Tag Archives: 理由

笑点の新メンバーに三平さんが選ばれた理由

先週の日曜日になってしまうが、日本テレビの番組「笑点」の大喜利コーナーの新メンバーに林家三平さんが選ばれた事に、ネット上では色んな反応が出ている。

またその前の週では、桂歌丸さん降板後の新司会者は誰になるのかというのも、話題になっており、内部昇格案や外部招聘など色んな人の名前が取り沙汰されていたが、結局は内部昇格で春風亭昇太さんが選ばれる結果となった。

この新司会者と新メンバーの人選について、巷からは色んな意見があると思うが、現笑点メンバーの構成を考えると、必然に近い人選であったことがわかる。

実は、現在の笑点メンバーの経歴を過去にたどっていくと、全てのメンバーがある一人の噺家に深いゆかりを持つことがわかる。

その噺家とは先代の林家正蔵(八代目)、つまり林家彦六師匠(1895年5月16日 – 1982年1月29日 本名は岡本 義)である。
(以後、本人の各時代の名跡に依らず彦六で統一)

林家彦六

林家彦六 
引用元

ウイキペディアの情報をもとに、笑点メンバーがどのように彦六師匠とゆかりがあるかを一人一人示すと次の通りとなる 。
(敬称略)

林家木久扇
彦六師匠の直弟子。入門時は三代目桂三木助門下だが死後に彦六門下へ。
三遊亭好楽
彦六師匠の直弟子。彦六師匠の死後、圓楽一門に移籍した。
三遊亭小遊三
表面上の繋がりはないが、前座時代に三遊亭好楽の自宅に居候しており、その師匠である彦六ともゆかりがあると推測される。
六代目三遊亭圓楽
圓楽の名は、実は彦六師匠が真打ち昇格時につけていた名跡で、五代目を経て現六代目として受け継いでおり、名跡の直系としての関係。彦六は三代目の圓楽。
春風亭昇太
入門と同時期に彦六師匠は亡くなったが昇太の師匠の春風亭柳昇と彦六師匠は仲が良かった
落語協会分裂騒動で、三遊亭圓生から破門された三遊亭好生を彦六が客分格弟子とした後に柳昇から春風亭の亭号が許可された経緯があり、彦六師匠からすると恩がある関係の弟子ということになる。
林家たい平
初代林家三平の孫弟子であり(師匠は林家こん平)初代三平の父は七代目林家正蔵。彦六師匠は正蔵の名跡を八代目として借り受けた関係で、初代三平一門(師匠こん平含む)とも親交深い関係で、たい平自身も七代目正蔵の直系の弟子という位置づけとなる。
二代目林家三平
初代林家三平の息子であり(師匠は林家こん平)、七代目林家正蔵の孫。彦六に正蔵の名跡を八代目として貸していた海老名家の家系で初代三平と彦六師匠の関係から子供時代に親交。

(リタイヤメンバー)
桂歌丸
歌丸の師匠の古今亭今輔が彦六師匠と非常に仲が良かった。
林家こん平
初代林家三平の直弟子であり初代三平の父は七代目林家正蔵。初代亡きあとは一門を預かっており、現九代目正蔵の兄弟子、二代目三平の師匠でもある。こん平自身が落語協会分裂騒動のきっかけとなった面があり、圓生に反目する彦六側の存在だった。
五代目三遊亭圓楽(故人)
圓楽の名は、実は彦六師匠が二つ目から真打ちに昇格する時代につけた名跡で、彦六が可愛がっていた五代目(当時は全生)にせがまれて名前を譲った関係。彦六は三代目の圓楽。

このように、笑点の現メンバーは、故林家彦六師匠(林家正蔵)に非常に縁深い系譜の中にいるメンバーであり、同族メンバーに近いような非常に狭い人間関係で運営されていることが分かる。
或いはここに隠されているアンチテーゼとして、圓楽の師匠、三遊亭圓生の芸への厳しい考え方への反発があったメンバーの系譜だとも言え、その象徴として圓生と犬猿の仲だった彦六師匠という存在が浮かびあがっているとも言える。

いずれにしてもこのような状況から言えば、巷で言われていた大喜利司会へのタモリさんや上方からの招聘抜擢などは考えられず、さらに言えば五代目の柳家小さん門下系統の落語家も、落語協会分裂騒動以後は縁が遠く考えにくい状況だったのである。

こういった笑点の置かれている状況の中、七代目正蔵の直系親族であり、元メンバー林家こん平の直弟子でもある二代目林家三平さんがチョイスされるのは必然だったと言える。

そして今後、笑点メンバーの高齢化に伴う交代があったとしても、この枠を大きく崩すとは考えられず、彦六師匠の系譜の範囲で次の人選も行われる可能性が高く、そこを見渡せばおよそ候補の見通しが立つのだと私は感じている。

50年もの放送を続け、世間の人気番組となった笑点であるが、メンバーについては番組の人気ほどには公共性はないのである。

ということで長々とした説明で「どうもすみません」。

現場にいない業務責任者

 上海だけに限らないと思うが、こちらで結構良く見かけるのが現場にいない業務責任者である。

 まあ業務責任者である故に、色んな外部折衝が必要であることは理解できるのだが、業務に関係なさそうなことでも、何だかんだ理由をつけて長い間オフィスを空にしたり、旅行などで年中当地を離れるようケースがあるとよく聞く。

 もちろんそれで業務が回るなら問題が無いが、実際はその責任者だけが持っている情報が多すぎるとか、いないと重要な決定が出来ないとかの問題を生じて業務が前に進まない場合が多々あるようである。

 きちんと情報共有し、責任者がいない間でも業務が回るように手配出来ていれば何の問題の無い事でも、社員を信用していないのか面倒臭いのか分からないが、社員との情報共有を怠っており、オフィスに問い合わせが来ても結局社員が右往左往する状態になるのである。

 こうなると組織として全く機能していないことになり、会社であることにあまり意味が無いよう気がするのだが、こういったケースは良く見かける。

 こういった責任者は、自分が最終的に責任をとるから問題ないのだという意識なのか、会社が回っているのだと勘違いしているのかよく分からないが、置き去りにしたスタッフの苦労や業務の停滞には意識が回わらず、平気で現場を長期間空けるようである。

 しっかりした業務体制を敷いてあれば、経営者や責任者が現場の業務に直接タッチしないことは決して悪い事ではないが、そういった現場を離れるスタイルだけを真似て、お気楽に業務運営の責任を果たさない責任者が数多くいるのである。

 もちろん、これは中国人だけに限らず日本人の中にも時々見られ、稼働日の半分も現場におらず現場が停滞している姿を良く見かける気がするし、私がいた会社にもかつて温泉学会があるなどと訳の分からない理由で一時帰国して、業務に穴をあけていた人がいて迷惑だったことを記憶している。

大気汚染は低気温が原因?

日本では季節的な黄砂の飛来とともに中国から流れて来てるであろう悪い空気の問題が話題となっており連日ニュースを賑わしている。

 ただ、その汚染源とされている中国では、世間の気候が暖かくなって、あれだけ騒がれていた大気汚染問題はややトーンダウンした感がある。

 実際、観測値も一時程の酷い数字はなく大気汚染は減ってきているような感がある。

 これは何故であろうと考えてみた。

 幾つか資料を調べてみたが中国ではまともなデータが拾えないのが現実で、説得力のある理論が成立しないのだが、まあそれでも今回一つの憶測的推測を立ててみた。

 それはやはり気温の低下が要因で大気汚染をもたらしてるのではないかということ。

dsc07350

 まず冬の気温の低下による電気需要の増加によって発電量が増大し、火力発電所の稼働が上がっているということは実際にあるはずで、その影響は多少なりあると思う。

 ただ、これだともっと電力消費の大きな夏との差が説明できない。

 次に第2の要因として考えられるのが低温が排気ガスの質を悪化させているのではないかという推測。

 つまり、冬の低温が発電所あるいは自動車のエンジンの燃焼効率を下げて排気ガスを増大させ、或いは汚染度を高めているのではないかということ。

 特に自動車については質が悪いと言われるガソリンと、安い価格の中国車エンジンの問題が大きいような気がする。

 多くの中国製品は、ある一定の基準の条件下では性能を発揮出来ても、条件を変化させた途端に極端に性能が悪化する場合がある。

 まあデータが無いので憶測でしか物が言えないが、中国車の場合はエンジン、オイル、ガソリンなど何れも日本車などに比べ質が悪いと仮定するならば、気温の低い冬場にさらに性能が悪化し、その悪化状況が相まって排気ガスが量・質ともに増大する可能性は否定できない。

 例えば寒さでエンジンオイルの性能が低下すれば粘性が増して平温時より燃料を余計に必要とする可能性があり、さらにその燃料そのものがやはり気温で性能低下すれば燃焼が足りずやはり余計に燃料を消費することになり、結果排気ガスが二乗的に増加する可能性があるということになる。

 それ故か比較的質の良い車が走っている上海では大気汚染が比較的軽く、内陸部で深刻な状態となっており、実はその差の理由はその都市の自動車とガソリンの質に要因があるのではないかと疑っている。

 また火力発電所についても然りで気温の低下で日本の設備のそれよりも燃焼効率がかなり変わっているのではないかという疑いを持っている。

 つまりこういった低温がもたらしている大気汚染であるが故に、現在のように暖かくなってくると状況が解消していく、そう考えるのだがどうであろうか?

 この理屈で行くと自動車の台数を考えるより、「質」を考える方が答えは近いであろうという気がしている。

 春節の花火が大気を汚染しているなどといった一時的な状況に責任を押し付けるのではなく、もっと日常的な状況に目を向けて問題を解決していってほしいものである。