Tag Archives: 作曲家

オーケストラを分解する

 最近、といってもここ数年であるが私自身の音楽の聴き方が変わってきたように感じる。

 音楽を聴きはじめたころは聞いたことのない新しい曲の経験を広げることに精力を注いでいたような気がするが、最近は主要な有名曲は聴きつくしてしまっており、演奏会めぐりなどという金のかかる趣味人生も上海に来てから行きづらくなってしまったので手元にあるライブラリーを繰り返して聴く回数が増えた。

webwxgetmsgimg (2)

 まあいくら聞いても音楽に飽きることがないというのが私の性分だが、ただ最近聴き方に変化が起きた。

 どう変わったかというと、同じ音楽に深さを見出すような聴き方に変化してきたのである。

 それは何かというとオーケストラの分解である。

 つまりオーケストラの音楽を総合的に聞き流すのではなく、楽器一つ一つにスポットを当てて音楽を聴くようになったと言えばいいだろうか。

 オーケストラには言うまでもなく数十の楽器があり、それぞれがある時はユニゾンでひとつの旋律を、或いは全くバラバラのメロディラインを奏で結果として一つの響きを作り出す。

 この楽器一つ一つの音を聞き分けながら音楽を聴くのが私の言うオーケストラの分解で、全体の響きの中に各楽器個々の音の響きを見つけるのである。

 そうやってきくと聴き慣れた曲に実に新鮮な発見がある。

「おお、この(聴き慣れた)旋律の中であの楽器はこういう音を出していたのかぁ」

など、オーケストラの響きの中に埋没しそうな一つの楽器の響きを発見する作業はとても新鮮である。

 特に木管楽器や金管楽器など、ソロ以外の部分でどう鳴っているかを見つけるのは非常に面白く、聴き慣れた音楽の流れに新しい発見をすることができる。

 もちろん、オーケストラとして鳴っている中で一つの楽器の響きを聞き分けるのは非常に集中力を要求される作業であり、特にファゴットやホルンなど、全体の響きを支えているような楽器の音をソロ以外の場所で拾い上げるのは非常に大変で、生演奏で聞いてもなかなか拾い上げるのは大変なのに、ましてや質の悪いCD録音や安っぽい再生装置ではどんなに頑張ってもなかなか聞き分けられない。

 でもこれらの楽器の音を響きの中に見つけた時は非常に嬉しいのである。

 この嬉しさはなんというか、一つの会社を支える平社員や事務方の頑張りを見つけたような、イベントで言えばスポットライトの当たってない裏方の高度な職人芸を発見したような、そん嬉しさなのである。

 そしてこうやって一つ一つの音が拾い上げられるようになると、オーケストラの中でどの楽器とどの楽器が絡んで一つの響きやメロディを作り上げているのかが分かってくるから余計に音楽を聴くのが楽しくなり、さらに作曲家の癖なり個性に近づくことが出来る気がする。 

 もちろん演奏している彼らや指揮者などはこの分解作業を毎回当たり前のようにやって音楽を作り上げているのだから実に敬服に値することを改めて感じる。

 こんな聴き方をしているものだから、実は先月日本に帰国した時にサントリーホールに行った時も、プログラムが著名なソリストが登場したコンチェルト(協奏曲)であったにも関わらず、ソリストそっちのけでオケ側の木管やホルンの動きや響きばかり気にしていた記憶がある。

 私にしてみればソリストの演奏が上手なのは当たり前で、それをどうオーケストラの一つ一つの音が支えているかに興味があったのである。

 このオーケストラの分解作業は実に止められない、まるで機械屋の機械いじりのような状態の現在の私である。

パリの空の下<sous le ciel de Paris>

なんとなく都会生活に滅入ったような気分の時、このレイモンルフェーブルの曲は結構しっくり来る。

上海の外灘の夜景

上海の外灘の夜景

 華やかな都会生活の裏通りに押し込めらた生活感あふれた耐乏生活。
出会いと別れが交錯し、人生の意味や愛の葛藤に悩まされ続ける日々。
そんな状況でも、どこかに希望を見つけながら時に楽しく、時に寂しく生きていく。
建物と建物の間から見上げた空が唯一の希望であるような生活。

 そんな人生の光と影を見事に描ききったフランス・シャンソンの名曲「パリの空の下」。

 そしてこの曲は、大都会となったこの上海の生活にもしっくりくる曲のような気がする。

 いろんな人が歌っているようだが、私はアコースティックながらも、このレイモンルフェーブルグランドオーケストラの演奏が断然好きである。

 この曲を聴くと、この上海の空の下の、時に華やかで楽しいが、時になんとなく切ない人生の甘さと苦さを感じてしまい、妙にこの曲のメロディに納得させられてしまう。
 私もこの上海の空の下に生きているのだと。

オリンピックの名曲③ロス五輪「オリンピック・ファンファーレ」

 回を重ねるごとに巨大化してきたオリンピックは、1976年のモントリオール大会において運営費で大赤字を計上してしまったため、オリンピックはその財政のあり方について大幅に見直しを迫られることになった。

 1980年のモスクワ大会は西側諸国のボイコットなどにより大会規模が縮小したことと、主催国が社会主義国家だったためその問題が表面化することはなかったが、1984年大会の立候補がロサンゼルスただ一都市であったことからその不人気振りが露呈していた。

 モントリオール大会の反省を受けて、運営費の大幅な見直しが行なわれ、税金を1セントも投入しないという大胆な商業主義へ変革を遂げたのがロサンゼルスオリンピックである。
税金を受け入れないということはボイコットが続発していたオリンピックへの政治介入を防ぐという意味もあった。

 この商業主義化においてハリウッドやブロードイウェイを生み出したエンターティメント大国アメリカは、MLB、NBA、NFLなどスポーツをショービジネスに変えた手法をオリンピックに対してもかかんなく発揮することになる。

 その象徴的なイベントが、この大会より初めて導入された開会式演出セレモニーである。
 人間ロケットが飛び、馬車が走りまわるといった演出は世界の人々を驚かせた。

 その華々しく変貌を遂げたオリンピックを、音楽的な演出効果面で強烈にサポートしたのが、このジョン・ウィリアムズ(1932-)作曲の「オリンピック・ファンファーレ」である。

スターウォーズ」や「E.T」といった映画音楽でスペクタクルでドリーミーな音楽を提供してきたJウィリアムズが、このオリンピックに捧げたこの曲は、アメリカのエンタティメント的演出そのもので、オリンピック選手の力強く華々しい印象を世界中に与えることになる。

 表彰式のたびに流されるこのファンファーレは、栄光を勝ち取った選手への賛美のみならず、その映像に対してドラマ性を与えて感動という言葉を強烈に呼び寄せてスポーツを映画そのものに変えた。

 特に曲の冒頭で高々と奏でられるトランペットのアンサンブルは非常に印象的で、以降のオリンピックやオリンピック関連のイベントなどで度々利用され、オリンピック音楽の代名詞的な形で語られることになる。

 また非常に高音部を使用するので技術的に非常に難しいとされながら、吹奏楽の演奏会などで何度と無く挑戦されるように、トランペットを吹く大勢の方の憧れの曲になったと言われている。

 このロサンゼルス大会の成功を受け、以降のオリンピックへ立候補する都市が急増し、また開会式の演出セレモニーも定着することになり、以降のオリンピックに多大な影響を与えたのがこの大会の「オリンピック演出」であった。

オリンピックの名曲①東京五輪「オリンピックマーチ」

日本で阪神タイガースのファンの共通言語となっている「六甲おろし」と、その永遠のライバルである読売ジャイアンツの応援歌「巨人軍の歌(闘魂こめて)」が、実は同じ古関 裕而(1909年- 1989年)であることはあまり知られていない。

中日ドラゴンズの歌」も彼が作曲したというから驚きで、普段お互いにライバル心むき出しで歌うお互いの曲の根っこが同じだと知ると、少々拍子抜けでもある。

 さらに早稲田大学応援歌「紺碧の空」と慶応大学応援歌「我ぞ覇者」のライバル同士も彼の作曲だというからなんという幅の広さであろう。

 このように日本のスポーツ関連のテーマ曲のヒットメーカーだった古関 裕而は、そのほかにも夏の高校野球のテーマ曲「栄冠は君に輝く」など、日本のスポーツ史、メディア中継史に欠かせない人物である。

戦中には戦時歌謡をたくさん作っていたようで、スポーツテーマ曲といい、戦う人間を鼓舞する曲の天才ともいえ、音楽界では和製スーザとも言われているという。

その古関 裕而が、五輪組織委員会に依頼されて作曲したのが「オリンピックマーチ」である。

 残念ながら私が生まれる前なのでリアルタイムでは体験していないのだが、戦後の暗いイメージからの脱却の象徴であった東京五輪の開会式で、この曲とともに各国の選手団を会場に迎えた瞬間は、日本国民が世界にようやく認められたという喜びの瞬間であったともいう。

 彼の音楽の特徴はスポーツの応援歌といえども、軍歌のように攻撃的ではなく、どちらかというと格調気品があり、選手をリスペクトし舞台を整えるという、音楽の役割としての脇役に徹したスタンスが感じられる。
 それによって選手は舞台の重みを感じ、自尊心をもって正々堂々と戦いたい気分になるのである。

 東京オリンピック終了後も、この「オリンピックマーチ」を含め古関裕而の曲は、全国の小中学校の運動会や式典で使われ、私を含めオリンピック後世代は「オリンピック」の冠を知らないまま、知らず知らずに彼の曲が耳になじんでいる。

 東京オリンピック世代のみならず、その後の世代に受け継がれている隠れた名曲であり、今後も大事にしていきたい曲である。

追悼 レイモンルフェーブル パリ香る人生の音楽

昨日、ちょっと悲しいニュースが伝わった
作曲家でピアニストのレイモンルフェーヴェルさんが亡くなった。
私は彼の表現するパリの音楽がとても大好きで、私が持つパリのイメージそのものである。

パリの持つ喜びも悲しみも、華やかさも悲しさも彼の音楽の中に包含されている。
それゆえ、音楽の種類は違うが、音楽の中に常に光と影を持っていたモーツァルトとも重なる部分があるように思う。

 都会を表現する音楽の特徴故なのかもしれない。

 実は私が日本でブライダルの仕事していたとき、彼の曲はよく使わせていただいた。

客席インタビューなど、新郎新婦の友人や親戚に本人たちのことを語ってもらうときにBGMでかけておくと非常にしっくり来る。
 友人や親戚の語る新郎新婦の話というのは、新郎新婦の歴史であり人生そのもので、光と影が必ずそこにあるのだが、そういう歴史の重みを感じながら結婚式的な上品さというか華やかさなどを失わせないのが彼の音楽だった。
                        

 私の特にお気に入りは「パリの空の下」というタイトルのアルバムにあった「詩人の魂」という曲。この曲を聴くと風景が華やぐ。
 街に出れば街が華やいで見える。
 特に桜が満開の時期にこの曲を聞きながら桜並木を歩くともう最高で、「幸せ!」を感じる。
 なので結婚式の幸せな二人を包み込むには最高でした。

(下記で視聴できるようです)
http://item.rakuten.co.jp/book/3821921

こんな曲を作り出した彼のような作曲家が亡くなってしまったことは非常に残念だが、彼の音楽は永遠に語り継がれるはず、というか私が生きている限り語りついていきたい名作曲家の一人なのである。

ご冥福をお祈りいたします。

      上海ワルツ