Tag Archives: 人件費

上海地下鉄がスマホ支払いを始めた理由

 1月から上海の地下鉄がスマートフォンのアプリを活用した運賃支払いシステムの運用を始めた。

 スマホの専用アプリを立ち上げてQRコードを表示させ、それを自動改札機のセンサー中央部の真ん中にかざし読み取らせることによって、チェックをする。

QRコード対応の改札

上海地下鉄QRコード対応の改札

 そして運賃は支付宝の残高から払うか銀行の口座から直接引き落とされるようだ。
 導入当初は初回運賃無料とか、いろいろ導入キャンペーンを張って利用者が増えるように動いているようだが、実は私はまだ導入していない。

 まあ毛嫌いしているとか、慎重に二の足を踏んでいるとかではなく、ただただ面倒臭いのである。

 まずアプリをインストールするところからまず面倒臭い。

 ただこれは一回導入すればいいことなので最初のきっかけがあればインストールできるであろうに思う。
 しかし他人が実際に使用する風景を見ていても、あれは結構使い勝手が悪く面倒臭そうだなと思ったのである。

 実際想像するだけでも、改札を通過するたびに、スマホを取り出してアプリを起動して、QRコードを表示させ、改札のセンサーに読み取らせる行動が非常に面倒な気がする。

 特に私は仕事柄、年がら年中地下鉄を乗り降りしており、そのたびにスマホアプリを起動させ画面を開くのはとても面倒臭いのである。

 しかも音楽を聴いていたり、ネットでニュースを読んでいた画面を中断して地下鉄アプリに切り替えるのもやはり煩わしそうである。

 故に、このスマホ改札は交通費の予備手段として今後導入することはあっても、運賃支払いの主流は当面今まで通り交通カードになるのではないかと思っている。

スマホ改札の告知

スマホ改札の告知

 とろこで、上海の地下鉄はなぜこのちょっと面倒くさいシステムを導入しようとしているのだろうか?

 まさかスマホブームだからそれに乗るだけの目的ではあるまい。

 どうもその理由が気になった。

 で、私なりに理由を推測してみた。

 恐らく大きく分けて2つの理由があるのではないかと察する。

 一つは、コスト削減である。

 一昨年から上海地下鉄では、ほとんどの駅の窓口で交通カードに対するチャージ業務を取りやめており、チャージマシンなどへの移行が進んでいる。
 或いはファミリーマートなど、駅構内のテナントへの現金チャージ業務の委託などが増えている。

 これは駅係員が現金を取り扱うことを止めて不正を防止するとともに、業務軽減で人件費を削ることが目的だと思われるのである。
 
 交通カード導入当初は上海の人件費も安かったが、現在は人件費が高騰し、カード運用のコストが合わなくなってきたのかもしれない。
 そもそもチャージ式カードのお金は先払いであり、紛失等によって100%消費されるわけではないので、意外と歩留まりがあり、収入としては悪くなかったはずだが、伸びる人件費がそれを食い始めたと推測する。

 つまり上海地下鉄にとって、交通カードを取り扱うことがコスト高になってきた訳で、それを出来る限り削りたいと考えるようになったのだと推測する。

 そしてもう一つの導入理由はビッグデータの収集であろう。

 スマートフォンの支付宝を通して交通費の支払いが行われるということは、ある人がどこの駅からどこの駅へ行ったという交通機関利用データと、収入や職歴、住所、職歴などの個人データと紐づくということを意味している。

 つまり支付宝を運営するアリババグループお得意のビッグデータの一つとして、地下鉄の運賃支払いデータを蓄積したいのだと察する。

 これを活用すれば、ある沿線から特定駅に通っている人は収入が高いとか、旅行が好きだの傾向が分かり、駅の広告利用戦略などに役立つデータが得られるのであり、商業施設の出店計画もそれに基づいて立てることが出来るのである。

 おそらくアリババグループはこういったビッグデータの胴元をやることによって、直接投資や情報売買で大きな利益を得られるわけで、そういった目的での地下鉄へのスマホ払いの導入なのであろうと察する。

 またこの情報収集システムへの誘導の意味でも、上記の交通カードサービスの縮小傾向なのであろうに思う

 こうやって考えると、恐ろしく利益第一主義の今回のシステム導入であり、利用者の便益のためとは言い難そうな気がする。
 はてはて、本当にこのシステムが浸透し定着するのか、しばらくは高見の見物を続けるつもりである。

スマホ改札のPR広告

スマホ改札のPR広告


豆乳に見るコスト感覚

 昨日の豆乳の件で思い出したが、かつて中国かぶれになってしまった知り合いが豆乳は原材料費に1元もかかっていないから、街中で豆乳を1元とか2元とかで買うのは馬鹿馬鹿しく、自分で機械を買って自分で作っているという話を思い出した。
 
そのとき私は

「はぁ?」

と思ったが、あまりにも力説するのでその時はその人に何も言わず黙って聞いていた。

 しかしである。

 もしその人の言うとおりに豆乳の原材料費が1元に満たないのだとしても、その人が手間をかける分のコストは幾らだというのだろうか?

 恐らく安く見積もっても日本人なら1時間50元は下るまい。

写真はイメージ

写真はイメージ

 仮に豆乳を作るのに30分かかったとしたら、1時間50元の人間が取り組めばコストは25元かかることになるが、豆乳はまあ30分では作れないだろう。

 豆乳は、豆を購入するところからはじまり、豆を水に浸し・煮て・絞るなどかなりの手間暇をかけないと豆乳は作れないのである。

 つまりおおよそどんなに頑張って見ても、作り始めから飲める状態になるまで丸一日以上かかるし、作業にかかる時間だけに絞ってもとても30分では作れまい。

 さらに細かいコストを言えば、水代、電気代、ガス代などがこの間、僅かだが少しずつ上乗せされる。

 こうやって考えていけば、家庭で作る規模の場合は豆乳1杯あたり1元以下で抑えることはほぼ不可能であり、工場製の街で売っているものを下回ることはまず無理であろう。

 もちろん毎日家族で飲むからということで、家で作りたいという気持ちも分からないではないが、それは安全上など別の理由によるものや趣味的思考の問題であって、少なくとも豆乳に関してコストを理由に自家製にするのはちょっと説得力が無いことになる。

 またコスト面で直接の出ゼニを抑えることからメリットがあるんだといった理屈も有り得なくはないが、その人が豆乳を作らずに他の事に時間を使えば得られるはずだった対価を考えれば、やはり自分で豆乳を作るという行為はコスト的におトクとは言えず、結局は趣味的な問題に帰結してしまう。

 実はこういうコスト感覚に勘違いをしているおじさんやおばさんは世の中に少なくない。

 僅かな出費をケチるために膨大な時間を使って懸命な作業を行い、市販されているものやサービスと同様の結果を得て満足しているような人たちである。

 豆乳に限らず内装や家庭菜園など自分でやれば出ゼニを抑えることができることは少なくないが、そのためにどれだけの時間コストがかかり、その時間の分だけ何かが犠牲になっている可能性があるにも関わらず、その人たちは出ゼニを抑えた差額の分だけ「トクをした」と喜んでいるのである。

 まあ私はそのことを直接非難する気はないが、その努力は決してコストのためではなく本人の自己満足の世界でしかないことに是非自分で気が付いて欲しいのである。

 自分にも他人にも時間コストがかかっているはずなのに、人は意外とそれを忘れがちなのである。

原文

マッサージ屋の値上げの理由

先日、久しぶりに馴染みのマッサージ屋に行ったら1時間80元だったものが100元に値上げになっていた。
まあ、20元ばかりのことで引き返すこともないのだが、やはり値上げは嬉しくない。

いつも指名する子にマッサージを受けながらいつから値上げしたんだと尋ねたら、5月からだという答えが返ってきた。

そうか、じゃあこちらは4月以降2ヶ月も来てなかったんだなと、改めてこの数ヶ月を振り返ってみたりする。

確かにここ数ヶ月は引越しなどが重なり来る暇も余裕もあまりなかった気がする。

自分の家賃も高くなり、世の中色んなものの値段が高くなった。

建設中の上海中心大厦

建設中の上海中心大厦

そして、上海の人件費が上がっているニュースは目にしているので、マッサージ師業界も人件費が上がって人が集まりずらくなっているのかなと想像して、その辺の事情を再度尋ねてみた。

すると、なんとマッサージ代値上げの原因は、人件費ではなく家賃の値上げだということ。
へぇ、そんなに家賃が上がっているのか?
確かに私の部屋探しの状況を考えても最近の家賃の上がり方は尋常ではない気がする。
故にマッサージの値上げの理由が家賃だと言われても納得する部分がある。

それにしてもである。

人件費の値上がりなら、マッサージ師からサービスを受ける手前、マッサージ師たちの生活が豊かになる過程としてその対価が値上がりしていくのは止むを得ないだろうという気もするが、その理由が家賃だというとどうも納得いかない面がある。

つまり値上がった差額分は誰の懐に入るのだろうということである。

マッサージをする側と受ける側の質と量は何も変わらないのに、家賃という名目で費用だけが勝手に値上がりをする。

マッサージをする側と受ける側は何も得をせず、むしろ家賃やマッサージ代の上昇によりマッサージ機会が減ったり客が減ったりして相対的に損をしていることになる。

これはどうもこれは納得できるものではない。