日本に育った私としてはない物ねだりもあって中華圏のこの現状は羨ましくもある気がするのである。

中国もCM付きのネット映像配信ドラマの時代

 つい数年前までの中国では、インターネット上に無料のネット映像が氾濫しており日本のテレビドラマなどがほぼリアルタイムに近い形の数日程度タイムラグで字幕付きの映像が見られる状況があった。

 当然完全無料でぼんぼん観られていたのであるが、最近では著作権を意識してか以前に比べどうやら事情が少しずつ変わってきたようである。

 何が変わったかと言うと、各映像を再生する度にCMが挟まれるようになったことである。

 主に放映前の冒頭に1分前後のCMが挟み込まれ、強制的に化粧品だの飲料だのCMを見せられてから本編が始まるようになった。

楽TVのCM部分

映画放映冒頭のCM部分

 さらに、ドラマなどでは放映の途中である一定の時間が来ると、放映されているシーンのタイミングに関係なく強制的に映像が中断し、CMが30秒ほど挟み込まれるようなケースがあったのである。

 これらは、恐らく著作権に充てる鑑賞費用を視聴者から徴収する代わりにスポンサーがお金を払う仕組みのようで、その分のCMを放映している仕組みの様であり、映像をいつでも好きな時間に見られるといった点以外はテレビ放送とほぼ同じ仕組みとも言える。

 ただ、これは各映像単位で組み込まれているようで、例えば連続ドラマは各回ごとに分かれており、間違えてもう既に見終わった回などを開いてしまった場合は、新たな回を開き直すのにCMも改めて一から見直さなければならず、60秒ほど待たされることになるのでやや面倒くさい。

 もしどうしてもこれらのCMを飛ばしたい時は、お金を払ってノーカット版で見ることも可能なようで、CMの画面上に「CMを省略したい方はこちら」などというリンクボタンが現れる。
 この有料鑑賞ボタンは実際に試したことがないので、詳しい支払い方などは分からないが、どうやら5元程度を払い1~2日間程度の時間限定で登録映像が見放題になるようである。

 いずれにしても、無料が当たり前だった中国のネット映像配信も、YOUTUBEなどと同様に著作権のあるものはCMなどがついて有料になり、著作者の保護に向かっている状況となっている。

 もっとも放映に際して、CMスポンサーや視聴者からお金を取っている状況は把握できても、著作権所有者側に本当支払いが行われているかどうかは全く分からないので、実際本当の意味で著作権保護になっているのかは不明である。

高倉健さんの映画もある

高倉健さんの映画もある