Tag Archives: 理由

嘆く前に手は尽くしたのか?

 今回の選挙において大量の民主党議員が当選した代わりにほぼ同数の与党議員が落選した。

 落選した議員はもちろん落胆しているだろうし、嘆いているに違いない。

 しかし伝わってくる落選者のコメントを見ると、「何か分からない風が民主党に吹いていて、それに勝てなかった」といったような敗因をつかみきれていないコメント記事を多く目にする。

 これを聞いて、ああ彼らは落ちて当然だなという気がした。

 何が悪くて何が敗因なのか全く分析できていないのである。

 逆にその分析さえ出来ていれば、有権者の心理や意向を汲み取って選挙に勝つことが出来たかもしれないなと私は思う。

 そんなものどうやって知れというのだというかもしれないが、世の中で頻繁に世論調査やアンケート調査は行われており、有権者の意向を知りうる場はいくらでもあるのである。

 にも関らず、結局落選した議員はそういった状況を分析していないのか、知ってても自分の主張を通せば何とかなると思っているのか、状況に対して何の対策もなしに投票日を迎えて落選という結果を招き、「何か分からない力と戦った」となってしまうのである。

 つまり私は今回の選挙の結果は立候補者個人の努力不足も多分にあり、民主党の勢いや麻生総理のせいにばかりにするのはいかがなものかと思うのだ。
 本人にまだまだやるべきことがあったはずだ。

 また議員に限らず一般の人の中にも、状況が悪化してもろくに分析をせず、諦めがいいというかただ嘆くばかりの人がいる。

 そういう人を傍から見ていると、状況分析どころかろくに手を打とうとせず、ただ状況悪化におろおろしている。

 確かに手をいくら打ったところで焼け石に水の場合もあり、状況の打開にはならない場合もあるが、多くの場合、嘆く前に打つ手尽くす手はいくらでもあるように思う。
 打てる手は一つじゃないし、一人で考えて分からなければ協力者と一緒に知恵を絞るべきなのに、ただただ悪い状況を嘆くだけでほとんど何もしない。

 何もしなければ何も変わらないのは当たり前で、悪い状況に遭遇したならば、まずは嘆く前に冷静になって尽くせる手は無いかよーく考え、思いついたらどんどん行動すべきであろう。

 もがいているうちに活路が見えてくる場合もある。

 とにかく嘆くヒマがあったら状況を分析して手を尽くすべきである。
 やるべきことをきちんとやっているかよく考えるべきである。

経済危機の引き金を引いたのは北京五輪?

世界の経済学者たちはあまり語ってないのだが、私は実は個人的にこの世界金融危機の引き金を引いたのは北京五輪だと密かに思っている。
学者ではないので何の裏づけのあるデータを持ちえていないが、そんな感じがしている。

 もちろん、北京五輪が全ての元凶だというつもりは毛頭ないが、引き金を引いたという意味では十分影響があったと考える。

 北京五輪が開幕したのが8月8日で、その直前一ヶ月くらい前から、環境汚染の改善のために、無理やり工場を停止させ、車や農民工を北京市内から排除し無理やり環境のよい都市の雰囲気を繕ったお陰で経済活動が停滞した。働く人が減り、流通量を減らし工場をとめれば経済が低迷するのは自明の理である。

 もはや世界に巨大な経済影響力を持つ中国の経済の停滞はそのまま安価な中国製品に下支えられた世界経済に影響を及ぼすことは必至である。

 にも関わらず、中国自身の五輪開催という面子のために経済を犠牲にしてまで五輪開催を断行したのが北京五輪だったような気がする。

 中国自身が気がついているかどうか分からないが、もう既に中国の経済活動は一国の国の経済状況にとどまらず、世界に非常に大きなを抑制するということは世界の経済を止めるほどの影響があるのである。

 加えて当て込んでいた北京のホテルなどの五輪特需が見事に空振りに終わり、投資してきたものが回収できないことが分かったのが北京五輪であり、2008年8月の話である。金融危機の発端となったリーマンブラザーズはアジアの取引も多かったと聞くし、彼らの破綻が発覚したのは9月15日でオリンピックのほぼ一ヵ月後である。

 そう考えると北京五輪が世界の経済停滞を引き起こし、世界の金融危機を引き金を引いてしまったと考えるのはごく自然な推測であろうかと思うがどうであろうか?誰かこの仮説を証明してくれる経済学者がいることを願う。

「上海タイフーン」第一話を見た

だいぶ前にDVDを買ってあったのだが、今日まで忙しくてテレビの電源さえ入れておらず、恐らく購入後1ヶ月以上経ってしまっていたのだが、ようやく今日第一話に手をつけることが出来た。

 まあドラマのことなので、あらすじめいた話や感想は避けることにするが、今の自分が上海に暮らしている状況と重ねてみるといろいろと思うところはある。

 特に上海に来た理由である。

 私の場合、会社から派遣されてきたとかでもなければ、上海に特別な夢を持ってきたとか上海で大きな成功を収めたいとかそんな大きな志があって上海へやってきたのではない。またキャリアを積みたいとかそういう未来志向でもない。特別上海が好きということでやってきたのでもなかった。

 詳しい理由はここでは書かないが、とにかく中国で働く、中国で生きる、中国で生活する能力を身につける、そういう意思で中国にやってきた。

 つまり極端な話、受け入れてくれる中国の街ならどこでも良く、必ずしも上海でなくとも良かったのである。ただ中国行きを思い立った後、視察的に最初に訪れた中国の街が上海であり、そういう意味で親しみを感じた部分はあった。後に北京も訪れた時に、中国に踏み入れるステップとしての入り込み易さで、上海に優位性は感じたが、必ずしも絶対ではなかった。

 それが証拠に、中国へ来て最初に働くために住んだ町は上海ではなく蘇州である。ほとんど見ず知らずの土地であったが受け入れてくれたのがここであり、非常に嬉しかった。

 しかし、その当時の会社の都合で2007年の1月に上海に移動することになる。これが私が上海に住み始めた最初のきっかけである。

 その後2007年6月に再転職をせざるえない状況が生じて、転職活動をしたとき、上海以外の街へ就職する選択肢もあったのだが、ちょうどそのとき運悪くパスポートを紛失してしまい、上海に缶詰の状態になった。パスポートがなければ、飛行機にも乗れないし、ホテルにも泊まれない。

 大連の会社からアプローチがあり、面接に来て欲しいとの話もあったのだが、上記の理由から返事を保留せざるをえなかった。そんな時元同僚を通じて紹介があったのが今の上海の会社である。結局パスポート取得手続きに手間取り時間がかかってしまったので、生活安定を優先させた結果、今の会社に勤めることになり上海に引き続き住むことになった。以降現在まで1年半が過ぎた。

 確かに上海は結構肌にあう街で好きであり、友人や知り合いも多く出来た。今の会社の仕事も結構楽しんでいる。なので今後の人生として帰国も含めて上海から動くことは考えずらいとは思うものの、原点に立ち戻って考えて見れば、自分にとって上海が絶対ではなく、他の都市へ行くという意思を働かせる何かが発生したらいつか上海を離れるときが来るのかなぁと考えてみたりもする。

 そんな思いをめぐらせるのに十分なきっかけを与えてくれた上海タイフーン第一話である。

配送員の言い訳け

今日はいつも弁当を注文している業者に弁当を頼んだのだが、何故かいつもついてくるスープが今日はなかった。
 配送員の女の子に質問したところ、今日は金曜日だからスープはないと答えた。
へーそんなことをメニュー表に書いてあったかなぁ、と不可思議に思い、メニューのチラシを見たがそんなことは書いてなかった。
 金曜日だけスープをつけないなんてそんな変なサービスはありえないなぁと思いつつも、まあ理由があって今日はスープを作れなかったのだろうと考え、私としてもスープにこだわってこの業者を選んでいるわけではないので何も言わずその配送員を帰してあげた。

 今日は宮爆鶏丁弁当で、スープは無くとも美味しく食べ終わってそれなりに満足してゴミを捨てに行ったときである。

 見つけてしまった!こ、これは、、、。

 明らかに同じ業者の弁当を注文したと思われる弁当箱と一緒にスープのパックが捨ててあった。
 
や、やられた。今日はやっぱりスープあったじゃん。

 つまり今日はスープが無い日なんかではなかったのである。配達員は数を間違えたか、途中で落としたりなんかして私の分だけ配達できない事情が生じてしまったのだろう。
 どうにも困って、私の事務所では私一人しか注文していなかったので、私のところにだけ言い訳をすれば、ばれないと思ってそう言ったのだろう。
 それにしても金曜だけスープはないなんてよくわけの分からん言い訳を思いつくものだ。
 業者に電話しようとも思ったが、今回は面倒くさいので見逃してしまった。
 まあ私のような人がそんな言い訳を許してしまうから、彼女は言い訳けをしてしまうのだろう。うーん、それもよくないな。
 よし今日は見逃したがでも今度やったらゆるさないっ!覚えてやがれぃ!!(笑)

敗因を審判のせいにするようでは永遠に勝てない

オリンピックサッカーの男子の日本代表が、予選グループで3連敗を喫し敗退した。まあこの結果自体は、事前のマスコミの過剰な期待報道を排すれば予想できなかった結果でもなくはない。

もちろん、勝利を期待し応援はしていたが実力の差は大きく、苦戦は最初から予想されており、残念だがなるべくしてなってしまったような面は否めない。だからこの結果自体にそれほど落胆するものがあるわけではない。

 但し、この結果を受けての選手のコメントに非常に落胆させるものがあった。

「PKでしか点を取られていないので審判に邪魔されたとしか言いようが無い」「実力は紙一重だったのに」こんなことを言っている選手がいた。

 確かに試合の結果を左右した分岐点はそこにあったかもしれないが、特に偏ったレフリングがあったなら話は別だが、実力があればレフリングの微妙な差で試合を左右されることはほとんどない。
 PKを招く様な状況を作ってしまったこと自体、チームの責任であり実力の差なのである。そこを理解せず、審判の名前を口に出すこと自体、己の実力不足を棚にあげた発言で、典型的な中国人の言い訳がましいコメントを聞くようで記事を読んでいて非常に不快なコメントであった。

 実力不足を素直に認め、明日から出直せば進歩もあるが、敗因を審判のせいにしているようでは永遠に勝てない。しかも海外へ進出して活躍を目指している将来有望であるはずの選手から出た発言として、日本サッカー界にとってはとっても悲しい発言だったように思う。