何故か再び居住区が封鎖

 一昨日の夜、居住区(小区)の隔離が終了し、隔離から解放された事をブログに書いたが、 何と昨日の夜から再び封鎖が始まってしまった。

 再度隔離が始まった理由は全くわからない。

 警備の人に多くの人が詰め寄っていたが、私自身はそれを訊ねようという気にもならず、ただただコロコロ変わる展開に呆れていた。

封鎖された門

封鎖された門

 まあ推測するに、この敷地内に新たに別の感染者が発見された。
 或いは元々の予定では14日間の隔離が指示されていた訳にも拘わらず誤って8日間で隔離を終了させてしまったが、誤りに気付いて再封鎖となったのではないかと推測される。

 その推測理由として、普通はこういった封鎖が行われる際には通知があるはずなのだが、今回の封鎖に関して改めての封鎖通知がどこにも掲示されていないのである。
 また一昨日の隔離終了の際にも通知がなく、会社に説明するための資料に欠けてしまうので居住地の敷地内を探して回ったがやはり通知書らしき資料は見当たらなかったのである。

 結局わずか24時間の束の間の解放時間であった。

 そのわずかな解放時間に、私は PCR 検査のため検査施設へは行ったが、それ以外の行動は控えていたと言うかほとんど何処にも行けなかった。

 というのもありして 結局自由は謳歌できず、ほとんど自室の中で過ごしてしまった。
まあ幸い会社からリモート機器が届き、環境が揃ったので今日からリモートワークで仕事を開始することができたので外出する必然性もなくなった。

 今回の再封鎖はいつまで続くかは終わりが全く見えないが、とにかくもうしばらく隔離生活が続くことになった。





にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ ブログランキング
上海(海外生活・情報) ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!
ブログの惑星ランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA